MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

近年、AI導入を検討する企業が増加しています。AI導入にあたって、それによるメリットやデメリットを押さえることは重要です。今回はAIについての解説や活用例、おすすめのツールをご紹介します。

article-banner-umwelt

AI(人工知能)とは

AIとは、人間の知的行為の一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。人は生活の中で多くの推測や判断を行っていますが、AIは判断をするためのパターンやルールなどの特徴を自動で抽出し、判断することができます。しかし実は、AIに明確な定義はありません。AIという用語が造られたのは1956年にアメリカのダートマス大学で開催されたダートマス会議においてでした。AIの研究はこれまで繁忙期と閑散期を繰り返し、今日に至ります。現在の第3次ブームは2010年ごろから始まった本格的なもので、今後もAI技術が様々な業界や分野で活用されることが期待されているのです。

AIブームの要因


今回の第三次AIブームは3つの要因によって生じていると考えられます。

・AI技術の進歩
今まで技術的に実現できていなかった自動運転や画像・音声認識などの施策が、機械学習をはじめとしたAI技術の大きな進歩により可能となりました。

・データの増加
AI技術を活用するには、大量のデータが必要となります。かつては企業内の顧客データベースなど、限られたデータに頼るしかありませんでした。しかし、2010年ごろからはIT機器やソーシャルネットワークなどからもデータを取得できるようになり、AI研究の発展が加速する原動力となりました。

・情報処理能力の向上
コンピュータの半導体チップやGPUの性能向上が、コンピュータの高い計算能力を必要とするAIの技術発展の土台を支える形となりました。

AIの用途


AIの技術は様々な業界や用途で活用することができます。ここでは予測、識別、実行の3つのカテゴリに分類し、解説していきます。

1.予測

AIを活用することでデータから未来の事象を予測することが可能となります。予測の種類は大きく分けて3つあります。

・数値予測
具体的な数値がどの様な値になるのかを予測することができます。例えば、商品の売上や販売数などをAIで予測し在庫管理に活用したり、広告のパフォーマンス効果を予測し広告効果を最適化させることができます。

・ニーズ・意図予測
人の過去の閲覧情報などから、その人にニーズがあることを予測することができます。その人におすすめの音楽や動画などのコンテンツを勧める機能として利用されています。

・マッチング
似た目的を持った個人を予測し、マッチングする用途としても活用されています。

2.識別

AI技術を利用することで、画像認識、音声認識などによる、ものごとの識別が可能となります。さらにそれを、情報の判別や仕分け、情報の理解をする際に活用することができます。例えば、サイト内のコンテンツをカテゴリごとに分類する際にAIを活用すれば、自動分類することができます。また、広告に対するユーザーの反応を識別したり、機械の異常検知などを行うことができます。

3.実行

コンテンツを自動で生成したり、最適化された作業をAIが自動化することも可能です。デザインや文章などの表現を生成することや、自動運転や自動対話などでAIを活用することができます。

AIの分類


AIを分類する際に広く一般的に「強いAI」と「弱いAI」という分類や、「特化型AI」と「汎用型AI」といった分類がされます。ここでは、それぞれの違いについて詳しく解説していきます。

1.特化型AI

特化型AIとは、限定された領域の課題に特化して学習や処理を行うシステムのことです。近年ビジネス領域で広く活用しているAIは特化型AIです。特化型AIは、特定のタスクでは人間の能力をはるかに超えた高い機能をもつ一方、それ以外の機能がありません。人間と同じように総合的に物事を考えたり、判断することはできないため、学習によりプログラムされた機能以上の対応をすることが未だ実現できていません。

2.汎用型AI

汎用型AIは、特定の課題だけに対応するのではなく、人間のようにあらゆる課題を処理できるシステムです。人間の場合、想定外のことが起きた時でも、経験に基づき総合的に判断し問題を解決できますが、汎用型AIも、そのような問題処理能力を持ちます。すでにビジネスで活用が進んでいる特化型と比較すると、汎用型AIは実用化に高い期待が寄せられているものの、実現はしていません。しかし、実用することができれば画像認識や音声認識など、特定の分野で人間以上の能力を発揮することが期待できます。

3.強いAI

強いAIは、人間のような自意識を備え、幅広い認知から総合的な判断を必要とする作業も可能なAIを指します。フィクション作品で描かれる「人間のように感情を持ち、自身で物事を考えて行動するAI」をイメージするとわかりやすいでしょう。人間のように状況に応じた対応ができますが、技術的なハードルが高いため実現できていないのが現状です。

4.弱いAI

弱いAIとは、人間の知性の一部分のみを代替し、特定のタスクのみを処理するAIを指します。現在実用されているAIのように、一部の領域の業務に特化しているAIは弱いAIになります。

AIを導入するメリット


AIの導入を検討していく段階で、メリットやデメリットを理解しておくことが大切です。AIを導入するメリットについて詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.労働力不足の解消

ビジネスの現場にAIを導入することで、これまで人間が行っていた業務をAIが代わりにできるようになります。労働力不足の問題を抱えている企業にとっては、大きなメリットといえるでしょう。もちろん、すべての業務をAIに任せることはできませんが、AIに任せられる業務の数はさらに増えていくことが予想されています。

2.生産性の向上

人間が作業を行う場合、一人ひとりの経験やスキルによって業務の質に差が生まれることがあります。体調やモチベーションなどが業務の質に影響を与えることもあるため、それを一定に保つことは容易ではありません。AIであれば、体調やモチベーションなどに左右されることなく、ほぼ正確に業務を遂行していけるため、生産性の大幅な向上が狙えます。

3.安全性の向上

自動運転などで人の代わりにAIを活用し、危険が伴う業務や人間が立ち入ることのできない場所での作業が可能です。また、インフラの劣化や機械の故障を自動で検知し、事故などを事前に防ぐことができます。

4.人材の有効活用

人がこれまで行ってきた業務をAIに置き換えることで、人がよりクリエイティブな作業が求められている仕事に集中することができます。人がより人の強みが活かせる業務に集中することで、全体最適として人材の有効活用に繋がります。

5.データ分析の精度向上

AIは人がデータの分析・予測を行う以上に大量のデータを分析し、予測する業務を得意としているため、より高い精度で分析業務を進めることができます。そのため、分析したデータを企業の経営戦略やマーケティングに反映させたことで、売り上げを伸ばすことに成功した例も数多くあります。

6.技術の伝承

言語化が難しい技術は、一般的にマニュアル化が難しく、伝承が困難です。しかし、AIは技術者のデータを蓄積し、ノウハウを体系化できます。技術者が少なく、希少価値の高い技術においても後世に残すことができるようになるでしょう。

【業界別】AIの活用例


ここまではAIの用途や分類について解説してきました。ここからは、AIの具体的な活用例を業界別にご紹介します。

1.製造業

製造業の慢性的な課題の一つに、人が作業を行うことによって起こるミスがあります。そういったヒューマンエラーへの対策としてAIを活用することは非常に効果的です。AIを導入することで、検品などを漏れなく自動化することができ、製造品質の高水準での管理が可能となります。

2.農業

農業は広い場所を自在に飛行可能なドローンと大変相性が良いと言われています。ドローンにAIを組み込むことで、農薬を自動で散布することができたり、育成状況の解析を行うことが可能となります。

3.小売業

小売業において商品の発注作業は多くの手間と時間を要し、経験や勘を元にした需要予測が必要なため、難しい業務のひとつとされています。しかし、AIを活用することで最適な商品の数を算出することが可能となります。これにより、発注作業にかかる手間や時間が大幅に削減されたほか、品切れによる機会損失や廃棄商品を減らすことができます。

4.建設業

建設業界では人手不足が深刻化しています。人材不足によって事業縮小せざるを得ない状況に陥る企業なども増えています。AIを活用することで単純作業の自動化を実現できるため、人が行う工程を減らし、人材不足の解消につなげることができます。さらに、AIは安全性を向上させるための手段としても活用することができるため、より働きやすい環境整備を期待できます。

5.マーケティング

マーケティング領域においては、データを収集することが比較的容易であるため、AIの活用が進んでいます。顧客の購買履歴などから顧客の好みをAIで分析し、顧客が欲しいであろう商品を勧めるなど、販促の効率化が可能となります。

AIを導入するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

一般的に、AIを自社内で導入する場合プログラミングに関する知識を必要とするため、AIへの知見があるAIエンジニアが必要となります。しかし、社内にAIエンジニアがいない場合でもAIをビジネスに活用できるサービスがあります。それがTRYETINGの「UMWELT」です。UMWELTはプログラミング不要で簡単に利用でき、社内でAIを利用するための特別な環境を準備する必要がないため、準備コストを最小限に抑えた上でAIを活用する事ができます。

まとめ

この記事ではAIについての解説や導入のメリット、おすすめのツールなどをご紹介させていただきました。AIを導入する場合、システムを一から構築するより既存のツールを利用することが効率的です。既存のシステムを変更することなく利用できるUMWELTを是非検討してみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。