MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

CRM(顧客管理)

CRM with ERPとは?特徴やメリットを徹底解説します!

「CRM」と「ERP」この2つは双方ビジネスに欠かせないものでありながら、混同されやすいものです。この2つの製品は目的や扱う情報に違いがあります。 ここでは CRM と ERP双方の概要と違い、導入のメリットやデメリットなどを解説していきますので、 CRM やEPRを導入したいと考えている人は参考にしてください。

▼更にCRMについて詳しく知るには?
【効率化】CRMの基本と導入のメリットを解説!選ぶ際のポイントも紹介

article-banner-umwelt

CRM with ERPの特徴

CRMとERPにはそれぞれ異なる特徴があります。CRMは顧客関係情報を管理し、マーケティングやプロモーション活動に役立てることができます。一方ERPは業務アプリケーションの統括を行い業務を効率化することができます。それぞれの特徴を把握し、導入を検討してください。

CRMとは?

CRM(Customer Relationship Management)とは顧客関係管理を意味する言葉です。顧客情報や顧客との関係性をAIによって管理できます。具体的には、顧客の基本情報の管理や分析、営業活動の記録などを行います。氏名や職業、連絡先といった基本情報だけでなく、商品の購入履歴やクレーム対応まで記録することでより細かく顧客のニーズを分析し、マーケティングやプロモーション活動に役立てることができます。

ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Plannnig)は、業務アプリケーションの統合管理を行うシステムのことです。日本語では統合基幹業務システムと呼ばれます。従来はバラバラで管理されていた人事、会計、製造、営業などのアプリケーションを統合管理し、他部署との情報共有の促進やデータの二重入力を防止できるのが特徴です。

CRMとERPの違い

CRMとERPの違いは、その目的にあります。EPRは企業全体のシステムを統合管理することで、経営を効率化します。対してCRMは顧客についてより詳細なデータを把握し、顧客ニーズを満たすことが目的です。ERPには顧客管理の業務も含まれていますが、CRMのように顧客との関係性まで把握した情報はあまり含まれません。こうした目的の違いからERPは主にバックオフィス業務、CRMは主にフロントオフィス業務を担当しています。

CRMを導入するメリット・デメリット

CRMを導入するメリット・デメリットを紹介します。

CRMを導入するメリット

CRMを導入する主なメリットは以下の3つです。

  • 顧客情報の共有
  • チームとしての営業活動の促進
  • 顧客情報の活用

細かい情報を一括で共有することにより個人間や部署間の情報共有を円滑に行います。営業個人の顧客情報や進展を全体共有は、チームとしての営業活動は業務効率化にも繋がり全体の業績にも貢献できます。

CRMを導入するデメリット

CRMを導入する主なデメリットは以下の2つです。

  • CRMとセキュリティシステムの導入コストがかかる
  • CRM運用のための社内研修や業務フローの見直しが必要

CRMの導入には初期費用や月額費用などのコストが発生します。このような費用に加えて、CRM運用のための社内研修や業務フローの見直しを行う負担も必要です。また顧客の個人情報を共有するため、個人情報の漏洩には細心の注意を払う必要があります。導入する際はパスワードの徹底管理や、紛失時の対応設定、ウィルス対策の強化を行いましょう。

ERPを導入するメリット・デメリット

ERPを導入するメリット・デメリットを紹介します。

ERPを導入するメリット

ERPを導入する主なメリットは以下の2つです。

  • 組織全体の業務効率の向上
  • リアルタイムでデータを可視化

ERPを導入することで、組織全体の業務効率の向上とリアルタイムでデータが可視化できます。また業務アプリケーションを統一することによって、さまざまなデータを一度にチェックすることでき、組織全体の作業効率も上がります。リアルタイムでデータを可視化できるので、企業が保有する情報を迅速に分析しやすいのも特徴です。

ERPを導入するデメリット

ERPを導入する主なデメリットは以下の2点です。

  • ERPの導入コストがかかる
  • 社内での意識の統一が必要

ERPの導入には、統合する各システムの費用に加えてERP自体を導入するコストも必要になります。オンプレミス型であれば構築時の費用やアップグレード代がかかりますし、SaaS型であれば月額利用料とアカウントごとの追加代金が必要です。また、ERPの運用は正確で質の高いデータのもとに成り立ちます。従業員一人一人がERPの重要性を理解しデータの入力作業を行わなければ、導入の効果が薄くなってしまうため社内での意識の統一が必要です。

CRMとERPならどちらを選べば良い?

CRMとERPは使用する目的やメリットが異なります。戦略的な営業活動・顧客満足度の向上が目的ならCRMが適していますし、スピーディーな経営分析や全社的な情報活用の促進ならERPが最適です。ERPならどちらを選べばいいか迷う場合は、企業が持つ方針や課題に適した方を使用しましょう。

CRMやERPを導入する際のポイント

CRMやERPは導入する際にポイントを抑えることでより活用することができます。導入する際のポイントは主に3つあります。企業の課題を明確化すること、ツールの持つ機能を確認すること、セキュリティ対策ができるか確認することです。ここではポイントごとに具体的な方法を紹介します。

企業の課題や目的の明確化をする

まずは企業の課題や目的を明確化することが大切です。CRMやERPの目的は、企業の課題解決であり導入すること自体ではありません。顧客情報や営業の進捗が共有されていない、より顧客にあわせたマーケティングを行いたい場合はCRMを、他部署との連携を効率化したい場合にはERPを導入しましょう。どちらを導入する際も、まず初めに課題の内容を明確にしてください。

ツールの機能を確認する

CRM とERP各ツールの機能の確認も必要です。「何ができて何ができないのか」「使いやすいかどうか」を正確に把握しましょう。営業システムをなんとなく導入するだけでは、無駄な機能に費用がかかってしまったり、うまく使いこなせなかったりする可能性があります。実際の活用事例を見て課題解決のための機能が使用できるのか確認しましょう。

十分なセキュリティ対策ができるかを確認する

CRM とERPも社員や顧客の個人情報や、企業の機密情報を取り扱いますので、セキュリティ対策は必要不可欠です。社内の意識を高めるだけでなく、ツールのサービス提供会社のセキュリティ対策も確認しておきましょう。

CRM with ERP|連携が戦略的運営のカギ

CRMとERPは連携することでより大きな効果を発揮します。顧客分析力を生かしたCRMはマーケティング戦略を練ることに適していますし、事業全体を統括することができるERPは経営プランを立案することに適しています。CRMによって顧客にあわせた商品の立案、製造、販売を行いERPによる在庫管理や財政把握によって営業をバックアップするといったように、CRMとERPの2軸で運営していくことが大切です。

UMWELTはデータ分析や顧客満足度の向上に活用できる!

CRMやERPの導入を検討しているのであれば、TRYETINGの「UMWELT(ウムヴェルト)」がおすすめです。UMWELTはデータ分析や来店予測など、さまざまな機能を組み合わせることで、会社オリジナルのシステムを構築できます。CRMの機能である需要予測や広告効果の予測の機能も搭載していますので、顧客満足度を上昇させたいと考えている場合は、UMWELTの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

CRMは顧客関係管理を行い営業やマーケティング活動に役立ち、ERPは業務アプリケーションを統括し事業効率化や経営戦略の制作に役立ちます。それぞれ目的やできることが違うので、企業の課題や目的にあわせて利用しましょう。TRYETINGのUMWELTはCRMの機能を搭載し、顧客満足度の上昇に役立てることができます。利用を検討している方は下記ページからお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。