MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

アパレル業界が抱える在庫管理の課題とは?解決方法とシステム導入のメリットを解説

アパレル業界で、在庫管理について問題を抱えている企業は多いでしょう。季節ごとに流行る服を顧客に提供するため、アパレルでは1年前から発注し、生産し、店舗やネットで販売しています。そこで抱える大量の在庫。1年後に何が流行るか分からないため、流行った時のために大量に抱え込んでしまっているケースもあると思います。しかしその大量の在庫、どのように管理しているでしょうか。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

アパレル業界における在庫管理の特徴

アパレル業界において問題となる「在庫管理」。生モノでもでもないのに、なぜ在庫管理が問題となるのでしょうか。それはアパレルで扱う衣服が、流行にとても左右される商品である上に、季節の移り変わりで売れる時期がとても短いからです。流行り廃りに対応するアパレルの在庫管理は、想像以上に大変な作業となっているのです。

1.商品の種類が豊富

アパレルの在庫はなんといっても種類が豊富です。レディス、メンズ、キッズなどなど、性別や年齢によりワンシーズンごとに数多くの服が大量に生産されます。

アパレルでは、SS(春夏)とAW(秋冬)の2シーズンで在庫が一巡する仕組みとなっています。このシーズンに合わせて、流行を読みつつ、各アパレルメーカーは服を生産していきます。つまり1年を通じて販売できる商品はほぼなく、大量の在庫を生み出すのがアパレルなのです。

2.トレンドに左右されやすい

服は生モノです。実際、独立行政法人「中小機構」によれば、国内の衣料品廃棄量は年間約100万トンです。着数にすると、約30万着にも上ります。なぜこのように服が大量に捨てられているのかというと、服には流行があるからです。

今年は赤がトレンドだったとしても、来年は必ずしも赤がトレンドとは限りません。色だけでなく、デザインも同様です。特に最近ではファストファッションの台頭で、流行り廃りが目まぐるしく展開されています。

3.在庫リスクが高い

返品のリスクがとても高いのもまた、アパレルの特徴の1つです。今でもアパレル業界は古い取引慣行が残っており、百貨店が在庫を持たない仕組みで運営されています。

このため、一度出荷した商品であったとしても、返品されて売り上げに計上できない商品が多い傾向にあるのです。アパレルの在庫管理は、返品されることを前提に在庫管理をする必要があります。

アパレル業界の在庫管理が抱える4つの課題


ここからは、アパレル業界が抱える4つの課題について見ていきます。在庫管理に課題の多いこの業界。流行り廃りで、タイムリーに大量の在庫を一度に動かす必要があるため、他の商材よりも在庫管理で抱える課題は特殊なものとなっています。

1.需要予測が困難

服はファーストリテイリングやZARA、GAPのようにSPA(製造小売業)でない限り、販売する1年前から服を作り始めます。1年前に未来のことを予想してデザイン、発注しているため、どうしても外れることがあります。とはいえ、すでに生産してしまった以上、在庫としてこれら衣服は倉庫に蓄積されます。

アウトレットやバーゲンなど在庫を売り捌く方法はありますが、全部が全部売れるわけではありません。需要予測を外すと、過剰在庫を積み上げてしまう要因にもなるため、本当に難しいのです。

2.定価販売の期間が短い

服は季節ごとに、気候にあわせて選択します。東南アジアのようにずっと半袖を着ているわけにもいきません。日本では3ヶ月ごとに着る服を変えることがほとんどです。アパレルの在庫はこの季節の移り変わりに物凄く左右されます。

例えばコートで考えてみましょう。10月に入り「昨日まで暖かかったのに、今日はとても寒い」となれば、コートを購入し冬支度を始めます。対して、暖かくなる2月3月ではコートは売れなくなってしまいます。このように同じ服が売れる期間は長くても3、4ヶ月なのです。

3.アウトレットによる在庫処分が行われる

売れなくなった服は、アウトレットに出されます。有名ブランドであれば、実際の店舗とは同系列のアウトレット専用店舗で販売することも多々あります。この場合、原価割れを起こしている商品も数多くあるのが現状です。

売れずに処分するよりは確かに良いと言えます。しかし、アウトレットという受け皿があることで、アウトレットしか売れない商品が多くなり、過剰在庫となっているという見方もできます。

4.アナログな在庫管理でミスが発生しやすい

点数が多いアパレル在庫ですが、いまだに手作業で検品を行っているケースも多いようです。商品もSやM、L、LLなどさまざまなサイズが設定されているものが多いため、プロでも検品ミスを起こしてしまうようです。検品ミスが商品の過不足を起こしてしまうのは言うまでもありません。これは、在庫管理全体に悪影響を及ぼしかねない問題です。

アパレル業界の在庫管理が抱える課題を改善する方法

では、このように多くの問題を抱えるアパレル在庫管理を解決するためにはどうしたらいいのでしょうか。他在庫管理よりも複雑怪奇で、点数も多いアパレル在庫管理。ここからは、アパレル在庫が抱える課題を改善する4つの方法について紹介していきます。

1.在庫状況を従業員が理解する

在庫管理全般に言えることですが、現場の在庫状況を把握することがまずは重要需要です。どの従業員が見ても分かる在庫管理を心がけることで、カウントミスや在庫の二重記帳などといった問題を起こす環境は改善されます。

どこにどんな在庫があるのかを明確にし、日々整理することで、入荷した在庫を蓄積しないのも重要です。そして従業員にも社で定めた在庫管理のルールを共通認識として定めることも忘れてはいけません。

2.どの従業員でも在庫管理できる環境を作る

次に、どの従業員でも在庫管理ができる環境を作りましょう。在庫管理を特定の従業員に委ねるのではなく、「誰でも」を心がけましょう。

アルバイトや経験の浅い従業員でも在庫管理ができるように、ハンディーの導入や在庫管理システムの導入を検討するのも一手段としては効果的です。システム投資は多少の費用が必要となりますが、業務効率化につながれば、倉庫の改善にもつながります。

3.在庫状況を可視化する

最後は在庫状況の「見える化」です。この在庫状況の見える化は、どの従業員でも、どこに何があるのか把握することが容易になります。棚に番号を振ることで、在庫をどの棚に置いたのか視覚化するだけでも大きな変化が生まれるでしょう。

このように在庫を見える化することで、貴社でも適正な数の在庫を管理することができるようになります。

4.定期的に在庫スペースを整理をする

アパレル在庫は過剰在庫になりがちです。すぐに在庫が倉庫内に溢れてしまうのは仕方のないことですが、これでは在庫の「見える化」は叶いません。こうならないためにも、定期的に在庫整理を心がけましょう。

例えば棚のレイアウトです。SSやAWのシーズンごとに棚を揃えるのも一つの手法です。とにかく、在庫を倉庫内で溢れさせないため、どこに在庫があるかすぐに把握できるよう、倉庫内の定期的な整理を行いましょう。

アパレル業界における在庫管理の方法


ここからは、アパレル業界における在庫管理方法について見ていきます。アパレルの在庫管理といっても、物凄く特殊なツールを必要としているわけではありません。在庫管理表やエクセル、POSレジ、そして在庫管理システムをこの章では紹介していきます。

1.在庫管理表

まずは在庫管理表です。在庫管理表とは、仕入れた商品や原材料をいくつ保管しているのか、いつ仕入れて入庫したものなのかを正確に把握、管理するために使用する表のことです。

在庫の量や期限などの項目を記入することで在庫を在庫管理表内で、一括で把握することが可能です。手法は手書き、エクセルの両方で可能です。ただ独自のルールを社内で作る必要があり、専門性が問われる作業となります。

2.エクセル

多くの人が一度は使ったことがあるエクセル。このエクセルを利用すれば、誰でも社内の在庫管理を組み立てることが可能です。しかし、導入する店舗により必要な項目が変わってきたり、いつ情報を更新したのかはっきりさせておく必要があるため、正確な在庫管理を行う上では難しい手法となってきます。

また特定の人しか在庫管理のルールを把握していない状況にもなりかねません。

3.POSレジ

POSレジでの在庫管理もアパレルでは一般的な在庫管理手法の一つではないでしょうか。POSレジで在庫管理を行うメリットは2つあります。

まず1つ目に、ネットワークにつながっている点です。ネット環境下であれば、店内や事務所でも在庫管理ができます。

また2つ目は、最新の在庫状況を把握できる点です。いつ誰が在庫管理を行ったのか情報が日々更新されるため、常にリアルな在庫状況を把握することができます。

4.在庫管理システム

小さな店舗では確かに、POSレジで事足りるかもしれません。しかし、大量の在庫を一度に管理する場合、他にもさまざまな系列店を持つ店の場合は、在庫管理システムの方がおすすめです。

在庫管理システムとは、入荷から倉庫の中、そして出荷まで在庫に特化してタイムリー在庫の状況を把握することのできる業務改善システムです。クラウド型やオンプレミス型などさまざまなシステム提供方法があります。

アパレル会社が在庫管理システムを導入するメリット


ここでは、なぜアパレル企業が在庫管理システムを導入した方がいいのか、そのメリットについて見ていきます。

在庫管理システムといってもさまざまな種類があります。そもそも、POSで管理しているから必要ないとお考えの経営者もいらっしゃると思います。その点も踏まえ、在庫管理システムを導入するメリット6つを紹介していきます。

1.人件費を削減できる

在庫管理システムはなんといっても、人件費削減につながります。在庫管理システムは「いつでも、誰でも、どこでも」操作できる業務改善ツールです。そのため、一定の在庫管理ルールを定めてしまえば、誰でも在庫管理ができるようになります。

これは、在庫管理のために特定の人を雇う必要がなくなるとともに、誰でも在庫管理が分かるため、担当者に在庫の問い合わせをする時間、受け答えをする時間も削減できるのです。

2.顧客満足度が向上する

在庫管理システムを導入することで、顧客満足度向上にもつながります。在庫管理システムで倉庫内の在庫を可視化し、タイムリーに顧客に在庫を納品できる環境を整えれば、顧客は発送を長い時間待つことなく在庫を手に入れることができます。

欠品対応も迅速に行えるため、顧客の信頼を落とすことなく良好な関係が築けるでしょう。

3.誰でも在庫管理が行える

在庫管理システムは、「誰でも」在庫管理をすることを可能とします。そのため、在庫管理のために専用の人材を配置する必要がありません。ただし、社内で一定のルールを事前に定めることは重要です。

その上で在庫管理を社内で統一すれば、「いつでも、誰でも、どこでも」在庫管理ができる環境を自然と構築することができるのです。

4.人的ミスの発生を防止できる

在庫管理システムは人的ミスを防ぐことも可能です。全て統一されたルールに基づき、在庫管理システムを運営します。そのため、二重記帳や、在庫の紛失を防ぐことができます。

その他にも、ハンディーを活用して在庫管理システムと連携することで、記帳もれも防ぐことが可能です。ミスが発生しやすいカウントや記帳をシステムに置き換えることで、在庫管理システムは人的ミス予防にもつながります。

5.補助金を受け取れる場合がある

また在庫管理システムはIT導入補助金の対象となっているツールも多々あります。例えば「ロジクラ」や「アラジンオフィス」、「ロジザードZERO」などが対象ツールに当てはまります。

IT導入補助金とは、中小企業がITツールを導入するときに申請できる補助金で、金額は年度にもよりますが、2020年度は最高450万円でした。中小企業であれば申請可能な補助金なので、ITシステムを導入する上で、一度検討してみてもいいかもしれません。

6.作業の効率化が図れる

在庫管理システムは、作業の効率化にも期待できます。リアルタイムの在庫を瞬時に把握することができるため、従業員が特定の在庫管理を知る従業員に問い合わせる時間が削減できます。

また在庫管理に携わる人間も、共通のルールを定めた上で在庫管理システムを運営するため、特定の人が勤める必要がなくなります。在庫管理システムは、問い合わせ対応や、在庫がリアルタイムで分からないために調査していたムダな時間を削減することができるのです。

在庫管理システムを導入したいのであればTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

一体どういった在庫管理システムが貴社にとって適切な在庫管理システムなのでしょうか。数多ある在庫管理システムから1つの適した在庫管理システムを選び抜くのはとても困難な技です。そこで今回は、TRYETMGの「UMWELT」をおすすめしようと思います。

UMWELTとは、貴社の状況に合わせて、貴社だけの最適な在庫管理システムを組み立てることができます。貴社にとって必要な項目を選択するだけで、貴社だけのオリジナルな在庫管理システムを構築することができます。

またUMWELTは他にも、自動機械学習や自動組合せ最適化などの機能を取り揃えており、貴社の在庫管理を最強のツールとして育てるだけでなく、在庫管理以外の、例えばシフト自動化作成システムも作ることができる、柔軟性の高いツールなのです。もし、今在庫管理システムを導入したいけど、どれを導入すべきか悩んでいるのならば、ぜひ「UMWELT」を検討してみてください。

まとめ

アパレルの在庫は季節ごとに大量の在庫を仕分ける必要があります。種類も多く、マンパワーで在庫管理を続けるのは限界です。より効率よく、費用を削減し、利益を出すためにも、在庫管理システムは重要です。もし、今、在庫管理システムを導入してみたいと思ったのならば、ぜひTRYETINGの「UMWELT」を検討してみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。