MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

今会社に求められているDXとは何か?導入のメリットやDX化に必要な人材

多くの会社でDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進められています。ITやloTなどのデジタル技術の活用は今後のビジネス社会に置いて必要不可欠です。この記事では、会社がDXを導入するメリットや課題について説明します。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

recruit-banner-01

DXはデジタルトランスフォーメーションの略称


DXとはデジタルトランスフォーメーションの略称です。デジタル技術をビジネスで活用することで、ビジネスモデルや組織体制に変革をもたらすことを指します。手段をデジタル化し、効果的な意識決定合できる組織を作り出すことで、競争の優位性の向上が期待できます。

DXとIT化はどう違う?


DXとITは「デジタル技術をビジネスに導入する」点は共通していますが、目的が異なります。DXはデジタル技術を使って組織変革を起こし競争優位の確立を目指すのに対して、IT化は業務効率化やコスト削減を目的としているのが特徴です。DX化はIT化に比べてより広い範囲の変革を促す取り組みであると言えます。

会社にDXが求められる背景


近年、多くの会社にDXが求められおり、経済産業省は「2025年までの間に、ブラックボックス化したシステムを廃棄・刷新しDX化を進めること」を推奨しています。ここでは、会社のDX化が求められる理由について紹介します。

既存システムの時代遅れ化が進行している

時代遅れ化した従来のシステムはレガシーシステムと呼ばれ、ビジネス革新のための大きな課題です。レガシーシステムの多くは事業部門ごとに独自のカスタマイズが重ねられ複雑化し、簡単にリプレースできない状況にあります。新しいシステムとの連携や改修が困難なため、現在のビジネスプロセスと合わない部分が出てきています。

人材不足の深刻化

現在、多くの企業が採用難や人件費高騰の問題を抱えており、より少ない人数で業務を運営することが必要です。レガシーシステムをそのまま使用すると保守や運営に人材が割かれるほか、自動化できない部分を人力で補う必要があります。また、働き手の高齢化や退職により、属人性の高い業務の担い手不足も発生しています。

会社をDX化するメリット


会社をDX化することによって、生産性の向上やビジネスモデルの改革、災害などに対する危機回避などさまざまなメリットが見込まれます。ここでは1つずつ解説していきます。

生産性の向上が見込める

DXは業務効率化による、生産性の向上に役立ちます。今まで事業部ごとに管理されていた情報やシステムの統括や、一部の業務をデジタル化することで業務効率が改善されます。業務改善により人材の再配置を行うことで、生産性の向上につながるのです。

状況の変化に応じたビジネスモデルを確立できる

デジタル技術の進歩によりユーザーの消費行動は大きく変化しています。変化する市場に合わせて、ビジネスモデルを柔軟に変化させていくことが大切です。DX化を進めることで、より正確な需要予測やニーズの把握を行い、商品やサービスにフィードバックを行うことができます。DX化は先進技術がもたらす社会の変化に対応した競争力の獲得に繋がります。

事業継続の危機回避に貢献する

ウィルス感染症の流行や災害などの危機回避にもDXは効果的です。コロナ禍の危機回避に成功した企業の多くがDX化を進めていました。DX化を進め社内のITインフラを整えることで、テレワークの導入をはじめとした会社の就業ルールの改正をスムーズに行うことができます。

会社のDX化が遅れるデメリット


DX化が遅れることでデメリットも生じます。近年、デジタル化が高速で進んでおり社会に対応するにはDX化が必要です。また、既存システムの維持管理に高いコストがかかってしまうほか、データ管理を行う上でもデメリットが生じます。

既存システムの高コスト化

既存システムの維持管理費は向上する一方です。普段の運営だけでなく、故障や事故の際の対応やセキュリティ対策にも高いコストがかかり、多くの企業で足かせとなっています。システムの刷新がランニングコストの削減に繋がるのです。

市場や社会の変化に後れを取ってしまう

既存のレガシーシステムは複雑化、ブラックボックス化されており、新しい技術との互換性の低さが問題視されています。急激な社会や市場の変化についていくためには、先進技術を使用し商品販売やサービスをデジタル化することが必要不可欠です。

データの一元管理ができない

既存システムの多くが部門やシステム別に管理されています。紙の書類や資料の存在もデータ管理を一元化できない原因です。クラウドなどのデジタル技術を活用しデータの一元管理を行うことで、社内のデータ連携や情報活用がスムーズになります。また、高度なデータ収集や分析にはデータ基盤、システム基盤を整えなければいけません。データを一元管理し効率化するにはDX化が必要です。

DX化のハードルとなる課題


DX化が進まないのは、いくつかの課題があります。ここではDX化の課題と、課題解決のポイントを紹介します。

経営陣の無理解

DXを効果的に導入するには組織全体で体制を整え、明確なビジョンを共有する必要があります。会社経営陣がDXに理解がなければDX化は進みません。会社経営陣がDXに理解がない場合は必要性を十分に感じているキーパーソンの協力を得ながら、会社経営層への説明を丁寧に繰り返していくことが重要です。

人材やノウハウの不足

社内にIT人材が不足しているとDX推進が難しくなります。人材不足によりIT教育や技術を外部委託に依存すると社内にノウハウが残りづらくなり、自社システムの構造や問題点を把握できない傾向にあります。DX化を進めるにはシステム運営ができる人材を確保し、継続的なIT教育が可能な状態を維持する必要があります。

既存システムの対応力の欠如

既存のシステムは対応力が低く、新しいシステムを連携できないことがあります。DX化を推進するシステムと連携できなければ、DX化が難しくなってしまいます。既存システムを使い続けるデメリットを経営陣に提示し、システムの刷新を進めましょう。

IT投資の戦略ミス

IT投資は戦略を間違えると大きな損失に繋がります。特に柔軟性の低い既存システムの維持管理に投資を続けるのは非効率的です。レガシーシステム運用に人材やコストを取られ、顧客満足度や売り上げの向上に向けたIT投資ができません。日本のIT関連費用の80%が、既存システムの運営に当てられている現状もあります。

会社のDX化に必要な6種の人材


会社のDX推進には、システムの運営や開発、プロジェクトの運営ができる人材が必要です。ここでは会社のDX化に必要な6種の人材を紹介します。

プロデューサー

プロデューサーとは、DXやビジネスを実現するためのリーダーをつとめる人材です。顧客、パートナー、関連事業部との連携を行い、プロジェクトの全体を統括する必要があります。

組織を牽引するリーダーシップ、俯瞰してプロジェクトを把握するビジネスマネジメント力、自社の商品やサービスに対する深い理解などが求められます。

ビジネスデザイナー

DXの企画立案を行う人材を、ビジネスデザイナーと言います。市場全体や顧客のニーズに合わせたサービスを立案し、プロデューサーとともにプロジェクトを進めます。顧客ニーズを汲み取った企画力やビジネスを円滑に進めるコミュニケーション力が必要です。

アーキテクト

DXに必要なシステムを設計できる人材をアーキテクトと呼びます。システムの全体設計や中核部分の設計を行い、全体の方向性を検討する役割です。アーキテクチャ設計の技術やコンサルティング技術が求められます。

AIエンジニア・データサイエンティスト

AIエンジニア・データサイエンティストは、デジタル技術(IT、loT)やデータ解析に精通した人材です。ビックデータの中からビジネスに必要な情報を抜き出し、活用できるよう整える仕事を担当します。デジタル技術に対する高い技術力が求められます。

UXデザイナー

UXデザイナーは、DXやデジタルビジネスに関するシステムをユーザー向けにデザインする人材です。従来のwebデザイナーのような技術が求められます。

エンジニア・プログラマー

エンジニア・プログラマーはシステムの実装やITインフラの構築を行う人材を指します。従来のITエンジニアと同様に、プログラミングの技術が求められます。

DXの知識やスキルを活かしたいならTRYETINGへ!

「DXの知識やスキルを活かして働きたい」そう考えている人にオススメな会社がTRYETINGです。TRYETINGは人間を助け人間の能力を拡張するAIの開発を行うAI企業です。高度なプログラミング知識やAIの知識が無くても、社内にAIを導入できるサービス「UMWELT」やシフト作成が簡単にできるITシステム「HRBEST」の開発を行っています。

まとめ

会社のDX化を進めることで、生産性の向上や新たなビジネスの構築、災害やウィルス慢延などによる危機回避が可能です。DX化に効果的なITシステムの開発を行っているTRYETINGはDX人材を募集しています。興味がある方は一度お問い合わせください。

TRYETINGの採用ページ・募集要項をチェックする(下記画像をクリック)

recruit-banner-01

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。