MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理の業務フローを徹底解説!課題や作成時のポイントは?

製造業における生産管理とは、製造工程の全体的な管理を行う重要な業務をさします。生産管理をスムーズに行い、業務の円滑な実施や改善などを行うには、業務フローの作成が必須です。業務フローの作成は、企業の経営や業績に直結するため、作成前に課題やポイントなどを把握しておきましょう。今回の記事で、生産管理における業務フローについて解説します。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

生産管理ソフトで業務効率化!導入するメリットや選び方を解説

article-banner-umwelt

生産管理の業務フローは6つある


生産管理の業務フローは、大きく分けて6つあげられます。各フローの内容を理解し効率の悪い工程を改善すると、生産性の向上が目指せます。ここでは具体的なフローの内容を紹介します。

顧客からの注文を管理する「受注管理」

受注管理は、顧客から受けた注文を管理しますが、見積もりの作成や契約内容の情報管理も、受注管理の業務に含まれます。受注する時は、一般的に見積もり・合意・契約の流れで進められるため、見積もりと契約は受注管理の重要な業務です。受注管理は、業務フローの最初の段階です。後の業務を適切に行うには、特に受注管理の業務について正確性が求められます。

生産能力を把握して作成する「生産計画」

受注管理の業務が完了したら、受注内容に応じた生産を行うための生産能力(生産に関わる人員の確保・自社が持つ技術・設備のキャパシティなど)を把握します。受注内容に対して・どのくらいの人員が必要なのか、どの設備を使うと良いのか、生産完了までの期間はどのくらいかかるのかなど、生産に関わるあらゆる要素をふまえながら、生産計画を立てることが必要です。

生産計画を実行するための「生産指示」

生産計画が決まった後、計画に沿って生産を始めます。この時、指示の内容によって、指示を出すタイミングを調整しなくてはいけません。指示を出す前に、部品などの在庫状況や人員確保の達成状況などを把握しておく必要があります。ただ指示を出せばいいのではなく、工場内の生産能力を把握考慮した上で、適切なタイミングでの指示を心がけましょう。

商品を出荷するための「出庫指示」

生産計画が順調に進み、出庫に必要な製品数が揃ったら、出庫指示を出します。顧客に製品を届けるべきタイミングから逆算して、出庫指示を行うことが重要です。次に紹介する出荷管理との関係も深い工程であるため、出庫指示と出荷管理をセットで取り組むと効率良く進められます。

出庫が正常かを管理する「出荷管理」

出庫指示を出した製品が正常に出荷されたか、配送ルートはどこを通っているのか、顧客に届いたかなど、製品が顧客に届くまでの流れを管理します。万が一、配送工程でトラブルが発生した際、スムーズに動くためのフローです。

製造している製品数や取引先が多い企業は、出庫が少しでも遅れてしまうと、納期に多大な影響をおよぼすおそれがあります。そのため、製品がある位置や出庫スケジュールなどを、ひと通り把握しておかなくてはいけません。

生産計画に沿った製造が出来ているかを確認する「進捗管理」

これまで紹介した5つのフローがそれぞれ関わり合いながら、生産計画に対して適切に進められているかを管理する工程が、進捗管理です。どこかの工程がひとつでも遅れてしまうと、業務フロー全体に影響がおよびます。工程全体を管理し、計画通り生産が進んでいるかどうかを管理する重要な業務です。

生産管理における3つの課題


ここまで紹介してきた6つの生産フローは、実際に現場で適切に稼働していないケースが多く見られます。そのため、生産管理における課題の解決に繋がりにくいのです。具体的にどのような課題があるのか、3つ解説します。

生産方式によって管理が異なる

製造業における生産方式は、「受注生産」と「見込み生産」の2つに分けられます。受注生産は、受注した数だけ製造する方式で、余分な在庫は発生しないのですが、出荷まで時間を要します。見込み生産は、受注するよりも前に製品を製造し受注時点で在庫があるため、早い出荷が可能です。ただし、在庫よりも受注数の方が少なければ過剰在庫となってしまいます。

どちらの生産方式が適しているかは、企業の方針や製造している製品などによって異なります。生産計画の立て方も変わってきますので、十分な検討が必要です。

生産管理が機能しない場合がある

製造現場の管理者が、生産管理の業務フローを理解しておらず、生産管理のシステムそのものが機能していない企業も少なからず見受けられます。システムが機能しないと製造工程が明確にならないうえ、発注数や出荷先の間違いにも繋がりかねません。まずは管理者が生産管理についての理解を深めなくてはいけません。

ヒューマンエラーが発生することがある

生産管理を手作業で行う企業も多いのですが、手作業ではどうしてもヒューマンエラーが起こりがちです。情報の入力ミスや各部門との情報共有も遅れ、連携が測れなくなってしまいます。手作業では、ヒューマンエラーを100%回避することは困難ですので、リスクを十分心得ておく必要があります。

生産管理の業務フローを作成する際のポイント


生産管理の業務フローを作成するときには、現場の社員に業務フローの重要性を周知しておかなくてはいけません。こうすると業務フローを最大限に活かせるようになるでしょう。次のポイントに注意しながら作成すると、効果的です。

業務内容を明確化する

作業ひとつをとっても、業務内容は多岐にわたります。業務フローがない状態では、社員によって業務内容の捉え方が変わってしまいます。業務フローの作成により、ひとつの作業に対する業務内容を明確化することが大切です。こうすることで作る目的も明確にでき、作業の滞りを防げます。

部署や工程の内容を把握しておく

業務フローには、部署や工程の内容を組み込む必要があります。部署ごとで製造工程が異なるため、作成者がそれぞれの部署や工程の内容を把握することが大切です。作成者が内容を理解していなくては、最適な業務フローの作成ができなくなります。工程の時系列を把握した上で、フローの作成を進めましょう。

誰が確認してもわかる内容にする

業務フローは、作成した本人のみが理解できるだけでは、現場で役立てられません。誰が見ても理解できる内容に仕上げることが重要です。一度作成しても、社員の意見を聞いたうえで、分かりにくかったり見づらかったりする部分があれば、逐一修正していきましょう。

生産管理ができるUMWELTで業務効率化を!

的確な生産管理を行い、製品のスムーズな生産を行うには、ノーコードAIクラウド「UMWELT」が効果的です。「UMWELT」は、未来予測や機械学習をもとにした「在庫生産管理システム」を搭載しています。AI による学習や推測の技術を基として、在庫管理業務を自動化しながら在庫数の精度向上を図り、回転率の向上を可能としました。

「UMWELT」の導入は、求める機能を組み合わせるだけの簡単操作であるうえ、企業様に導入されている既存システムの活用が可能です。「UMWELT」の活用により、生産管理の業務効率化を図るために、まずは一度お気軽にご相談下さい。

まとめ

業務フローの作成は、スムーズな生産管理を行う絶対条件であり、企業全体の業務効率化にも関わります。今回紹介した課題やポイントは、どれもフロー作成に欠かせないものばかりです。「UMWELT」の導入で得られるメリットは大きく、かつ導入方法は大変シンプルです。「UMWELT」の製品概要や導入後の効果などを知っていただくために、まずは資料をダウンロードいただくか、もしくは弊社までお問い合わせいただければ幸いです。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。