BUSINESS

AI搭載型CRMのメリット|役割と注意点を解説

 

顧客との良好な関係を維持するためには、CRMが重要です。そして近年、AIを搭載したCRMを導入する企業が増えています。CRMとAIを組み合わせることで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。ここで解説していきます。

▼更にCRMについて詳しく知るには?
【効率化】CRMの基本と導入のメリットを解説!選ぶ際のポイントも紹介
▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

CRMとは?

CRM(Customer Relationship Management)とは顧客関係管理の略で、顧客と企業の関係性を管理し、企業の営業戦略に活用する経営手法を指します。顧客の商談の履歴や家族構成、趣味趣向などを一元管理することで、より効果的なレコメンドを行なったり、サポートをスムーズにするのです。

AI搭載型のCRMが増えている


AIとは人工知能のことで、自分で学習し分析予測ができるコンピューターを指します。顧客関係情報をビックデータとして蓄積しAIに学習させることで、書類作成や顧客データの更新などの業務を自動化したり、顧客の行動パターンを予測したりと幅広い利用が可能です。さまざまな機能をCRMに活かし、業務効率化やマーケティングを行えることから、AIを搭載したCRMが多くリリースされています。

CRMにおけるAIの役割


CRMにおけるAIの役割を紹介します。

データの分析

AIのデータ分析機能をCRMに搭載し、顧客の購入履歴や取引履歴などの情報を収集、分析することができます。膨大な情報を人の手で管理しようとすると、膨大な時間と手間がかかる上にヒューマンエラーのリスクも発生します。一方、AIを用いてデータを分析すれば、統計解析に精通する専門家がいなくても、必要な情報を抽出できるのです。

オペレーションの自動化・効率化

オペレーションの自動化、効率化にもAIが役立ちます。日々同じ業務を繰り返していると、それが当たり前になってしまい、効率化するのは困難です。しかし、AIが日々の作業パターンを学習し、業務フローに無駄がないかをチェックすることで、これまで気づかなかった観点で、業務改革に取り組めるようになります。

優先順位の決定

業務の優先順位を決める際にも、AIの分析力が利用されます。例えば、複数の連絡先の取引情報を元にスコアリングし、優先順位を提案することが可能です。それによって、どこに優先的にリソースを割けば良いかが可視化され、営業活動が効率化されます。

アプローチ方法の提案

AIは顧客の消費行動を分析し、予測します。これにより、顧客によって、適切なアプローチ方法の提案が可能です。例えば、過去の取引履歴や、webサイトの訪問履歴、メルマガの開封率などの情報を蓄積し、顧客の行動パターンや需要を予測できます。これにより、追加で購入してもらえる可能性の高い商品やアプローチ方法が提案され、営業活動に役立てることができます。

AI搭載型CRMのメリット


AI搭載型のCRMによって、従来の顧客情報管理よりも、より高度で多様な活用が可能になりました。ここで、AI搭載型CRMのメリットを具体的に紹介します。

新たな顧客情報を発見できる

AIでの顧客情報管理は、人力での管理に比べて多くの情報を正確に管理できます。多くのデータを収集・分析することで、顧客に関する多くの情報を把握できるようになり、次のステップに繋げられるようになるのです。

予測精度が高まる

AIを用いた予測は従来の単純集計に比べ、精度が高いことが特徴です。AIが搭載されたCRMでは、機械学習を用いて、コンピューターが自動で学習を行い、より大量で複雑なデータを分析できます。大量で複雑なデータを加味し、予測精度を向上させることで、優先順位づけなどに活かせます。

効果的なアプローチ方法が分かる

AIは顧客への効果的なアプローチ方法を提案します。購買履歴などを参考にすることで、おすすめの商品やアプローチが効果的なタイミングを分析できるからです。また、商品を購入するまでの消費者行動を分析することで、効果的なマーケティングを行うことができます。

ルーティンワークを自動化できる

日々の業務を効率化、自動化することも可能です。例えば、販売促進のメルマガやDMの送信や商談の日程調整、情報共有などを自動的に行います。ルーティンワークを自動化し、作業の負担を軽減します。

顧客のために時間を使えるようになる

ルーティンワークや問い合わせ対応を自動化することで、その分の人員や時間を顧客とのコミュニケーションに振り分けられます。直接顧客とやりとりする時間を増やし、より密にコミュニケーションをとることで売上に繋がります。

One to Oneマーケティングを実現できる

One to Oneマーケティングとは、消費者個人の行動から需要を予測するマーケティング方法です。消費者のニーズが多様化し細分化される中で、効果的なマーケティングを行うには、顧客個人にあったアプローチが大切です。しかし、従来のように顧客を大まかにグループ分けして分析するだけでは、そのようなアプローチはできません。顧客個人の取引履歴や問い合わせ履歴などの行動から、おすすめの商品やサービスを自動で提案することで、より効果的なマーケティングが行えるのです。

AI導入時の注意点


AI導入の際は、以下のような点に注意が必要です。

  • 導入目的と目標を定める
  • 費用対効果を考える
  • 社内の同意を得る
  • スモールスタートを行う

AI導入には多くのコストがかかる上、ツールによって使い方や特徴が異なります。そのため、闇雲に導入するのではなく、導入目的と目標を決めた上で費用に見合った効果が得られるのかを分析して導入しましょう。最初に導入の際は使用する部署や機能を限定し、ツールが自社に適しているのか見極めてから、規模を拡大させることをおすすめします。また、社内の研修や教育を行い、AIの活用がしやすい状態にしてから導入することも大切です。

AI搭載型のCRMを導入するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ!

AI搭載型のCRMはただ情報を管理するだけでなく、マーケティングや業務効率化などさまざまな面で役立ちます。AI搭載型のCRMを導入したいと考えている方にオススメなツールが、TRYETINGのノーコードAIクラウド「UMWELT」です。

安価かつスムーズにAIを実装できる

UMWELTはクラウド型のAIサービスです。自社でサーバーを設置し運営する必要がないため低価格で導入可能です。また、ノーコードで実装可能なので、自社にプログラミングの知識が豊富な人材がいなくてもスムーズに導入できます。

豊富なアルゴリズムで自社にマッチした使い方ができる

UMWELTは多種多様なアルゴリズムを提供しており、さまざまなニーズに対応できます。来客数の予測やリードタイムの予測など、豊富なアルゴリズムを組み合わせて使うことで企業にあった活用を行い、業界問わず幅広い分野で活用されています。

伴走サポートオプションで効果的に運用できる

UMWELTは導入、運営のフェーズで、専任のスタッフが伴走し、サポートします。オプションプランでは、作業の代行だけでなく、コンサルティングやBI作成などを担当するプランもありますので、スムーズに運営が可能です。IT人材の育成にも繋がります。

まとめ

AIを搭載したCRMは、情報を一元管理するだけでなくマーケティングや業務効率化などさまざまな面で役立ちます。UMWELTはノーコードで導入可能なAIサービスです。CRMの機能を低価格でスムーズに導入できます。CRMの導入を検討している方はUMWELTの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。