MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

複数店舗の在庫管理を適正化するには?主な課題と解決策を解説

複数店舗による在庫管理は、店舗によってルール、または利用しているツールやシステムが異なる可能性があり、より管理が複雑化してしまうことが考えられます。在庫数が適切に把握されていないと、在庫ロスや余剰在庫を抱える可能性があるため、注意が必要です。複数店舗の在庫管理を適正化するには、AIツールや在庫管理システムなどを用いるなどして、情報を一元化する必要があります。本記事では、複数店舗における在庫管理の主な課題と解決策とともに、複数店舗の在庫管理を適正化する方法について解説します。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理の概要


在庫管理とは、資材や商品など、必要な量を、必要な場所へ、必要なときに供給できるように企業に合った水準で維持するための活動のことです。在庫管理を適切に行うことで、適切な在庫数、入出庫情報を把握できるため、適正在庫の維持に役立ちます。適正在庫の維持によって、在庫過不足を防ぎ、経営の維持や収益の最大化に貢献します。

複数店舗の在庫管理に苦労する理由


在庫管理は複数店舗になるほど業務、取扱商品数が増え、情報が複雑化します。そのため、複数店舗ほど管理が難しくなる傾向になるのです。本項目では、複数店舗の在庫管理に苦労する理由について具体的に紹介します。

ヒューマンエラーが起こりやすい

在庫管理業務は発注、入出庫時の記録作業が多く、転記ミスなどのヒューマンエラーが起こりやすくなります。特に在庫の移動、入出庫のたびに情報が変化しやすく、ヒューマンエラーが起こりやすい業務と言えるでしょう。

一元管理が難しい

複数店舗で在庫管理をする場合は、店舗ごとに複数のシステムを用いている可能性もあります。また、店舗によってはExcelなどのアナログな手法など、他の方法を用いているケースも多いです。在庫管理をExcelなどのアナログな手法に頼っている、もしくは複数のシステムを使っていると情報の一元管理が難しくなります。

適切な在庫数を維持できない

在庫管理は、適正な在庫数を保つ為に必要な作業です。ただし、複数店舗で在庫管理を行うと管理が複雑化するため、発注業務がうまく行われない可能性があるでしょう。発注業務が機能しないと、在庫数に過不足が生じます。在庫の過不足が発生すると、在庫ロスによる販売の機会損失や、余剰在庫によって無駄なコストが発生する恐れがあるのです。

業務が属人化する

複数店舗での在庫管理は、店舗によってルールが異なるなど、業務の標準化が難しくなります。業務が標準化できていない状況のままだと、担当者ごとに在庫管理方法が異なり、属人化が発生しやすくなることが懸念されます。

複数店舗の在庫管理が生じる業種例


複数店舗による在庫管理は、業種によってそれぞれ特徴が異なります。複数店舗の在庫管理が生じる業種例別に、それぞれの特徴を紹介していきます。

小売業

小売業や流通業では、「在庫」とは販売される前の商品のことです。小売業、流通業では、店頭で販売されている商品だけを「在庫」とすると欠品が起こるリスクがあるため、倉庫やバックヤードの商品も含めて「在庫」とみなします。

製造業

製造業において、在庫は以下の5種類があります。

  • 原材料…調味料など、製品を生産するための「もと」となるもの。
  • 部品…ネジなど、製品を生産するために必要なもので、加工されているもの。
  • 仕掛品…ディスプレーのないテレビなど、製品を生産する途中で生まれた加工品。
  • 半製品…ラベルのないコーヒーなど、生産途中にある加工品のなかでも、すでに販売が可能なもの。
  • 完成品…生産を完了して販売可能な商品。

とくに事業規模が大きい企業であるほど取り扱う在庫が増えるため、複数拠点の在庫を正しく管理する必要があります。また、売れ残りの完成品は劣化して価値を失う可能性もあり、余剰在庫を抱えないよう適切な管理を行います。

飲食業

飲食業での在庫管理では、原料となる食材だけでなく、加工途中の半製品、完成した製品もあわせて管理を行う必要があります。

とくに飲食店では食品を取り扱うため、賞味期限を確認しなければなりません。賞味期限が早く切れるものから使うためにも、在庫は先入れ先出しを行います。また、食品の腐敗などを防ぐため、温度・湿度も考慮して管理を行います。

薬局業

薬局業も食品と同じく、医薬品には有効期限があるため、期限内に販売しなければなりません。また、需要が少ない商品でも有効期限があるので、特定の医薬品の取扱いを止めることはできません。

さらに医薬品は期限が近づいても値下げして売り切れないため、廃棄リスクが高くなります。薬局業では高額な医薬品も多いため、在庫を抱えて経営圧迫させないよう、適切な在庫管理を行う必要があります。

複数店舗の在庫管理に有効な方法


複数店舗の在庫管理には、どのような方法を取ると良いのでしょうか。複数店舗の在庫管理に有効な方法を紹介します。

Excelで管理する

在庫管理は、Excelで行うことができます。Excelは誰でも利用できる一般的なソフトであるため、比較的簡単に始められます。また、Excelは紙の在庫管理表のような破損、紛失リスクが少なく、バックアップも取れるため、紙より管理がしやすいなどのメリットも存在します。

ただし、Excelによる入力作業はヒューマンエラーが起きやすく、さらに業務が属人化しやすいなどのデメリットもあります。とくに取り扱うアイテム数が多い場合、エクセルのシートで膨大なデータを扱うことになるため、管理上のトラブルが発生する恐れもあります。

在庫管理システムを導入する

在庫管理システムは、在庫管理に特化した専用のシステムのことです。在庫管理システムを導入することにより、作業を機械に代替させることができるため、効率的かつ適切に在庫管理を行えるようになります。

AIツールを活用する

AIツールは、人工知能を用いたツールのことです。AIを在庫管理システムに活用することで、過去のデータから需要予測を行うことができるようになり、必要な在庫数の割り出し、生産管理や商品開発など、さまざまな企業の課題解決や業務に活用できます。

UMWELTなら店舗別に需要予測・在庫量を最適化できる!

在庫管理システムにAIツールを活用することで、在庫管理作業だけでなく、需要予測、生産管理、商品開発などさまざまな業務を効率化できます。

TRYETINGのノーコードAIクラウドUMWELTなら、AIによる在庫管理や需要予測の最適化が可能です。UMWELTは豊富なアルゴリズムを組み合わせるだけで、求める業務を効率化できる機能を搭載しています。UMWELTのサービスで在庫管理システムを構築することで、在庫管理業務のみならず、発注業務、需要予測、シフト管理、生産管理、開発など、業務効率化に最適なツールとしてさまざまな場面で活用できます。さらに、クラウド式のサブスクリプションサービスであることから、料金は最低水準。導入後は専任のコンサルタントによるサポートもあるため、安心してご利用できます。

まとめ

複数店舗の在庫管理は、店舗ごとに別のExcel、もしくは他システムによる管理となると情報が一元化できず、管理が難しくなります。そこで、AIツールによる在庫管理システムを導入することで、複数店舗で取り扱う商品データを一元管理できるため、正確な在庫数を把握しやすくなります。UMWELTで在庫管理を行うことで、情報を一元化できるだけでなく、適正在庫量を商品別、店舗別、日別に最適化を行えるようになり、より管理がスムーズになります。複数店舗による在庫管理を検討している方や、在庫管理の課題を解決したいと考えている方は、ぜひTRYETINGまでお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。