sidebar-banner-umwelt

TECHNOLOGY

AI開発ソフトとは?選び方のポイントからおすすめまで徹底解説

 

AI開発ソフトとは?選び方のポイントからおすすめまで徹底解説

現代において、AIは幅広く用いられている技術です。そのため、自社でAI開発を行い、業務を効率化させて人件費や諸経費などのコストを削減したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、AI開発ソフトの特徴から選び方、プログラミング不要でAIを構築できるおすすめのツールまで詳しく解説します。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

AI開発ソフトとは何か?基本的な概要と活用メリット


AI開発ソフトは人工知能を開発するためのソフトウェアで、プログラミングの知識がなくてもAIモデルを構築できるのが特徴です。ここでは、AI開発ソフトの基本的な概要や、ビジネスでの活用メリットについて解説します。

AI開発ソフトとは

AI開発ソフトとは、人工知能(AI)を開発するためのソフトウェアのことです。近年、ビジネスにおいてAIの活用が急速に広がっており、業務の効率化やコスト削減などのメリットが注目されています。

独自のAI開発には専門的な知識やスキルが必要ですが、AI開発ソフトを用いた方法であれば、プログラミングをすることなくAIを開発できる点が魅力です。

ビジネスにおけるAI開発ソフト活用のメリット

AI開発ソフトを活用することで、ビジネスにおいてさまざまなメリットが期待できます。例えば、導入時にエンジニアに依頼することなくAIを構築できることは、コストカットにつながるでしょう。

導入後は、AIによるデータ分析や予測により、意思決定の精度が向上し、競争力の強化にも役立ちます。さらに、AIを活用したサービスの提供により、顧客満足度の向上や新たな収益源の創出も可能です。
 

AI開発ソフトの選び方のポイント


AI開発を成功に導くには、自社の目的に沿ったソフトの選択が肝要です。ここでは、4つの観点から、AI開発ソフトの選び方のポイントを解説します。自社に最適なAI開発ソフトを選べるよう、以下の点を踏まえて比較検討していきましょう。

目的に合っているか

AI開発ソフトを選ぶ際は、まず自社の目的に合っているかを確認しましょう。例えば、需要予測や在庫管理の効率化を目指すなら、データ分析系のAI開発ソフトがおすすめです。一方、問い合わせ対応を自動化したいなら、自然言語処理系のAI開発ソフトが適しているでしょう。

このように、AI開発ソフトにはさまざまな種類があるため、自社のニーズに合ったものを選ぶことが肝心です。目的を見失わないよう、社内でしっかりと議論を重ねてから導入を検討しましょう。

操作性は良好か

AI開発ソフトの操作性についても見ておきましょう。せっかく導入しても、使い方が複雑では現場に定着しません。直感的に操作できるよう、分かりやすいUIになっているかは重要なポイントです。

また、日本語対応しているかも確認しておくとよいでしょう。英語が苦手な社員でもちゅうちょなく使えるよう、日本語マニュアルやサポート体制が整っているソフトをおすすめします。

加えて、社内の誰もが使えるよう、管理者権限の設定など、柔軟なアクセス管理ができるかもチェックしておくと安心です。使いやすさを重視することで、AI開発ソフトの導入効果を最大限に引き出せるでしょう。

高度な環境構築が不要か

高度な実行環境が必要なく、手軽に利用できるサービスであるかどうかという点も重要です。導入前に、既存システムとの互換性やハードウェア要件などを、しっかり確認しておきましょう。

手軽に始められるAI開発ソフトを選び、スモールスタートで導入する方法も有効です。まずは小規模な実証実験から始めて、効果を検証しながら徐々に活用範囲を広げていくのが賢明でしょう。

導入コストが予算に見合っているか

自社の予算とAI開発ソフトの価格のバランスを見極めることも大切です。初期費用だけでなく、ランニングコストも考慮しましょう。また、AI開発ソフトの導入効果を試算し、費用対効果の高いものを選ぶのも一案です。予算オーバーは避けつつ、最適なものを選定していきましょう。

article-banner-umwelt-middle

ビジネスで活用できるAI開発ソフトの種類


AI開発ソフトにはさまざまな種類があり、目的に合わせて活用することで、業務の効率化や高度化が可能です。ここでは、ビジネスで活用できるAI開発ソフトの種類を4つ紹介します。それぞれの特徴と活用例を見ていきましょう。

自然言語処理系

自然言語処理系は、文章生成や感情分析など、言語データを扱うAI開発に活用できます。例えば、ニュース記事の自動生成や、SNSの投稿から感情を分析するツールの開発などに利用できるでしょう。

自然言語処理技術の発展により、より人間に近い自然な文章生成が可能になりつつあります。また、感情分析では、テキストデータから感情の種類や強度を判定することで、マーケティングや顧客サポートに役立つでしょう。

画像認識系

画像認識系は、物体検出や顔認証など、画像データを扱うAI開発に活用できます。例えば、工場の製品検査で不良品を自動で見つけ出したり、防犯カメラの映像から不審者を検知したりするシステムの開発などに利用できるでしょう。

近年では、深層学習技術の進歩により、画像認識の精度も大幅に向上しています。顔認証技術を活用することで、出退勤管理やセキュリティ認証などにも応用可能です。

データ分析系

データ分析系は、需要予測や異常検知など、データから有益な情報を抽出するAI開発に活用できます。例えば小売業では、販売データから将来の需要を予測することで、適切な在庫管理を行えるでしょう。

また、製造業では、設備のセンサーデータから異常を早期に検知し、故障を未然に防ぐことが可能です。データ分析系AI開発ソフトを導入することで、大量のデータから価値ある情報を効率的に引き出し、ビジネスの意思決定を支援できるでしょう。

音声認識系

音声認識系は、音声データを文字に変換する文字起こしや、音声コマンドの認識などに活用できます。例えば、会議の録音データから自動で議事録を作成したり、音声アシスタントに話しかけて家電を操作したりするシステムの開発などに利用できるでしょう。

近年の音声認識技術では、ノイズの多い環境でも高い認識精度を実現しています。また、話者分離技術を用いることで、複数人の会話を個別に認識することも可能です。

GUIツールならプログラミング不要でAI開発が可能


GUIとは、「Graphical User Interface」の略称で、グラフィックベースでコンピューターを操作できるインターフェースを意味します。

GUIベースのAI開発ソフトなら、直感的な操作でAIモデルを構築できるため、専門的なスキルは必要ありません。ここでは、GUIツール型のAI開発ソフトがもたらす2つのメリットを詳しく解説します。

学習コストを削減できる

GUIツールは、AIの仕組みなどについての理解は必要であるものの、感覚的にAI構築を実践できます。簡単にAIのモデルをノンプログラミングで構築できれば、開発工数を減らし、モデル構築のコスト削減にもつながるでしょう。

また、社内のAI人材不足の解消や、AIプロジェクトの立ち上げ期間の短縮化も期待できます。さらに、プログラミングに詳しくない現場の担当者でも、AIモデルの構築や改善に参加できるようになるため、業務に即したAIの開発が可能になるでしょう。

検証と開発のサイクルが早くなる

GUIツールを用いてノンプログラミングでAIモデルを素早く構築できれば、検証と開発のサイクルが早まり、短期間での作成を実現します。これにより、市場のニーズに素早く対応したAIサービスの提供が可能です。

また、AIモデルの性能を継続的に監視・評価できるため、運用後も安定した品質を維持できます。結果として、ビジネスの競争力強化にもつながるでしょう。

AI導入には専門知識不要の「UMWELT」がおすすめ


人材不足などにより、AIの導入を進められずに困っている企業様におすすめのツールが、TRYETINGが提供するノーコードAIクラウド「UMWELT」です。ここからは、専門知識不要で使えるAI開発ソフト「ノーコード予測AI・UMWELT」の特徴を具体的に見ていきましょう。

簡単操作で高度なアルゴリズムを構築

UMWELTは、ドラッグ&ドロップ操作だけで、需要予測や異常検知などの機械学習モデルを作成できます。専門的なスキルを持たないビジネスパーソンでも、直感的に使いこなせるのが魅力です。

さらに、データの前処理から学習、評価までを自動で行うため、素早く検証サイクルを回せるのも大きなメリットといえます。

導入後すぐに業務の自動化が可能

UMWELTなら、需要予測や在庫管理の効率化を即座に実現できます。製造や店舗別のオーダー作成もサポートしてくれるので、業務の自動化が一気に加速するでしょう。AIによる予測結果を活用することで、これまで人手で行っていた作業を大幅に削減できます。

UMWELTの導入事例

国内大手のバス事業者であるWILLER EXPRESS様は、全国に多数の都市間高速バスネットワークを持ち、そのチケットの価格調整や広告施策を行っています。

UMWELTの導入に至った理由は、路線ごとに特性があることから、客観的な判断ができるAIで最適化したいとの思いからでした。導入後、客観的かつ数学的に本来のポテンシャルを計測できるようになったことで、機会損失が減少し、広告施策最適化を実現しています。

(参考: 『【WILLER EXPRESS様】UMWELT活用事例|イールドマネジメントを軸に需要予測や広告施策最適化を検証|TRYETING』

まとめ

AIは、現代の日本企業が抱える働き方の問題を解決するための重要なツールといえます。自社AIの構築には、専門知識が不要なAI開発ソフトの活用がおすすめです。

社内のAI開発を推進することは、組織の生産性を高めるだけでなく、新たなビジネスチャンス拡大にもよい効果をもたらすでしょう。自社にAIを導入したいと検討中の企業担当者様は、UMWELTまでぜひお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。

sidebar-banner-umwelt

 

sidebar-banner-umwelt-case