MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理とマーケティングは密接に関連!業務のシステム化で効率UP

生産管理は、製造業などにおける生産活動を効率的に進めるために必要な仕事です。この仕事には、マーケティングが欠かせません。製造業全体の効率化を目指すのであれば、生産管理とマーケティング双方を強化させる必要があります。

では、業務の効率化を図るにはどのような方法があるのでしょうか。

そこで、この記事では、生産管理とマーケティングの共通性や、業務をシステム化することで効率を高める具体的な方法についてご紹介します。この記事を参考に、製造業の業務効率を上げましょう。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

生産管理とマーケティングは密接に関連した分野

生産管理は、工場などの生産現場でマーケティングと密接に関連しているのです。
マーケティングでは、市場における製品の需要を予測して、利益を最大化するように生産計画を決定します。

マーケティングで決まった計画は、生産活動に利用されます。製品を市場で販売し、得られた結果は次のマーケティングに有効活用されるのです。このようなサイクルを繰り返すことで、生産活動の改善を図ります。

生産管理の仕事内容

生産管理は、製品が納期に間に合うように工程を管理する仕事です。製品の出荷するにあたり、資材管理や従業員管理、製造工程の調整など、様々な業務が発生します。これらを、生産計画にもとづいてコントロールしなければなりません。

生産管理の具体的な業務内容は、企業によって異なりますが、基本的には以下のようなものが挙げられます。

需要予測

需要予測では、景気動向や競合他社の動向、季節、その製品の過去の需要傾向などのデータを考慮して、自社の製品にどれほど受注が来るのか予測します。需要予測を適切に行えば、商機を逃さずに済むことに加え、余剰在庫のリスクの低減も図れます。

例えば、飲料メーカーの場合、冷たいソーダ水などは夏場に需要が増え、温かいスープなどは冬場によく売れると予測できるでしょう。この予測にもとづいて、過不足なく利益を最大にするように実際の生産数量を調整するのです。

生産計画を立てる

生産計画では、現状で自社に可能な生産能力を把握して、生産する品目・数量・時期を定めます。実際の生産に必要な原料の種類や、入手ルート、原料の購入金額などを決めておき、製造を始めてから出荷に至るまでに何日かかるのかを割り出します。

この際、長期的な計画である「大日程計画」や「中日程計画」、そして、1日単位など細かな計画である「小日程計画」のように段階を踏んで考えられると効率的な生産管理ができるでしょう。

また、生産計画においては、生産部門だけでなく、財務や営業、調達などのような関連部門の状況も考慮した計画を立てることが重要です。

生産計画を実行する

できあがった生産計画をもとに、実際に生産を実施します。生産管理では通常、製造部門での作業進捗状況をコントロールして、計画にきちんと沿った生産が行われるように調節します。現在の人員などのリソースを現場に配分し、生産活動が過不足なく進むようにする司令塔の役割を果たすのです。

もし、「不良品の発生率が高い」のようなイレギュラーが発生した場合は、状況に応じて、生産計画を修正することも必要でしょう。他部門と連携して品質の改善を行うなどして、生産プロセスの全体を管理監督します。

フィードバックする

生産計画を実行したのち、生産プロセス全体のフィードバックを行います。

実際の生産では、生産計画通りに進まないこともあるでしょう。生産が計画よりも遅延している場合、原因を明らかにして生産工程を改善するか、生産計画自体を修正するなどの対策が必要です。

例えば、製品があまり売れずに余剰在庫を抱えた場合、原料の調達を制限することで生産数量を抑えるなどの対応ができます。改善しないままでいると、業務効率の低下や売り上げの減少にもつながりかねません。

定期的なフィードバックでPDCAサイクルを回し、生産の改善を行うことが大切です。

生産管理に求められるスキル

では、生産管理の仕事には、どのようなスキルが必要になるのでしょうか。工場の一つひとつの製造プロセスとは異なるスキルが求められることもあるでしょう。

製造業の生産管理では、機械や電気、電子などの工学系の学部出身者が多く所属しています。生産ラインの全体を把握するために、製造現場での実務経験があり、業務についてのノウハウを蓄積している転職者も少なくありません。

マーケティングスキル

最初にご説明した通り、データ分析や需要予測など、マーケティング分野の一部が生産管理に含まれます。生産している製品の売上数量を最大にしつつ、自社の利益を最大にするためには、正確なマーケット把握が欠かせません。

自社製品を投入しようとしているマーケットに関するデータを、ツールなどで分析します。そこから得られた知見をもとに、ライバル企業の製品に対して優位に立つために、「いつ」「どのように」動けば良いのかという戦略を練ります。

製品・工場に関する知識

生産管理は、製品だけでなく工場などの生産全体に関わる分野です。そのため、製品や工場全体に関する広い範囲にわたる知識が求められます。

そのため、製品の原料が、「どこからどのように工場に入ってきて、どのようなフローを経て完成・出荷に至るのか」というようなイメージをしっかりと把握しておかなければいけません。

このように、1つの点に特化した知識ではなく、全体を通して理解していることが重要です。

マネジメントスキル

生産管理担当者のメインの仕事には、生産活動の効率化やコスト管理なども含まれます。製品の製造を行う一つひとつの過程では、目の前にある作業に集中していれば問題ありません。

しかし、生産管理担当者は、工場の生産プロセス全体を広く見渡すスキルが求められます。リソースを適切に配分してコストを節約し、生産性を最大に上げるといったマネジメントが必要です。さらに、複数の業務を並行して進めていくマルチタスク管理スキルも求められるでしょう。

ヒューマンスキル

生産管理の仕事では、購買・設計・マーケティングなどの他部門の担当者と連携する機会が多くなります。原料の取引先のように、外部とやり取りすることもあるでしょう。また、外部だけではなく、工場内の作業員を直接指揮監督する機会も発生します。

このように、他の従業員や外部の担当者とやり取りをする際、コミュニケーションに齟齬が出ないようにしておかなければなりません。そのためには、コミュニケーションスキルをはじめとした高いヒューマンスキルが必要です。

臨機応変な対応力

予期しない事態の発生により生産計画が変更されたり、品質トラブルが起こったり、緊急事態が発生したりすることもあるでしょう。
そのほか、営業部門から納期の変更を急に言われたり、生産予定数量の増加や削減を突然要請されたりすることもあるかもしれません。その場合は、原料の確保や、コストの問題が発生する可能性があります。

このようなトラブルや計画変更、市場の変動などは、必ず発生するものと考えて良いでしょう。そのため、柔軟かつ即座に対応できるスキルも、生産管理の仕事には要求されます。

製造業の効率化にはマーケティングも巻き込んだ業務改善が必要

マーケットの情勢は、絶えず急速に変化しています。製造業においても、効率的に高品質の生産活動を行えば良いだけでなく、マーケットのユーザーの傾向を把握し有効な対策を打ち出し続けていくことが必要です。そのためには、マーケティングと製造の両面の改革が求められます。

マ-ケティングと製造の両部門には、需要予測などの共通点があります。多くの企業では、製造現場に蓄積された多種多様なデータを積極的に活用し、生産能率とマーケティングを連携させる取り組みを実施しており、業務全体の効率化を図っています。

生産管理を効率化する方法

生産管理の業務は、複雑で手間がかかり、高度なスキルを必要とするものというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。ポイントを抑えることで、効率よく生産管理を行うことができます。

では、生産管理を効率化するには、具体的にどのような方法があるのでしょうか。この章では、3つの方法を見てみましょう。

業務をマニュアル化する

マニュアル化とは、仕事の中身を整理して可視化することです。マニュアル化されていない業務は、必ずマニュアルを作成し、従業員の全員が実施できるようにしましょう。

生産管理現場には、非定型業務が存在していることがあります。なかには、生産や調達の計画立案を、ベテランの勘と経験に頼っている企業もあるかもしれません。しかし、属人化している業務は、その分リスクも多くあります。担当する従業員が退職したり、欠勤したりした場合に、業務全体に影響が出てしまうでしょう。

マニュアル化されていない非定型業務は、定型化することで安定し、能率化が見込めます。生産管理では、定型業務の割合を増やすことで、製品の品質向上や、納期の短縮、コストの抑制に役立ちます。誰が担当しても同じ品質・速度で業務が行えるように、可能な限りマニュアル化・定型化しましょう。

PDCAサイクルを高速で回す

PDCAサイクルを回す方法も有効です。生産計画(Plan)・計画の実行(Do)・評価(Check)・フィードバックによる業務改善(Act)のサイクルを、できるだけ高速で繰り返して回します。

正しくPDCAサイクルを回せれば、生産管理の効率化が図れるでしょう。生産管理部門に最適な循環をつくることによって、会社全体にもプラスの影響を与えられます。

生産管理システムを導入する

従来の紙や表計算ソフトによる生産管理は、作業や保管が煩雑で、属人化しやすいという問題がありました。生産管理システムは、これらの問題への有効な解決策として、多くの企業で導入されつつあります。

生産管理システムは、生産活動に関連する計画・生産・品質・在庫・販売・原価計算などを統合管理するITツールです。さまざまな現場データを一元化して活用することで、生産性の向上や業務の能率化が図れるでしょう。

加えて、企業にとって重要な情報を一元的に共有することで、経営戦略にとっても役立ちます。システム化により正確な最新情報を全社で共有することで、生産性・品質・コスト・納期の改善などだけではなく、クレーム防止にもつながるでしょう。

マーケティングを効率化する方法

では、マーケティングの効率を上げるためには、どうしたら良いのでしょうか。ご担当者様のなかには、マーケティングの精度の向上のために様々な対策を考えている方もいるでしょう。

この章では、マーケティングの生産性を上げるための2つの方法についてご紹介します。

業務を整理する

まず、資料の作成・企画の創案・会議の実施方法などの、マーケティングに関わる周辺業務を整理しましょう。周辺的な業務が煩雑だと、本来の仕事であるマーケティングに集中できなくなるかもしれません。

マーケティングの分析手法を社内の業務にも適用して、業務を言語化・数値化・可視化するなどして、計算してみましょう。身近なところに業務効率化のヒントが見つかることもあります。

MA・CRMを導入する

マーケティングの効率化にはMAやCRMの導入も有効です。

MAとは、マーケティング活動をある程度まで自動化するシステムのことです。マーケティングの効果測定と結果解析・顧客情報の収集と蓄積・見込み顧客の育成などのプロセスを機械化することで、必要な工数を削減できます。

また、顧客数が多い場合でもプログラムが詳細にデータ分析を行えるため、顧客一人ひとりの関心に対応したコミュニケーションも可能です。

一方、CRMは、顧客との良好な関係を築くために、顧客関係管理を能率化するシステムを指します。顧客の動向を的確に管理し、自社と顧客との関係を維持・発展するための機能が、豊富に搭載されています。

生産管理・マーケティングの効率化に共通する点は「システム化」

生産管理とマーケティングの効率化には、「システム化」が欠かせません。

企業の内部には、ビジネスに必要なデータが豊富に存在しています。しかし、個々のデータの連携が統一されていなければ、必要なときに活用できず、データが無駄になってしまう恐れもあるでしょう。

システム化を行えば、有用な情報を適切なタイミングで活用できます。生産管理およびマーケティングの能率が上がらないとお悩みの場合は、システムの導入を検討してみることも一つの手と言えるでしょう。

全社的に業務をシステム化するなら「ERP」を導入しよう

ERPとは、「Enterprise Resources Planning」の略称です。企業経営において戦略上重要な、人・物・金・情報などのリソースを最適に配分して活用する計画を指す「統合基幹業務システム」を意味します。

生産管理部門やマーケティング部門を含めた全社的な情報戦略において、ERPは欠かせないものの一つです。

企業全体の業務を効率化できる

ERPは、生産管理システムを含めた様々な企業内業務システムを、一元的に統合して動作する仕組みです。導入することにより、現場から経営までの企業全体の業務の効率化を図れます。

ERPに含まれる業務システムには、生産管理や顧客管理、財務会計、人事管理、販売管理、マーケティングなどが挙げられます。いずれも、各部門でバラバラのシステムを導入していることが多くあります。

これらの各システムをERPで統一的に連携させることで、企業全体の組織力を強化して生産性の向上が期待できるのです。

情報を一元管理できる

ERPは、自社内の情報資産を一元的に管理できることも強みです。経営層は現在の自社の情報を速やかに把握できるため、意思決定の材料として使用できます。

さらに、現場レベルにおいても、情報の一元管理は有効です。システム間でデータの整合性が担保されるため、人的ミスを低減させられます。

例えば、調達価格が変わった際に調達部門でデータを変更すると、リアルタイムに会社全体の帳簿表示に自動反映できます。これにより、情報伝達の手間も省け、作業効率が上がります。

コア業務に集中できる

ERPによって、必要な業務は機械化し、従業員はコア業務に集中できます。

先ほどご紹介したように、情報の一元管理によって、データの入力・管理を従業員が行う必要もありません。スケジュールや工数を都度確認したり、擦り合わせたりする時間が削減できることで、本来するべき仕事に専念でき、働きがいや生産性の向上にもつながるでしょう。

ERPの新規導入はAIを活用できる「UMWELT」がおすすめ

生産管理とマーケティングを連携させたシステム化にERPの導入をご検討ならば、「UMWELT」がおすすめです。UMWELTは、様々なアルゴリズムを提供しているノーコードAIクラウドです。この章では、UMWELTをおすすめする理由をご紹介します。

生産管理やCRMなどさまざまなアルゴリズムを提供

UMWELTは、生産管理やCRMなど、常時100種類ほどのアルゴリズムを提供しており、現状の課題に応じて自由に組み合わせることができます。どんなデータでも簡単にアルゴリズムを構築できるため、企業ごとに独自の活用方法を作り出せます。これにより、マーケティングと生産管理の両面の効率化に期待できるでしょう。

具体的な機能は、以下の通りです。
・製造プロセスの最適化
・素材開発
・需要予測
・在庫管理
・データ分析
・CRM
・出店最適化
・自動シフト作成
・自動価格変動

コスト削減に最適

UMWELTは、高機能でありながらも、低コストであることが魅力の一つです。生産管理・マーケティングのコストだけではなく、クラウドの活用で導入コストを大幅に削減できることでITコストの削減にも役立ちます。業界最安水準の価格で、すぐに簡単に業務のシステム化を実現可能です。

安価な理由として、あらかじめセットアップして用意されたアルゴリズムを組み合わせて構築することが挙げられます。この方式により、業界最安水準のコンパクトな費用を実現しているのです。

さまざまなサポートを提供しているので安心

AIシステムの新規導入では、「導入後も上手に使いこなせるか」と心配する方もいるでしょう。TRYETINGは、作業代行やコンサルティングなどのサポートも充実していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせをもとにヒアリングを行い、ご納得のうえで導入できます。導入後はコンサルタントが伴走して、AI・DXの持つ高い効果が発揮できるように、解析をサポートします。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

この記事では、製造業における生産管理とマーケティングの密接な関連性について解説しました。生産管理やマーケティングを含めた業務の効率化には、システム化が有効です。

業務システムの導入をご検討ならば、ノーコードAIクラウド「UMWELT」がおすすめです。UMWELTは、御社のビジネス課題を解決して業務効率の向上が期待できます。ご相談フォームから、お気軽にご相談ください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。