sidebar-banner-umwelt

BUSINESS

製造業におけるDXとは?成功のポイントや具体的な進め方を解説

 

製造業におけるDXとは?成功のポイントや具体的な進め方を解説

近年、グローバル競争の激化や顧客ニーズの多様化など、製造業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。そのような状況下で、生産性向上と競争力強化を実現するための鍵を握るのが製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)です。

しかし、製造業DXとは具体的にどのような取り組みなのか分からない方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、製造業DXの定義から具体的な進め方まで、製造業DXについて詳しく解説します。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

製造業DXとは


グローバル競争の激化や顧客ニーズの多様化を背景に、製造業ではDXへの注目が高まっています。ここでは、製造業DXの定義や重視される理由、その目的と期待される効果について詳しく確認してみましょう。

製造業におけるDXの定義

製造業DXとは、ITツールやAI技術の活用で業務効率化を行い、製品を通して人々の生活をよりよいものにするための取り組みです。

製造業におけるDXでは、原料の準備から納品・出荷といった一連のプロセスに、AIやIT技術などを導入します。業務の効率化や生産性の向上・コスト削減といった効果が期待できるでしょう。

製造業でDXが重視される背景と理由

製造業でDXが重視される背景には、グローバル競争の激化や顧客ニーズの多様化、技術革新のスピードアップなどがあります。

こうした環境変化に対応するため、製造業では、IoTやAI、ロボティクスなどのデジタル技術を活用し、生産性向上や業務効率化、情報の可視化などを実現することが求められているのです。

製造業DXの目的と期待される効果

製造業DXの目的は、生産性の向上や競争力の強化にあります。これまで製造業は、経験やスキルによって業務の質に差が出ていました。しかしDXを推進することで、ツールやシステムに属人性のあるノウハウが蓄積され、作業者間での共有が簡単になります。

また、データの収集・分析により、需要予測の精度向上や在庫管理の最適化が可能となり、コスト削減も期待できるでしょう。さらに、顧客ニーズへの迅速な対応や新たな価値創造にも寄与し、競争力強化に貢献します。

製造業DXの実現で得られるメリット


製造業DXの導入は、企業に存在する課題の解決が目的です。DXにはいくつかの施策がありますが、それぞれ得られる効果が異なります。自社の課題に適した施策を進めるために、どのようなメリットがあるのかを理解しておきましょう。

生産性の向上と業務効率化

製造業におけるDXは、生産性の向上と業務効率化に大きく貢献します。例えば、IoTセンサーを活用して設備の稼働状況をリアルタイムで監視し、予兆保全を行うことで、突発的な故障を未然に防ぐことが可能です。

また、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入することで、単純作業を自動化し、人的ミスを減らしつつ、従業員の時間を高付加価値業務に振り向けることもできるでしょう。こうした取り組みにより、製造現場の生産性が大幅に向上し、コスト削減と品質向上を同時に実現できます。

情報の可視化とデータ活用

製造業DXでは、情報の可視化とデータ活用も重要なポイントといえるでしょう。例えば、生産ラインの稼働状況や品質データをリアルタイムで収集・分析することで、問題の早期発見や改善策の立案が可能です。

また、需要予測や在庫管理にAIを活用することで、適切な生産計画の立案や在庫の最適化が実現できます。無駄な生産や在庫を減らすことは、コスト削減にもつながるでしょう。

顧客ニーズへの迅速な対応

製造業DXの大きなメリットのひとつが、顧客ニーズへの迅速な対応です。IoTやAIを活用することで、市場動向や顧客の思考をリアルタイムで把握し、それに基づいて製品開発や生産計画の調整を行えます。

例えば、SNSの口コミ分析から新たなトレンドを発見し、素早く商品化につなげるといったことが可能です。

サプライチェーンの最適化

製造業DXでは、サプライチェーンの最適化も重要なポイントです。調達から生産、物流までの情報を一元管理し、リアルタイムで可視化することで、問題の早期発見と迅速な対応が実現します。

サプライチェーン全体を最適化することで、製造業の競争力強化にも大きく貢献することが期待できるでしょう。

製造業DXにおける課題


製造業のDXを進める上では、いくつかの課題に直面します。しかし、これらの課題に真摯に向き合い、適切な対策を講じることが、製造業DXの成功につながるでしょう。ここでは、製造業DXにおける主要な課題について、詳しく解説します。

レガシーシステムからの移行

レガシーシステムからの移行は、製造業DXにおける大きな課題のひとつです。長年使用してきた古いシステムを新しいデジタル技術に置き換えるには、多くの時間と労力が必要になるでしょう。また、移行中のデータ損失や業務停滞のリスクも懸念されます。

しかし、レガシーシステムに固執していては、DXの恩恵を十分に享受することはできません。段階的な移行計画を立て、社内の理解を得ながら、着実に新しいシステムへ移行していくことが重要です。

人材育成とデジタルスキルの向上

製造業のDXを進める上で、人材育成とデジタルスキルの向上は欠かせません。社員のITリテラシーを高め、デジタルツールを使いこなせるようにすることが重要です。

しかし、DX人材は希少なため採用は困難でしょう。また、DX人材を育てるには多くの時間を要します。もしDX人材が社内にいない場合は、育成時間を考慮して長期的な計画を立てなければなりません。

セキュリティ対策とデータ管理

製造業のDXでは、サイバー攻撃や情報漏えいのリスクに備え、適切なセキュリティ対策を講じることが求められます。また、DXによって収集・蓄積されるデータを適切に管理し、活用することも必要です。

インフラ整備や組織体制を事前に整える必要があることから、DX導入までに時間がかかることが懸念されます。

組織文化の変革と抵抗への対処

製造業のDXを進める上で、組織文化の変革と抵抗への対処は重要な課題といえます。長年培ってきた慣習や価値観を変えることは容易ではありません。DXの必要性を丁寧に説明し、従業員の不安を解消することが求められるでしょう。

DXは一朝一夕には実現しません。小さな成功体験を積み重ね、変革への機運を高めていくことが肝要です。粘り強く、継続的に取り組むことが成功への鍵となるでしょう。

article-banner-umwelt-middle

製造業DXを成功させる5つのポイント


製造業DXを成功させるためには、いくつかのポイントがあります。これらを押さえることで、製造業におけるDXの取り組みを着実に前進させることができるでしょう。ここでは、重要なポイントを5つ紹介します。

経営層のリーダーシップとコミットメント

経営層のリーダーシップとコミットメントは、製造業DXの成功に欠かせません。トップダウンでDXの重要性を発信し、全社的な取り組みとして推進することが求められます。

経営層が率先してDXに取り組む姿勢を示すことで、社員のモチベーションも高まり、変革への抵抗も減らすことができるでしょう。

明確なビジョンと戦略の策定

明確なビジョンと戦略の策定も重要です。DXの目的と目指すべき方向性を明確に示し、全社的な取り組みとして推進していく必要があります。例えば、「2025年までに生産性を30%向上させる」といった具体的な目標を設定し、それに向けたロードマップを作成するとよいでしょう。

また、DXの実現には、IT投資や人材育成など、さまざまなリソースの配分が必要です。DX戦略に基づいて、適切な予算配分を行い、必要な体制を整備していきましょう。

適切な人材の確保

DXを推進するためには、デジタル技術に精通した人材や、データ分析のスキルを持つ人材が必要です。社内での人材育成に加え、外部からの人材登用も検討しましょう。また、現場の従業員のデジタルリテラシーを向上させることも重要です。

DXは一部の人だけでなく、全社的な取り組みとして進めていく必要があります。社内研修や勉強会を通じて、従業員のスキルアップを図りましょう。適切な人材を確保し、全社一丸となってDXに取り組むことが、製造業の競争力強化につながります。

段階的な導入(スモールスタート)

製造業DXを成功させるには、最初から大規模な変革を目指すのではなく、小さな範囲から始めて徐々に拡大していくことが重要です。例えば、特定の工程や製品ラインから着手し、そこで得られた知見やノウハウを他の領域に展開していく方法が効果的でしょう。

また、スモールスタートを切ることで、社内の抵抗を最小限に抑えつつ、DXの効果も実感できます。「まずは小さく始めて、着実に成果を積み重ねていこう」という姿勢が、製造業DXの成功への近道となるのです。

ダイナミックケイパビリティの強化

ダイナミックケイパビリティの強化も必要です。ダイナミックケイパビリティとは、環境変化に素早く適応し、新たな価値を生み出す組織能力のことです。

具体的には、市場動向を敏感に察知し、迅速に意思決定を行う力や、社内外のリソースを柔軟に組み合わせて革新的なソリューションを生み出す力などが求められます。DXの推進には、こうした組織の適応力と創造力を高めることが重要といえるでしょう。

製造業DXの進め方


製造業にDXを導入すれば、自社が抱える課題の解決や目指している目標の達成を実現できます。しかし、適切な順序で実施しなければ、スムーズに進まないだけでなく、中途半端に終わってしまうこともあるでしょう。ここでは、製造業DXの進め方を5つのステップに分けて解説します。

現状を把握・共有する

まずは、自社がどのような状況なのか、どのような職場環境になっているのかなどの現状を把握しましょう。自社の業務プロセスや課題、競合他社の動向などを洗い出し、関係者間で認識を合わせます。

DXは企業全体で取り組むことが大切なため、イメージが一致していないとスムーズに進みません。DX専門の部署を立ち上げて先導すれば、効率よく取り組めるでしょう。

課題を明確化する

現状の把握とイメージの共有ができたら、DXで解決すべき課題を見つけましょう。業務の一連を見渡すと、ペーパーレス化ができていなかったり、非効率な作業があったりするかもしれません。

明確化した課題は経営陣が取りまとめ、改善を促します。また、改善は部署ごとではなく全体で取り組み、経営陣が積極的に指示を出して進捗を管理するようにしましょう。

実現できる体制を整える

次のステップは、DXを進めていくための体制づくりです。既存の業務を疎かにしないよう、DX推進のための専門チームを立ち上げるとよいでしょう。メンバーには、IT部門だけでなく、現場の担当者も加えることで、現場の声を反映できます。

また、社内のデジタルスキルを向上させるために、研修や勉強会を定期的に開催するのも効果的です。さらに、外部のコンサルタントや専門家の知見を取り入れることで、スムーズな導入が可能になるでしょう。

ツールを導入し業務を効率化する

DX推進の体制が整った後は、実際にツールを導入します。DXに役立つツールはさまざまなものがありますが、機能や特徴は異なります。そのため、課題の解決に適したツール選びが必要です。ツールの導入にあたっては、現場の声を十分に聞き、使いやすさや操作性にも配慮しましょう。

ツールを導入したら効率化を進め、運用に合わせて環境も整えます。職場環境や業務全体を一気に変更してしまうと、ミスや混乱で効率が悪くなるため、従業員の様子を見ながら徐々に導入を進めましょう。

運用後の検証を行う

運用後の検証も欠かせません。導入したツールやシステムが期待通りの効果を発揮しているか、定期的にチェックしましょう。導入したツールが予想よりもうまく稼働せず、業務効率化などの課題を解決できない可能性もあります。

改善が不十分な点は速やかに対応するなど、PDCAサイクルを回しながら、継続的に最適化を図っていくことが、製造業DXの成功の鍵といえるでしょう。

製造業におけるDXの具体例

IoTとAIを活用した設備保全

設備にセンサーを取り付けて稼働状況や異常を検知し、AIが分析することで故障などのトラブルを未然に防ぐのがIoTとAIを活用した設備保全です。

設備の故障を予測することで、計画外のダウンタイムを削減したり、生産性を向上させたりといった効果が期待できます。また、保全作業の効率化にも役立つでしょう。

ロボティクスによる自動化と省人化

製造現場では、ロボットを活用した自動化も進んでいます。単純作業の自動化により、人手不足の解消や生産性の向上が実現できるでしょう。また、危険な作業や重労働をロボットに任せることで、作業者の安全性も高まります。

ただし、ロボット導入には初期コストがかかるため、費用対効果の見極めが重要です。さらに、ロボットの導入により、作業者の役割がロボットの監視や保守に変わるため、教育や訓練も重要なポイントといえるでしょう。

デジタルツインによるシミュレーションと最適化

デジタルツインは、現実世界の製品や設備をデジタル空間上で再現し、シミュレーションを行うことで最適化を図る技術です。例えば、生産ラインの設計段階でデジタルツインを活用すれば、生産性や品質への影響を事前に予測し、最適な設計を導き出せます。

また、稼働中の設備のデジタルツインを作成し、リアルタイムデータを反映させることで、設備の状態を常に監視し、トラブルを未然に防ぐことも可能です。

3Dプリンティングによる製品開発の迅速化

3Dプリンターを活用することで、短時間で複雑な形状の試作品を作れます。設計の修正や改良も素早く行えるため、製品の市場投入までの期間を大幅に短縮できるでしょう。

さらに、3Dプリンティングは少量多品種生産にも適しているため、顧客ニーズに合わせたカスタマイズ製品の提供にも威力を発揮します。

ARやVRを活用した作業支援とトレーニング

作業品質や習熟度の向上、ヒューマンエラーの削減といった課題には、ARやVRを活用できます。例えば、作業中にARグラスを装着することで、作業手順や注意点を視覚的に確認しながらの作業が可能です。

また、VRを用いたシミュレーション訓練では、危険を伴う作業や高度な技術を要する作業のトレーニングを安全かつ効率的に実施できます。

『UMWELT』の導入で製造業DXを負担なく実現

製造業DXでは、ツールの導入が不可欠です。しかし、ツールの種類は多岐にわたるため、どれを選べばよいか迷っている企業様も多いのではないでしょうか。また、AIやデータ活用に関する専門知識不足や導入コストが課題となっているケースもあるでしょう。

製造業でDXを推進するなら、TRYETINGの『UMWELT』がおすすめです。UMWELTは、業務効率化に役立つ多彩な機能を搭載しています。プログラミングする必要がなく、ドラッグ&ドロップの簡単操作で扱えるため、専門的な知識も必要ありません。

需要予測や在庫管理の効率化、製造や店舗別のオーダー作成支援など、製造業のDXを力強くサポートします。

まとめ

製造業におけるDXは、生産性向上や競争力強化の鍵を握る重要な取り組みです。DXを進めることで、業務効率化やコスト削減・人材不足といった課題の解決につながるでしょう。

TRYETINGのUMWELTは、製造業のDXに役立つ需要予測や在庫管理など、さまざまな機能を搭載しています。Webサイトでは資料のダウンロードや無料相談ができますので、お気軽にお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。

sidebar-banner-umwelt

 

sidebar-banner-umwelt-case