MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

生産管理

生産管理における目標設定の意義を解説│目標の種類や設定のポイントは?

多くの生産現場では、年度や四半期ごとに目標設定を行い、そのための施策を講じていると思います。しかし、毎回同じことの繰り返しや、具体的な施策を行えていない、努力に対して目標達成率が低いなど、さまざまな問題を抱えているところが多いと思います。今回は、そういった方に向けて、効果的な目標設定や施策を解説していきたいと思います。

▼更に生産管理について詳しく知るには?
生産管理の仕組みや役割とは?業務フローでの課題や効率化する方法を解説

article-banner-umwelt

生産管理における目標設定の重要性


目標を設定せずに生産を続けていては、生産性を向上させるどころか、現状維持するだけで精一杯になり、いずれ他の企業との競争に敗れてしまいます。適切な目標設定をすることで、生産性を向上させるためには何をすべきかが明確になり、具体的なアクションを起こせるようになります。

目標設定は全体目標と個人目標がある


目標設定には、全体で共有する目標と、個人がそれぞれ設定する目標があります。適切な目標設定は、目標を達成するためのマイルストーンを明確にし、チームや個人に生産性向上などの良い影響を与えます。それぞれに目的や効果があるので、詳しく解説します。

全体の目標設定とは

チームや会社で目標を立てる際、重要となるのは全体の目標です。生産性や品質の向上・生産リードタイムの短縮といったKGI(Key Goal Indicator)を立てるのが効果的です。KGIは、企業の経営戦略やビジネス戦略を、何をもって成功とするかという指標のことです。KGIを設定することで、具体的な施策を立てることができ、効果的な目標設定にすることが出来ます。

個人の目標設定とは

チームや会社で目標を達成するには、全体の目標だけでは乗り切ることはできません。ここで重要なのが個人の目標設定です。個人の目標設定をすることで、自ずと問題解決意識が芽生え、それぞれが問題解決に向けて動き出してくれる可能性があります。このように、全体の目標を決めてチームのゴールを定め、個人の目標によって問題解決を促すことが出来ます。

生産管理で目標を達成するための4つの手順


目標を管理し達成するためには、四つの手順が重要です。現状や改善点を把握し、SMARTを使って目標を設定し、施策を実施。その後、フィードバックの場を設けることが大切です。その一つ一つを解説します。

1.現状と改善点の把握

まずは現状のどこが課題なのか明確にし、把握することが重要です。現状のどこが問題なのか、従業員の抱える課題は何なのかを知ることから、目標設定は始まります。工場内を見回り、従業員にヒアリングするなどして、現状の問題点把握に努めることが大切です。課題を抽出して特に重要な課題から取り組んでいくことが大事です。

2.目標設定

1で特定した改善すべき課題を解決すべく、目標設定を行います。目標設定において重要なことは、SMARTと呼ばれる五つのポイントです。具体的(Sprcific)であり、評価測定(Measurable)ができ、再現性(Achievable)があり、本当に必要な目標(Resultorieted)であり、期限がある(Time-bound)ことです。これらに該当しない目標を設定してしまうと、施策が本質から外れたり、モチベーションが上がらなくなったりします。それを防ぐためにも、SMARTを意識していくことが大切です。

3.目標設定のための施策を実施

目標が設定できたら、次は施策を講じていきます。ここでのポイントは、より優先順位の高い大きく重要な課題からリソースを割いていくことです。全ての目標を同時並行で進めようとすると、リソースが分散しスピードが不十分になってしまいます。まずは優先順位を決め、優先度の高いものから一つ一つ取り組んでいくことが重要です。

4.結果を確認して次の目標を検討する

目標を立てる際には期限を決めておき、期限ごとに目標の達成結果を確認します。目標が達成できなかった場合もできた場合も、データをもとに分析し、しっかりと検証していくことが重要です。目標は設定して終わりではなく、期限ごとに分析やフィードバックすることが大切です。目標設定と施策を繰り返すことで、継続的により良くしていくことが可能になります。

目標を設定する際のポイント


目標設定のポイントは、全体と個人の場合で分かれます。それぞれに違うポイントや目的があるため、一つ一つ意識することが重要です。また、全体と個人には相関性があり、片方だけを改善しても大きな改善には繋がりません。ここではその違いや大切なことについて解説します。

目標設定のポイント:全体目標の場合

全体目標の場合における、目標設定のポイントは、改善すべき点を明確にすることです。何を改善すべきなのか明確にすることによって、ゴールが定まり、向かうべきところが見えてくるためです。合わせて、改善するための行動指標を決めることで、どういった施策が有効なのかをあらためて認識することが出来ます。

目標設定のポイント:個人目標の場合

個人目標の設定は、全体の目標達成にも必要不可欠な要素です。個人がそれぞれ目標を持てば、自ずとそれを解決しようとする意識が芽生え、全体の生産性向上などにも繋がります。目標設定は、全体よりもかみ砕き、具体的に詳細を決める方が効果的です。こうすることで、全員が細かな目標に向けて取り組むことにより、全体的な生産性向上に繋がります。

設定した目標を達成するための5つのポイント


ここでは、目標や進捗の見える化や5S、PDCAサイクルなどの目標設定に際する役立つ知識、目標を達成するために気をつけるべき五つのポイントなどを解説します。これらを導入することで、的確な目標設定をすることができ、効果的な施策を行うことが出来ます。

目標のゴールは具体的な数字で示す

目標のゴールは定性的なものでは無く、定量的な数字を用いて設定することが重要です。定性的なものだと、目標にブレが生じて、達成に向けた効果的な施策が行えない可能性があります。そのため、目標は定量的なものにし、数字で見てわかるゴールにすることが大切です。そうすることで、具体的な施策を立てることができ、改善に繋げることが出来ます。

現場の見える化をする

目標達成において、「見える化」はとても重要です。管理者だけでなく、全スタッフが行動の成果や進捗を共有することで、、モチベーション向上に繋がり、目標達成に影響します。全てのスタッフが簡単に閲覧できるよう、データ化や張り出しなどを行うことや、生産管理システムなどを導入してタイムリーな情報も閲覧可能な状態にしておくことが重要です。

5Sを徹底する

5Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」の五つのことです。これらを気をつけることで、業務の効率化やモチベーション向上に繋がり、事故発生率などにも影響するため、5Sは非常に重要な要素です。例えば、ゴミが散乱している現場では、モチベーションが上がらなかったり、道具が整頓されていない状態だと、業務効率化に繋がりません。5Sは、工場の生産管理において大切な要素の一つになります。

PDCAを繰り返し行う

目標達成のためには、設定後にPDCAのサイクルを繰り返し行うことが大切です。PDCAとは、Plan(プラン)、Do(実行)、Check(チェック)、Action(行動・改善)の4つのことで、このサイクルを繰り返すことで、業務をより良い状況にしていく手法です。予測よりも成果が得られない場合は、プランに無理はないか、実行されているかなどを、常に見直す必要があります。目標を達成するための調整を繰り返し行っていくことが大切です。

目標は管理者が決める

個人目標や部門目標などは、全体目標のために設定する目標です。スタッフなどに任せきりにせず、管理者が主導し決定します。部門長やスタッフなどの個人が目標を設定すると、全体目標との乖離が起きてしまったり、個人の利益が優先されてしまうなどの問題が発生します。個人の意見を取り入れるのも大切ですが、管理者がリードし、全体目標とのすり合わせを行うことが大切です。

目標設定を効率的に管理するにはシステムのDX化が大事


目標設定を行うときや、目標を達成する上で、効率的に管理を行うにはシステムのDX化が有効です。DX化をすることで、業務の見える化や、データ分析、PDCAサイクルなどを効率的に行うことができます。また、事業やビジネスモデルの最適化にも貢献し、データから導き出された情報をもとに、事業やビジネスモデルをより良い方向へと変えていきます。

UMWELTなら専門知識がなくても手軽にDXを導入できる

目標管理やデータ分析など、目標達成に向けたさまざまなサポート要素が充実しており

  • 自動市場予測
  • 需要予測
  • CRM
  • データ分析

など、日々の業務を最適化・効率化できる内容に富んでいます。また、UMWELTは、特定のスキルがなくても利用できるよう事前にシステムが構築されており、プログラミングやネットワークなどの難しい知識がない方でも簡単にシステム構築、導入や作業を行うことができます。日々の目標管理や施策改善でお悩みの方は、ぜひUMWELTをお試しください。

まとめ

目標設定や目標達成に向けた施策など、ゴールに向けたマイルストーンを設定する目標管理。目標設定のコツや達成のための手法をこの記事ではお伝えしました。これによってより良い目標設定や、効果的な施策が行えるでしょう。また、業務の効率化やDX化に興味のある方は、ぜひUMWELTをお試しください。大変なデータ分析や目標設定に役立つ予測などを、正確に提供してくれます。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。