MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

シフト作成

簡単に行かない映画館のバイトシフト作成!その課題と効率化について解説

私たち普段よく行く映画館。フロア、売店、ボックスなど、上映の裏側では多くの人員が動いています。その分、映画館を経営している支配人やマネージャーの方は、アルバイトやパートのシフト管理で悩まされていることも多いはずです。今回は、映画館のマネージャーや経営者の方に向けて、バイトのシフト作成方法やおすすめツールについてご紹介していきます。

▼更にシフト作成について詳しく知るには?
シフト表作成に役立つツールとは?メリットやおすすめは?article-banner-hrbest

簡単じゃない映画館バイトのシフト作成での課題


映画館のシフト管理は、他業界に比べても複雑と言われています。業務量が多く、時間帯や上映される作品によって来客人数が変わり、スタッフのシフトをフレキシブルに管理する必要があります。ここでは、まずどのような課題があるかを整理します。

長い営業時間

映画館は、営業戦略の一貫で早朝から深夜まで営業していることも多いです。営業時間が長いため、朝番、昼番、夜番と従業員の入れ替わりが多くなります。映画館の従業員の労働時間が長時間になる可能性があり、人手の振り分けや36協定遵守が難しくなります。

多岐にわたる仕事内容

映画館の仕事内容は多岐に分かれてます。主な5つの仕事内容についてご紹介します。

①コンセッション(売店)

ポップコーンやホットドック、ドリンクなどを製造するポジション。基本的に新手のスタッフはこのポジションからスタートします。

②ストア

パンフレットや映画関連グッズを販売するポジション。基本的に1人で行うことが多いポジションです。

③ボックス

チケットを販売するポジション。前売り券や割引券、無料券も取り扱う。

④映写

フィルムを回して、映像を映すポジション。

⑤フロア

チケットのもぎりや館内アナウンス、トイレ掃除をするポジション。

多数のスタッフ

規模の大きい映画館は、営業時間やセクション数が多くなり、スタッフの人数も多くなります。映画館の規模によっては、数百人のスタッフを抱えることもあります。土日祝日やゴールデンウィーク、映画の公開初日などは来館数が多くなるため、時間帯や混雑状況に合わせてスタッフの人数を調整する必要があります。

希望シフト

映画館のスタッフの仕事が多岐に渡ることでシンプルに人員が増えると、今度は希望通りにシフトを入れていくことも難しくなります。映画館で働く従業員は、学生・主婦の方が多く、それぞれ生活スタイルが異なってきます。各従業員の希望するシフトの時間にバラつきが生じることで、マネージャーや支配人のシフト管理に費やす工数が大幅にかかってしまいます。

映画館バイトのシフト制|メリットとデメリット

映画館の従業員を管理する方法で悩ましいのは、シフト制度の選択です。ここまでで説明してきたように、規模の大きい映画館では従業員数や業務の種類が多いため、シフト制度が経営効率を左右します。シフト制には、「自由シフト」と「固定シフト」と2つに分類することができるが、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

シフト制について

シフト制とは、つまり交代勤務のことです。業種や店舗によってシフト制の種類も変わってきます。

①自由シフト

自分の希望するシフトを申請ができる制度が、自由シフト制です。例えば、従業員の通っている学校の授業時間が不規則な時や、長期休暇で短期集中で働くなど、従業員個人の状況や希望に対応できるシステムといえます。

②固定シフト

固定シフトは、働く曜日や時間帯を固定する制度です。平日の昼間は家事に追われている主婦の従業員や、毎週決まった曜日にスケジュールが入っている従業員に合ったシステムです。

③完全シフト制

完全シフト制では、働く時間帯が日ごとに異なります。固定シフト制とは違い、働く時間に決まったパターンがないシステムです。

シフト制|メリット

シフト制のメリットは、決まった予定が日常的にあるスタッフが、自分の都合に合わせて勤務できる点にあります。予定も立てやすい点で魅力的です。

シフト制|デメリット

シフト制のデメリットは、従業員が先々の予定が立てにくくシフトを組むことが難しい点にあります。また、スタッフによっては、週末や長期休暇にイレギュラーな休みをとる人もいるので、その際には事前に予定を確認する必要があります。

提出方法

シフト提出は、2週間や1ヶ月前など、店舗や企業で決められている提出期限に従うことが一般的です。従業員に対しては、先々の予定を見越してもらい、決められた一定期間の予定を立ててもらう必要があります。これらを効率化させるための対策方法をご紹介していきます。

シフト管理はシステム導入で効率化


これまで解説してきたように、映画館はシフト作成に時間がかかり、人員調整が煩雑化するケースが多いです。そんな映画館でこそ、シフト管理システムの導入をおすすめします。シフト管理システムを導入することには、大きく分けて3つのメリットがあります。

シフト作成の軽減

手動でのシフト管理では、シフトが提出されない場合、直接従業員に確認する必要があります。また、シフト希望を考慮しながら調整し、手動で勤務表を作る手間も出てきます。シフト管理システムを導入することで、これらの問題を全て解決することが可能です。シフト作成業務を行う店舗責任者の業務量の負担軽減にもつながり、労働時間の削減による人件費削減や、シフト表への入れ間違いなどのケアレスミスの対策もすることができます。人員の最適化は、映画館に来館するお客様へのサービスの質を向上させることに繋がります。

適正な人員配置

シフト管理システムに従業員の情報を登録することで、適正な人員配置が可能となります。例えば、繁忙期に経験豊富なアルバイトやパートを配置するなど、映画館の運営がスムーズに進行する人員配置も可能です。また、欠員が出た場合に対処ができる機能があるシフト管理システムもあります。これまで映画館の業務管理者を悩ませてきた複雑な人員配置をシステムに任せることが可能になり、負担を大きく軽減できます。

提出された希望シフトの反映

シフトをスムーズに組むためには、まずスタッフから希望日時を提出してもらう必要があります。映画館では、業務量や従業員数が多いため、手動ではシフトを上手く組めない可能性があります。しかし、シフト管理システムでは、従業員が自分のスマートフォンから希望シフトを入力して提出できるため、全員の希望シフトを取りまとめてシフトを組む必要がなくなります。これにより、人事担当者の負担が大幅に軽減されるのです。

「HRBEST」導入で映画館バイトのシフト作成を簡単に!


TRYETINGのシフト自動作成ツール「HRBEST」では、従業員がスマートフォンから希望シフトを提出・確認ができます。36協定や労働基準法にも対応しており、映画館のバイトのシフト作成に最適です。例えば、ヒット作品が上映される日に、従業員のキャパシティを満たすような計算や、映画館でトラブルが起きた際に対応できるマネージャーやベテラン従業員を常に配置できるようなシフトを自動的に組むこともできます。従業員一人当たり月額500円(税抜)と導入の手軽さやコスト面でも配慮されています。複雑なシフト管理には、「HRBEST」の導入をご検討ください。

まとめ

映画館は、幅広い業務が存在し営業時間が長く、従業員も多い職場です。大規模な映画館の支配人やマネージャーの方は、現状で費やしている工数と「HRBEST」を使った場合のコストを比較してみてはいかがでしょうか?「利用開始1ヶ月無料」の期間限定無料キャンペーンも行っておりますので、ご興味がある方は下記バナーよりお問い合わせください。

HRBESTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-hrbest

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。