MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

製造業の在庫管理における課題と改善策|在庫管理表作成のコツも解説

製造業における在庫管理では、製品や資材などをタイムリーに供給できるように、常日頃から在庫量を確保する必要があります。他業種と比べ在庫の捉え方に違いがあるため、それぞれの違いを把握した上で適切な管理をする必要があります。本記事では、他業界との在庫管理における違いを踏まえた上で、製造業の在庫管理における課題と改善策や、在庫管理表作成のコツも解説します。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

製造業における在庫管理とは?


製造業における在庫管理では、製造過程における工程が進むに従い、在庫の種類が以下の3種類に変化します。

  • 素材
  • 仕掛品
  • 完成品

在庫管理は、それぞれ各段階の特徴に対応する必要があります。その一方で、小売業や流通業などの非製造業における在庫管理の対象は商品をあらわします。製造業は製造過程によって在庫の過程が変化する特徴がありますが、小売業などの非製造業では完成された商品が在庫として扱われるという違いがあります。

製造業で発生する在庫の種類


製造業で発生する在庫には、どのようなものがあるのでしょうか。製造業で発生する在庫の種類について、それぞれ説明していきます。

素材として使う在庫

製造業で発生する在庫には、以下の生産形態があります。

  • 部品
  • 原材料

部品、原材料のいずれも素材として製品を作るのに用いられる在庫であり、その中でもねじやナットなどすぐに使用できるものは部品、鉄材や樹脂材などの加工が必要なものは原材料と区別されます。

仕掛品

仕掛品とは、製造途中の状態にあり、まだ販売できない状態の在庫のことです。たとえば原材料や部品などが加工中、組み立ての段階、最終的な製品を生産する過程で作られる状態の在庫をあらわします。

完成品

完成品とは、製造完了した製品のことであり、販売が可能な状態の在庫です。完成品の在庫は、自社の倉庫や小売店へ陳列される、または配送されたりします。完成品はお客様からの購入に直結することから、販売の機会損失を発生させないよう在庫量を保つことが大切です。

適切な在庫管理を行っていないと発生する課題


適切な在庫管理を行っていないと、さまざまなトラブルが発生します。在庫管理が適切に行われない時に起こりがちな課題について、それぞれ紹介します。

原材料の欠品による作業の遅延

適切な在庫管理を行っていないと、正確な在庫数が把握できないため、必要な商品、または原材料を事前に確保できなくなります。すると、必要な時に必要な原材料が欠品してしまい、製造が止まってしまうなど作業の遅延の原因を引き起こすことが考えられます。

過剰在庫によってコストがかさむ

在庫数が適切に管理されていないと、在庫管理がずさんになり、二重に仕入れてしまい、在庫数が増えすぎてしまうなどの問題を引き起こしやすくなります。在庫数が無駄に増えると、在庫の維持管理コストが増え、収益の減少に繋がるため注意する必要があります。

長期在庫品の品質低下・劣化

商品の中には、長期保管により劣化が進むものもあります。また、埃、ちりや気温、湿度などの原因で品質低下が起こることも考えられます。そのため、使わない在庫をそのままにしていることで、素材・未出荷品(完成品)ともに劣化してしまう恐れがあります。劣化した商品を提供すると、顧客満足度が下がるだけでなく、安全にも問題が起こります。長期在庫品の品質低下・劣化を防ぐためにも、在庫は適切に管理されなければなりません。

在庫管理表と実在庫の数が合わない

在庫管理において、在庫管理表、実在庫ともに合わせて管理していかないとずれが生じてしまい、在庫管理の意味がなくなってしまいます。在庫数を正確に把握するためにも、なるべく随時確認して、在庫数と在庫管理表のデータを合わせる必要があります。

製造業の在庫管理レベルを上げるためのポイント


製造業の在庫管理レベルを上げるためのポイントについて、それぞれ具体的に紹介していきます。

適正在庫数を見極める

まずは、過去数年間の製品出荷、製造データをもとに適正な在庫数を算出し、設定します。適正在庫数とは、欠品にならず、また、過剰在庫にならない商品の確保数をあらわします。在庫数が少な過ぎると、欠品による販売機会を失うリスクが起こります。また、在庫過剰になると倉庫で保管するための維持費が増えてしまいます。製造業における経営維持のためにも、適正な在庫数を常に確保しなければなりません。

在庫の動きを可視化・共有する

在庫数や在庫の動きが把握できていないと、どこに何が置いてあるか分からず、在庫数も正しく把握できません。過剰在庫や欠品を防ぐためにも在庫の動きを可視化できるようにする、さらに情報共有して誰もが在庫を確認する体制を作ることが大切です。

在庫と実際の動きを連動させる

在庫と実際の動きにズレが生じると、適切な管理が行えません。在庫数と実際の動きを連動させることでリアルタイムな管理が可能となり、適正な在庫管理を行うための仕組みが整います。

在庫管理表を作るときのコツ

在庫の適正化を行うためにも、在庫管理表の作成は重要です。在庫管理表作成を検討している方に向けて、作るときのコツを紹介します。

社員全員が理解できるように書きこむ

在庫管理表によって情報を社員全体に共有するには、「誰でもわかる」ことが重要です。そのためには、表作成はあくまでシンプルであることが第一です。表は担当者1人が作って終わりにするのではなく、上長が定期的にチェックし、過度に複雑化しないような体制を整えると良いでしょう。

数字を分かりやすく表示する

在庫管理表の運用まで考えると、誰にとっても見やすい仕様である必要があります。たとえば、重要な数字はひと目で分かるよう大きいフォントで強調するなどの工夫をしておくと、見るべきデータがすぐに分かるようになるため、見落としや見間違いに気づきやすくなります。

リアルタイムで見られるようにする

入出庫の状況を常に把握できるよう、在庫状況をリアルタイムに確認できるようにすると、商品をどれだけ仕入れればよいか、倉庫にどれだけ余裕があるのかを簡単に把握できます。

製造業の在庫管理を効率化できるTRYETINGの「UMWELT」!

在庫管理システムは、システムによって人の手によってこれまで行われてきた作業を代替できるため、見落とし・見間違いなどのヒューマンエラーを防げるようになります。さらにクラウドであればリアルタイムで情報を共有可能なため、在庫の適正化に大きく役立てることでしょう。製造業の在庫管理にも対応できる高精度なシステムをお探しの方には、TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTがおすすめです。

UMWELTには、在庫管理に役立つAIアルゴリズムが多数搭載されています。在庫量の最適化だけではなく、その後の需要予測や生産管理の最適化を図るためのデータ分析も可能です。これらのアルゴリズムをレゴブロックのように自由に組み合わせることで、誰でもかんたんにAIシステムを構築可能です。

まとめ

製造業の在庫管理システムでは、製造過程において在庫の状態が変化するなど複雑になりやすいため、適正な在庫管理が可能なクラウド型のシステムがおすすめです。TRYETINGのUMWELTであれば、クラウド型の在庫管理システムとしての機能はもちろん、需要予測や生産管理の最適化も可能です。より精度の高い在庫管理を行いたい、全社的な業務効率化を図りたいとお考えの製造業者様は、TRYETINGまでぜひお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。