MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

ノーコードDXでデジタルシフトを加速化しよう!特徴やメリットまとめ

ITスキルがない非プログラマーでも、簡単にWEB開発ができるノーコード。企業への導入で、効率的なDXを図れると注目を集めています。本記事では、ノーコードやDXの定義を確認するとともに、ノーコードDXの導入メリットなどを解説していきます。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

企業が注目すべき「DX」とは?

ビジネスにおける急速な環境の変化に対応する手だてとして、昨今注目を集めているのが「DX」です。経済産業省がDXの推進を呼びかけていることもあり、多くの企業がDXを事業に取り入れようと試みています。

DXは企業による競争上の優位性を築ける

DXは「デジタルトランスフォーメーション」の略語で、AIやIoT、ビッグデータなどのデジタル技術を活用してビジネスモデルの変革を行うことを意味します。企業がDXを経営に取り入れる狙いは、刻一刻と変化する市場に対応して、競争力の強化とマーケットシェアを拡大することです。既存の業務プロセスを維持しつつ、ITツールの導入によって効率化を図る「IT化」とは異なり、DXの目的はビジネスモデルの根本的な変革にあります。

DXの推進における課題

DXの推進において大きな課題となるのは、現場のデジタル人材不足です。IT分野のスキルや経験が乏しい企業の場合、デジタル技術をうまく経営に取り入れられず、DX事業計画が頓挫する懸念があります。特に製造や小売、サービス業などノンデスクワーカーの領域に属する業種の場合、日常業務でITツールに触れる機会が少なく、デジタル人材不足の問題が顕著に現れています。

DX化の推進はノーコードで始めるべき理由

ノーコードは、プログラミング言語に関する知識がなくても、手軽な操作で簡単にWeb開発ができるサービスです。ノーコードにおけるアプリ開発は、ほとんどテンプレート活用やドロップ&ドラッグで完結するもので、イメージを直感的に形にできるようになっています。ノーコードでは、顧客に提供するサービスアプリだけでなく、業務効率化を目的としたアプリも開発できるため、現場の業務プロセスに導入可能です。

ノーコードDXが企業にもたらすメリット

ノーコードDXを導入すると、スピード感のあるDXの実現や社員の負担軽減など、企業と社員の双方にとって、うれしい効果が見込まれます。ここでは、ノーコードDXが企業にもたらすメリットを4点紹介します。

DX化までのスピードが上がる

一般にアプリ開発はプログラミング言語を理解して操れる人材が行うものであり、企業側はデジタル人材を確保する必要があります。しかし、ノーコードは特別なITスキルやノウハウを必要としないため、誰でもアプリの開発者となれます。したがってノーコードDXにおいては、企業はデジタル人材の用意や大がかりなIT教育を行う必要がなく、DX実現までのスピードアップにつながると考えられます。

開発コストを削減できる

DXの一環としてアプリ開発やシステム構築を行う場合、自社でノウハウを持ち合わせていない企業は、外部の専門機関への委託が少なくありません。外部に開発を発注すると、コストが嵩んでしまうデメリットが懸念されます。一方で、ノーコードは外部委託の必要がなく発注費用もかからないため、開発コストの削減につながります。

システム部門の負担を減らせる

社内のシステム部門がシステム開発や運用を担っている場合、ノーコード導入でシステム部門の負担の軽減を期待できます。なぜなら、ノーコードは特別やスキルが不要であるため、現場の社員がアプリを開発でき、その分システム部門の負担が減るからです。

社員がデジタルマインドセットを持てる

ノーコード導入によって社員がITツールに触れる機会が増え、デジタルマインドセットの醸成につながります。また、ノーコードではシステムの変更や更新を社員自身が行うため、業務効率化を自発的に図れるようになるメリットもあります。

ノーコードDXを進める上で注意すべき3つのポイント

ここまで、ノーコードDXのメリットをみてきましたが、実際に進めるうえでは注意すべきポイントが存在します。それでは、どのようなポイントに注意して、ノーコードDXを推進していけば良いのでしょうか。

サービスが停止する可能性がある

ノーコードのサービスが何らかの原因で停止した場合、プラットフォーム上に構築したシステムを利用できなくなる問題や、代替サービスを見つけられないおそれがあります。したがってノーコードDXの計画時には、サービス利用不可となった場合の対策も、併せて用意しておくとよいでしょう。

セキュリティ対策はツールに依存する形になる

いちからアプリ開発を行うケースとは異なり、ノーコードではセキュリティ対策を自社独自で行えないデメリットが存在します。セキュリティ対策はノーコードを提供するサービス側に依存しているため、あらかじめノーコードツールの脆弱性を確認するようにしてください。

機能の拡張が制限される可能性がある

ノーコードでのアプリ開発は、プラットフォームが提供する範囲内の機能で行うことになります。したがって、開発予算がいくらあっても、アプリの機能拡張をイメージ通りに実現できないおそれがあります。ノーコードを利用する際には、プラットフォームが対応できる機能拡張をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ノーコードDXのツール選定で重要なポイント

ノーコードDXを推進するために欠かせないのが、ツールとなるプラットフォームの選定です。ここでは、セキュリティ対策や機能の拡張性など、ツール選定における重要なポイント3点をみていきます。

セキュリティ対策が万全か

ノーコードで開発するアプリでは、顧客情報や機密情報を扱うことが少なくありません。そのため、セキュリティ機能を高く維持する必要性があります。ノーコードにおけるセキュリティ対策は、ノーコードの提供側に依存するため、選定時にはプラットフォームのセキュリティ機能を重視するようにしましょう。

機能の拡張性に優れているか

希望するアプリ開発の実現可否は、ノーコードツールが機能拡張に対応しているか否かに左右されます。DXでは環境や市場の変化に応じたサービスの変更が重要であるため、運用の途中でアプリの仕様を拡張することも少なくありません。したがって、ノーコードツール選定においては、ユーザーや現場のニーズに応えられるような機能拡張性が備わっているかどうかを確認するようにしてください。

保守運用の体制が整っているか

ノーコードDXは開発して終わりではなく、日常的なアプリの運用を正常に行う必要があります。したがって、ノーコードで開発したアプリに関して、プラットフォーム側で保守運用の体制がどれほど充実しているかは、選定時における重要な項目です。迅速かつ丁寧に対応してくれる、また24時間問合せ可能など、ノーコード提供側によって保守運用体制は特色が異なります。自社の運用状況を照らし合わせて、必要な保守運用体制を検討するのがおすすめです。

企業のデジタルシフトならノーコードDXが実現できるUMWELTで!

UMWELTは、常時100種類ものアルゴリズムを搭載していて、誰でも簡単にシステム開発ができるノーコードサービスです。ビジュアル化されたツールを直感的に組み合わせるだけで、システム構築を実現できるうえ、導入費用は業界最低水準の低価格です。ユーザーのデータを保持しないことからセキュリティ対策も安心で、コンサルタントのサポートにより万全の保守体制を期待できます。

まとめ

ビジネスを取り巻く環境が急速に変化するなか、ビジネスモデルの変革によって競争力を強めるDXの重要性が高まっています。ノーコードは、誰でもアプリ開発ができ、プログラミングのノウハウを有しない企業を中心に注目を集めている概念です。ノーコードDXのツール選定においては、「機能の拡張性」「セキュリティ対策」「保守運用体制」の3点に注意する必要があります。TRYETINGのUMWELTであれば、この3点に関して充実した機能を有しており、低コストかつ短期間でノーコードを導入可能です。ぜひ一度、UMWELTについて弊社にお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。