MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

クラウド型の生産管理システムの特徴やメリット!導入のポイントとは?

クラウド型の生産管理システムとは、原料の購入や生産の計画を管理するシステムのことです。システムを利用することにより、生産する際の工数を見える化し、生産、出荷の適切量を分析によって予測、反映できるようになります。

では、クラウド型の生産管理システムを業務に導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?本記事では、クラウド型の生産管理システムを導入するメリット、デメリットや、導入後のトラブルや失敗を防ぐための選び方のポイントについても解説していきます。これから導入を検討されている方は、参考にしてください。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

生産管理システムの自作方法とメリットは?自社開発での課題と解決策も解説

article-banner-umwelt

クラウド型の生産管理システムを導入するメリット


クラウド型生産管理システムを導入する前に、どんなメリットがあるのかは知っておきたいところ。クラウド型の生産管理システムを導入するメリットについて、それぞれ紹介していきます。

手軽に導入しやすい

クラウド型の生産管理システムは、ベンダーが運用するサーバへインターネット経由でアクセスし、システムを利用します。そのため、自社内にサーバー設置やシステムの保守管理をする必要がなく、手軽に導入しやすいなどのメリットがあります。

コストを抑えられる

クラウド型の生産管理システムは、ライセンス単位の月額料金のみが基本であるため、サーバ構築費や保守管理費、サーバー費用がかからず、コストを最低限に抑えて利用できるメリットがあります。

バージョンアップができる

クラウド型はインターネット上でバージョンアップができるため、システムのバージョンアップやメンテナンスの手間がかからず、常に最新のバージョンを利用できるメリットがあります。万が一システム障害が発生したとしても、すぐに復旧作業を進めてくれる面も安心です。

クラウド型の生産管理システムを導入するデメリット


クラウド型の生産管理システムを導入することでコスト、手間を省けるなどのメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。クラウド型の生産管理システムを導入するデメリットについて、今から紹介していきます。

パッケージやオンプレミス型のほうがコストが低くなる場合がある

クラウド型の生産管理システムは月額料金システムのため、長期間に渡って利用し続ける、または利用規模が大きくなるほどコストがかかります。利用規模が大きい、またはライセンス数が多くなる、長期間利用の可能性がある場合は、買い切り型のパッケージソフトやオンプレミス型のほうが結果的に安く済む可能性もあります。

セキュリティ面に注意が必要

クラウド型の生産管理システムでは、システムのセキュリティに関しては自社内で管理できません。そのため、もしベンダーのサーバーへ不正アクセスなどのトラブルが起こると、情報漏えいにつながる恐れがあります。

トラブルを未然に防ぐためにも、導入前にはセキュリティ機能を十分にチェックして、問題がないかどうかを確認しておく必要があります。

クラウド型の生産管理システムは無料でも良い?注意すべき点


クラウド型の生産管理システムはインストールの必要がなく、インターネット環境さえあればどのデバイスからでもアクセスでき、なかには無料で利用できるものもあります。しかし、無料のサービスにはデメリットも存在するため、利用前に注意する必要があります。無料のクラウド型生産管理システムを利用する際に、注意すべきポイントについて解説します。

機能が限定的なケースがある

無料の生産管理システムのなかには、利用できる人数、機能に制限が設けられている場合があります。無料の販売管理システムを利用する際には、あらかじめ自社の業務に必要な機能、利用人数を確認しておきましょう。

サポート体制が整っていないケースがある

無料の生産管理システムのなかには、サポート体制が整っていないケースがあります。そのため、システム利用時にわからないこと、不具合があっても対応してもらえない可能性があります。もし利用する場合は、社内にシステムのインストール、メンテナンスなどが行えるシステム専任者など、ネットワークに詳しい知識を持つ人材が必要です。

クラウド型の生産管理システムを導入するポイントは?


クラウド型生産管理システムを導入する際には、特徴を活かして効果的に運用することが大切です。クラウド型の生産管理システムを効果的に運用するために押さえておくべきポイントについて解説します。

自社の生産方式に合わせて選ぶ

クラウド型の生産管理システムは、対応している生産方式によってそれぞれ異なるため、自社の生産方式に合っているものを選ぶようにしましょう。また、生産方式にはそれぞれ以下のような種類があります。

  • ライン生産方式:作業員を一連化させて単一の製品を大量に製造する。
  • セル生産方式:少数の作業員がU字型の組立台で製品を最後まで完成させる。
  • ロット式生産方式:製品を決められた数量でグループ分けし、その数量単位で生産を行う。

導入する際には、自社がどの生産方式、管理方式であるのかを確認した上で、それらにマッチしたシステムを選別することが大切です。

セキュリティ強度の高いシステムにする

クラウド型生産管理システムは、クラウドという性質上、ハッキングによる情報漏洩リスクがあります。導入時には、情報漏洩などのトラブルを発生させないためにも、システムのセキュリティ強度の検討が大切です。たとえば、不正アクセスがあった場合に侵入者の痕跡を残せるログ管理機能、アクセス権限を特定の人物に絞れる機能が備わっているかなどを導入前にチェックしましょう。

導入する目的を明確にする

生産システムを導入するには、何のために導入するかの目的を明確化することが大切です。とくに生産管理の効率化には、製造業の流れ全体をチェックした上で、無駄がないよう管理、改善する必要があります。導入前には、まず「何のために導入するのか?」を明確にしておきましょう。

段階的な導入計画を立てる

生産管理システムを最初から全社的に導入すると、事前に予測していないトラブルが起こる可能性があります。または、システムの導入プロジェクトに調整を加え、何度もカスタマイズする必要が求められることもあります。導入後に発生するリスクを軽減させるためにも、生産管理システムを段階的に導入し、問題がないか、効果を部分的に検証するなどして、少しずつ導入範囲を拡大していくと良いでしょう。

また、生産管理システムは社内全員が利用できるようにすることで業務効率化が進むため、管理者だけでなく、経営層を始め会社全体で共通認識をもって導入を進めていくことが大切です。中小企業においては生産管理の責任者が経営者、管理者であることが多いですが、別な場合は事前に経営層に協力を頼むことで導入がスムーズに進みます。トップダウンでプロジェクトが進むよう、経営層にも協力を求めていきましょう。

クラウド型の生産管理システムならUMWELTで決まり!

クラウド型の生産管理システムであればシステム構築、運用の手間がかからずに導入コストを抑えられるため、導入しやすいなどのメリットがあります。しかし、クラウド型の生産管理システムはクラウドであることから、情報漏洩などのリスクも伴うため、扱うにはインターネット、ネットセキュリティにおける知識が必要となります。

そこで、ネットワークにおける知識がない方にもオススメなのが、TRYETINGが提供するノーコードAIツール「UMWELT」です。UMWELTは誰でも簡単にシステムが構築できるように、常時100種類ものアルゴリズムが搭載されています。

それらをまるでレゴブロックのように自由に組み合わせることで 「どんなデータでも」「簡単に」「高度な」アルゴリズムを構築することができるため、誰でも簡単に求めている生産管理システムを構築できます。 

また、UMWELT はノーコードという性質から、APIを介して接続するため、既存システムをAI化できます。企業ごとに異なるデータフォーマットをUMWELTが「標準化」することにより、あなたの会社だけの活用方法を作り出すことができます。

既存システムには手を加えないため、煩わしい社内調整のコストも最小限で済みます。さらに、導入、導入後はコンサルタントのサポートがあるため、ネットワークやプログラミングの知識がない方でも安心して利用できます。

まとめ

クラウド型の生産管理システムを導入することで、自社の受注状況や売上予定を予測し、商品の販売や管理、仕入をサポートできるようになります。さらに、棚卸一覧表、在庫調整一覧表などの帳票発行もおこなうことができ、在庫切れ状態を防ぐほか、予測によって経営層が素早い経営判断、指示をおこなうことが可能となります。

しかし、生産管理システムはクラウド型であることから、情報漏洩などのリスクもあり扱いにはネットワークにおける知識がある人材が求められます。さらに、有料であれば、長期間の利用、利用規模が大きくなるとコストがかかる点も懸念されます。無料サービスであれば、サポート体制が準備されていない、利用できる機能や人数に制限があることもあるため、十分に活用できない可能性があります。

TRYETINGが提供するノーコードAIクラウドサービス 「UMWELT」であれば、特定のスキルがなくても利用できるようあらかじめシステムが構築されているため、ネットワークやプログラミングの知識がない方でも生産管理システムを構築、利用できます。知識のない人でも利用できるため、社内全員が生産管理システムに携わることができ、会社全体で共通認識をもって導入できます。

利用料金は業界最低水準の価格設定、さらに導⼊、維持費⽤が不要のため、コストを最小限に抑えて利用可能です。UMWELTで生産管理システムを構築、利用して、業務の効率化、生産性を高めていきましょう。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。