sidebar-banner-umwelt

BUSINESS

DXとは?IT化との違いやビジネス変革を実現するポイントを解説

 

dxとは

デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉をよく耳にするようになりました。しかし、DXとは具体的にどのようなことを指すのかよく分からないという方もいるのではないでしょうか。

DXは、単にITツールを導入すれば実現できるわけではありません。しかし、多くの企業がDXの本質を理解せず、単なるIT化と混同しているのが現状です。

そこで本記事では、DXの定義からDX実現のための手順までを詳しく解説します。DXを推進する上での課題と対策にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

DXとは|デジタルトランスフォーメーションの定義と意味


DXはデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略語で、2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。まずはDXの基本理解を深めましょう。

DXの意味と定義

DXとは、デジタル技術を活用し、ビジネスモデルや業務プロセスを変革することです。単なるIT化とは異なり、顧客体験や社員体験を向上させることで、企業の競争力や収益力を抜本的に高めることを目指します。

DXを推進するには単にITツールを導入するだけでなく、社員の意識改革や、フラットで柔軟な組織体制の構築が欠かせません。

DX推進が必要とされる理由

企業がDXを推進する理由は、競争優位を確保するためです。デジタル技術の発展により、ビジネス環境は急速に変化しています。この変化に適応し生き残るための手段のひとつとして、DXの導入は有用といえるでしょう。

例えば、ある小売業者がEC事業に参入したとします。オンラインショップを開設し、AIを活用した商品レコメンドを導入することで、売り上げが大幅に増加するかもしれません。DXの導入により、新たな収益源の創出や業務効率化による コスト削減など、さまざまなメリットが期待できます。

DXとIT化の違い|単なるIT導入とは異なるDXの本質


DXと混同しやすいのがIT化です。しかし、DXとIT化には明らかな違いがあります。企業のDX推進において、IT化との違いを理解することは重要といえるでしょう。ここでは、DXとIT化の違いや関係性を詳しく解説します。

DXとIT化の違いと関係性

IT化は業務効率化のためのツールの導入にとどまります。一方DXは、ビジネスモデルそのものの変革を目指すものです。

DXの本質は、デジタル技術を活用して、顧客価値の創出や収益構造の変革を実現することにあります。そのためには、単なるシステム導入だけでなく、組織文化やマインドセットの変容も必要です。

IT化とDXは密接に関係しています。しかしDXはIT化の延長線上にあるものではなく、IT化を包含しつつ、より広範で革新的な取り組みといえるでしょう。

DXにおけるビジネスモデルの変革の重要性

既存の枠組みにとらわれず、新たな価値創造の方法を模索することが本質のDXにおいて、ビジネスモデルの変革は重要です。単なるIT化では、既存のプロセスをデジタル化するだけで、根元的な変化は起こりません。

例えば、小売業界では、ECサイトの導入だけでなく、オムニチャネル戦略や、AIを活用したパーソナライズ化など、顧客体験の革新が求められます。製造業では、IoTやデータ分析を活用して、製品やサービスのあり方そのものを見直す必要があるでしょう。

DX推進のための課題と対策


日本企業がDXを推進する上で直面する課題は少なくありません。ここからは、DX推進における3つの課題を紹介します。それぞれの解決策についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

組織的な障壁

DX推進には、組織的な壁が立ちはだかることがあります。例えば、部門間の縦割り意識や従来型の働き方へのこだわりなどです。こうした障壁を克服するためには、経営層のリーダーシップとビジョンの共有が欠かせません。

また、「変革を恐れず、挑戦を奨励する組織文化」の醸成も重要です。組織全体で変革に向けた意識を高め、一丸となって取り組むことで、障壁を乗り越えられるでしょう。

DX人材の育成と確保

DX推進には、人材の確保や育成も必要です。 しかし、「DXを推進できる人材がいない」と嘆く企業は少なくありません。そこで重要になるのが、社内のDX人材育成プログラムの設計と実践です。

まずは、DXに必要なスキルを明確にし、それに合わせた研修や OJT を実施しましょう。外部の専門家を招いてのセミナーや、他社との交流会なども効果的です。 DX推進に意欲的な社員を見つけ、リーダーとして育てることも有用といえるでしょう。

予算確保

DX推進にあたっては、予算確保も大きな課題といえます。新しい取り組みに対して予算を割くことは容易ではありません。そこで重要なのが、DXによる投資対効果(ROI)の明確化です。

定期的にDXの効果を示すことで、経営陣の理解も得やすくなるでしょう。ROI評価の際は、売り上げの増加や コスト削減だけでなく、顧客満足度や従業員エンゲージメントの向上なども考慮に入れましょう。

また、DX予算は長期的な視点での確保が大切です。段階的なアプローチを取り、小さな成功を積み重ねながら、徐々に予算を拡大していくのが賢明でしょう。

DX実現のための4つのステップ


ここからは、一般的なDX導入の手順を解説します。DXの進め方に明確な決まりはありません。また、企業ごとに必要な施策も異なります。基準となる4つのステップを理解した上で、それぞれの企業の状況に合わせて、進めていきましょう。

1.現状および問題点の把握

まずは、会社全体と各部門の現状を把握し、問題点を特定します。業務効率の低さや顧客体験の改善余地など、解決すべき問題点を洗い出しましょう。

デジタル技術を使って、業務プロセスを改善したり、新たな顧客価値を提供できるようにビジネスモデルを変革したりするためには、現状の業務プロセスやシステムの課題を明確に把握することが重要です。

2.人材確保と組織体制の構築

現状を把握した後は、人材の確保と組織体制の構築を行います。人材確保は、クラウドやAIといった新しいテクノロジーに対応できる人材を外部から採用したり、社内公募で意欲のある社員を集めたりといった取り組みが考えられるでしょう。

人材面での対応と並行して、従業員に対するDXの理解促進やスキル習得のための研修を実施することも大切です。

3.デジタル方針の決定

体制が整ったら、目標達成に向けて、戦略と施策を計画します。DXで実現したいゴールを設定し、そこに至る道筋を示しましょう。例えば、顧客体験の改善や業務プロセスの効率化などの目標を掲げ、デジタル技術を活用してひとつずつ達成していきます。

DX推進部署と各事業部門が連携して、デジタル人材の採用・育成、クラウド導入やデータ活用などを効率よく進めるために、ロードマップを作成しておくとよいでしょう。

4.継続的な改善プロセスの適用

DXの推進には、継続的な改善プロセスの適用も重要といえます。DXの効果測定を定期的に行い、データに基づいて次の施策を立案するといったPDCAサイクルを回していくことが必要です。

これにより、DX推進の形骸化を防げます。ただし、改善プロセスが上手く機能するには、全社的なコミットメントが必要です。トップから現場の担当者まで、DXの価値を理解し、自発的に改善提案を行うことが重要なポイントとなるでしょう。

DX失敗の主な原因と課題

DXの失敗を招く主な原因は、単なるIT導入だけにとどまり、ビジネスモデルや組織文化の変革に着手しないことです。また、トップダウンでのDX推進や、現場の巻き込み不足、人材育成の欠如なども、DXの失敗につながる課題として指摘されています。

デジタル化を急ぐあまり、現場の声を聞かずにシステムを導入したものの、使いにくさから定着せずに多額の投資が無駄になってしまっては意味がありません。

DXを成功に導くには、自社の特性や課題をきちんと把握した上で必要な技術を導入し、ビジネス変革と組織変革も同時に進めていく必要があるのです。

article-banner-umwelt-middle

DX推進のための組織体制と人材育成


DX推進には、組織体制の構築と人材育成が欠かせません。ここからは、DX推進に適した組織づくりのポイントと、DX人材に求められるスキルについて解説します。理想的なDXを実現するためにも、導入前に確認しておきましょう。

DX推進に適した組織構造とガバナンス

DXの推進に適した組織づくりのポイントは、部門横断型のプロジェクトチームを編成し、意思決定の権限を委譲することです。

また、DXの進捗状況を適切にモニタリングし、PDCAサイクルを回すためのガバナンス体制の構築も欠かせません。加えて、経営トップのコミットメントを明確にし、全社的なDX推進の機運を高めていくことも重要です。

DX人材に求められるスキルとマインドセット

DX人材には、デジタル技術に関する専門知識だけでなく、ビジネス視点を持ち合わせることが求められます。

従来のIT人材とは異なり、DX人材は業務プロセスの改善や新たなビジネスモデルの創出に積極的に取り組む姿勢が重要です。加えて、変化を恐れずチャレンジする意欲や、部門間の垣根を越えてコラボレーションできるコミュニケーション能力も求められます。

DX人材の育成には、社内でのデジタル人材育成プログラムの整備や、外部からの専門人材の登用など、多角的なアプローチが効果的です。組織全体でDXマインドセットを醸成し、デジタル変革を推進できる人材を増やしていくことが、DXの実現につながるでしょう。

『UMWELT』でDXの早期導入を実現しよう


DXの導入におすすめのツールが、TRYETINGのノーコードAI『UMWELT』です。業務効率化や省人化に役立つAIアルゴリズムを多数搭載しており、ドラッグ&ドロップの操作のみで利用できます。ここからは、UMWELTの特長と導入事例を見ていきましょう。

専門知識不要で業務効率化を実現できる

UMWELTには、業務を効率化するAIアルゴリズムが組み込まれています。需要予測や在庫管理など、さまざまな機能があらかじめ備わっており、プログラミングなしのドラッグ&ドロップ操作のみで簡単に業務効率化を進められるでしょう。

AIやプログラミングといった専門的な知識がなくても利用できるため、DX人材の確保や育成に悩む必要はありません。DX推進における教育コストも抑えられます。

UMWELTの導入事例

東急不動産ホールディングス様は、DX推進を長期ビジョンのひとつとして掲げています。AIを用いたデータ解析や業務の効率化を通して、知識資源を生かした新しい価値体験と新たなビジネス展開の可能性を追及していた際に、UMWELTを導入しました。

グループ内の多岐にわたる事業領域でDXの適用可能性を探求し、課題を解決する実証実験にも積極的に取り組んでいます。業務の見直しやスタッフのスキルの可視化などをデータ化し、シフトや稼働状況に基づいた人員配置の自動化を目指しています。

(参考: 『【東急不動産ホールディングス様】業務提携事例|グループ全体のDXと新規事業開発を推進』|TRYETING

まとめ

DXは単にITツールを導入するIT化とは異なり、ビジネス全体のデジタル化を目指す変革を指します。今後、日本でのDXはますます加速することが予想されますが、やみくもに進めるのは非効率です。

企業の現状や問題点を把握した上で、段階的に進めることが重要なポイントといえるでしょう。UMWELTは専門人材不要で簡単にAIによるデータ分析・業務効率化ができるDXツールです。自社のDXをお考えの企業様は、ぜひお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。