MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

モノづくりをしている製造現場では、作業計画をもとに自社製品や請け負った製品の製造が日々おこなわれています。作業計画は、顧客からの注文データをもとに現在抱えている在庫や人員コストを考慮して策定していきます。

しかし、作業計画を始めとする生産管理は調整するのが難しく、現場の生産効率を最大化できていないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は生産管理の仕組みや役割を解説しつつ、効率化するための方法をご紹介します。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の業務フローを徹底解説!課題や作成時のポイントは?

article-banner-umwelt

生産管理とは?仕組みと目的について


そもそも、生産管理とはどのような仕組みと目的を持っているのでしょうか?ここでは、以下の項目について解説します。

  • 生産管理の仕組み
  • 役割と目的
  • 工程管理との相違

生産管理の仕組み

生産管理とは、モノづくりをおこなう製造現場において、受注から必要部材の調達、現場での製造作業、製品の出荷や納品までの工程を統合的に管理することです。

受注は、お客様から直接注文やオンラインで注文が入ります。受注後には、製品を完成させるために必要となる部品の調達をおこない、工程ごとに作り上げていきます。その後、完成した製品をユーザーの手元に届けたり、依頼先に納品したりするのです。

役割と目的

生産管理は、企業内に所属する生産管理部門が担当する業務です。ただし、生産管理部門の統制は企業の経営状態や販売計画をもとに工場長がおこなっています。目的としては、需要の3要素である「QCD(Quality Cost Delivery)」を適切に管理していき、現場業務の作業効率化を最大化することです。

Qは品質を表しており、製品の品質が悪ければ企業のイメージに悪影響を与えてしまい、顧客が離れてしまいます。Cはコストを意味しており、どれだけ良い製品を作ってもコストがかかってしまった場合、設定する製品の値段が高くなってしまって顧客は他社製品に魅力を感じてしまうでしょう。Dは納期のことで、決められた期日までに納品するのは企業として当然のことです。生産管理では、QCDの最適化を実現することで、現場の作業効率を最大化できます。

工程管理との相違

工程管理と生産管理の違いは、管理する範囲の広さです。工程管理では、製造工程ごとに作業状況を管理していき、決められた期日までに問題なく納品できるのかを管理します。一方で、生産管理は製造の中核を担う生産計画から管理対象に含まれ、製品の売上管理や顧客管理まで幅広いです。したがって、生産管理の中に工程管理が含まれていることが分かります。

生産管理の基本業務フロー


生産管理では、以下の業務を基本としています。

  • 需要予測
  • 受注
  • 計画
  • 調達
  • 生産・進歩
  • 品質
  • 在庫
  • 出荷

需要予測

需要予測は、以下の点を考慮しながら自社製品の需要を予測していきます。

  • 過去の受注データ
  • 販売計画
  • 季節や時期による変動
  • 市場全体の流れ
  • 競合他社の状況

需要予測を適切におこなうことで、在庫過多や在庫不足といった状態を招きにくくなるため、企業としての機会損失を防げるでしょう。

受注

受注では顧客からの注文情報を管理し、顧客へ送付する見積の作成や契約管理をおこないます。受注データは、今後の生産計画を作成するときに元データとして利用されるため、適切な管理が求められます。

計画

計画では、工場内で抱えている人員や設備等を考慮した上で生産計画を立てていきます。現場の人員や設備などを総称して「生産能力」と呼んでおり、計画では生産能力を把握するのが重要です。生産能力を把握し、各部署ごとに調整しながら計画を進めていきます。

調達

調達では、生産計画に基づいて必要となる部材を調達します。調達で重要になるのが、生産計画の作業開始日に間に合うような調達をしていくことです。

市場の状況次第では、需要過多と供給不足によって調達までに長い期間を要する場合があります。その結果、生産計画通りに製造を進められず、予定されていた製品の出荷ができず機会損失につながる可能性があるのです。したがって、市場の需要と供給、そしてコストを考えながら調達するのが大切です。

生産・進歩

生産・進歩では、生産計画をベースに現場への作業指示を出したり、製造が順調に進んでいるのかを日々確認したりします。

現場への作業指示はそれぞれの部門ごとにおこなっていることもあれば、別の部門が一括して作業指示を出しているケースがあるでしょう。また、日々の生産がスケジュール通りにこなせているかを確認するのが重要です。しかし、市場の動向によっては予定していた生産本数を増やしたり減らしたりすることも考えられるため、現場でも柔軟に対応していかなければなりません。

品質

品質では、製品が適切な手順で生産されているのかを確認し、一定以上の品質であるのか検査します。品質の高い製品を提供し続けることは、企業のブランドにもつながります。逆に、生産するたびに品質のばらつきが発生してしまうと、顧客から企業への不信感が募ってしまい、既存顧客が離れてしまうこともあるでしょう。

在庫

在庫では、各工程ごとに製品や部材の在庫数がどれくらいあるのか管理していきます。現場において、前工程や後工程の在庫数を把握するのは重要なポイントです。なぜなら、現場では在庫状況を見て部材の仕入時期を判断したり、出払った部材の状況を把握する必要があるからです。適切な在庫数量を把握することで、日々の生産計画も柔軟に変えていけるでしょう。

出荷

出荷では、完成した製品を顧客のもとに届くまで管理します。出荷後は、配送中のトラブルによって顧客の手元に届かないことがあります。そのとき、すぐに対応ができないと企業へのクレームにつながる可能性があるため、出荷管理をすることで企業の信頼感にもつながっているのです。

生産管理は難しい?企業が抱える生産管理の課題


多くの企業では、生産管理に対して以下のような悩みを抱えています。

  • 需要予測が難しい
  • 業務の平均化が難しい
  • 想定外のトラブルリスク
  • 管理担当の属人化
  • 部署間の調整役で板ばさみも

需要予測が難しい

1つ目は、需要予測が難しいことです。需要予測は、さまざまな要素を考慮する必要があるため、正確におこなうのが非常に難しいです。また、需要予測の大前提として過去の取引データや販売データが必要となります。しかし、今までデータとして蓄積をしていない、あるいは新たな製品だと必要なデータが少ないために需要予測をおこなえません。

業務の平均化が難しい

2つ目は、現場業務を平均した業務量に調整するのが難しいことです。生産計画を最適化するためには、全部門の業務量をできる限り均一にする必要があります。しかし、部門ごとに業務や人員が異なるため、部門ごとに業務負荷の差が出やすいです。

想定外のトラブルリスク

3つ目は、労災被害や機械トラブルといった想定外の事態に対応しなければならないことです。

現場では、納期日までに製品を完成させて必ず納品しなければなりません。しかし、急なトラブルの発生によって計画通りにいかず、臨機応変な対応が求められます。例えば、従業員が労災を起こしてしまったり、機械が急に動かなくなってしまうトラブルなど、さまざまです。生産管理では、このような想定外のトラブルにも対応していく必要があります。

管理担当の属人化

4つ目は、生産管理を実施する担当者の属人化が進んでいることです。生産管理の属人化は、ExcelやAccessなどで管理しているケースにおいてよく見られます。特に、さまざまなExcelファイルを経由してマクロ処理をしているパターンが多く、担当者以外メンテナンスが不可能な状況となっていることが問題です。

更に、こうしたファイルは業務の中核を担っていることがあるため、不具合が発生すると全体の業務が止まってしまう上、担当者が不在時や退職時には対応が不可能となってしまうでしょう。

部署間の調整役で板ばさみも

5つ目は、複数の部署間を調整して板挟みにあってしまうことです。生産管理は、製造に関する部署と幅広く関わるため、部署間の調整役としてスケジュールや納期を調整します。しかし、開発部門と製造部門の間に入るときなどにそれぞれの意見が食い違うケースが多く、両者の意見をまとめるのに苦労することが多いです。

また、上流工程は製造を急かす要求を伝えると、現場では不満が上がってくることも考えられます。生産管理は、両者の意見を汲み取るため思い悩むことが多いでしょう。

生産管理オペレーションを効率化する方法


生産管理では市場調査をしつつ需要予測をおこない、現場での生産・販売・売上計画の立案、部材の調達、製造、出荷と幅広い業務を担っています。しかし、先述したようなさまざまな課題が見られるため、生産管理を上手く機能させるためには大きな苦労を強いるでしょう。そこで、生産管理を効率的におこなうための方法を解説していきます。

システムを導入する

効率化するための方法は、生産管理システムを導入することです。生産管理システムとは、手動でおこなっていた生産管理をシステムで実施できるものです。システムの導入により、担当者の属人化を防げるだけではなく、現状の確認や急な計画変更にも柔軟な対応ができるようになります。

導入でのメリット

  • 生産管理システムの導入は、主に以下のメリットが得られます。
  • リードタイムの短縮
  • 生産工程の可視化と一元管理
  • データ活用(現状把握、経営判断、需要予測)
  • 属人化の防止
  • 業務効率化

生産業務を効率化していきたい企業は、多くのメリットを得られる生産管理システムの導入がおすすめです。

生産管理業務の最適化ならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ!

生産管理システムを導入するなら、TRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTは、データ分析や自動化の仕組みをプログラミング不要で実現できるサービスです。UMWELTには約100種類ものアルゴリズムが活用されており、組み合わせによってあらゆるデータを高度に分析できます。

アルゴリズムを活用した分析は、ドラッグ&ドロップの操作でブロックを組み合わせるだけで構築できるため、プログラミングの知識が不要で実現できるのが特徴です。UMWELTはAPI連携ができるため、システムへ組み込まずにAI化が実現できます。特別な環境を用意する必要はなく、導入後すぐに業務の自動化が可能です。

また、UMWELTは部署ごとに分けられたアルゴリズムを社内で共有できます。社内で連携することで、部署をまたぐデータの取り扱いも可能です。生産管理システムの導入で悩んでいる方は、直感的な操作でAIを実現できるUMWELTを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

生産管理は、製造業の現場において中核となる重要な業務の一つです。生産管理が上手く機能すれば、現場の業務が効率化されて企業の利益拡大にもつながります。しかし、生産管理をExcelやAccessなどでおこなうには問題もあります。そこで、生産管理システムの導入が効果的です。生産管理システムを導入することによって、担当者の属人化を防げるだけではなく、現状の確認や急な計画変更にも柔軟な対応ができるようになります。

もし、どの生産管理システムにすべきか悩んでいる方は「UMWELT」がおすすめです。少しでも興味を持った方は、下記ページからお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。