MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産計画にシステムは必要?システム化のメリットやポイントを詳しく解説

「生産計画」をしている製造業の担当者の業務内容は多岐にわたります。製造業の中でもさまざまな職種がありますが、生産管理業務はその中でも複雑と言われています。生産計画システムを活用すると、通常の生産管理システムでは実現できない精度の高い生産計画を実現することができるため、生産効率の向上に繋がります。

本記事では、生産現場における個々の設備・機械装置・人員などに対して、生産計画システムが必要な理由についてお伝えしてきます。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

クラウド型の生産管理システムの特徴やメリット!導入のポイントとは?

article-banner-umwelt

生産計画とその立案に必要なシステムについて


生産計画はどのように策定すればよいのでしょうか。ここでは、滞りなく製品を生産するために、適切な生産計画の立て方をお伝えします。また、それに必要な生産システムについても説明をしていきます。

生産計画がすべき作業

生産計画の担当者がやるべき事は「MPS(基準日程生産計画)」を立案することです。これは「受注・材料調達・原価・品質・出荷」までの流れを管理し、かつ、「何を、いつ、どこで、いくつ」生産するかという事を決めることが主な内容になっています。生産計画でやるべきことは大きく3つあります。

  • 生産すべき製品の種類・数量・時期の計画
  • 製品の生産に要する原材料・部品の計画
  • 製造から出荷に至るまでの日程計画

生産計画のシステムとは?

生産計画システムとは、製造業において、「計画、生産、販売、在庫、原価計算、品質」などを統合的に管理するシステムのことです。現場の正確なデータを1本化することで、業務の効率化や生産向上に繋げる事ができます。従来のやり方としては、MRP(資材所要量計画)など必要工数、原価などの進捗管理や工数管理する方法が採用されていました。

しかし、このやり方だと作業が複雑になりやすく、重大なミスに繋がることが問題視されていました。そこで、MRPなどを自動化することにより、製造工程に関わる業務の効率化、可視化、情報共有することが可能になります。

これらの機能を活用すれば、「生産計画の作成や入出庫管理などの入力と転記作業に大きな負担がある」「余剰になっている在庫を減らしたい」「納期を短縮化したい」といった課題の解決ができます。正確な情報の把握は、情報システム部門の担当者や工場のマネージャーにとって不可欠です。

生産計画システムのスケジューリング方法


生産計画の業務では、年間・月間・日別スケジュールなど、何かしらの計画や予定を立てることが頻繁に発生します。しかし、生産管理における日程計画の重要性を理解し、スケジューリングを行える人は多くはありません。ここでは、効率的な日程計画の立て方と共有方法をご紹介します。

3つの日程スケジューリング

大前提として、日本工業規格(JIS)における生産計画の定義とは、「生産量と生産時期に関する計画」です。実際には工数・資金・製造数などの項目により計画に関わる期間が異なります。この目的は「お客様と約束した納期に間に合わせる」為です。それを理解した上で、期間ごとの目的を見てみましょう。

  • 大日程計画の特徴
  • 中長期的な生産の計画は大日程計画と呼ばれます。計画期間は3ヶ月~1年程度で、計画頻度は1~3ヶ月です。過去のデータなどを参考に、予想される受注から納品までに必要な資金・設備・人員などの計画を立てます。

  • 中日程計画の特徴
  • 中短期的な生産の計画は中日程計画と呼ばれます。計画期間は1~3ヶ月程度で、計画頻度は毎週~毎月です。実際の受注を元に、生産する製品や製造数の計画を立てます。

  • 小日程計画の特徴
  • 短期的な生産の計画は小日程計画と呼ばれます。計画期間は1週間~1ヶ月程度で、計画頻度は毎日~毎週です。どの部門でどの仕事をするか作業を割り振り、いつからいつまでに完了させるか計画を立てます。大日程計画から徐々に計画粒度が細かくなっていくため、小日程計画を立てる段階では、シフトの作成・品番別の作業内容・工程別の作業内容など複雑な設計が求められます。

2つの工程スケジューリング

作業工程のスケジュール策定には2つの方法があります。

フォワード方式とは今手元にある受注・販売計画に対する製造計画をある基準日から前詰めで計画していく方法です。この方式を採用すると、在庫(仕掛在庫や中間品の在庫)が多くなる傾向があります。この場合、在庫(材料や部品)は、早めに調達する必要があります。要するに、フォワード方式は生産効率を重視しています。

これに対してバックワード方式とは、今手元にある受注納期や販売計画から作成された入庫予定日から逆算して製造日程を計算していく方式です。この方式を採用すると、在庫(仕掛在庫や中間品の在庫)は、バックワード方式の方が少なくなる傾向があります。つまり、バックワード方式は在庫削減を重視しています。

生産計画のシステム化で可能になること


生産計画システムを活用すれば、計画作成を手軽かつ迅速に行えるようになり、生産効率が向上します。また、スケジュールの管理・共有・変更も簡単であり、現場の状況を可視化できることも利点として挙げられるでしょう。以下、生産計画システムを活用することによる具体的なメリット5つを説明していきます。

計画立案が迅速に行える

生産計画システムを活用すれば、判断基準(計画立案の優先順位や制約事項)をシステムに担わせることになるため、特定の社員以外でも短時間で計画立案を行えるようになります。手作業が不要となり、計画作成を手軽・迅速に行えるため、生産計画時の作業コスト削減や担当者の負荷が軽減できます。

リードタイムが短縮できる

生産管理システム上、精度の高い生産計画の立案は難しいのが事実です。そこで、生産計画をシステム化すれば、無駄を省くことが可能になり、生産効率が向上します。例えば、基幹システムの受注データから、進捗状況を考慮した精度の高い生産計画を迅速に立案できるため、リードタイムの短縮が可能です。資材や仕掛品、製品の余剰在庫が減り、無駄な資産を抱えずに済むため、キャッシュフローが大幅に改善されるメリットがあります。

生産計画を可視化できる

スケジュールを「ガントチャート」で管理し、現場関係者に対して簡単に共有することが可能となり、生産管理に詳しくない担当者でも顧客に対して信頼できる納期回答を行えます。また、リスケジュールにも柔軟に対応できます。

新型コロナウイルス感染症の流行や景気の変動などの外的要因といった予期せぬ事態が発生しても、迅速に生産計画を変更することが可能です。顧客からの生産計画に対する変更要求があった際に、生産管計画システムは大いに役立つことでしょう。

生産現場の見える化が進む

現在および未来の生産現場の状況を可視化できる点もメリットです。スタッフの急な勤務調整や機械故障等の突発的なトラブル発生時でも、生産計画の再作成(リスケジュール)がフレキシブルに対応できるようになり、尚且つ納期遅延の解消にも繋がります。

属人化を撤廃できる

属人化とは「特定の社員が担当している業務の詳細内容や進め方が、当人以外では分からなくなってしまう状態」のことを言います。属人化が進むと、担当者の休暇での不在、退職のたび業務に支障をきたす状態となりますが、システム化を進めると、稼働状況などの情報を全体が把握でき、よりスムーズな商品の生産が可能となります。

生産計画のシステム化が進む背景


次は、生産計画のシステム化が進んでいる背景についてお伝えします。

手間がかかる

複雑な多品種少量生産をエクセルなどを用いて計画すると、精度を著しく損ないます。また工程数が多くなると、製造に着手してから製品が出来上がるまでの時間(生産リードタイム)が本来の正味時間の何倍にも膨らんでしまい、効率が大幅に下がる可能性があります。

段取りの発生条件が複雑であると総作業時間を妥当に見積もることが困難です。また作業中に使われる副資源(作業に従事する人、ツール類、電力など)の制約があると、実行可能な計画を適切に立案ができないこともあります。

何から手を付ければよいのか分からない

上記に書いたように、作業量が膨大になり手間がかかり、どの作業から手を付けてよいかが不明瞭になります。また、製造現場の生産管理の属人化したことにより担当の引き継ぎができず業務に支障をきたす事実が存在します。

既存システムの入れ替え

既存のシステムがメーカーのサポート終了の予定が発生したことにより、新しいシステムの入れ替えを検討する場合があります。また、現在の業務に合わないと感じはじめたとき、既存のシステムが使いづらい(受注データから直接生産計画の立案ができない)という社員から不満が上がってきたときに検討しはじめるケースが多く見られます。

生産計画をシステム化する際のポイント


生産計画を含む生産管理でのAI活用は、瞬時に膨大なデータを分析し、迅速に優れた生産計画を立てられるメリットがあります。ここでは、導入する際に確認しておくべきポイントをお伝えします。

機能面

生産管理をシステム化する上で大切なのが、製造現場の問題の洗い出しです。例えば「在庫管理ができておらず納期遅れが生じている」という課題があるなら、材料別の所要量をシステム上で計算し共有できる機能や、適正在庫の分析機能などの機能を搭載している製品が望ましいでしょう。パッケージとして提供される生産管理システムだと、必要な機能が搭載されていないというケースも少なくないので事前によく確認しておきましょう。

また、生産管理システムにはクラウド型とオンプレミス型があり、価格帯が異なる点にも注意が必要です。システムにはクラウド型はインターネットを介してサービスを利用するので、サーバなどを用意せずに初期費用を抑えてすぐ導入できます。オンプレミス型は、自社仕様の生産管理システムを構築するため、初期費用はクラウド型よりもかかります。しかし運営を自社が行うため、場合によってはランニングコストを抑えられることがあります。予算や利用環境を考慮しながら選びましょう。

サポート面

サポート体制の充実性も加味することをお勧めします。サポートは導入時のみの場合や運用や活用の支援まで行っているなど、提供会社によって様々です。中には、導入前に無料トライアルで試せたり、専任のSEが定期訪問してその場で相談できたりと、入念なサービスを行っている提供会社もあります。

運用に不安のある場合は、電話やチャットでのサポートだけでなく、上記のような入念なサポートがある提供会社がおすすめです。

生産計画システム化はノーコードAIクラウド「UMWELT」がおすすめ!

生産管理システムを導入することによって、納期、在庫、工程、原価などの製造業の現場における情報を適切に管理でき、品質(Quality)、原価(Cost)、納期(Delivery)をあらわすQCDの最適化を実現できるようになります。

しかし、システムは業種、生産方式によって機能が異なるため、導入時には目的にあったものを事前に下調べする必要があります。さらにクラウド型の場合は情報漏洩のリスクもあるため、導入や取り扱いにはネットワーク、プログラミングへの専門知識が必要となります。

そこで、ネットワークやプログラミングの知識がない方にオススメなのが、TRYETINGが提供する「UMWELT」というサービスです。UMWELTは、ネットワークやプログラミングの知識がない方でも簡単に生産管理システムの導入、構築が行えるようサービスが整っています。常時100種類ものアルゴリズムが搭載されており、それらをレゴブロックのように自由に組み合わせることで、誰でも簡単に求めている生産管理システムの構築が可能です。

さらにUMWELTはAPIを介して接続するため、既存システムに手を加えることなくシステム化できます。既存システムに手を加えないため、煩わしい社内調整のコストを最小限に抑えたい人におすすめです。

まとめ

生産管理システムは、計画、生産、販売、在庫、原価計算、品質など、製造業の現場における情報を管理し、計画作成を手軽かつ迅速に行えることや生産効率が向上し、今では製造業に欠かせないツールとなっています。

ただし、効率よくシステムを活用するには生産形態、運用環境に適したシステムの選定を行う必要があります。またネットワークを利用するクラウド型の生産管理システムであれば、インターネットにおけるセキュリティ面の知識も求められます。

TRYETINGが提供するサービス「UMWELT」なら、コンサルタントのサポートを利用できるため、ネットワークの知識がない方でも安心して利用できます。さらにノーコードツールUMWELTであれば、費用は業界最低水準と低価格で利用でき、導⼊、維持費⽤も不要のため、コストを最小限に抑えて利用できます。UMWELTで生産管理システムの導入、利用を行って、業務効率化、生産性向上に役立てていきましょう。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。