MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AI経営を成功させる3つのポイント|具体的な活用例も紹介

テクノロジーの発達により、AIを活用した経営戦略が注目を集めています。そこで本記事では、AI経営を成功に導く3つのポイントと、営業やマーケティングをはじめとするさまざまな活用例を紹介します。今後、自社の経営にAIを組み込みたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

article-banner-umwelt

AI経営とは

AI経営とは、AIに経営をアシスタントしてもらう経営手法のことです。企業が描くビジョンに最速で到達するために、AIを優れた補助輪として活用し、状況把握から意思決定・実行までの高速化を実現することを目的としています。

なぜ経営にAIの視点が必要なのか


従来の予測は直感や経験に基づく判断が多く、精度が低く、根拠の薄い判断になってしまう問題点がありました。その点、AIを活用して分析を行えば、どの項目のどのデータが因果関係を持っているか理解できるようになり、事業において、どのように最適化すべきかを導きやすくなります。

経営にAIを導入するメリット・デメリット

経営にAIを導入することで、企業はどのような利益・不利益を受けるのでしょうか。AI導入をした場合のメリットとデメリットを確認してみましょう。

AI導入のメリット

AI導入の代表的なメリットには、労働力不足の解消やコスト削減、生産性向上、顧客満足度や従業員満足度の向上、安全性向上、コミュニケーションの向上、生活利便性の向上などが挙げられます。自社の現状の課題に上記の要素が該当する場合は、AI経営の導入によって改善が見込まれます。

AI導入のデメリット

あらゆる側面から多大なメリットをもたらすAIですが、導入には少なからずデメリットも存在します。AIの導入に伴う代表的なデメリットは、雇用減少や情報漏洩のリスク増、リスクマネジメント難度の上昇、一時的なコストの増大などが挙げられます。これらのデメリットと、自社課題の達成を比較し、自社課題の達成の方が重要な場合、AIの導入が効果的です。

AI経営の具体的な活用例4選


ここからは、AIをビジネスに用いることで、どのようなシーンで役立てることができるか、具体的な活用事例を紹介します。

新規顧客の獲得

トランスコスモス株式会社が提供している「KAGARI(カガリ)」は、AIが顧客の購買データを基に顧客生涯価値を予測し、優良顧客に広告配信を行うデジタルマーケティングツールです。KAGARIを利用すると、期待購買確率や期待購買金額などの分析で予想累計購買額が分かるようになります。このデータを活用して、これまで困難とされていた新規優良顧客抽出が容易に行えるようになり、営業効率化などに繋げることができます。

営業活動

株式会社Onionの「APOLLO SALES」は、新規顧客の開拓を効率化してくれる営業支援ツールです。希望の条件を指定すると、AIがターゲット企業をリスト化してくれ、メールやお問い合わせフォームからのアプローチを自動で行います。従来は人間が手作業で行っていた業務が、AIモデルに置き換わったことで、業務の効率化が実現され、従業員はよりクリエイティブな業務に専念できるようになります。

カスタマー戦略

株式会社オプトが開発した「Handy CEM」は、AI搭載のCEMツールです。Handy CEMでは、行動・心理の二軸で顧客を分類し、ロイヤルカスタマー育成のためにどのようなコミュニケーションが必要かを自動提案します。これにより、効率的に顧客のロイヤリティを高めることができるようになり、顧客満足度の向上に役立てることができます。

契約書管理

株式会社Lisseが開発・提供する「LeCHECK」はAI搭載の契約書チェック・作成ツールです。従来、契約書のチェックや作成は社内の法務部や外部の弁護士に依頼するため時間がかかっていました。LeCHECKを活用することで、契約書のチェックや作成時間を大幅に削減することができ、業務の効率化へと繋げることができます。

AI経営を成功させる3つのポイント

ここでは、AI経営を成功に導くための、AIを使いこなす考え方や、ツールの選び方など、あらかじめ押さえておきたいポイントを3つ解説します。

1.解決したい経営課題を明確にする

AIは、あくまでも課題解決に役立つツールであり、決して万能なわけではありません。そのため、まずは自社の解決すべき経営課題を明確化しない事には、AIを導入しても期待通りの効果を得る可能性は低いです。

2.標準仕様があるツールを選ぶ

現在、AIツールは数多く存在します。その中でもおすすめは、導入後すぐ実践で活用できるツールです。反対に、実験要素が強く、即戦力にならないツールは、導入までに工程や莫大な費用が発生してしまうことがあるため、即戦力でAI導入を目指すなら、標準仕様のあるツールをおすすめします。

3.正しいITツールを選定する

AIを導入する目的の一つは、自社の労働生産性を向上させることです。そのため、自社の目的に沿ったITツールを選択することが、AI導入を成功させる肝要になります。具体的な選び方としては①バックオフィス系(手作業の多い経理・人事・営業)②現場系(製造・小売り・運送)の2つから、優先順位度に応じて選択するといいでしょう。

AI経営に関する疑問

ここからは、ビジネスにAIを導入していくうえで生じるよくある疑問の代表例を紹介します。AI経営の運用を検討する際の参考にしてください。

AI経営が効果的な分野はある?

AIは特定の業種に限らず、さまざまな分野で活用することができます。なかでも、単調な作業を繰り返させる定型作業などはAIが最も得意とする分野です。大量のデータ処理やルールに沿った作業、共通点の抽出、画像処理(認識)などのAIの長所を活かせる業務は特に効果的です。

AI経営の評価指標とは?

AI経営を進めるうえで正しい評価指標があると、AIの社会実装も加速することが見込めます。政府AI準備指標やAIネットワーク化事前/初期指標の項目案、ローカルベンチマークなど、団体ごとにさまざまな指標が定められています。

そもそもAIを学ぶには?

AIについての知見を広げるには、研修に参加したり、AIへの理解を深められるG検定の取得がおすすめです。現在はGoogleが提供している無料の講座なども開催しているため、気になったものがあればぜひ積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

AIでも代替できない仕事は?

AIの進歩は喜ばしいことである反面、AIに代替できない仕事やスキルも存在します。

それは、クリエイティブな作業や、人の気持ちを汲み取った応対などです。AIは決められた業務をこなすことは得意である一方で、新たな発想や状況に応じた柔軟な対応は苦手としています。したがって、人間でなければ成り立たないような職業はAIが導入されても、なくなる可能性が低いといえるでしょう。

AI経営の展望は?

AIを活用したサービスはあらゆる業種・分野に急速に普及しつつあります。今後、その勢いはますます加速することが予想されており、ECやWebメディア、農業、医療領域で、さらなるサービスの活用が見込まれています。

経営にAIを活用するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ!

自社の経営にAIを導入したい場合は、TRYETINGの「UMWELT」がおすすめです。UMWELTはデータ分析や自動化の仕組みをプログラミング不要で実現できるサービスです。需要予測や売上予測などの機能を多数搭載しており、あらゆるデータを高度に分析し、貴社の経営に役立てます。

まとめ

AIを上手く経営に活用することで、これまでになかった視点から物事を観察できるようになり、ビジネスチャンスの拡大が見込めるようになります。ぜひ本記事を参考にAI経営への知見を深め、AI導入のきっかけとなれば幸いです。

参照文献

政府AI準備指標/ AIネットワーク化事前/初期指標の項目案|総務省
https://www.soumu.go.jp/main_content/000557757.pdf

ローカルベンチマーク|経産省
https://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。