sidebar-banner-umwelt

WORK

仕事のシフトとは?シフト制のメリット・デメリットや関連用語を紹介

シフト制は、交代制で従業員が勤務する働き方のことであり、採用することで企業側は営業時間を長くできるメリットがあります。また従業員側も自分の働きやすい時間を希望して働けるので、プライベートと仕事が両立しやすくなります。ただしシフト制にはメリットだけではなく、デメリットもあるので注意が必要です。本記事では、シフト制の意味、種類、雇用側と従業員によるメリット・デメリット、関連用語と運用上の注意点について詳しく解説します。

▼更にシフト作成について詳しく知るには?
シフト表作成に役立つツールとは?メリットやおすすめは?

シフトは主に3種類ある


シフト制は、主に自由・固定・完全の3種類があります。本項目ではシフト制の意味を踏まえた上で、3種類のシフト制についてそれぞれ紹介します。

シフト制とは

シフト制とは、働く曜日、時間帯を職場の従業員と交代で勤務する働き方のことです。労働基準法により、1人あたりの労働時間は1日8時間、週40時間以内と定められています。ただし、企業、サービス業など業種によって営業時間、稼働時間は多様です。たとえば医療機関、工場、コンビニなど24時間稼働しなければならない業種も少なくありません。

そこで、営業時間を一定の時間で区切り、それぞれの時間帯に交替で勤務させるシフト制を導入することで、企業や店舗の24時間稼働を可能とします。シフト制には自由・固定・完全の3種類があり、業種などに合わせてそれぞれパターンが異なります。

自由シフト制とは

自由シフト制とは、従業員の都合に合わせて勤務時間を決定する働き方のことです。たとえば、従業員が勤務したい日、時間帯を伝えることで、雇用側が希望に合わせてシフト調整を行い、勤務日を決定します。自由シフト制は、主に小売業、飲食業などパート・アルバイトの多い業種で多く見られます。

固定シフト制とは

固定シフト制とは、あらかじめ働く曜日、時間帯を決めてから働き続ける働き方のことです。固定シフト制は、主にデータ入力など、オフィスワークで多く見られるスタイルです。一般的に、シフトは半年から1年ほどの周期で見直されます。シフト勤務であっても働く曜日、時間が固定されるので、希望シフトの提出は不要となり、スケジュールを提出する手間が省けます。

完全シフト制とは

完全シフト制とは、複数のシフトパターンの中から従業員が希望のパターンを選択するスタイルです。完全シフト制は、日勤、夕勤、夜勤など交代制勤務がある工場、医療や介護職などで多く採用されています。

シフト制のメリット

交代勤務で勤務時間を分担できるシフト制には、どのようなメリットがあるのでしょうか?雇用主、従業員それぞれの立場別にメリットを紹介していきます。

雇用主側のメリット

シフト制の採用により、交代勤務で勤務時間を分担させることで、営業時間を長く設定できます。シフト制の導入により、深夜まで対応可能なサービスが提供できるなど、業務や施策の幅を広げることが可能となります。

従業員側のメリット

シフト制により、従業員は自分の働きやすい労働時間を選べるようになり、生活スタイルに合わせた時間帯で働くことができるようになり、仕事とプライベートを両立しやすくなります。

シフト制のデメリット

シフト制にはメリットだけではなく、デメリットも少なからず存在しています。シフト制のデメリットについて、雇用主、従業員それぞれの立場別に紹介します。

雇用主側のデメリット

シフト制のデメリットは、雇用主側のシフト管理が煩雑化することが挙げられます。また、従業員のシフトの提出が遅れる、もしくは特定の勤務日にシフト希望が集中すると、都度調整しなければならないなど、シフト作成の業務負担が増える可能性があります。とくに部署、従業員数の多い企業ではシフト管理がより複雑化しやすいので、シフト管理システムを導入するなど、業務負担を軽減する対策が求められます。

従業員側のデメリット

シフト制は、営業スケジュールやその他の従業員の希望も考慮して作成するため、必ずしも希望通りにいくとは限りません。とくに工場、サービス業など、年中無休で稼働する業種であれば、土日祝日に希望者が募り、思うように休みが取れない可能性があります。また、シフトが一度確定すると、シフト変更がしづらく、休みが取りにくくなるデメリットもあります。

シフト制の関連用語と注意点


シフト制には、さまざまな関連用語があります。シフト作成や管理の際には、それらの用語に注意した上で行う必要があります。本項目では、シフト制の関連用語とともに、注意すべきポイントについて解説します。

法定の労働時間・休憩・休日

労働時間・休日に関する主な制度に、「法定の労働時間・休憩・休日」があります。制度の内容は、以下の通りです。

・1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない。
・雇用側は、労働者に対し労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与える必要がある。
・雇用側は労働者に対し、毎週1日、もしくは4週間を通じて4日以上の休日を与える必要がある。

法定の労働時間・休憩・休日は正社員のみならずシフト制の従業員にも適用されます。そのため、企業はこの制度を守った上でシフト作成、管理しなければなりません。

年次有給休暇

年次有給休暇とは、休暇を取得しても、その日の分の給料が支払われる制度のことを意味します。一般的には有休、年休、有給などと表記されることが多いです。年次有給休暇は、従業員が一定の要件を満たしていれば、毎年一定の日数の有休休暇を得ることができます。付与される有休日数は、1日当たりの労働時間、労働日数によって異なります。

労働基準法により、勤務条件が一定の水準さえ満たしていれば、シフト制の従業員も有給を取ることが可能なため、企業側は有休についても管理する必要があります。

交通費

交通費とは、通勤や出張時の電車・バス代、ガソリン代などを指します。通勤による交通費支給額は、一般的には自宅から勤務先までの最短ルートで計算し、往復分が対象となるケースが多いです。また交通費のルールは、電車のみでバスは不可、ガソリン代の支給ありなど会社によって異なります。交通費の支給額は、会社の規定により以下のようなパターンがあります。

・全額支給…会社と自宅までの往復交通費を全額支給。
・一律支給…1日500円一律支給など、かかった費用に関わらず一定の額を支給。
・一部支給…金額に上限を設けた上で交通費を支給する。

会社ごとに交通費の既定を設け、既定による算出をして従業員に支払う必要があります。

雇用保険

シフト制勤務の従業員は、月87時間以上働く場合、必ず雇用保険へ入らなければなりません。雇用保険は非常勤などの短時間労働者、バイトも同様に加入する義務が発生します。学生は原則として入れませんが、大学の夜間学部、高校の夜間、定時制の学生が月87時間以上働く場合は加入する必要があります。企業側は、シフト作成時には労働者の雇用保険管理もあわせて行います。

労災保険

労災とは、業務に従事している最中に発生する災害のことです。労災保険の手続きは被災者本人が行いますが、重篤な怪我、病気を負っている場合は企業が手続きを支援する必要があります。

また、被災者が死亡もしくは4日以上休業する場合は、労働基準監督署長あてに労働者死傷病報告書を提出しなければなりません。一般的には、労災発生後1~2週間が提出期限とされています。シフト制の従業員であっても、労災が発生すると企業側は対応しなければなりません。また、シフト制従業員でも休業中の賃金補償義務があるため、賃金計算をする必要があります。

シフト管理を効率化するならシフト自動作成AIツール「HRBEST」がおすすめ!

シフト管理システムは、従業員の希望のみならず労働基準法なども踏まえた上でシフト作成、管理を行うことができます。業務効率化をするなら、完全シフト自動作成が可能なAIツール「HRBEST」がおすすめです。どんなサービスなのか、今から解説していきます。

さまざまなな条件を考慮したシフト作成が可能

シフト自動作成AIツール「HRBEST」は、パート・アルバイトなどの様々な雇用形態や、所定労働時間、連勤や公休、各種休暇、社内ルールなどを考慮してシフトを自動作成します。さらにクラウドツールであることから、最新の労働基準法に基づいてシフトを作成するため、労務リスクの軽減にも貢献します。

シフト自動作成はたったの2ステップで完了

HRBESTは基本的なシフト作成であれば、スマートフォンから従業員が希望シフトを提出、シフト作成ボタンを押すだけで簡単に作成できます。スマートフォンでシフト管理ができるので、従業員個人でもシフトの提出・確認が可能です。さらに日次、月次でのシフトの確認も行うことができます。

導入コストもリーズナブルに設定

「HRBEST」はクラウドツールのため、初期設定費用などもかからず、導入コストも最小限です。サービス料金は月額制となっており、最低契約期間の縛りもなく最短1ヶ月だけのお試し利用など柔軟な使い方も可能です。
導入プランには、以下の種類がありコストや用途に合わせて選択可能です。

・シンプルプラン ¥2,980/月
・チームプラン ¥4,980/月
・チームプラン ¥19,800/月

企業様のスタッフ規模にあわせてプランを選べるので、無駄なくシステムを利用できます。

まとめ

シフト管理は、システム導入によりシフト作成、シフト変更時の調整などクラウド上で一元管理できるようになるため、労働負担を大きく軽減させることが可能です。

シフト管理システム「HRBEST」であれば、労働者の雇用形態、労働時間、連勤や公休、各種休暇、社内ルールなどをあらかじめ設定することで、業種や自社にあわせたシフトを簡単に作成できます。そのため、自社の勤務体系、業種や雇用形態に合わせたシフト作成、管理を行うことができます。

さらにHRBESTなら、クラウド型のAIツールなので導入コストも最小限なので、コストを抑えたシステム運用ができます。クラウドという特性から、労働基準法などの情報は自動で更新され、労務リスクを防ぎます。HRBESTによるシフト管理導入を検討されている企業担当者様は、ぜひTRYETINGへお問い合わせください。

HRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-hrbest

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。

sidebar-banner-umwelt