MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

適正在庫の算出方法│考え方や押さえておきたい維持のポイントを解説

業務を行う上で切っても切り離せないのは「在庫管理」です。適正在庫とは、在庫が足りない・在庫が多いことが起こらないように管理することです。原材料や部品、商品などにおいて在庫を最適な数や量に調整することで、「在庫管理や発注などにかかるコスト」と、「欠品による販売機会の損失」の間で、最適なバランスを保つことが重要です。適正在庫の考え方や、在庫管理、適正在庫の維持の方法などについて知りたい方はぜひご一読ください。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

在庫管理が難しい4つの理由!課題を改善するための対処方法を解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

適正在庫の概要


事業運営においてとても大切な在庫管理。その最適な適正在庫とはいったい何なのか、適正在庫をキープするそのメリットとは何か?適正在庫の概念や、適正在庫を計算する見逃せないメリットなどを、詳しくお伝えしていきます。

適正在庫とは何か?

適正在庫とは、在庫管理が適切に出来ており、在庫を多く抱えてしまっている状態や、逆に在庫を少なくしすぎて欠品状態に陥ってしまうなどの問題が発生していない状態を指します。在庫を多く抱え込みすぎると、管理コストなどが多くかかってしまったり、欠品状態に陥ると、販売機会の損失といったリスクが考えられます。そういったコストやリスクを回避するためにも、適正在庫の考え方は非常に重要となります。

適正在庫を計算するメリット

適正在庫を計算するメリットは、欠品や過剰在庫を防ぎ在庫管理の健全化に繋がることです。適正在庫を計算することにより、その都度必要な在庫数が分かり、適量を発注することができます。また、キャッシュフローの健全化にも繋がります。在庫は、企業が未来の販売機会に投資した資産です。売れなければキャッシュフロー悪化につながりますが、適正在庫を計算し在庫管理をすることができれば、キャッシュフローは健全に保たれ業績向上にも繋がります。

適正在庫を算出する前に押さえたいポイント


欠品や過剰在庫を防ぐ適正在庫の算出方法にはたくさんのポイントや概念、手法があります。適正在庫の元となる安全在庫やサイクル在庫、在庫回転率などを利用した交叉比率など、利用するものはさまざまです。これらの利用方法や、概念などを分かりやすくまとめます。

適正在庫と安全在庫の違い

適正在庫のほかに、安全在庫という概念もあります。安全在庫とは、需要変動の中で不確定な要素も加味し、最低限かつ欠品にならない在庫量の合計です。対して適正在庫は、企業の利益の最大化を目的とし、欠品による販売機会損失を避けつつも、過剰在庫などによるコスト増加も抑えた利益重視の在庫管理です。このように、この二つの在庫管理は、欠品を出さない最小限で管理する部分は似ていますが、その目的に大きな違いがあります。

サイクル在庫とは

サイクル在庫とは、発注してから次に発注するまでの間に消費される在庫の半分のことです。毎月一回、一日一個消費するものを、月初めに30個発注するのであれば、サイクル在庫は15日間に消費される15個がサイクル在庫です。対して安全在庫は、需要やリードタイムに多少の変動があっても対応可能な量のことであり、安全在庫日数として数ではなく日数を利用して考えることもあります。このサイクル在庫と安全在庫を足し合わせたものが適正在庫です。いずれの数値も、市場の状態やこれまでの経験則を使い、ケースバイケースで予測を立てる必要があります。

交叉比率

交差比率とは、その在庫がどれだけ利益を上げているのかをみる指標のことです。計算式は「交叉比率=在庫回転率×粗利益率」です。在庫回転率が3、粗利益率が50%のときは、150になります。この数字が高ければ高いほど、その在庫は儲かっているということになります。つまり、交叉比率が高いほど、良い商品であると結論付けられます。これを利用して、交叉比率÷粗利益率から目標となる回転率を算出したり、目標売上÷回転率から適正在庫金額を算出することができます。

適正在庫の算出方法は主に2種類


適正在庫の算出方法は、その手法から二種類あります。実務的観点からのアプローチと、経営的観点からのアプローチです。この二つには、主にどの視点やデータから計算するのかといった違いが挙げられます。それぞれに向き不向きがあるため、シーンやデータを考慮しながら考えると効果的な計算ができます。

実務的観点から計算する方法

実務的観点から適正在庫を計算する方法は、顧客の需要に応える在庫数を満たす計算をするため、店舗などの現場向きの計算方法と言えます。計算方法は、「適正在庫数=一定期間の需要数+安全在庫数」です。この計算方法は、需要数から適正在庫を計算する方法です。一週間の需要数が40、安全在庫が20の場合、適正在庫は60となります。需要数から適正在庫を計算する方法は、シンプルで在庫切れの心配がないことがメリットとしてあげられます。しかし、想定よりも売れない日が続くと過剰在庫を抱えてしまうデメリットもあります。

経営的観点から計算する方法

経営的観点から計算する方法は、実務的なデータを使うのとは違い、きっちりとした売上や在庫データなどから導く方法です。ここでは二つ求めるものがあります。まずは在庫回転率です。在庫回転率は、ある一定期間にどれくらい在庫が回転したかが分かる指標です。つまり、1年である必要はなく、任意の期間で計算することができます。計算式は「在庫回転率=売上原価÷平均在庫金額」です。次に在庫回転日数です。在庫回転日数は、在庫回転率を日数に直し、感覚的に分かりやすくしたものです。在庫回転日数は、「在庫回転日数=日数÷在庫回転率」で出すことが出来ます。

適正在庫を算出する際の注意点


適正在庫を算出するにあたって、注意すべき点がいくつかあります。これら注意しないと、適正在庫を求めている意味がなくなったり、不十分な予測になってしまう場合があります。それを防ぐためにも、きちんとした検証とデータに基づいて行うと効果的な施策になります。

1年間の平均在庫規模で算出する

適正在庫を決めるときは、1ヶ月や1シーズンなどの短い期間ではなく、最低でも1年間の長期スパンを見て在庫の変動を追跡し、平均在庫を求めてから計算するようにしてください。もし短いスパンで計算を行い発注してしまうと、不十分なデータによる予測は外れ、欠品や過剰在庫になってしまう恐れがあります。それを防義、業績に繋げるためにも長いスパンでデータを収集するということは極めて重要です。

最適化は定期的に行う

一度適正在庫の値を定めたら、一定期間はその値で運用すると良いでしょう。そうして在庫の過不足が減れば業績アップにつながります。しかし、過剰在庫や欠品が防げない場合は、再度計算し直し最適な値を定めるようにしましょう。また、最初は上手くいっている場合でも、一年後も同じ状況とは限りません。市場変化や顧客の変化に対応するためにも、定期的に最適化を行いましょう。

適正在庫を維持するポイント


適正在庫を維持するには、多くのポイントやアプローチがあります。発注や需要予測、リードタイムなど、在庫管理にまつわることが多く関わってきます。ここでは、それぞれのポイントやアプローチ方法を詳しく解説していきます。

発注面からのアプローチ

発注には、大きく分けて二つの方式があります。定期発注方式と、定量発注方式です。定期発注方式とは、毎月1日に発注するといった定期的な発注のことを指します。発注時期が在庫量に左右されない分、発注量を毎回決めるため手間がかかります。発注ごとに需要をしっかりと予測する重要商品に対して用いられる方式です。対して定量発注とは、あらかじめ発注のタイミングとなる在庫量を定め、在庫量がそれを下回った際に発注するといった方式です。毎回需要予測をしないため、安定した需要があるものに適用されます。

需要予測からのアプローチ

需要予測とは、その名の通り需要がどの程度見込まれるのかという指標のことです。需要予測の精度を上げることで、過剰在庫や欠品などを防ぐことが出来ます。在庫トラブルを防ぐには、この需要予測の精度を向上し、より確実な適正在庫も求めることが重要です。そのため、過去の販売実績や顧客情報などをもとに、データを分析し計算することが大切です。

リードタイム面からのアプローチ

リードタイムとは、発注から納品までの時間のことを言います。リードタイムが長いと、それだけ顧客を待たせることになるため、できるだけ多くの在庫を持ち続けることになってしまいます。そうなると、多くの在庫に対してコストがかかってしまいます。そのため、リードタイムを短くすることで、過剰発注を防ぎ健全な在庫管理を行うことが出来ます。例えば、発注先と発注計画書を見直したり、人材の再配置などを行うことで、効果が表れてきます。

適正在庫管理システムを導入するなら「UMWELT」がおすすめ

適正在庫をシステム化し、AIによるアルゴリズムに基づいた予測を行うことによって、安心・確実な在庫管理業務を行うことが出来ます。

  • 自動市場予測
  • 在庫管理
  • 発注管理
  • データ分析

など、日々の業務を最適化・効率化できる内容に富んでいます。また、「UMWELT」は、特定のスキルがなくても利用できるよう事前にシステムが構築されており、プログラミングやネットワークなどの難しい知識がない方でも簡単にシステム構築、導入や作業を行うことができます。
日々の発注・在庫管理業務でお悩みの方は、ぜひUMWELTをお試しください。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

在庫管理や需要予測、発注など大変な日々の業務。今回はそれに役立つ適正在庫という概念や、安全在庫などについてまとめました。これによって、より確実な在庫管理ができ、コスト削減や売上アップに繋がるでしょう。また、これを自動化できるUMWELTもぜひお試しください。日々の大変な在庫管理を、AIが自動でデータに基づき行ってくれます。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。