MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

DXベンチャーの魅力とは?DXの将来性や気になるリクルート情報を紹介!

現在さまざまなビジネスの場面で、DX推進が進められています。DX推進を行うベンチャー企業も増えてきています。この記事では、DXの重要性や、DXベンチャーに転職するメリット、DXベンチャーでよく募集される職種を紹介します。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

recruit-banner-01

そもそもDXとは?


DXとはデジタルトランスフォーメーションの略称です。デジタル技術を用いて、業務やビジネスモデルを変革することを指します。DXの重要性は年々増しており、ベンチャー企業においても必要性、重要性が確認されています。ここではDXの説明とDXが必要とされる理由を紹介します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)について

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル技術を用いてビジネスモデルや業務を変革し、競争性の優位を確保するもの」を指す用語です。元々は、「人々の暮らし全般をデジタル技術で豊かにすること」を指す用語でしたが、現在は主にビジネスの場面で使われています。デジタル技術を用いて環境を整え、最適な経営戦略を導き、新たな価値を創造する事が目的です。

DX化が必要とされる理由

DX化が必要とされる理由はさまざまですが、そのうちの1つに「2025年の壁」があります。日本のIT予算やIT人材の多くが老朽化したレガシーシステムの管理運営に割かれており、現状が解決できなければ2025年以降の経済損失は最大12兆円(現在の3倍)になると予想されています。この問題は2025年の壁と呼ばれ日本の大きな課題です。

2025年の壁を乗り越えるには、DXを推進しレガシーシステムを改築する必要があります。DXの推進はテレワークや職場環境の整備費削減にもつながるので、従業員の働きやすい環境づくりにも重要な役割をはたします。

企業におけるDX化の重要性


DXを推進している企業の多くが大企業です。しかしDXはベンチャー企業にも大きなメリットをもたらします。

競争力が向上する

DXを推進すると、業務の効率化やサービスが向上し、競争力がアップに繋がります。定型業務やデータ分析などをデジタル技術に担当させることで、より付加価値のある業務に従業員を再分配できるのです。DXでデータ分析やマーケティングの精度を高めることで、よりユーザーのニーズにあった商品、サービスの提供にも繋がります。

周囲へのアピールポイントになる

DXを導入することで、周囲へのアピールも可能です。日本でDXの必要性が認知されたのはごく最近です。多くの企業が、必要性を認知しながらDXを推進できていない現状の中、DXの導入は「時代の流れに対応できる柔軟性の高い企業」であることのアピールポイントにつながります。

DXベンチャーに転職するメリット


DXは将来性の高い分野です。一般社団法人日本能率協会の調査では、DXの推進と検討を行っている企業は全体の5割を超えています。一方で、全体の9割を超える企業がDX化に対して未だ不十分なレベルであることが現状です(経済産業省DX中間レポート)。

DX化の推進は全体を通してまだまだ不十分な段階にあり、今後も成長していく分野であると言えます。DXベンチャーへの転職は、将来性の高い仕事につけるだけでなく、最先端の技術に触れられるなど多くのメリットがあります。

DXベンチャー企業のTRYETINGが募集する職種とは?


DXベンチャーの1つであるTRYETINGでは、どのような職種を募集しているのか紹介します。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは主にシステムの開発、改善を行う職種です。アプリケーションやプラットフォームの開発やインフラ構築を行います。フロント〜バックエンドまで幅広い領域の仕事があり、個人の経験を生かせます。プログラミングの技術だけでなく、他部署やチームメンバーとのコミュニケーション能力や、社内外の課題の最適解を見出す柔軟性、積極性が求められます。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスとは、プロダクトの導入を検討しているクライアントにヒアリングや提案を行い、導入後のサポートを行う職種です。クライアントのニーズを汲み取り、エンジニアと連携することでプロダクトの改善提案も行いながら、顧客満足度の向上を目指します。自分のアイデアを企画し形にしたい人、提案から実行まで一連のプロセスに関わりたい人に向いている業種です。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、システム開発に関する専門知識を活かし顧客をサポートする業種です。顧客への課題のヒアリング、システムの要件定義、導入後の技術サポートなどのITコンサルティングを行います。システム開発に関する知識と、顧客の課題を汲み取り解決に向かうコンサルティング能力が求められます。

トライエッティングは人気ジャンルのビジネス変革支援に注力


DXベンチャーに転職を考えている人にオススメな企業がTRYETINGです。TRYETINGは手軽にAIやデジタル技術を活用する「UMWELT」や「HRBEST」を開発しています。

DX分野では技術支援よりもビジネス系のサービスが人気

IDCJapaの調査によると、DXサービスで人気なのはビジネス変革支援型のサービスです。業務プロセスや組織体制を改革が可能なサービスが求められています。TRYETINGはAIを用いてこの分野に注力しており、今後の発展が期待できます。

AIを活用したデータ分析や自動化の支援を提供している

TRYETINGはAIをノーコードで導入できるサービス「UMWELT」を提供しています。データ分析を行い需要予測や在庫管理、来店予測などを効率よく行なえます。導入後もコンサルタントが併走しDX促進をサポートするので、専門知識がない人でも安心です。システムシフト作成に特化したツール「HRBEST」などを提供し、業務の自動化の支援を行っています。

各種イベントにも精力的に参加

TRYETINGは各種イベントにも積極的に参加しています。近年では以下のようなイベントに参加しています。

  • next ctc!! × ZIP-FM Startup[N] 中部オープンイノベーションセミナーStartup Mixture 2021
  • 「STARTUP×MESSE NAGOYA」名古屋銀行 Startup Pitch
  • NAGOYA CONNÉCT
  • データは会社の財産!~AI活用でデータの価値を倍増するための事例紹介~

トライエッティングと共に「明日の未来を今日つくる」チャレンジャーを募集中!

TRYETINGでは、WEBAエンジニア、カスタマーサクセス、セールスエンジニアの3業種を募集しています。AIやDXなどのテクノロジーに強く、さまざまな業種のクライアントや多くのAI企業からパートナーとして選ばれています。TRYETINGに興味がある方は下記のフォームからお問い合わせください。

まとめ

DXとはデジタル技術を用いて組織やビジネスに変革をもたらすことを指します。ベンチャー企業でも重要性は増しており、競争率の向上や周りへのアピールなどのメリットがあります。DX、AIに強いベンチャー企業のTRYETINGでは、幅広く職種で人材を募集中です。興味がある方はお問い合わせください。

TRYETINGの採用ページ・募集要項をチェックする(下記画像をクリック)

recruit-banner-01

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。