MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

グラフで在庫管理をする方法とは?基本から応用まで徹底解説

何かと手間のかかる在庫管理に、日頃手を焼いている方は多いのではないでしょうか。在庫管理に骨が折れる理由には、情報が多く、分析や管理が煩雑になることが挙げられます。そこで、在庫管理にグラフを活用することで、データを可視化できるようになり、組織内での情報共有に役立ちます。本記事では、グラフで在庫管理をする方法について、基本から応用まで徹底的に解説していきます。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理にはグラフの活用がおすすめ


在庫管理にグラフを活用することで、データが可視化されるだけでなく、組織内での情報共有も容易になります。まずは、在庫管理にグラフが適している理由について、在庫管理の必要性を踏まえた上で順に紹介していきます。

そもそも在庫管理とは

在庫管理とは、資材や商品などについて、必要な量を・必要な場所へ・必要なときに供給できるように、企業に適した水準で維持するための活動です。適切な在庫管理をすることで在庫の過不足をなくし、不要なコストを抑え、収益の最大化に役立てることができます。

在庫管理の必要性は高まっている

在庫の過不足は、余剰コストの発生や販売機会の損失へとつながる原因です。在庫過多になれば、売れ残りを防ぐために価格を下げて販売することになり、利益は減少します。一方で在庫が不足すれば、消費者の需要に応えることができず、販売機会を逃すことになるでしょう。このように、正確な在庫管理が行えていないと利益の損失になり、最悪の場合は経営状況にも影響を及ぼすため、企業経営において適切な在庫管理を行うことは大切です。

グラフなら在庫管理を可視化できる

在庫情報をグラフ表示することで、人が直感的に数値や文字のデータを捉えやすい形に可視化できるようになります。そうすることで、データの傾向や差分、変化などを見つけやすくなるでしょう。加えて、誰でも状況を確認しやすくなることから、組織内で共通認識を持ちやすくなる効果も期待できます。

在庫管理のグラフ:基本編


在庫管理のグラフにはさまざまな種類があり、目的や用途に合わせて使い分けることができます。ここからは、在庫管理のグラフの中でも、特に多く用いられるグラフの種類を紹介していきます。

棒グラフ

棒グラフはデータを棒状に表示したもので、何がどれだけ抜きん出ているか 、或いは同じ位であるかを把握できます。そのため、主に棒グラフは同じ尺度の複数のデータを並べて比較することに適しています。

円グラフ

円グラフは、データを割合で表示する方法です。円グラフは割合を一目で把握しやすいため、ある量に占める内訳、構成割合を直感的に知りたい時に適したグラフの形式です。

折れ線グラフ

折れ線グラフは、データを折れ線状に表示したものです。あるデータが時系列に沿ってどのように変化しているかなど、データの傾向を大まかに掴みたい時に適しています。

散布図

散布図は、あるひとつのデータを元として、縦軸と横軸の2つの項目で量を計測し、分布を表現するために使うグラフのことです。

グラフを書く際は、縦軸と横軸の目盛りを元に、データが該当する場所に点をプロット(打点)して作成します。散布図は、2つのデータの相関を見るのに適しているグラフです。

在庫管理のグラフ:応用編


在庫管理は、応用として使えるグラフを用いることで、より細かくデータを分析、把握ができるようになります。このようなグラフの種類を紹介します。

ヒストグラム

ヒストグラムは、分析対象の個数や数値のばらつきや偏り、通常のグラフではわからない範囲まで可視化して見るために用いられる図のことです。この手法を用いると、全体の分布を段階ごとに区切り、その分布を確認することができます。

Zチャート

Zチャートとは折れ線グラフの一種であり、数値の推移、累積、移動合計などの3つの線を1つのグラフに表したものです。Zチャートを用いることで、売上推移、在庫量の推移など、単月では見えづらい傾向の可視化を実現します。

流動数曲線

流動数曲線は、2本の折れ線グラフを用いて製品の入荷累計、出荷累計を同一のグラフ上にあらわしたグラフです。流動数曲線を使うことで、入出荷両方の変動、在庫の状況を1つのグラフで把握できます。

流動数曲線は1つの製品を大量生産するメーカーに適した管理手法であり、多くの商品を管理する製造業の進捗管理などに多く用いられます。

バブルチャート

バブルチャートは、 3 つのデータを 1 つのグラフに表現できるグラフです。バブルチャートでは、x軸、y軸、円の大きさでデータをあらわします。グラフで散布図の一種であり、データ間の相関を調べる際に多く用いられます。

在庫管理にグラフが活用できるツール

在庫管理にグラフが活用できるツールには、どのような種類があるのでしょうか。そのようなツールについて、それぞれ紹介します。

Excel

Excelは表計算で様々な分析を行うことができる便利なソフトウェアであり、データをグラフ化することも可能です。身近なツールのひとつであり、導入が手軽です。
一方、人の手で作業するため、転記ミスの発生などが起こり得ます。さらに、Excelの管理では複数人で同時に処理ができないなど、運用時には注意するべき課題や使いづらい部分もいくつかあります。

無料グラフツール

グラフによる在庫管理には、専門の無料グラフ作成ツールを使えばより効率的に作業できます。無料グラフツールを用いることで、データを視覚化する機能のみならず、データの拡張分析などのビジネスニーズにも対応できます。
ただし無料ツールは複数あり、それぞれの長所と短所があるため、ニーズ、望む効果、グラフの種類などを踏まえた上で、グラフ作成ツールを選びましょう。

AIツール

AIツールのなかでもクラウド型なら、ネット接続できる環境さえあれば簡単に導入できます。クラウド型のAIツールはインターネットが利用できる環境ならどこでも利用できるため、様々なロケーションからアクセスできるメリットがあります。
AIツールはグラフ機能だけでなく、データ分析、シフト管理など様々な業務を効率化することができるため、企業の課題解決にはもってこいと言えます。

ノーコードAIツール「UMWELT」なら効果的に在庫管理できる!

グラフによる在庫管理はExcelでも可能ですが、入力の手間が発生し、入力ミスが起こりやすくなります。とくにExcelでのグラフ作成は計算式や使い方が難しく、属人化する傾向があります。
そこで、簡単にグラフによる在庫管理を行いたい方にオススメなのが、TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTです。UMWELTはクラウドであることからデータが自動で反映されるため、いつどこでもネット環境さえあればリアルタイムに情報を確認できます。また、UMWELTは膨大なデータ分析、一元管理も得意とし、スピーディーに情報をグラフなどで可視化することも可能です。

UMWELTには豊富なアルゴリズムが用意されており、それらを自由に組み合わせることで、誰でも簡単に自社に合わせたシステムを構築できます。さらに、在庫管理以外にも発注管理、需要予測、生産管理など、他の業務効率化にも役立てるため、業務DX化にも貢献します。UMWELTの料金は業界最低水準の低コストを設定しているため、導入、利用後も安心して利用できます。

まとめ

グラフによる在庫管理は、Excelでも可能です。ただし、高精度なグラフ作成、データ解析、統計分析にはExcelに詳しくないと作成は難しくなります。専門のグラフ作成無料ツールならスムーズに作成できますが、種類が豊富にあるため適したツールを選ぶのは大変です。
TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTなら、自社に合わせたシステムを簡単に構築できるため、導入や維持管理もスムーズです。UMWELTは適正在庫量を商品別、店舗別、日別に最適化を行えるため、在庫情報の可視化に役立ちます。さらにUMWELTにはデータを視覚化する機能だけでなく、過去データの分析などにも活用できるため、さまざまなビジネスニーズに対応できます。
在庫管理をグラフで可視化したい、Excelから在庫管理システムに切り替えたいと考えている方は、ぜひTRYETINGまでお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。