MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

小規模な在庫管理システムの失敗しない選び方!事前準備も詳しく解説

在庫管理は、状況を常に把握した上で、適切な在庫管理を行う必要があります。在庫管理システムは機能が多いほどコストがかかるため、中小企業、小規模倉庫などを運営されている事業者様であれば、小規模向けの在庫管理システムを選ぶのがおすすめです。本記事では、小規模な在庫管理システムの失敗しない選び方と、事前準備について詳しく紹介します。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

小規模な在庫管理システムを選ぶポイント


在庫管理システムを選ぶ際には、どのようなポイントをおさえる必要があるのでしょうか。小規模な在庫管理システムを選ぶポイントについて紹介します。

自社業務に活用できる

在庫管理システムは、数多くの種類があり、なおかつ多様性があるため、自社に適合するシステムかどうかを選定する際に選ぶことが重要です。
たとえば、そのシステムが何の業種に特化して作られたのか、自社業務に役立つ機能であるかなど、システムを選定する際にこれらの基準を決めておき、有効活用できるかを検討することが大切になります。

カスタマイズ性に優れる

在庫管理システムは、業務フローに適合させるために、自社に適合する形にカスタマイズできるかどうかが重要です。
また、在庫管理システムを選ぶ際には、在庫数の変動によってカスタマイズできるシステムがあると便利です。カスタマイズ性に優れていれば、今後の事業拡大にスムーズに対応できます。

アフターケアが充実している

在庫管理システムは機械であるため、導入後にどのようなシステムエラーが起きるかなど、予測できない恐れを抱えています。トラブルが万が一起きた時も安心して対処できるように、アフターケアの対応がしっかりしているシステムを選定することが大切です。

在庫管理システム導入の事前準備

在庫管理システム導入によって望む効果を得るには、導入前の事前準備が必要です。在庫管理システム導入時に必要な事前準備について、順に紹介します。

課題と目的を明確にする

在庫管理システムは、現状を把握せずにシステムを導入しても、望む効果を得られない可能性があります。システムは多機能なほどコストがかかるため、まずは自社の業務や課題から必要最低限の機能を洗い出し、システムを選ぶことが大切です。

費用対効果を算出する

在庫管理システムの効果的な運用を目指すには、システム導入・運用時の費用対効果の確認が必要となります。システムは多機能なほどコストがかかるため、使い切れない機能が多くなると、システムに見合った費用対効果が得られなくなります。導入前には、自社の業務や課題を踏まえたうえでシステムを選び、さらに費用対効果を算出してから導入を検討することが大切です。

社内のシステム導入体制を整える

在庫管理システムの導入・運用をするには、システムの立ち上げ、利用までの導入体制を社内で整えておく必要があります。導入体制として整えておきたい項目は、以下の4つです。

  • 初期設定
  • システムの活用方法
  • 担当者の選定
  • マニュアル、ルールの作成

システム導入時に混乱しないためにも、あらかじめシステム運用担当者の選定、マニュアルやルールなどを決めておきましょう。

在庫管理システムの種類


在庫管理システムの種類は、以下の4つに分けられます。

  • フルスクラッチ型
  • パッケージ型
  • オンプレミス型
  • クラウド型

それぞれフルスクラッチ型とパッケージ型は導入方法、オンプレミス型とクラウド型は在庫管理システムの構築場所を意味しています。本項目では、それぞれの特徴について紹介します。

フルスクラッチ型

フルスクラッチ型は、自社業務に合わせて必要な機能を選び、システムを構築する導入方法です。機能を後付けする際に追加費用がかかるうえ、ハードウェアの老朽化やバージョンアップによって改修する必要があるため、長期的に考えるとコストが高くなるケースも珍しくありません。

パッケージ型

パッケージ型とは、在庫管理機能があらかじめ搭載されている導入方法です。パソコンやスマートフォンにダウンロードすればすぐに使えて便利ですが、業務に不要な機能が搭載されている、もしくは必要な機能が装備されていないなど、使い勝手が悪いこともあります。

オンプレミス型

オンプレミス型は、サーバーやネットワーク機器を自社で調達・設置するタイプの方法を意味します。オンプレミス型ではサーバーやネットワーク機器の設置や調達、システム管理、保守点検は、すべて自社で行います。

クラウド型

クラウド型とは、クラウドで提供されているソフトウェアを利用する方法のことです。クラウド型ではシステムを提供している管理会社が保守、管理を行うため、サーバー、ネットワーク機器の管理や保守をする必要がありません。
クラウド型は、現在、主流の方法であり、低コストな上、ネット環境さえあればどこでもリアルタイムで情報を確認できるなどメリットが多いため、在庫管理システムで用いる方法として、おすすめの方法といえます。

在庫管理システムを導入するなら「UMWELT」

在庫管理システム導入によって、正確かつスピーディーな在庫管理が実現します。しかし、在庫管理システムは、導入、保守管理などの維持にコストがかかるため、費用対効果を踏まえた上で選ぶのが大切です。
そこでおすすめなのが、TRYETINGのノーコードAIクラウド「UMWELT」です。UMWELTには、プログラミングの知識がなくてもシステム環境を構築できるシステムが揃っています。豊富なアルゴリズムが搭載されており、それらを組み合わせるだけで、誰でも簡単に高度なAI搭載型在庫管理システムを活用できます。さらにクラウド式のサブスクリプションサービスであることから、業界最低水準の低コストで利用でき、初期費用や運用コストを抑えることができるため、お求めやすい価格設定となっています。
UMWELTはデータ分析も得意としており、過去データから必要な商品の需要予測を行うため、在庫過不足の削減にも貢献します。在庫管理やデータ分析だけでなく、発注業務、シフト管理、生産管理、開発など他の業務効率化にも役立ち、DX推進をサポートします。

まとめ

在庫管理システムの導入により、商品データを一元管理できるようになり、業務効率化に大きく役立てることができます。UMWELTであれば、自社の規模や課題に合わせたシステムを組み合わせるだけで、誰でも簡単にシステムを構築できます。在庫管理システムを導入したい方や、自社で抱えている在庫管理の課題を解決したいとお考えの方は、ぜひTRYETINGまでお気軽にお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。