BUSINESS

売上予測はExcelのテンプレートで可能!手順やメリットとデメリットは?

 

企業が事業計画を策定する際に重要な指標となる売上予測をExcelで作成する場合、テンプレートを利用します。テンプレートを利用した売上予測方法が分からない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、売上予測の基本とExcelで作成する方法について解説します。Excelを使うメリットやデメリット、おすすめツールも紹介しますので、最適な方法が見つかるでしょう。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

売上予測をExcelテンプレートなどでする重要性


売上予測をゼロから始める際、何から手を付けてよいか分からない人もいるでしょう。Excelを使って効率的に売上予測をするには、事前の準備が大切です。ここでは、売上予測の意味、売り上げ目標との違い、予測の算出方法を解説します。

予算などビジネスを戦略的に決定できる

売上予測とは、過去の販売実績や天候・季節といった環境要因、自社状況から今後の売り上げを予測することで、企業が将来的に見込める利益を測る重要な指標のひとつです。

特定の商品について、今後販売できる数量を正確に予測すれば、必要となる人員や予算のリソース配分も適切に計画できます。

予測する際は、担当者の勘や経験ではなく、前年同期など実際の販売実績を基にしましょう。根拠が曖昧だと、過剰な人員をプロジェクトに投入して利益が少なくなるといった悪影響を与えます。

売り上げ目標との違い

売り上げ目標は、今後達成したい売り上げの「目標値」です。企業が成長を維持するには、製品やサービスの売り上げを毎年伸ばす必要があります。前年よりも目標値を高く設定することで、達成に向けて各部門が施策を展開できるでしょう。

売り上げ目標を設定する際は、期待値や部門の努力量といった定量化できない要素も考慮するため、統計的な計算はできません。一方、売上予測は過去のデータに基づいて、統計的な手法を用いて計算します。

売上予測の算出方法

売上予測には前年同月の売り上げを使うのが一般的です。この方法の場合、過去の売り上げデータがない新製品は予測できません。

売上予測=前年同月の売り上げ×2年前と1年前の成長率

他にも、営業のプロセスと実際の顧客数を照合し、どのくらいの顧客がいつ成約に至るかを分析して売り上げを予測する方法もあります。

Excelには、売上予測計算が簡単にできる機能・テンプレートがあるため、活用するとよいでしょう。

売上予測ができるExcel機能とテンプレート

Excelには、売上予測に使える2つの機能「予測シート」「関数(FORECAST関数)」の他、さまざまなテンプレートもあります。

予測シートは、時系列に並んだ過去の売り上げデータを利用し、グラフ化と予測を行う機能です。Microsoft Excel 2016以降なら、予測シートを標準で搭載しています。

FORECAST関数で回帰直線を作成して予測する方法もあります。回帰直線は、売り上げと相関が強そうな値から推測する方法です。

Microsoftが提供する「売上管理表」や「売上目標管理表」といったテンプレートを活用すれば、売上予測計算に必要なデータを効率的に収集できます。

Excel機能の予測シートで売上予測をする方法


Excelの予測シート機能を使えば、難しい売上予測も簡単です。過去の売り上げなどのデータを読み込んで自動的に処理し、グラフとともに分かりやすい結果を出力します。ここでは、予測シートを使った売上予測のやり方について見てみましょう。

データを準備する

はじめに、売上予測に使うデータを準備しましょう。売り上げに関するデータを多くそろえるほど、予測精度は向上します。予測に使う主なデータは以下の通りです。全てのデータは同一のExcelシートに入力します。

・月別の売り上げ
・商品別の売り上げ
・契約期間
・更新率
・解約率

加えて、季節やイベントのような外的要因も売り上げに影響することがあります。できる限り正確なデータを集めて、Excelシートに整理しましょう。

ワークシートにデータを入力する

Excelのワークシート上に、過去の売り上げと時系列データを入力します。日付の間隔は、月単位、年単位など一定にしましょう。途中が欠損していても30%程度であれば予測はできますが、事前にデータを集計することで予測精度の向上が可能です。

次に、関連する2つのデータ系列(項目)を選択します。例えば、過去の売り上げと日付列です。

予測ワークシートを作成する

データの整理と選択をしたら「データ」タブにある「予測」グループから「予測シート」をクリックし、「予測ワークシートの作成」ボックスから、線グラフまたは列グラフを選択します。

最後に「予測終了」ボックスで終了日を選び「作成」をクリックすれば完成です。

売上予測をExcelテンプレートでするメリット


Excelはビジネスパーソンにとって身近なツールであるため、売上予測に使うことでさまざまなメリットを得られます。ここでは、主なメリットである「導入コスト」「共有」「教育時間」について解説します。

導入コストを抑えられる

ExcelをはじめとしたOfficeアプリは、世界中のビジネスの現場で使われています。Excelをすでに導入している企業であれば、売上予測のために新たなソフトウエアを購入する必要はありません。初期費用不要で、すぐに予測計算に取りかかれます。

Office製品のライセンスは、買い切り型(Microsoft Office)とサブスクリプション型(Microsoft 365)の2種類です。ライセンスによって費用が異なるため、コストや機能、利便性を検討して選びましょう。

社内で共有できる

ひとつのExcelファイルを関係者で共有し、共同で管理や編集ができます。ファイルを共有しても同時編集ができないと、効率化につながりません。

Excelでは、Microsoft 365のクラウドサービスを使うことで同時編集が可能です。売上予測ファイルを共同で編集すれば、コミュニケーションが改善し、作業の効率化につながるでしょう。

教育時間を軽減できる

新しいツールを導入する際は、機能に関する学習に加え、操作に慣れるまでの時間が必要です。Excelは学生時代から利用して基本操作を習得している人が多く、ビジネスの場でも日常的に使うため、新たに研修や教育の場を設ける必要はありません。

また、事例や質問集がインターネット上に多くあり、調べればすぐに解決できることもメリットです。

Excelテンプレートを使った売上予測のデメリットとは?


Excelは機能が豊富で、さまざまな用途で活用できます。一方、処理するデータ量が多過ぎると処理できないといったデメリットもあり、運用次第で大きな影響があるかもしれません。ここでは、Excelを利用する2つのデメリットを紹介します。

処理するデータ量に制限がある

Excelファイル内で処理できるデータ量には制限があります。ひとつのワークシートで扱えるのは104万8,576行×1万6,384列のセルまで、ひとつのセル内の最大改行数は253回です。

売上予測に使うデータが膨大になると、分析や摘出に影響を及ぼすだけでなく、データが破損する恐れがあるでしょう。

また、同時に開けるブック数やユーザーが設定可能な関数は、パソコンの使用可能なメモリとシステムリソースに依存します。

複数人でのデータ共有は共同編集機能が必要

同一ファイルを関係者と共有して共同管理するなど、デジタル化推進によって同時にファイルを編集する機会が増えました。しかし、関係者とExcelファイルを共有しても、そのままでは同時編集ができません。

複数人でのデータ共有は、Microsoft 365 サブスクリプションユーザー、もしくは最新バージョンのOffice 2021で可能です。

大量のデータを正確に売上予測するおすすめのツール


予測に大量のデータを用いる場合、データ量に制限があるExcelでは不十分です。予測精度の向上や長期的な運用を視野に入れ、大量のデータ処理に向いているツールを検討しましょう。ここでは、売上予測におすすめのツールを2つ紹介します。

営業支援システムSFAツール

SFA(Sales Force Automation)は、企業の営業活動の一部を自動化します。営業担当者や営業部門全体の生産性を上げ、成果を出しやすくするツールです。毎日の営業活動の中で収集した情報をSFAに入力すると、自動的に売上予測を作成します。

データ入力・収集・分析などの作業に時間を費やすと、営業活動に割く時間が十分に取れません。SFAは、営業担当者が顧客対応や新規案件開拓業務に注力できるようにサポートし、売上予測のような有用な情報を提供します。

AIを活用した予測ツール

AI技術の発展とビジネスへの展開が進み、AIによる売上予測ツールも登場しています。過去の売り上げデータや顧客の属性、天候状況といった売り上げに関連する幅広いデータを活用し、大量のデータをAIで分析することで、精度の高い予測が可能です。

AIはデータの関連性を見つけるのが得意で、人間の予測よりも正確なため、データの種類や量が多いほど精度は上がります。

売上予測はノーコードで操作しやすいUMWELTがおすすめ!


データが多いほど予測精度は向上しますが、Excelのワークシートで扱えるデータ量には限りがあります。時系列データは過去の期間が長くなるほど膨大になるため、継続的に予測を行うには運用方法を考慮しなくてはなりません。

TRYETINGの『UMWELT』は、取り扱うデータ量を気にせず高度な予測が可能です。ここでは、UMWELTの特徴を紹介します。

専門的な知識が不要で操作が簡単

過去の売り上げ実績や関連データをExcelやCSV形式で保存していれば、すぐに分析や予測ができます。売上数量予測や売上金額予測、来客者数予測といったさまざまな予測・分析ができるだけでなく、全てドラッグ&ドロップで利用できるため、効率化も図れるでしょう。

AIやプログラミングに関する専門的な知識は必要ありません。通常、データの加工やAIの利用には高度な処理が必要ですが、UMWELTはデータ処理の経験がない従業員でも操作可能です。

自社のExcelデータとの連携が可能

売り上げに関するデータが社内に散らばっていることもあるでしょう。Excelファイルで全て管理している場合、ファイルを読み込んで結合し、加工して予測に適した形にします。

また、Excel以外のシステムに保存しているデータは、API機能を用いてアクセス可能です。分析した情報をBIなどで可視化し、迅速な意思決定にも活用できます。

まとめ

売上予測は、使い慣れたExcelの機能やテンプレートを使用しても十分可能です。しかし、予測に使うデータが増えると、Excelでは対応できなくなります。売上予測は、データの種類や量が増えるほど精度が上がるため、大量のデータ処理ができる基盤を構築しましょう。

UMWELTは、専門人材不要のノーコードAIです。需要予測や売上予測といった高度な処理も、すぐに始められます。データ活用をお考えの企業様は、ぜひTRYETNIGにご相談ください。

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。