MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

シフト作成

飲食店での危機的な人手不足の現状とは?原因とその解決策を紹介

近年、多くの飲食店が人手不足に悩まされています。また、その人手不足が原因で、シフトを上手く組めずに店舗運営が回らないという課題に悩む企業もいるでしょう。この記事では、飲食店が抱えている人手不足について現状から解決策までを解説していきます。

article-banner-hrbest

飲食店の人手不足の現状


株式会社帝国データバンクは、2019年10月「人手不足に対する企業の動向調査」を発表しました。この調査では、全国2万3,731社に対して人手不足であるのかを調べています。その結果、非正社員において最も人手不足を感じている職種は「飲食店」の78.6%でした。感覚値だけでなく、このようなデータ上でも多くの飲食店の人手不足が裏付けられています。

飲食店は人手不足で閉店も|労働集約型事業とは


飲食店は「労働集約型事業」と呼ばれています。労働集約型事業とは、人手に頼る割合が大きい事業を指し、事実、飲食店は接客から調理まで、ほとんどを人手に頼っています。逆に言えば、人手がなければ飲食店の経営は回らないのです。また、飲食店でかかる人件費は売上の7割とも言われており、経営を左右する重要な要素です。しかし、コスト削減のために人件費を削ると、人手不足によって従業員に負担がかかり、人件費をかけすぎるとコストが増大して経営が困難になってしまいます。

飲食店が人手不足になる原因


飲食店が人手不足に陥る原因は、各店舗に責任があるため、自業自得と言われます。しかし、原因を整理して理解することで解決への糸口が見つかるでしょう。ここでは、飲食店が人手不足になる4つの原因をご紹介します。

飲食店の人手不足が自業自得?離職理由

平成30年3月に農林水産省が発表した「外食・中食産業における働き方の現状と課題について」では、「大学卒業者における就職後3年目までの離職率」が飲食店で50.2%と最も高いとの結果でした。離職の理由で多く見られるのは、肉体労動中心の仕事内容から、体力面で厳しさを感じること。他にも、接客が伴い精神的に辛い、といった内容です。調理や接客が元々好きでないと、続きにくいのが現状でしょう。

拡大した営業時間

2つ目は、競合他社を意識して営業時間が拡大してしまっているからです。現在、多くの店舗が24時間営業を取り入れています。しかし、営業時間の拡大によってサービスの向上が期待されたとしても、人員の確保や従業員の待遇まで確保できている企業は少ないでしょう。

休暇が取れない労働環境

3つ目は、人手不足によって休暇が取得できない労働環境が生まれていることです。店舗で人手不足が発生すると、数少ない人員で空いたシフトの穴を埋めなければなりません。結果的に従業員は長時間労働を強いられるようになり、シフトが不規則となるでしょう。そして最終的には、休暇の取得も困難な状況が出来上がってしまいます。

投資の余力不足

4つ目は、人材に対する投資ができていないからです。飲食店の多くは中小企業のため、十分な資金を確保できていません。そもそも資金確保には、サービスの拡大を中心に投資していき、売上を確保していくことが重要になるので、売上に直結しない人件費への投資が後回しになってしまいます。したがって、人件費に予算を回せず人員不足へと陥ってしまうのです。

飲食店の人手不足を解決させるには?


飲食店が人手不足を解決するための鍵は、離職者を出さないことです。それを実現するためには、社員の定着を図るための取り組みをしていかなければなりません。そこでここでは、定着を図るために必要な5つの取り組みをご紹介します。

働きやすい環境への改善

1つ目は、従業員が働きやすい環境にすることです。働きやすい環境とは、従業員一人ひとりの負担を減らし、ワークライフバランスが実現できる職場を目指すことです。したがって、個人の負担を減らすためにも、システムの導入を検討すると良いでしょう。また、同時に給与体制の見直しや、福利厚生の充実を図ることもおすすめです。

経営理念とモチベーション

2つ目は、経営理念を全従業員に浸透させることです。企業の経営理念を浸透させることで、従業員のモチベーション向上につながります。経営理念は、普段おこなっている仕事が何のためにおこなわれているのかを明確化したものです。それを念頭において仕事に打ち込むことで、ただ作業をこなすだけではなく、目的意識を持って取り組めるため従業員のスキルアップにもつながります。そうすることで業務効率も着実に向上していくため、残業時間も減り、労働時間の改善につながるでしょう。

求人方法の見直し

3つ目は、求人方法の見直しです。現従業員への待遇を強化しつつ、新たな人材募集にも力を入れていかなければなりません。現在、さまざまな方法で求人募集ができる時代となりました。従来使われているWeb上での求人募集はもちろん、社員に紹介してもらうリファラル採用、外国人採用の拡大、ターゲット層を引きあげたシニア層への採用拡大などを推進していきましょう。

オーダーシステム

4つ目は、デバイス端末を活用したオーダーシステムの導入です。飲食店では、お客様が注文するという工程が発生します。これまでは店員が各テーブルへ赴き、注文を聞いて端末に打ち込むのが主流でした。しかし、最近ではデバイス端末を各テーブルに配置し、お客様自身で注文を打ち込むスタイルが導入されているのです。従業員の作業削減につながるのはもちろん、オーダーミスや接客によるトラブルの減少にもつながるでしょう。

シフト管理のシステム導入

5つ目は、シフト管理システムの導入です。シフト管理は、従業員一人ひとりの労働時間の管理や適切な人材配置をするためにも大変重要です。適切な人材配置は、人手不足の状況でも効率的に業務をこなせます。もし、シフト管理が適切に行われていない場合、法定基準を超える労働時間になってしまったり、人員が少ないために従業員への負担が大きくなったり、無駄な人件費が発生することが考えられます。また、シフトの自動生成によりシフト作成者の作業時間が削減されるため、その時間を他の業務に当てられるのです。

クラウドサービスの「HRBEST」なら働きやすい環境を安く整えられる!

適切なシフト管理は、従業員の働きやすい環境作りにつながります。精度の高いシフト作成を実現したい場合は「HRBEST」がおすすめです。HRBESTは、AI機能を活用することで複雑なシフト作成を瞬時に自動でおこなってくれます。その中でも、労働基準法や業界のルールに合わて運用できるため、法定基準から逸脱する心配なく、多くの労力を投入していたシフト作成を簡単に完結させられます。

まとめ

今回は、飲食店の人手不足問題について解説しました。現在多くの飲食店では、人手不足によって多くの問題を抱えています。手軽にできる人手不足を解消する方法としては、シフト作成の精度をあげることです。適切なシフト作成をすることで、人員配置を無駄なくおこなえるため、人手不足の解消にもつながるのです。精度の高いシフト作成をするためにも、シフト作成ツールである「HRBEST」の導入は得策です。HRBESTは、AI機能を搭載したシフトの自動作成ができます。自動作成時には、事前に繁忙期や閑散期の登録や従業員のスキルなどを登録できるため、適切な人材配置を実現しています。また、法的時間なども考慮してくれるため、労働時間の心配もありません。少しでも興味を持った方は、下記バナーからお問い合わせください。

HRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-hrbest

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。