MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理ソフトで業務効率化!導入するメリットや選び方を解説

生産管理ソフト、または生産管理システムとは、製造業における計画、生産、販売、在庫、原価計算、品質などを統合的に管理するシステムを意味します。生産管理システムによって現場の正確なデータを一本化することにより、業務効率化、生産性向上に役立てることが可能となります。システムを導入することで、製造業が抱えるさまざまな問題を解決できるようになることでしょう。

本記事では、これから生産管理システムの導入を検討している方向けに、システムの特徴、導入のメリットを紹介します。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

article-banner-umwelt

生産管理ソフトの特徴


生産管理ソフトを製造業に導入すると、製造工程にかかわる業務の効率化、可視化などに役立てるなどのメリットがあります。では、生産管理ソフトには具体的にどのような特徴があるのでしょうか?生産管理ソフトの特徴について、具体的に解説していきます。

生産管理ソフトとは

生産管理システムとは、製造業において計画、生産、販売、在庫、原価計算、品質などを統合的に管理するシステムです。生産管理システムによって現場の正確なデータを一本化することにより、業務効率化、生産性向上、可視化、情報共有に役立てることができます。

生産管理ソフトの種類

業務の複雑度に関連する企業規模を踏まえていくと、生産管理システムは主に以下の3つの種類に分類されます。

  • 中小企業向けの特定の業種や、生産方式に対応
  • 中堅以上で複数の業種や生産方式に対応
  • 中堅以上でERPに対応

中堅以上の企業が中小企業向けの生産管理システムを導入してしまうと、複雑な業務に対応しきれなくなる可能性があります。そのため、システム導入は企業の規模、業種や業態、生産方式の3要素をあわせて考慮しつつ検討する必要があります。

生産管理ソフトに備わっている主な機能


生産管理ソフトに備わっている機能について、それぞれ具体的に紹介していきます。

生産計画を立てる機能

生産管理システムには、生産計画を立てる機能が備わっています。生産管理システムでは作業員の割り当てなどの工程計画だけでなく、生産能力の把握、原材料や資材の選定と見積もりも行えます。さらに購買計画、出荷のための輸送業者選定などの出荷計画、受注量や販売見込み量の整理、仕入先の選定や価格交渉にも役立ちます。

作業工程の管理機能

生産管理システムには、作業工程を管理する機能が備わっています。システムによって作業における進捗状況を把握できるようになり、作業工程の進捗管理、品質管理、在庫管理、出荷フローの管理などが行えます。もし計画通りに作業が進んでいない場合は、その都度適切な処置をとって矯正、または改善を行い、業務プロセスの効率化を目指していきます。

結果を分析する機能

生産管理システムには、計画通りに生産できたのかを分析する結果分析を行えます。システムを通じて作業が計画どおりに生産できたかを検証した上で、問題がある場合は原因を分析機能によって特定し、解決策を探っていきます。原因を分析することにより、外注する必要の有無、設備投資、作業員の補充、コスト削減などを見極めた上で計画に反映させることができるようになります。

生産管理ソフトを導入するメリット


製造業において生産管理ソフトを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?生産管理ソフトを導入するメリットについて、それぞれ解説していきます。

情報を一元管理できる

生産管理システムには、以下のような機能が搭載されています。

  • 生産計画
  • 資材管理
  • 販売管理
  • 購買管理
  • 製造管理
  • 在庫管理
  • 実行予算管理

生産管理ソフトがあれば、これらの生産プロセスや、製造現場の情報を一元管理できるようになり効率的に生産を行えます。

作業の平準化ができる

生産管理ソフトによって情報を一元管理することにより、工程ごとの業務負荷が可視化されてスタッフの業務負荷を把握できるようになるため、労働負荷の分散、作業の平準化が可能となります。

作業効率が上がる

生産管理ソフトによって業務をシステム化することにより、需要予測や人員計画、資材調達計画、仕入先への発注などなど、これまで人の手で行われていた作業を代替できるようになるため、作業効率が大きくアップします。

さらにシステムによる分析により、どの工程で不良率が増えるかを割り出し、不良品が発生する原因の特定もできるようになるため、品質向上にも繋がります。

利益率の改善ができる

生産管理システムによっては、過去の実績、計画から原価一覧表を出力し、差異を把握した上で原価管理をするケースもあります。生産管理ソフトによって原価のシミュレーションを行うことにより、材料の仕入先、生産工程を見直しができるようになり、利益率の改善に役立ちます。

生産管理ソフトの選び方のポイント


業種や生産方式によって必要な機能は異なるため、生産管理ソフトの導入時には目的にあったものを選ぶ必要があります。生産管理ソフト選びに失敗しないために、選び方のポイントについて紹介します。

自社の生産方式に対応しているものを選ぶ

企業によって、生産時期や生産方式、生産量などの生産形態は異なります。また、システムによって生産方式が限定されている場合もあるため、システムが自社の生産方式に対応しているかどうかをあらかじめ確認してから選ぶ必要があります。生産管理システム導入時には、自社の生産方式に対応できるかを確認してから検討しましょう。

自社に合った提供形態のものを選ぶ

生産管理システムは、クラウド型またはオンプレミス型で提供されているケースが多いです。クラウド型はインターネットを介してサービスを利用するため、初期費用を抑えて手軽に導入できるメリットがあります。ネット環境さえ整っていればシステムが利用できるため、スマートフォン、タブレットからもアクセスできます。

オンプレミス型は拡張性に優れており、自社仕様の生産管理システムを構築することも可能です。クラウド型より初期費用はかかるものの、自社内で運用するため、オンプレミス型のほうがランニングコストを抑えられる場合もあります。予算や利用環境を考慮しつつ、自社に合った提供形態のものを選ぶことが大切です。

必要な機能が備わっているものを選ぶ

システムの成果を出すには、目的の洗い出しが必要となります。そのため、導入前には、製造現場で何が問題となっているのかを洗い出してみることが大切です。

たとえば「システム上で計算を行いたい」、「適正在庫を分析したい」など、生産管理ソフトを導入するための目的があるならば、それに必要な機能がシステムに備わっているかを事前に確認しておきましょう。

サポートが徹底しているものを選ぶ

サポートサービスは、導入時のみである場合から、運用、活用の支援まで行っているところもあるなど、提供会社によって異なります。運用に不安があるなら、導入時の案内だけではなく、操作方法の指導やコンサルサービス、電話やチャットでの問い合わせありなど、サポートが徹底しているものを選びましょう。

低価格で高い技術力!生産管理なら「UMWELT」

生産管理システムを導入することによって、納期、在庫、工程、原価などの製造業の現場における情報を適切に管理でき、品質(Quality)、原価(Cost)、納期(Delivery) をあらわすQCDの最適化を実現できるようになります。生産管理システムの導入により、業務効率化や生産性向上に大きく貢献できることでしょう。

しかし、システムは業種、生産方式によって機能が異なるため、導入時には目的にあったものを見極める必要があります。さらにクラウド型の場合は情報漏洩などのリスクもあるため、導入や取り扱いにはネットワーク、プログラミングへの知識が求められます。

そこで、ネットワークやプログラミングの知識がない方にオススメなのが、TRYETINGが提供する「UMWELT」です。UMWELTは、ネットワークやプログラミングの知識がない方でも簡単に生産管理システムの導入、構築が行えるようサービスが整っています。

UMWELTには常時100種類ものアルゴリズムが搭載されており、それらをレゴブロックのように自由に組み合わせることで、誰でも簡単に求めている生産管理システムの構築が可能です。さらにUMWELTはAPIを介して接続するため、既存システムに手を加えることなくシステム化できます。既存システムに手を加えないため、煩わしい社内調整のコストも最小限で利用できます。

まとめ

生産管理システムは、納期、在庫、工程、原価など、製造業の現場における情報を管理し、QCDの最適化を図るシステムのことであり、今では製造業に欠かせないツールとなっています。

ただし、効率よくシステムを活用するには生産形態、運用環境に適したシステムの選定を行う必要があります。またネットワークを利用するクラウド型の生産管理システムであれば、インターネットにおけるセキュリティ面の知識も求められます。

TRYETINGが提供するサービス「UMWELT」なら、導入、導入後はコンサルタントのサポートを利用できるため、ネットワークの知識がない方でも安心して利用できます。さらにノーコードツールUMWELTであれば、費用は業界最低水準と低価格で利用でき、導⼊、維持費⽤も不要のため、コストを最小限に抑えて利用できます。導入コストを抑えて生産管理システムを利用したい方にもオススメです。

UMWELTで生産管理システムの導入、利用を行って、業務効率化、生産性向上に役立てていきましょう。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。