MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

DXとAIで実現できる機能とは?活用事例を合わせて解説

ITが浸透した現代において、DX(デジタルトランスフォーメーション)やAIについて考えることはとても重要です。今や、一般的なものとして日本中に広まっているDXやAIについて活用事例も合わせて解説します。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

article-banner-umwelt

DXとはデジタル化時代に対応するための企業変革


経済産業省がDXを推進するためのガイドラインを策定するなど、デジタル化時代に対応することの必要性が近年ますます増しています。そこで以下では、まずDXについて簡単に解説します。

1.DXとは

DXという言葉は「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業変革」という意味合いで使われています。2004年にスウェーデンのウメオ大学教授、エリック・ストルターマン氏が「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念を提唱したことがDXの始まりとされています。

2.DXの必要性とは

コロナ禍でテレワークの必要性を痛感した企業も多いと思います。業務をデジタルで遂行できるか否かという、DXへの対応力が企業存続の明暗を分けることになります。今後のアフターコロナ・Withコロナの下、DXを意識した業務形態はさらに浸透していくでしょう。つまりDXについては、今後も継続して対策を進めていく必要性があります。

AIの概要


近年、生産性の向上や労働力不足などの問題をAIを活用することで解決しようとする動きが進んでいます。そこでここからは、AIの概要について解説します。

1.AIとは

AIとは、人間の知的行為の一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。人はビジネスや日常生活の中で多くの推測や判断を行っていますが、AIは判断をするためのパターンやルールなどの特徴を自動で抽出し、AI自体で判断をする事ができます。また、AIに明確な定義はありません。AIという用語が作られたのは1956年にアメリカのダートマス大学で開催されたダートマス会議においてでした。

2.AIの重要性

情報化社会が加速してくにつれ、データの量は膨大となっています。人間の能力では処理しきれない情報量を抱えている今、AIが将来的に複雑な意思決定をすべて担うのではないかと期待されています。ビジネス上の意思決定の基盤を徐々に担いつつあるAIが、さらに情報が増えていくこれからの時代において重要な役割となるでしょう。

DXとAIの関係性


DXとAIにはどのような関係性があるのでしょうか。AIは一定の業務を人の代わりに担うだけでも業務の効率化といったメリットをもたらします。しかし、AIの価値を最大限発揮するためには、ビジネスモデルにさらに踏み込んだIT環境を必要とします。企業がDXに踏み込み社内全体のデジタル環境が進んでいる場合、AIは更なる活躍をすることが期待できるのです。企業全体に最適なデジタル化を進めるにあたって、DXとAIは切り離せない関係性となっています。

AI導入することで実現できる機能


AIを導入することで多くの機能を実現できます。そこで、ここではAIを導入することで実現できる機能を5つ解説します。

1.文章理解

与えられたデータを用いて記事を作成したり、書かれた文章を理解して、翻訳や要約などを行ったりすることができます。すでに利用されているものとしては、決算情報やスポーツの試合結果などがテーマのメディア記事などです。AIによる文章理解は、自然言語処理と呼ばれる分野の研究によって進められています。

2.音声認識

チャットボットや音声アシスタントIoTなどを使うと、バーチャルアシスタントなどと音声で会話ができます。音声認識も自然言語処理に関連する技術の一つです。すでに、スマートスピーカーによる音声での会話、家電制御などが実用化されていますが、近い将来さらに発展して、音声に含まれる感情の認識も可能になると期待されています。

3.画像認識

AIによる画像認識も実用化が進んでいます。中でも進んでいるのが顔認証システムです。ディープラーニングを用いた顔認証は、正面を向いていない顔やサングラスやマスクで一部が覆われている顔でも認証が可能で、監視カメラなどでの活用が期待されています。

4.機械制御

自動車の自動運転や産業用ロボット、建設機械などの制御にもAIを活用する動きが加速しています。AIによる機械制御は、コンピューターなどによる自動化とは異なり、AIがデータの持つ意味を学習しながら最適な制御を行うことができます。

5.推論

推論とは、過去のデータをもとに、新たなデータに対する解答を見つけることです。AIは学習することで、このような推論ができるようになります。現在AIは将棋、チェス、オセロ、囲碁といった、ルールが決まっていて、組み合わせのパターンが絞れるゲームであれば、人間の能力を凌駕する推論の能力を発揮することができるようになっています。

DXとAIを活用した事例


DXとAIを活用することで大きなメリットが得られた例はいくつもあります。そこで、ここからはDXとAIを活用することで課題を解決した事例を4つご紹介していきます。

1.業務効率化

製造業における多品種化に伴い、目視で品質を検査する業務は業務時間や人件費の観点で大きな負荷となっています。解決策として、ITの専門家でなくとも画像解析を行うことができるAIで自動判別するシステムを導入しました。作業者は別の重要度の高い作業に集中できるため、従来の作業時間が半減し、品質検査の業務負荷の大幅な削減が可能です。高度な専門知識は不要であるため、ITの特別な専門知識を持たない現場の検査担当者でも容易に活用できる環境を実現できました。

2.画像認識を活用

AIの画像認識技術を応用することにより、これまで人の目によって判断や処理をしていたタスクを代替することが可能となります。ある不動産会社では、賃貸物件の写真をAIによってカテゴリ別に分類。WEBサイト上に登録する一連の作業を自動化するシステムを開発し、登録業務にかかる時間を月3,000時間短縮することを実現できました。

3.需要予測

アルフレッサ株式会社はソフトバンク株式会社が提供するAI技術を活用し、医療品の出荷を高い精度で予測できるようになりました。独自の予測ツールと担当者の経験に基づき出荷予測を行っていた製品の需要予測にAIツールを活用し、一部の品目では人手による出荷予測を上回る結果を得られ、精度の向上および業務の効率化を実現しました。

4.音声認識を活用

会議の議事録作成を手作業で行っていると、会議以上の時間がかかってしまいます。会議の音声を録音するだけで議事録を自動作成するAIツールを利用することで、会議の時間の倍以上かかっていた議事録作成の作業時間を半分以上に削減した実績が報告されています。

DX化を進める際の課題


DX化を進めるに当たって、いくつかの課題が生じます。企業によっては、老朽化した既存システムの運用に資金や人材を割かれ、DXを進めにくい土壌ができてしまっています。そのため、DXを実現することは、資金や人材の豊富な大企業であったとしても簡単ではないのです。またDXを導入することでビジネスにどのような影響を与えるのか、具体的な検討がない事態に陥るケースも散見されます。DXで成果を出すためには、それを行う目的を経営戦略上でプランニングすることが欠かせません。

DXを導入する3つのメリット


DXを導入することで多くのメリットを得ることが期待できます。以下では、その中で3つのメリットについて解説します。

1.業務効率化が可能

DXを導入することで、これまで分散していた業務を統合・自動化することができます。それにより人のリソースを優先度の高い業務に割くことができ、業務全体の効率化につながります。また、DXによって業務を自動化することで、人が行うことにより生じるミスや漏れなどのを防ぎ業務の精度を高めることにもつながります。

2.データ品質の向上

生産現場などの設備やセンサーなどから得られたデータは、異常値が取り除かれておらず、精度が低いケースが多くあります。異常なデータを取り除くことで、学習効果が高いデータ項目の抽出が可能です。学習効果が高いデータを活用することで、更なる課題解決などへ応用することも可能となります。

3.状況に応じた変化に対応可能

顧客の消費行動は常に変化し続けているため、リアルタイムで顧客の需要を察知する必要があります。DXを推進することによって、需要予測や在庫管理ができるようになり、結果的に売上増加やコスト削減も望めます。消費行動の変化に対応したビジネスが実現できる点が、DXに取り組むメリットであると言えます。

DXとAIを導入したいのであればTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

社内のDX化を自社で行う場合、DX化を進める人材の確保やITシステムの導入コストなど、工数や莫大な費用がかかるため容易ではありません。そこでおすすめなのがTRYETINGの「UMWELT」です。UMWELTはプログラミングが不要なため、DX化やAIを導入するための特別な環境を準備する必要はなく、準備コストを最小限に抑えた上でAIを活用する事ができるツールです。

まとめ

これからの時代において、DXとAIはビジネス上の課題を解決する上でますます重要となります。もし、DXやAIを人件費や準備コストを抑えた上で導入したいのであれば、TRYETINGの「UMWELT」を検討してみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。