MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AIでコスト削減を成功させるには?事例と合わせて詳しく解説!

AIを導入する上で、業務を効率化させて人件費や開発費などのコストを削減したい方も多いかと思います。AIでコスト削減を成功させるためにはいくつかのコツがあります。当記事では、AIによるコスト削減のポイントと事例をご紹介します。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

article-banner-umwelt

コスト削減のためのAIはどう選ぶ?


AIを導入する際、多くの企業では売上アップやコスト削減を改善目標として設定します。AIの検討時に注視すべきポイントを説明します。

活用技術で選ぶ

画像認識・画像解析
AIで画像や映像になにが映っているのかや異常が無いかをコンピューター上で識別する画像認識・画像解析の技術。現場では熟練作業者による判別や新人教育が不要になることから、人件費削減にも繋がります。

需要予測
過去のデータを基に仕入れ量や販売量を予測する需要予測。いまやマーケティング戦略時には欠かせない存在です。取り扱う商品や需給バランスの変動が大きければ大きいほど分析に時間がかかるため、AIの介入により作業時間を大幅に短縮できます。

データ分析
AIによるデータ分析では、膨大なデータの中から新しいパターンの発見や知見の獲得(データマイニング)が可能になります。データ分析にかかるコスト削減はもちろん、得られた情報はマーケティングに活かすことができます。

最適化
最適化の技術では、AIが分析したデータを基に、限られた条件下でいかに目標を達成するのかを導き出します。物流会社における配送ルートや製造業におけるサプライチェーンも、この最適化技術で業務効率化が可能です。

データ基盤構築
データ基盤を構築すると、蓄積されたデータを総合して、データの収集、蓄積、分析、可視化をすることができます。1つに集約することで、データ分析・活用にかける時間を短縮することができます。

自社ニーズで選ぶ

業務効率化
コスト削減で真っ先に思い浮かぶキーワードが業務効率化です。請求書や顧客情報管理など、データ入力業務をAIに代行してもらうことで業務効率化を期待できます。

コスト削減
単純作業や定型業務をAIに任せることで少人数で業務を回せるようになり、人件費などのコスト削減が可能です。

不良品検知や故障予測
不良品検知や故障予測機能を備えているAIはメーカーで大変重宝されている機能であり、短時間で確実性の高い作業が実現されます。

利益の最大化
AIの導入によって業務が効率化されるとともに、人件費や無駄な業務が縮小されれば、最終的には利益を大幅に上昇させることができるでしょう。

サービス開発
AIをサービスの中に組み込むことでサービス開発の幅は広がり、より自由度の高いサービス開発が行えます。

意思決定力
需要予測やデータ分析を行うことによって、新しく開発すべき商品やサービスの方向性が定まりやすくなります。AIが出した結果と説明すれば社内の同意も得やすくなり、意思決定力も向上するはずです。

人材育成
DXの推進が不可欠な外部環境にあって、自社にAIを導入することが将来的にはAI人材の育成につながっていきます。

AI導入のメリット


AIの選び方について説明したところで、ここからはAI導入のメリットについて触れていきます。AIの導入コストと業務効率の改善を天秤にかけて悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

人件費の削減・人手不足の解消

AIを導入することで、これまで属人化していた単純作業や定型業務を機械が自動で処理するようになります。これによって少人数でも社内業務が滞りなく進むようになり、人手不足が深刻化している企業の救世主となってくれるでしょう。

また、機械化が労働時間の短縮にもつながり、残業代や休日手当の発生を抑えられます。AI導入に初期費用はかかりますが、長い目で見れば人件費を削減して会社全体のコストを抑えられるでしょう。

業務効率化・生産性向上

AIは決して万能ではなく、社内には人の手が必要な業務も存在します。それも機械化できる業務はAIに任せることで余裕が生まれ、属人化している業務により集中できるようになります。結果的に業務効率が改善され、生産性の向上を期待できるでしょう。

データ分析・解析予測

膨大な顧客データの集積・検証は非常に手間がかかる作業です。それもAIであれば短時間でデータを取り込み、分析することができます。ディープラーニングの深度を深めていくことで、より正確性の高い解析予測が実現されます。また、データ分析は商品・サービス開発時はもちろん、人材教育や業務効率改善策としても効果的です。

安全性の向上

危険が伴う作業現場での安全管理業務の自動化は、従業員の安全確保につながります。具体的には、作業員のバイタルモニタリングや危険な行動をカメラでいち早く自動検知することが可能です。

AI導入の注意点


メリットが多いといえるAIの導入ですが、デメリットが存在しないわけではありません。ここでは、AI導入検討時に知っておきたい2つの注意点を紹介します。

AIだけではコスト削減できない業種がある

企業のAI導入が進む一方で、機械化が難しいとされる業種も存在します。たとえば、感性が重視されるクリエイティブ職や信頼性がものをいう医療業界、また営業職も完全に自動化するのは難しいと考えられています。AIの導入を検討する際には、自社のどのような部署や業務で活用できそうか、熟考して決める必要があるのです。

リスク管理の知識が必要

AIを導入・運用することによって、入力データの誤りや偏り、プライバシーへの配慮や運用ノウハウの不足といった、さまざまな問題が起こりえます。どのような情報が蓄積されているのかを可視化できない、AIのブラックボックス化も懸念点のひとつです。こうしたリスクにも対応できるようなAI担当者の教育が企業には求められます。

AIを活用したコスト削減事例6選


具体的なAIの活用方法については、他社の事例から学ぶのが近道です。ここではAIを活用してコストの削減に成功した6つの事例を紹介します。

1.問い合わせ部門

ECサイトやメーカーをはじめ、ユーザーからの問い合わせに対応できるAIチャットボットを導入している企業は少なくありません。これによって人的なコストを減らせるだけではなく、均一かつ高精度でスピーディーなレスポンスが可能になります。結果的にユーザー満足度が向上するでしょう。また、社内向けに活用することが従業員満足度改善にも効果的です。

2.営業部門

AIを営業活動に導入することで、顧客属性や購買履歴などのデータから高確率で成約できそうな顧客を抽出できます。これまで手当たり次第に営業活動していた担当者も、推奨レコメンドを参考にすることで効率的な営業活動に切り替えられます。アプローチ先の選定をAIに任せることによって、担当者は契約成立時に重要とされるクロージング業務に集中できるようになります。

3.人事部門

これまで主観に偏りがちだった人員配置や評価を、AIによって均一に整えられます。従業員自身は業務の満足度を定量評価できるようになり、モチベーションの維持も期待できます。さらに、客観的な採用基準をAIに定めてもらうことで、採用活動の効率化を図ることができ、離職率の低下やミスマッチの防止につながるでしょう。

4.物流部門

物流業界ではAIによる業務効率化が著しく、入出庫作業・受注処理・検品業務・荷物仕分けといった工程の自動化が進んでいます。さらにドライバーの配送ルートの最適化や配車計画の自動化、危険運転の検知も可能であり、業務効率化とあわせて安全性の向上にも役立っています。

5.保守・保全部門

保守保全部門では、事故防止の観点でAIが大きな役割を果たしています。これまで目視確認が必須だった点検業務の自動化や点検が難しい建物・設備の点検効率化、安全性の向上を図ることができます。事故防止だけでなく作業員の安全確保にも寄与でき、今後ますますAIの導入が加速すると予想できます。

6.工場部門

工場の生産現場などでは、作業員のキャリアによって品質に差が出やすいと言われています。しかし、それもAIがベテランの技術を学習し、経験の浅い作業者をサポートする体制を構築することで一定の品質が担保されます。工場内での安全性の確保や事故防止にも効果的です。

AI導入時の悩みと解決法


ここでは、AIの導入でコスト削減を目指すと考えたときに起こりがちな問題点と解決方法を紹介します。

AI導入はまず何から始めればよい?

冒頭で説明したように、AIの導入では売上アップとコスト削減の2つを期待できます。

効果を実感するためには、まず自社のニーズを明確化し、それに対応するソフトを比較検討しましょう。さまざまなプランがありますが、まずはベーシックなものから始めて効果を検証し、徐々に拡大する流れがベストと考えます。ノウハウを蓄積していくことで、失敗を減らせます。

コスト削減を重視した選び方は?

AIによるコスト削減を重視するのであれば、ニーズを明確化してから期待する経済効果にかけられる予算を試算しましょう。少しでもコストを抑えられるように、最初は小さな規模で実験的に始めてみてください。

今後さらに期待されるAI分野は?

ここまでで説明してきた通り、AIには機械化できる業務と、そうではない業務がそれぞれ存在します。AIに任せる範囲を考えて、導入を検討してください。今後のAIのトレンドとしては画像認識分野、自然言語処理分野、音声認識分野が挙げられます。これらの分野は今後さらに有用な機能が開発される見込みがあり、注目を集めています。

AIツールでコスト削減を行うなら「UMWELT」がおすすめ

導入コストを抑えて、自社のコスト削減を目指すのであれば、TRYETINGが提供する「UMWELT」の活用がおすすめです。UMWELTは類似のAIシステムに比べて利用料金水準が低く、小規模事業者の方も比較的お気軽に導入いただけます。

作業に要していた時間数x単位時間給分の削減が可能で、トータルで見たときに業務生産性の向上をご期待いただけます。

まとめ

今回はAIの導入において、自社のコスト削減でポイントとなる事項や事例をご紹介しました。コスト削減が達成されれば、社内でも有用性を認知されるようになるはずです。導入コストを抑えて、トータルのコスト削減を目指す方は、ぜひ一度UMWELTをご検討くださいませ。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。