MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

シフト作成

コンビニの人手不足問題が深刻化している?原因や解消する方法を紹介

最近は、コンビニでさまざまな商品が取り扱われており、私たちの生活に欠かせないものとなっています。しかし、コンビニの需要が高まっているものの、多くの店舗で人手不足が深刻化しています。今回は、コンビニの人手不足問題が深刻化している原因と解消方法について解説していきます。

コンビニの人手不足問題の状況


コンビニの人手不足問題が深刻化していく中で、さまざまな影響が出ています。ここでは、人手不足問題の現状をみていきましょう。

従業員が充分な店舗は一部のみ

経済産業省が2018年に実施した「コンビニ調査 2018」によると、従業員が十分に足りていると答えた店舗は全体の6%で、61%が従業員不足と回答しました。人手不足の理由としては、一部の時間帯に勤務できる人が少なく、募集しても人が来ないという理由が上位を占めました。

人手不足による24時間営業問題が浮上

コンビニの人手不足は、24時間営業ができない状況を作り出しています。店舗によっては、人手不足のために営業時間を短縮していることもあるのです。しかし、ある店舗では人手不足によって24時間営業を短縮したところ、本部から契約解除と違約金1,700万円が要求されたという事例がありました。こうした事例から、コンビニの24時間営業の見直しが検討されています。

人手不足でオーナーの長時間労働問題が深刻化

コンビニのオーナーは、人手不足によって空いたシフトに入らざるを得なくなっています。誰もシフトに入れない、となったら最終的に責任を持つのは店舗の責任者となります。したがって、オーナーや元々在籍している従業員が長時間労働をするという状況が生まれてしまうのです。

コロナによって人手不足解消の傾向も

人手不足が深刻化しているコンビニ業界ですが、新型コロナウイルスの影響で解消の傾向があらわれています。ある店舗では、コンビニの求人に対して300人が応募してきたという事例がありました。この状況から、新型コロナウイルスによって職を失った人が応募をしていることがわかります。

コンビニが今後減少していく可能性

先述した「コンビニ調査 2018」によると、コンビニへの加盟に満足していない人が39%という結果でした。理由としては、利益の確保が難しい点と拘束時間の長さです。今後はコンビニ経営に満足できない人が増えていき、コンビニ自体が減っていくことが予想されます。

コンビニの人手不足問題の原因


コンビニの人手不足は、大きな問題になっていることがわかりました。次に、なぜ人手不足が起きているのかが気になるところです。ここでは、3つの原因をご紹介します。

オーナーと従業員間の希望勤務時間帯が合わない

1つ目は、コンビニのオーナーが求める時間帯と従業員の希望勤務時間帯が合わないことです。コンビニは24時間営業のため、常に人員を配置しなければなりません。そのため、従業員によっては深夜帯だけや、早朝だけを担当する人も出てきます。しかし、学生や主婦が中心になっている場合、どうしても深夜帯や早朝の勤務が難しくなります。人材が足りていた場合でも、時間帯が合わないことで人材不足になるケースもあるのです。

従業員への無理なシフト変更によって離職率が高まる

2つ目は、従業員へ無理なシフト変更を強要するためです。人手不足の場合、シフトを埋めるために在籍中の従業員に負担がかかってしまいます。オーナーは既存の従業員に対して残業を強要したり、休憩時間を与えなかったりするため、従業員との信頼関係が構築できずに退職してしまうのです。

売上の減少と人件費コストの増大による影響がある

3つ目は、コンビニの売上減少と人件費の増大によるものです。最近、あらゆるところにコンビニがあるため、コンビニ間の競争が激化しています。競争の激化により、一店舗に対する売上が減少してしまっているのです。また、最低賃金が引き上がったために人件費が増大しました。したがって、好待遇の求人が出せなくなってしまい、応募者が来ないために人材不足になってしまいます。

コンビニの人手不足問題を解消するための対策


コンビニの人手不足問題には、いくつかの原因があります。原因を解説するためには、対策方法を理解するのが重要です。ここでは、5つの対策をご紹介しましょう。

深夜の営業を休止する

1つ目は、深夜の営業を休止することです。現在、多くのコンビニでは24時間営業となっています。24時間のうち、深夜帯の営業を休止することで、必要な人材が減り人手不足問題の解消にもつながります。深夜帯は勤務できる人が少なく、利用客も昼間と比べて少ないため休止するのはおすすめです。

セルフレジを導入する

2つ目は、コンビニにセルフレジを導入することです。セルフレジを導入することで、従業員は他の業務に手を回せるため少ない人材で対応ができます。また、手が空いた時間で業務の効率化に向けた仕組みを考えられるため、人手不足問題が解消されていくでしょう。

求人募集の方法を変える

3つ目は、求人募集の方法を変えることです。現在多くのコンビニでは、求人広告を利用して募集しています。しかし、どの募集も同じように見えるため、他店舗との差別化がしにくいです。そこで、募集の方法を変えて工夫することで目立つようになり、応募者も増えるでしょう。例えば、人の紹介によって候補者を受け入れたり、SNSを活用した情報発信などです。

求人ターゲットを変える

4つ目は、求人ターゲットを変えることです。現在、多くのコンビニでは学生やフリーターにターゲットを絞っているケースが多く見られます。しかし、若者の人口減少は進んでおり、今まで以上に採用のハードルが上がってしまうでしょう。そこで、外国人・シニア層・主婦層にもターゲットを広げるのがおすすめです。

シフト設計を変更する

5つ目は、シフト設計を変更することです。従業員によっては、シフトの時間を変更することで勤務に入れる可能性があります。

コンビニの人手不足問題を解消するならHRBEST!

コンビニの人手不足を解消する一つの方法として、精度の高いシフト作成があります。シフト作成は、適切な人員配置をおこなうことで業務の効率化や無駄な人件費を削減できるのです。もし、精度の高いシフト作成をおこないたい場合は「HRBEST」がおすすめです。HRBESTは、AI機能を活用することで複雑なシフト作成を瞬時に自動でおこなってくれます。その中でも、労働基準法や業界のルールに合わせたシフト作成ができるため、属人化して苦労していたシフト作成を簡単に実施できます。

まとめ

今回は、コンビニの人手不足問題について解説しました。現在多くのコンビニでは、人手不足によって多くの問題を抱えています。手軽にできる人手不足を解消する方法としては、シフト作成の精度をあげることです。適切なシフト作成をすることで、人員配置を無駄なくおこなえるため、人手不足の解消にもつながるのです。精度の高いシフト作成をするためにも、シフト作成ツールである「HRBEST」の導入が得策です。HRBESTは、AI機能を搭載したシフトの自動作成ができます。AIによる複雑な条件を組み込んだシフト作成も可能です。少しでも興味を持った方は、下記バナーからお問い合わせください。

HRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。