MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

シフト作成

外食産業が直面している人手不足の現状とは?求人ニーズや原因/対策を解説

現在、外食産業では人手不足の問題を抱えています。人手不足によって、店舗運営が上手く回らず経営難となっている企業も多いでしょう。その解消に向けて求人を出しても、なかなか集まらないのが現状です。そこで今回は、外食産業が直面する人手不足の現状と求人ニーズについて解説していきます。

外食産業における人手不足の現状


外食産業では、人手不足に悩まされています。人手不足によって従業員一人ひとりへの負担が大きくなり、負担に耐え切れなくなった人が辞めてしまうといった影響が出ているのです。ここでは、外食産業における人手不足の現状をみていきましょう。

求人は多いが人手不足

現在、外食産業では求人の数が増えているにも関わらず人手不足が続いています。2018年12月に、株式会社ビズリーチが運営する求人検索エンジンスタンバイで「求人検索エンジン『スタンバイ』 急増求人ワード2018」を発表しました。

この調査では、2018年にスタンバイ内で掲載された求人のタイトルに含まれる単語のうち、前年同期比で急増した単語を調査しています。調査の結果、パート・アルバイト求人1位は「厨房」、正社員求人1位は「飲食」という結果でした。このような求人数の増加は、人手不足に陥っている現状を表しています。

人手不足の割合

株式会社帝国データバンクは、2019年10月「人手不足に対する企業の動向調査」を発表しました。本調査は、全国2万3,731社を対象に人手不足であるのかを調査しています。その結果、飲食店の正社員が不足していると答えたのが61.9%、非正社員においては最も人手不足を感じており、78.6%でした。この結果からも、多くの飲食店で人手不足を感じていることが分かります。

マイナスの連鎖

人手不足は、マイナスの連鎖を引き起こします。主に、以下の流れが想定されるでしょう。

①人手不足によって従業員の負担が大きくなる

→シフトの空いた穴を埋めるために、長時間労働になってしまう。

②労働環境の悪化により退職者が増加する

→長時間労働をはじめとした劣悪な労働環境により、多くの従業員が職場をやめることに。

③新人研修が不十分になり、経験不足のスタッフが現場に送り出される

→成長を期待されて入社した新人に対しても、人手不足で忙しいために指導する時間がなくなってしまう。何も分からずに現場対応を任されるため、不満が大きくなり早期退職者の増加につながる。

④人員不足により、サービスの質が低下

→人員不足は従業員の負担が大きくなるため、結果的に仕事の質も落ちてしまう。

⑤サービスの質が低下したことで、売上が減少

→サービスの質が落ちれば、お客様からのクレーム対応が増える。その結果悪いうわさが広まってしまい、売上が減少してしまう。

⑥売上減少により人件費を削るも、一層経営が困難になる

→売上の減少により、コスト削減として人件費を削ることに。しかし、従業員の負担は大きくなるため退職者が増加し、最終的には閉店に追い込まれる場合も十分考えられます。

離職率から外食産業への求人ニーズを知る


平成30年3月に農林水産省が発表した「外食・中食産業における働き方の現状と課題について」では、大学卒業者における就職後3年目までの離職率が飲食店で50.2%と最も高い水準。そこで、離職率が高い外食産業では、求人を出す前に応募者が求めているニーズを理解する必要があります。ここでは、応募者が就職先を選ぶ基準や辞めずに働きたくなる環境について解説しましょう。

給与の情報

1つ目は、給与の情報が明確に記載されていることです。新型コロナウイルスの影響で、多くの人にとって、経済的な負担は増しました。安定的な収入を求める声が多く聞かれるようになった近年、給与の情報を明記させておくことは求職者の不安を解消することに繋がります。

所定外労働時間などシフト関連

2つ目は、労働時間が整備されていることです。従業員が辞めたくなる労働環境の一つに、長時間労働の現場が挙げられます。「外食・中食産業における働き方の現状と課題について」では、正社員で24.3%、非正社員で3.9%が、繁忙期の外食産業において、時間外労働が80時間以上となったと回答しました。この結果から、外食産業における労働環境の過酷さが伺えます。今後、時間外労働を減らすなどの対応が必要となるでしょう。

求人広告を見直す

3つ目は、求人方法の見直しです。現従業員への待遇を強化しつつ、新たな人材募集にも力を入れなければなりません。現在、さまざまな方法で求人募集ができる時代となりました。従来使われているWeb上での求人募集はもちろん、社員に紹介してもらうリファラル採用も活用していく必要があります。また採用するターゲットについても、外国人やシニア層へ拡大すべきでしょう。

外食産業が人手不足になる理由


外食産業の人手不足になっている現状が分かったところで、その原因とは一体何なのでしょうか。ここでは、3つの原因を解説していきます。

低い給与水準

1つ目は、労働に見合わない低い給与水準です。外食産業は、他の職種と比べて人件費がかかるために、給与平均は比較的低くなりがちです。人件費がかかる理由としては、常に人員を配置しておかなければならないため、売上にならない時間も人件費がかかってしまうからです。また、テナント料や食材の仕入れによるコストが大きくかかるのにも関わらず、利益が少ないため利益率も低い傾向となります。つまり、給与水準が低くなる原因は外食産業の構造的な問題ということです。

難しい休暇取得

2つ目は、休暇取得が難しくワークライフバランスを保てないからです。店舗で人手不足が発生すると、数少ない従業員で空いたシフトの穴を埋めなければなりません。したがって、長時間労働を強いられるようになり、シフトが不規則となってしまうため休暇の取得も困難になってしまうのです。ワークライフバランスは、従業員のモチベーションを向上させるための重要な要素となります。店舗としてのサービス向上、業務の効率化のためにも、ワークライフバランスを保てる労働環境の構築は大切です。

非効率的な業務

3つ目は、非効率的な業務が多いからです。外食産業では、システム化が推進されていない企業も多く、効率的であればかかるはずのない負担が従業員にのしかかっています。業務の手間が増えることで、また人手が必要となるため、結果的に従業員の長時間労働につながってしまうのです。

外食業界の人手不足対策


外食業界では、人手不足になるいくつかの理由があると分かりました。では、それを解消するための対策方法はどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、4つの人手不足対策方法をご紹介します。

従業員との面談

1つ目は従業員への定期的な面談を通じて、モチベーション向上やスキルアップの機会を作ることです。誰かに評価してもらうのは、人間がモチベーションを保つ上で大変重要です。自分のおこなってきたことが正しかったのかを認識できるため、今後の改善にもつながります。評価では、良いことばかりだけではなく改善すべき点もしっかり伝えて、従業員のスキルアップに努めましょう。

シニア層の採用

2つ目は、シニア層もターゲットに含めて採用活動をおこなうことです。シニア層は体力面で不安を覚える人もいますが、労働環境の整備や工夫次第で問題なく働ける場合が多いです。対象年齢を広げることで、求人への募集人数が増えるでしょう。

マルチタスク化で効率化

3つ目は、従業員がマルチタスク化に対応することです。例えば、ファミリーレストランの場合はホールとキッチンがあります。基本的には、従業員がどちらかの担当で業務を進めますが、忙しさに応じてホールの人がキッチンを担当するなどのマルチタスク化によって人手不足を解消できるでしょう。

人手不足をシフト管理のIT化で解消!

4つ目は、人手不足解消に向けてシステムを導入することです。外食産業に効果的なシステムとしては、シフトの自動作成システムやPOSレジの活用などが挙げられます。システムの導入により従業員への負担を軽減し、効率化によって生み出した時間で離職率を下げるための取り組みをしていきましょう。

まとめ

今回は、外食産業が直面する人手不足の現状と求人ニーズについて解説しました。外食産業では、人手不足によって従業員への負担が大きくなっています。従業員への負担を減らす手段として、シフト作成ツールの導入が効果的です。シフト作成ツールは、適切な人員配置を自動でおこなってくれるため、シフト作成者の負担を軽減するだけではなく、従業員の作業効率の向上にもつながります。もし、どのシステムを導入するべきか分からない場合には「HRBEST」がおすすめです。HRBESTは、搭載したAI機能でシフトの自動作成ができ、複雑な条件を組み込んだシフト作成も可能です。少しでも興味を持った方は、下記バナーからお気軽にお問い合わせください。

HRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。