BUSINESS

コスト削減6つのアイデア!コストの種類や利益との関係も解説

 

コスト削減は、ビジネスの利益を増やし、長期的な持続可能性を確保するために重要な要素です。しかし、「どこから手をつけたらよいか」「どのようにアプローチしたら効率的にコストを削減できるのか」が分からず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、企業のコスト削減とは何かを解説し、実践可能なアイデアを紹介します。

自社が取り組んだほうがよいコスト削減方法が分かり、利益の最大化や業務効率の向上、市場での競争力維持につながるヒントを得られます。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

コスト削減のアイデアは何から考えればよいのか


コスト削減の方法は、企業・組織によって異なる場合がありますが、最初に基本的な考え方を理解しておきましょう。正しい判断をし、効果的な戦略を立てるための土台です。

ここでは、コストと利益の関係性やコストの種類、削減順位など、コスト削減の基本を解説します。

コストと利益の関係

コストと利益は、ビジネスの心臓部を形成する基本要素です。コストとは、製品・サービスを生み出すために必要な全ての費用を指します。一方、利益は販売で得た収益からコストを差し引いたものです。

コストを削減すれば利益は増えますが、製品の品質が低下し、顧客を失う恐れがあります。反対に、質だけを追求すると優れた製品を作れますが、販売価格の上昇により販売量が減少し、利益も減る場合があります。最適な結果を得るには、コストと利益のバランスを保つことが重要です。

コストを効率的に削減することで、利益を最大化できます。コスト削減とは、無計画に費用を切り詰めることではなく、より効率的な運営・生産方法で無駄を省くことです。この基本的な関係性も理解しておきましょう。

コストの種類

コスト削減は一般的に利益を増やす効果がありますが、常に最善の策ではありません。なぜなら、製品やサービスの品質向上や競争力維持のためには、逆にコストを増やす必要がある場合もあるからです。

コストには「固定費」と「変動費」があり、固定費とは、生産量や売り上げに関係なく一定の費用が発生するコストです。一方、変動費は生産量と売り上げに比例して変動します。それぞれのコストの種類は以下の通りです。

固定費 変動費
・給与・地代家賃・通信費・水道光熱費・福利厚生費・保険料など ・原材料費・消耗品費・広告費・在庫管理費・残業手当・採用費・教育費・交通費など

意識したい削減順位

初期段階では、固定費の削減を優先するとよいでしょう。固定費は生産量・売り上げに関係なく一定の費用がかかるため、削減が容易で、企業の利益にも直接的には影響しません。

ただし、固定費を削減し過ぎるとビジネスの基盤を揺るがす恐れがあるため注意が必要です。

固定費削減が達成できたら、変動費の削減に目を向けます。製品・サービスの品質を損なわないように、売り上げ・成果に直接影響を与えない部分から削減しましょう。

固定費のコストを削減する6つのアイデア


企業は経済状況の変化や市場環境の動きに対応するために、常にコスト管理を意識し、適切な戦略を策定しています。

固定費の削減方法はひとつではありません。効果的なコスト削減を達成するには、複数のアプローチを組み合わせた取り組みが必要です。ここでは、効果的な固定費削減のアイデアを6つ紹介します。

オフィススペースの共有

オフィススペースの共有は、初期コストとランニングコストを削減する方法のひとつといえるでしょう。初期コストとは、新たなオフィス・設備を準備する際にかかる費用です。ランニングコストとは日々の運営にかかる費用を指し、地代家賃や設備維持費、水道光熱費などが含まれます。

例えば、ホットデスクを採用すれば、従業員に専用のデスクや設備を用意する必要がありません。スペースコストと設備コストを大きく減らせるでしょう。

さらに、オンライン会議の普及やテレワークの導入といった働き方の変化により、オフィス作業の時間や人数は減少しています。オフィス規模を見直すことも有効な手段です。

エネルギー使用の最適化

エネルギー使用の最適化は、着手しやすく、効果的なコスト削減方法です。必要なエネルギーを効率良く使うことで無駄な使用量を減らし、エネルギーコストを削減します。

例としては、LED電球や省エネ家電の使用、エアコンの使用時間・設定温度や電力会社の見直しが該当します。自社の状況に応じて適切な取り組みを選びましょう。

また、従業員に省エネルギーの重要性を理解してもらう、日々の行動を見直してもらうことも大切です。

ペーパーレス化

ペーパーレス化は、デジタル技術を活用して、紙を使わずに情報を管理する取り組みです。

ペーパーレス化のメリットは、紙や印刷代を削減できることです。従来、企業では報告書や契約書、ミーティングの議事録で大量の紙を消費してきましたが、ドキュメントのデジタル化により、印刷代や紙の購入費用、トナーやインクの交換費用などを大幅に抑えられます。

また、大量の書類を保管するには広いスペースを必要としますが、デジタル化したデータはクラウドに保存するため、物理的なスペースは要りません。オフィススペースの縮小も可能です。

リースサービスの活用

コピー機(複合機)や自動車など高額な設備を保有する場合にかかる費用は、初期費用や災害・盗難に備える保険料、廃棄処理費用などです。

例えば、コピー機をリース契約すると最新の機器に常に更新でき、古い機器の廃棄処理に悩むことがありません。

また、車両は、税金や駐車場費、メンテナンス費用がかかるため、コストが高くなります。コストを抑えたいのであれば、使用頻度や状況に応じてリースやカーシェアリングを検討しましょう。リースは、日常的に複数台使う場合に向いており、初期費用とメンテナンス費用の削減が可能です。カーシェアリングは短期的な使用や特定の移動に適しており、使用した分の料金で利用できます。

労働時間の管理

経費の中で大きな割合を占めるのが人件費です。人件費には、基本給だけでなく福利厚生費、社会保険料、労働保険料も含まれます。人件費を削減するには、労働時間の管理が重要です。

無駄な残業を減らすことで、時間外労働に対する残業代を軽減できます。また、労働時間の適切な管理は従業員の生産性向上や労働コストの削減につながります。

人員整理によるコスト削減は、労働基準法で定められた条件をクリアしなくてはなりません。また、給与カットも従業員のモチベーションを下げるでしょう。長期的に見ると、会社の業績ダウンや売り上げ低下につながる恐れがあります。

インターネット広告の活用

企業の広告宣伝費は、ビジネスの成長とともに増えます。テレビやラジオ、新聞、雑誌といった従来の広告手法は効果的ですが、出稿費用は決して安くありません。そこで注目を集めているのがインターネット広告です。

スマートフォンの普及により、誰でもどこでもインターネットにアクセスが可能になりました。コロナ禍の外出自粛もあり、人々がインターネットを利用する時間は増えています。インターネット広告を出稿する企業も増加し、大きな市場が存在しています。

インターネット広告のメリットは多岐にわたります。例えば、ユーザーの行動データに基づいた詳細な分析が可能です。広告効果を正確に把握し、必要に応じて広告内容や配信方法を最適化できます。広告予算の有効活用につながり、結果的に販促費の削減になるでしょう。

変動費のコストを削減する2つのアイデア


固定費を削減したら、変動費の削減について考えましょう。変動費は、企業の活動量や生産量に応じて増減します。コスト削減の効果を考えて、企業活動の効率を損なわない方法を選びましょう。

ここでは、変動費の削減アイデアとして、業務の一部をアウトソーシングする方法とサプライチェーンを最適化する方法を紹介します。

業務の一部をアウトソーシングする

企業によって業務内容はさまざまですが、全てを社内で完結する必要はありません。定型的な事務業務のアウトソーシングは、効率的なコスト削減の手段です。

事務業務は、特定の専門知識を必要としないルーティンワークが多いため、業務を外部の専門業者に委託できます。

ただし、アウトソーシングしたことによる品質の低下には注意が必要です。外部に業務を委託すると直接的な管理が難しくなるため、品質管理体制の確立や信頼できるパートナー選びが重要といえます。

サプライチェーンの最適化

変動費は製品の生産量に直接連動し、生産が多ければ増え、少ないと減ります。変動費を削減するにはサプライチェーンを最適化しましょう。

サプライチェーンとは、原材料や部品の調達から製品が消費者に届くまでの流れで、変動費はこのプロセスで発生するコストです。サプライチェーンマネジメントの観点から流れを効率化すると、変動費を削減できます。

サプライチェーンマネジメントとは、製品の生産から消費者に届くまでの全ての過程を管理し、最適化する取り組みです。サプライチェーンマネジメントを取り入れることで、在庫状況、適切な発注量、最適な配送タイミングの把握が可能になります。

製品を作る全過程がスムーズに進行することは、調達コスト、生産コスト、商品保管コストの削減につながります。

コスト削減をより効果的にするためのコツ


コスト削減は、単に経費を削るだけでなく、事業の効率化を図る戦略です。ITツールの導入、クラウドサービスの活用、補助金活用で、より効果的にコストを削減できます。ここでは、それぞれのコツを解説します。

ITツールの導入

ITツールの導入はコスト削減に効果的です。日々の業務プロセスを自動化・効率化できます。

例として挙げられるのは、経費の申請から承認までの流れを効率化する経費精算システムです。経費精算にかける時間を大幅に削減し、従業員はより重要な業務に集中できます。その結果、労働時間や人件費の削減につながるでしょう。

コスト削減だけでなく、業務の効率化と生産性の向上を目指せるのが、ITツールを導入するメリットです。

クラウドサービスの活用

クラウドサービスは、サーバーやソフトウエアを用意しなくても、インターネット経由でサービスの利用やデータの保存ができます。初期費用を減らせるだけでなく、サーバーのメンテナンスも不要で、費用を抑えやすいのがメリットです。

一方、クラウドサービスの運用には知識と技術が必要です。知識や技術が不足した状態でクラウドサービスを導入すると、操作方法を理解できず活用が難しいでしょう。

補助金の活用

中小企業が利用できる、主な国・自治体の補助金と助成金は以下の4つです。

・IT導入補助金
・ものづくり補助金
・事業継承補助金
・トライアル雇用助成金

補助金を活用するメリットは、財政的な負担軽減です。補助金は企業の経費を直接的に補填します。新規事業の立ち上げや既存事業の拡大、事業継続に活用できる資金を調達する貴重な手段です。

企業の信用力向上もメリットのひとつです。補助金を受けることは、企業が公的機関からの支援を受けている証明となります。取引先・顧客・投資家からの信頼につながるでしょう。

補助金の活用は、企業のコスト削減を実現し、事業の成長と安定をサポートする重要な方法です。可能な限り全ての補助金に申請しましょう。

ノーコードAIクラウドUMWELTでコスト削減!

企業のコスト削減は、一時的な措置ではなく、継続的かつ長期的な視点で取り組む課題です。TRYETINGのノーコードAIクラウド『UMWELT』は、コスト削減に関する課題を解決します。

特徴は、直感的な操作性と高い利便性です。プログラミング知識がなくても誰でも簡単にAIを活用できます。さらに、ビジネスに最適なアルゴリズムを搭載し、業務・課題に応じた最適なソリューションを提供します。

UMWELTは企業のコスト削減を実現し、業務効率化や生産性向上の取り組みを推進する強力なツールです。

まとめ

企業経営で必要なコストには固定費と変動費があり、内訳は人件費・地代家賃・水道光熱費・原材料費など多種多様です。これらのコストを削減するアイデアはさまざまですが、従業員のモチベーションを保ち、企業活動の効率を損なわない方法が求められます。

UMWELTは、業務の効率化とコスト削減を両立できるツールです。導入方法や詳しい内容については、TRYETINGまでお気軽にお問い合わせください。

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。