sidebar-banner-umwelt

BUSINESS

在庫管理の分析とは?分析方法の違いやメリットについて解説

 

在庫状況を分析することで、自社の在庫数や在庫管理に問題がないかチェックできるようになるため、適正在庫の維持には欠かせません。また在庫分析には、過去データからより精度の高い分析を行う在庫管理システムがおすすめです。さらに、システムによっては、在庫回転率などの在庫分析、出荷分析などができるものもあり、それらの分析機能を活用した上で在庫分析を行うことで、さまざまなメリットを得ることができます。 本記事では、在庫管理の分析の意味、分析方法の違いやメリットについて紹介します。

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

在庫管理の分析とは?

在庫分析とは、自社の在庫状況を細かく知るために抱えている在庫状況を分析する作業のことです。適正在庫の維持には、自社の在庫管理に問題がないかをチェックし、問題があれば改善する必要があります。在庫状況を把握して改善策を立てるためにも在庫分析は欠かせない作業と言えるでしょう。

在庫管理状況を分析する4つの方法

在庫管理状況の分析方法は、大きく分けて以下の4つの種類があります。

  • ABC分析
  • 交差比率分析
  • 在庫回転率分析
  • 在庫回転期間分析

それぞれの分析方法について、順番に紹介します。

1.ABC分析

ABC分析とは、辞書によると「企業の管理する対象を重要度によってABCのグループに分け、それぞれの特性に応じた管理方式を実施するために行われる分析。多品種を扱う企業で、在庫管理・品質管理・得意先管理などに用いる。パレート分析。」のことです。

ABC分析により、数多くある在庫品目の中からどの品目を優先的に管理するかを導きだすことができます。ただし、ABC分析による分析の目的は、あくまで発注のコントロールなため、どのくらいの頻度、どのくらいの量が動いているかまで分析を行うことはできないというデメリットがあります。そのため、在庫分析はABC分析だけではまかないきれないと言えるでしょう。

2.交差比率分析

交差比率とは、在庫の利益(在庫の投資効率)を見る指標のことです。交差比率=粗利益率×商品回転率で表されます。交差比率分析とは、販売した商品から発生した利益を求める分析方法です。交差比率が高いほど運営の効率がよく、企業にとって利益があることを意味します。在庫管理では、適正在庫を把握するために使われています。

3.在庫回転率分析

在庫回転率とは、企業が保有している在庫の仕入れから販売までの速さを示す数字であり、在庫管理においてもっとも重要な指標となります。在庫回転率分析とは、一定期間内の在庫回転数(仕入れ・出荷)を分析する手法です。

在庫回転率の計算式は、以下の通りとなります。

在庫回転率=期間中の出庫数量(金額)/期間中の平均在庫数量(金額)

在庫回転率は数字が多いほど、在庫が効率良く回転し、利益が出ていることを示しています。

4.在庫回転期間分析

在庫回転期間とは、在庫が1回入れ替わるのにかかった期間を示す数値のことです。在庫回転期間は、以下の計算式で算出できます。

在庫回転期間=在庫金額/(売上原価/365※)
※売上原価/365:1日あたりに出荷される在庫の原価

在庫回転期間分析とは、デッド在庫・緩動在庫・流動在庫の3つを導き出せる手法です。デッド在庫とは、旧モデル、流行遅れなどのため売れなくなった商品、使わない原材料などの在庫で廃棄すべき在庫のことです。デッド在庫は棚卸資産として資産評価額に残っているケースもあるため、手続きを踏んだ償却が必要になることもあります。

緩動在庫とは、動かない商品、つまり長期間滞留している商品や原材料です。状況に応じて適正在庫になるまで生産するか、あるいは発注を停止するなどの判断が求められます。流動在庫とは、事業活動を円滑にまわす在庫のことです。

デッド在庫・緩動在庫を放置した状態では、経営、もしくは保管スペース維持においても必要な流動在庫が圧迫されることにもなりかねないので、早急な対策を取る必要があります。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

在庫分析結果を表すグラフの種類や見方

在庫分析を行うときに有効であるグラフの種類は、以下の3つとなります。それぞれの内容について、今から解説していきます。

  • ヒストグラム
  • Zチャート
  • 流動数曲線

ヒストグラム

ヒストグラムとは、分析対象の個数や数値のばらつきや偏りを可視化するための図となります。在庫分析では、ある商品がどの年齢層に買われているかを可視化するのに有効です。

Zチャート

Zチャートとは、時系列的な推移を可視化するものです。上の左図のような単純なグラフでは、月々の売上高が好調なのか、そうでないのかを判断することはできません。Zチャート(右図)では、2年間の月間売上高データから、月間売上高の推移、月間売上高の累計、* 移動合計売上高(*移動合計=過去の一定期間の合計値)を算出します。それらを折れ線グラフとして表示してその傾向を分析するものです。

わかりやすくいうと、月の売上、売上の累計、現時点での過去1年分の売上の累計をグラフ化した折れ線グラフタイプのものです。3本のグラフの交わり方がZのように見えることから、Zチャートと呼ばれています。在庫分析では、売上の推移、在庫量の推移、単月では見えづらい傾向を可視化する時に役立ちます。

流動数曲線

在庫管理における流動数曲線とは、製造にあたってのリードタイム、在庫レベル、生産回数とロット数を一覧で可視化したグラフです。ゼロ戦を製造していた現在の自動車メーカー・スバル(旧中島飛行機)が生み出した分析方法であり、一目見たらすぐわかるシンプルさが特徴的なグラフです。

在庫管理状況を分析することで得られるメリットは?

在庫管理状況を分析することで得られるメリットは、以下の3つとなります。

  • 在庫の出荷頻度を把握できる
  • 商品の販売機会を判断できる
  • 倉庫の空きスペース確保や管理コスト削減ができる
    • 在庫の出荷頻度を把握できる

      在庫管理状況を分析することで、どのくらいの出荷数・頻度か確認できるようになり、無駄な仕入れをせずに済むようになります。さらに、出荷頻度の高い順に出荷ランクをつけるABC分析などの機能を活用することで出荷頻度が高い商品をリストアップできるようになり、商品を出荷口の周辺、作業開始場所の近くに配置することで、ロケーションの最適化が行え、作業動線の短縮にも役立ちます。

      商品の販売機会を判断できる

      在庫分析をすることで、出荷状況(回転率)から売れ筋商品を把握できるようになり、販売時期ロスをなくすことができるようになります。さらに、在庫を適切に出荷していけるため、不良在庫(品質が下がった在庫、価値が下がった在庫など)を減らすことができ、顧客満足度の向上や返品による送料負担などの無駄なコストをカットできるようになります。

      倉庫の空きスペース確保や管理コスト削減ができる

      在庫分析により適正在庫を維持することで、無駄な仕入れをする必要がなくなり、倉庫の整頓が楽になります。また、無駄な在庫を抱えずに済むことから、倉庫の管理費用の削減にも貢献します。

      在庫管理状況の分析に使いやすいツール

      在庫管理に便利なツールを用いることで、管理がしやすくなり業務効率化にも役立ちます。では、在庫管理状況の分析に便利なツールには、どのような物があるのでしょうか。在庫管理状況の分析に使いやすいツールについて、今から紹介します。

      Excel

      オフィスソフトのExcelを使って、手入力で在庫管理表を作ることができます。Excelでは、計算に便利な関数、グラフを作ったりして管理することもできます。ただし、Excelによる表計算はあくまで人の手で行うことから、入力ミスや共有忘れなどの人的ミスが起こるデメリットもあります。

      在庫管理システム

      在庫管理システムは、人の手にかわって機械が在庫管理を行う方法です。在庫管理システムでは、膨大な過去のデータから需要分析を自動で行った上で必要な在庫を供給できるようになり、適正在庫の管理に役立ちます。在庫管理システムの導入により業務の手間が省ける上、システム上でデータを取り込むため、資料作成も楽になります。システムによっては、在庫在庫管理だけでなく受発注までできてしまうものもあります。ただし、システム導入にはコストがかかるため、費用対効果を踏まえた上で導入を検討する必要があります。

      在庫管理の分析を正確に行いたいならUMWELTがおすすめ

      在庫管理の適正な管理には、過去のデータ分析によって需要予測を行い、必要な商品供給ができるように努める必要があります。ただし、在庫の適正管理には、分析を正確に行い、そのデータを基に維持管理していく必要があります。

      データ分析には、在庫管理システムの導入が便利ですが、コストがかかるため費用対効果を踏まえて検討を考える必要があります。そこでデータ分析や在庫管理システム導入におすすめなツールが、TRYETINGの開発するノーコードAIクラウドUMWELTです。どんなサービスなのか、今から説明していきます。

      プログラムの専門知識がなくても使える

      UMWELTでは、業種に合ったシステム構築が可能です。在庫管理はもちろん、数多くのアルゴリズムが搭載されており、それらを自由に組み合わせることで「どんなデータでも」「簡単に」「高度な」アルゴリズムを構築することができます。システムを構築することで利用できるため、プログラミングなどの知識は一切必要ありません。

      棚卸の負担軽減やコスト削減が期待できる

      UMWELTでは、すでに多くの企業で実績のあるAIエンジンが使えるため、精度の高い効果を見込めます。UMWELTのシステムは、データの追加をするほど強力な効果を発揮するAIエンジンを提供しており、詳細なデータを収集、分析させることで、さらに精度の高い需要予測・在庫管理が可能となります。適切な分析を行えるので、それを基にした商品仕入れが可能となり、棚卸の負担軽減が望めます。さらに在庫過多などを防ぐことで、無駄なコスト削減が期待できます。

      まとめ

      在庫管理を適切に行うには、過去データなどから分析して、顧客の需要に合わせた商品供給をする必要があります。そこで、抱えている在庫状況を分析する在庫分析業務が重要となります。もし、適切に在庫管理ができないと、人件費がかかる、倉庫などの維持管理費拡大など、無駄なコストがかかります。在庫分析を適切に行うことで、適正在庫の維持だけでなく、無駄なコスト削減にも貢献します。

      在庫分析を行うには、自動で過去のデータから分析を行う在庫管理システムの導入がおすすめです。しかし、在庫管理システムには導入コストがかかるので、自社の規模、用途に合わせた上で、費用対効果を検討する必要があります。

      TRYETINGのUMWELTであれば、企業の規模、取扱商品の数に合わせてシステムを構築可能なため、自社に合う在庫管理システムを導入可能です。また、料金は業界最低水準を設定しており、費用面も安心です。UMWELTで在庫分析を行い、適正在庫の維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

      交差比率の新たな位置づけ- 資本利益率の構成要素としての有効性と限界 -|高田博行・小林健吾(2011)
      https://www.jstage.jst.go.jp/article/lecgsa/9/0/9_KJ00007558380/_pdf/-char/ja

      ExcelによるZチャート分析| 上山義尚(2007)
      https://numcjc.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=142&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

      灰色理論を用いた流動数曲線における形状とパラメーターの関係|臼杵 潤, 北岡 正敏(1999)
      https://www.jstage.jst.go.jp/article/jima/50/2/50_KJ00001917829/_pdf/-char/ja

      UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

      ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
      article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式アカウントです。
お知らせやIR情報などを発信します。

sidebar-banner-umwelt