MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

在庫管理システムに「バーコード」を導入するメリットと手順を解説

各種メーカーなど、有形商材を取り扱う企業へ積極的に導入されているシステムに「在庫管理システム」があります。このシステムは、商品在庫の入出庫や移動の記録、棚卸しのデータ管理などを一元管理できる機能を搭載しています。この在庫管理システムは、バーコード機能を追加導入することで情報が一元的に管理され、商品在庫数をリアルタイムに把握することが可能になります。そのため、適正在庫の維持には欠かせない存在と言えるでしょう。そこで本記事では、メーカー企業に欠かすことのできない在庫管理システムにバーコードを導入するメリットに加え、その手順についても具体的に解説していきます。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理システムにバーコードを導入しよう


在庫管理システムにバーコード機能を追加することで、さらに管理がスムーズとなります。本項目では在庫管理システムの意味と重要性を踏まえた上で、在庫管理におけるバーコード導入とはどのようなものかについて紹介します。

そもそも在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、在庫情報や棚卸データの管理など、在庫管理業務で必要となるデータの管理ができるシステムです。主に入出荷データ、在庫データの管理、実在庫の管理を行います。在庫管理システムを活用することにより、在庫過不足の回避、販売の機会損失を防ぎ、収益の最大化に貢献します。

在庫管理システムは現場に欠かせない

在庫管理業務を人手で行うと業務負担が多くなるため、カウント漏れなどの人為的ミスの発生、在庫状況をまとめる際に転記ミスが起こり管理品質にばらつきが出るなどの問題が起こる可能性が高くなります。在庫管理システムの導入により、これまで人の手で行われてきた在庫管理を機械で代替できるようになるため、作業の効率化、精度向上を期待できます。在庫管理システム導入によって、在庫カウント時に発生する人為的ミスや在庫管理のばらつきを防げるようになります。

在庫管理におけるバーコードとは

在庫管理はバーコードの技術を応用して、商品の移動や出し入れ、売買などの記録をデータベースに保存し、一元管理することができます。在庫管理におけるバーコードの技術には、バーコードで情報を一元管理できるハンディターミナルがあります。ハンディターミナルを用いることで商品のカウントを人手で行う必要がなくなり、カウント時の人為的なミスを予防できます。

在庫管理に活用されているバーコードの特徴


在庫管理に活用されているバーコードには、さまざまな種類があります。在庫管理に活用されているバーコードの特徴について、それぞれ紹介します。

1次元バーコード

1次元バーコードとは、バーとスペースの組合せによって数字や文字などを機械が読み取れる形で表現したものです。1次元バーコードは縦棒(1方向)だけで作成されているため情報量は少なく、数字のみで13文字程度を保存することができます。スマートフォンでも読み取れるため、コストを抑えて導入したい方に最適です。

QRコード

QRコードとは、商品情報が平面(2次元)になったバーコードです。QRコードは平面のドット模様で商品データを保存できるため、約200倍のデータを入れることができます。QRコードには数多くのデータを保存できるため、用いることで複数の商品を同時に棚卸することができます。

カメレオンコード

カメレオンコードとは、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック(CMYK)を使った高速・高精度の複数認識が可能なカラーバーコードです。1次元バーコードやQRコードよりも多くの情報を読み取れるのが特徴であり、コストパフォーマンスにも優れています。

ICタグ

ICタグとは、電波等によって無線で通信する機能を持ったタグのことです。ICタグによって、電波の届く範囲にある商品であればダンボールや袋に入っている状態でも情報を識別可能です。複数のアイテムをスピーディに識別できることから、商品の在庫管理、棚卸など、バーコードに変わる管理手法として利活用が進められています。

在庫管理システムにバーコードを活用するメリット


在庫管理システムを導入することで、スピーディーな管理を実現します。在庫管理システムにバーコードを活用するメリットについて、具体的に紹介していきます。

在庫量をリアルタイムに管理できる

在庫管理システムにバーコードを導入することで、カウントした商品の数を一元管理できるようになります。バーコード導入によって在庫の状況をリアルタイムで把握可能となり、より適正な在庫量を維持できます。さらに正確かつ最新の在庫データが分かることにより、入出荷の判断を誰でも的確に行えるようになります。

作業効率がアップする

バーコード導入によって在庫管理業務が標準化されるようになり、現場作業員だけでなく、誰でも作業を行うことが行えます。業務が効率化、標準化されることにより、業務の属人化も防げます。

作業精度が向上する

バーコードによって事前に出荷指示を登録することにより、モバイル画面に出た指示を見ながら在庫管理作業が可能となります。また、指示と異なる作業を行うと、エラーが発生するため誤出荷を防ぎます。バーコード導入により転記ミスなどを防ぎ、作業精度の向上に役立ちます。

在庫管理システムにバーコードを導入するには

在庫管理システムにバーコードを導入するには、順序よくステップを踏む必要があります。在庫管理システムにバーコードを導入するステップについて、順番に紹介します。

設備を整える

在庫管理システムにバーコードを導入するためには、ハンディターミナルやスマートフォンなどの現場用デバイスはもちろん、入力結果を反映させるシステムを用意する必要があります。まずは入力を反映させるシステムや現場用システムを用意し、次に商品コードの設定、コンピュータへの登録を行います。

バーコードを準備する

設備が整ったら、バーコードを情報媒体として存在させるために、バーコードを準備します。JANコードなどの流通用バーコードがすでに印字されているならば、そのままそれらを活用できます。ただし、バーコードがない場合は、自分達でバーコードを発行し貼り付けなければなりません。

バーコード作成が終わったら、バーコードを現品やシールなどに印刷し、バーコードリーダーで読み取ることで在庫管理をスムーズに行えるようになります。さらに、バーコードに出荷予定を組み込んでおくとスピーディーな検品が実現し、出荷ミスを防ぎます。

業務フローを見直す

在庫管理システムは導入することが目的ではなく、自社が抱える課題を解決するために必要です。

そのため、在庫管理システムを導入する前に、一度業務フローの問題点を洗い出し、見直しを行います。次に、在庫管理システムに必要な機能をピックアップして、適任の担当者を定めるなど適切な導入形態を選定し、担当者がプロジェクトに時間を割けるような体制づくりを行うことが大切です。

在庫管理システムで業務効率化を目指すならTRYETINGのUMWELT!

ここまで見てきたように、在庫管理システムの導入によって、情報をリアルタイムで可視化できるようになり、適正在庫の維持に役立てられます。しかし、在庫管理システムの導入、及び維持管理には少なくないコストがかかるため、費用対効果まで踏まえて検討する必要があるでしょう。そこでおすすめなのが、TRYETINGのノーコードAIクラウド「UMWELT」です。AI搭載型クラウド在庫管理システムとしての機能はもちろんのこと、その後の需要予測や生産管理の最適化に役立つデータ分析を行うことも可能です。

まとめ

在庫管理システムは、バーコード機能を追加することでよりスピーディーな在庫管理を実現します。UMWELTであれば他システムとも簡単に連携できるため、バーコードによる在庫管理を可能とします。
UMWELTはクラウド型のサービスであることから、AIシステム業界平均の1/10、導入スピードは1/4と、低価格で・誰でも・使いやすい点が魅力です。導入後はコンサルサポートもあり、誰でも安心して利用できます。在庫管理にバーコード機能を追加して業務効率化を目指している、今抱えている在庫管理の課題を解決したい、事業規模の拡大に伴い商品在庫数が増えたためシステムに切り替えたいと考えている方は、ぜひTRYETINGまでお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。