MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

シフト作成

スーパーの人出不足の5つの原因|適切なシフト管理が解決のカギ

私たちの生活に欠かせないスーパー。しかし、多くのスーパーで人手不足が問題となっています。多くのスーパーでは、人手不足でシフト管理が難しいと悩んでいることもあるでしょう。そこで今回は、スーパーが人手不足になる原因と、解消の鍵となるシフト管理について解説します。

スーパーが人出不足になる5つの原因


多くのスーパーでは、人手不足で困っているのが現状です。ここでは、人手不足となる5つの原因を解説します。

土日が休みにくい

1つ目は、土日が休みにくいことです。スーパーは、基本的に毎日営業しているため、定休日などが設定されていません。したがって、世間的に休日である土日祝の利用客が増える傾向があるのです。利用客が増えることで、スーパーとしては配置人数を多めにしなければならないため、必然的に休日が取得しにくくなってしまいます。

連休が取りにくい

2つ目は、連休が取りにくいことです。特に、ゴールデンウィークやお盆などで連休を取得するのは難しいでしょう。先述したとおり、大型連休は通常時よりも利用客の増加が見込まれるため、出勤人数が増えてしまいます。またシフト制で人手不足の場合は、まとまった休みを取りづらいです。

早朝や深夜のシフトがある

3つ目は、店舗によって早朝や深夜のシフトがあることです。スーパーによっては、早い時間に開店して深夜まで営業していることもあります。しかし、スーパーの多くは主婦や学生などのアルバイトが多いため、家庭や学校との両立をするのが難しいものです。したがって、早朝や深夜の時間に勤務できる人材が少なく、結果的に人材不足となってしまいます。

給与が安い傾向にある

4つ目は、給与が安い傾向にあるからです。多くのスーパーは、国が定めている最低賃金に近い給料となっています。しかし、仕事内容が多い割に給料が見合っていないと感じる人が多いため、離職率が高くなっているのです。

人間関係が難しい

5つ目は、職場内の人間関係が難しいからです。どの業界でも人間関係は構築されていますが、スーパーはより人間関係が作られやすい傾向があります。なぜなら、一つの店舗内で同じ業務を担当して関わる機会が増えるためです。もし職場にうまく馴染めなかった場合、人間関係が退職理由になってしまうことも考えられます。

スーパーの人出不足を解消するポイント


スーパーは、他業種に比べて人手不足に陥りやすいことが分かったでしょう。そこで、人手不足を解消するポイントについて解説していきます。

労働環境の改善

1つ目は、労働環境の改善をすることです。スーパーが人手不足になる大きな原因は、長時間労働と休暇が取りにくいことが考えられます。長時間労働を改善するためには現状の業務内容を洗い出し、無駄な作業が発生していないのか、効率的におこなうための手段がないのかを検討しましょう。休暇については、年次有給休暇の義務化を店舗に導入するなど、自由に休暇が取りやすい環境作りの推進がおすすめです。

シフト管理の見直し

2つ目は、シフト管理を見直すことです。スーパーの場合、時間帯によって業務の内容や忙しさが異なります。人手不足は業務効率の低下につながり、人員過剰は人件費の増加を招いてしまいます。適切な人員を配置し、業務の効率化と人件費の削減を目指しましょう。

セルフレジの導入

3つ目は、セルフレジ導入などの業務効率化を推進することです。セルフレジの導入は、レジ打ちをして金銭のやりとりをする必要がなくなるため、業務削減につながります。また、在庫管理システムなどを導入することで、在庫計算などをする必要がなくなり、適切な在庫管理ができるでしょう。

雇用対象の緩和

4つ目は、スーパーで雇用する人の条件を緩和することです。現在、雇用年齢の上限を制定していたり、外国人労働者の雇用に積極的でない店舗が多く見られます。そこで、年齢の上限をあげたり、外国人労働者の雇用を積極的におこなうことで人材不足の解消につながるでしょう。

クレームのマニュアル化

5つ目は、お客様からのクレーム対応をマニュアル化することです。従業員にとって、お客様からのクレーム対応は大きなストレスとなります。クレーム対応をマニュアル化し、管理者または本社で対応する体制にすることで、従業員のストレスが大きく軽減されるでしょう。

適切なシフト管理によって期待できる効果


スーパーの人材不足を解消する方法の一つとして、シフト管理があります。シフト管理は、適切におこなうことでさまざまな効果が期待されます。ここでは、3つの効果を紹介しましょう。

業務効率化

1つ目は、業務の効率化につながることです。適切なシフト管理は、業務量に応じた人数とスキルに合った人材配置をしているため、生産性の向上につながります。人材配置がうまくいっていない場合、従業員にかかる負担が大きくなってしまい生産性が下がってしまうでしょう。

人件費のコストカット

2つ目は、人件費のコストカットにつながることです。もし、忙しくない日に多くの人員を配置してしまうと、人件費が余分にかかってしまいます。一方で、コストカットをしたいがために人材を少なく配置してしまうと、従業員にかかる負担が大きくなるため注意が必要です。

従業員のモチベーション向上

3つ目は、従業員のモチベーション向上につながることです。従業員の希望を公平に取り入れることで、「希望を聞いてもらったから頑張ろう」という気持ちになりやすいです。全従業員の希望を叶えるのは難しいですが、長期間希望を叶えない状況が続いてしまうとスタッフのモチベーション低下につながってしまいます。スタッフごとに、どれくらい希望通りに作成していないかなども考慮してシフト管理をしましょう。

人出不足のスーパーには「シフト管理ツール」がおすすめ


スーパーの人手不足の解消には、シフト管理が重要であるとわかりました。そこでおすすめしたいのが、シフト管理ツールの導入です。シフト管理ツールには、大きく3つのメリットがあります。1つ目は、必要人数や割り当てるスタッフを設定できることです。シフト管理ツールは、業務や曜日ごとに何人配置するのかを設定できます。また、業務に割り当てるスタッフも設定できるのです。2つ目は、シフト作成にかかる時間を削減できることです。手作業でシフト作成をするばあ、従業員の出勤可能日を調整したり、従業員のスキルレベルに応じた体制を考慮したり、曜日ごとの忙しさによって出勤人数を調整したりする必要があります。シフト管理ツールでは、自動でシフト作成をしてくれるため、作業負担を大きく減らせます。3つ目は、スタッフの満足度が向上することです。シフト管理ツールは出勤日に偏りが出ないように調整してくれるため、スタッフの不満も募りにくいでしょう。

「HRBEST」でシフトを自動作成しよう!

数あるシフト管理ツールの中でも「HRBEST」がおすすめです。HRBESTは、AI機能を活用することで複雑なシフト作成を瞬時に自動でおこなってくれます。その中でも、労働基準法や業界のルールに合わせたシフト作成ができるため、属人化して苦労していたシフト作成を簡単に実施できます。シフト管理ツールの中には無料で利用可能なものもありますが、無料の場合は機能面で制限がされていたり、利用人数が決められていることが多いです。よってHRBESTのように、有料でも高機能なシフト管理ツールを利用した方が良いと言えます。

まとめ

今回は、スーパーの人手不足が起こる5つの原因と、解消の鍵となるシフト管理について解説しました。シフト管理をすることで、業務の効率化や従業員のモチベーション向上が期待できるため、適切なシフト管理は人手不足の解消につながります。適切にシフト管理をするためには、シフト管理ツールの導入が得策です。もし、どのシステムを導入するべきかわからない方は「HRBEST」がおすすめです。HRBESTは、AI機能を搭載したシフトの自動作成ができます。AIによる複雑な条件を組み込んだシフト作成も可能です。少しでも興味を持った方は、下記バナーからお問い合わせください。

小売業界の複雑なシフト作成に強いHRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。