MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

企業のAI化は進んでいる?ビジネス活用のメリットと導入事例

近年ビジネスの現場にAIが導入されるようになりました。このようなAI化によって経済格差の進行や雇用形態の変化が予想されます。AI化によってさまざまな変化が予測される現代社会において、AIの進展について知ることはビジネスを進めていく上で非常に重要なポイントです。今回は企業のAI化の現状やAI化によるメリット、AIが雇用に与える影響などを紹介します。
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

企業のAI化はどのくらい進んでいる?

AIとはいわゆる人工知能のことです。人の脳を人工的に再現したもので、AIによって今までの機械ではできなかった複雑な作業が可能になりました。近年ではビジネスへの導入も進められています。ここではAIとAI化の現状について説明します。

そもそもAIとは

AI(Artificial Intelligence)とはいわゆる人口知能のことです。人の脳を人工的に再現することで、人の脳で行うような思考や判断、学習といった作業を行うことができます。定義としては、「人工的につくられた、知能をもつ実態。あるいはそれをつくろうとすることによって知能全体を研究する分野」とされています。

企業のAI化の現状

AIの発展がめざましい近年ですが、日本における企業のAI活用率は4.2%に止まっています。(IPA「AI白書2021参照)。日本においてAI化が進んでいるとは言いづらい現状です。業界別に見てみると金融業での導入が盛んな一方で、サービス業や流通業では導入が進んでいないようです。しかし、導入を検討している企業や実証実験を行っている企業は多く、今後さまざまな分野でAI化が進んでいくと予想されます。

AI化によって得られる5つのメリット

AI化によって企業は大きなメリットが得られます。AIがより正確に素早く作業を行うことで、人手不足の解消やコスト削減、安全性の向上に繋がります。また、大量のデータを処理し予測を行うことで、ニーズを分析し顧客に対して最適なサービスを提供することができます。

人手不足の解消

単純作業をAIで行うことで人手不足の解消に繋がります。中小企業や農業、漁業といった人手不足が問題視されている業種では大きな期待が寄せられています。実際に、農業分野ではAIを搭載したドローンで農薬を散布し、AIにより害虫がつきやすい場所をピンポイントで狙うことで農薬の散布量と人の作業量を減らすことができました。こうして作られた「スマート米」は一般の米より高値で取引されています。

コスト削減

今まで人間がやってきた作業をAIで行うことで、コストを削減することもできます。カスタマーサポートでは、AIチャットボットの導入が進んでおり、お問合せに対して自動で正確な回答を出すことができます。削減できるコストは人件費だけではありません。AIの分析力を活用することで、運用するシステムやサービスにあった規模のサーバーやネットワーク環境を正確に設定し、無駄をなくしコスト削減が可能になります。

作業効率向上

AIによって作業効率も向上します。どんなに優秀な人間でもミスを0にすることはできません。AIはより早く、より正確に作業を行う点で優れていますので、ミスを減らし作業効率を向上されることができます。製造業では製品チェックにAIが使われており、人間の目に見えない傷を素早く検出することができます。

安全性向上

AIによって安全性の向上も期待されています。事故が起こりやすい作業や運転をAIが担当することで人間が事故に遭うことを防ぐだけでなく、事故要因を検知し発生を防ぎます。工場の生産ラインをAIで自動制御することで人の代わりに危険な作業を行ったり、自動運転により事故そのものが起きる可能性を減らします。また機械の異常や故障を自動検知することで、産業事故を防ぐことができます。

顧客・従業員の満足度向上

AIが大量のデータを処理することで、顧客ニーズをより正確に分析することができるようになりました。交通・観光業界では天気や地域、日割りによって需要を分析、顧客のニーズにあったツアーの運行に繋がっています。またAIの導入によって従業員の満足度向上も期待できます。健康診断やアンケートの結果を数値化することで、社員の心身の健康をより正確にはかることが可能になります。また、社員の勤怠や主体性を分析し、離職のパターンを可視化することで職場環境の改善に繋がります。

企業におけるAIの導入事例

日本全体のAI活用はまだまだ遅れているとはいえ、AIを導入し効率化を進めている企業も数多く存在します。ここでは、実際にAIを活用した事例を紹介します。

生産管理をAI化して在庫回転率をアップ

工業製品や食品、繊維などの多くの分野で課題なのが、生産管理です。AIの導入によって天候やブーム、特需的な需要などさまざまな要素を考慮し生産数を決定することができ、高精度な生産管理が可能になりました。大手食品会社では、AIの導入により過去数年のデータや各食品の発注から入庫までの時間、賞味期限を考慮した生産管理を実施し、在庫の回転率が1.5倍まで上昇しました。

難しいシフト作成を組合せ最適化で解決

シフトの作成もAIが得意とする分野です。ホテルやゴルフ場を運営する総合運営会社である東急リゾーツ&ステイでは、2700名の従業員のシフト作成をAIにより自動化することで施設の稼働状況とスタッフの勤務可能日程を連動し、シフトを作成できるようになりました。AIにより夜勤手当や法的な労働時間、繁忙期と閑散期の考慮も可能になり、より効率的なシフトを作成しています。

需要予測による顧客利便性の向上

AIを使って需要予測を行うことで、顧客ニーズにあったサービスを提供することができます。高速バス事業、鉄道事業やツアーの運営を行うWILLER EXPRESS株式会社では、高速バスの利用状況の予測にAIを導入しました。日並びや利用目的、天候などを考慮することでより正確に需要を把握し、価格調整を行っています。広告施策にも役立てられており、より効果的に顧客に働きかけられるようになりました。

AI化は雇用へどのような影響を与えるのか

AI化により雇用にも大きな変化があると予測されます。単純作業や定型業務はAIが担当するようになり、人が担当する仕事はよりクリエイティブであったり、曖昧さや人のぬくもりが必要とされるものに変化すると考えられます。また、なくなる仕事や新たに生まれる仕事もあると考えられます。

人間の仕事がAIに置き換えられる可能性

AIの発展によってさまざまな仕事がAIに置き換えられると予想されています。イギリスのオックスフォード大学の研究によると、「近い将来に仕事の9割がAIに置き換えられる」とされています。特にデータ入力やメール送信、機械操作などの業務は早い段階で代替されると予想されます。

AI化される将来に備えは必要?

AI化が進むことで人が担当する仕事も変化し、求められるスキルも大きく変わる可能性があります。今までのように単純に作業をこなすだけのスキルの需要は減り、仕事の方向性を定めたりAIに指示を出せるような判断や決定を下すことが求められます。また1から新しいものを作り出すようなクリエイティブなスキルも需要が高まるでしょう

AIが代替できる仕事・出来ない仕事

AIが代替できる仕事は、「単純作業」「データや数字を扱う作業」が特徴です。具体的に以下のようなものがあげられます。

  • 一般事務員
  • レジ担当者
  • 数理技術者
  • 証券会社員

AIが代替できない仕事の特徴としては「クリエイティブな仕事」「複雑な判断、作業が求められる仕事」「AIを操作管理する仕事」です。具体的には以下のような仕事があげられます。

  • 心理カウンセラー
  • コンピューターアナリスト
  • エンジニア
  • 歯医者
  • 漫画家

これからの企業にAI化が求められる理由

現在、AI化によって単純認識作業の効率化され、ハードウェアとの融合も進んでいます。AI化を進めるかどうかで業務の効率や顧客の満足度は大きく変わり、企業間の格差が発生する可能性もあり、今後AIを導入する企業が増える見込みです。また、AIはデータを分析し活用されるため、増え続ける膨大なデータを有効活用し、DXを推進するという意味でもAI化は企業の発展にとって重要なポイントです。

ノーコードで導入!AI化を進めるなら「UMWELT」

早いうちからAIを導入することによって、より多く集積データを業務に生かし、経済格差を乗り越えることが可能です。すぐにAI化を進めたいという企業にオススメなのがTRYETINGの「UMWELT」です。UMWELTは複雑なプログラミングの知識がなくても導入が可能で、メンテナンスなどのアフターサービスも充実しているので安心です。

まとめ

今後、企業のAI化は進められていき、経済格差も広がると予想されます。増え続ける膨大なデータを活用し、業務の効率や顧客の満足度を向上させるためにAIを導入することが有効です。TRYETINGの「UMWELT」はノーコードで簡単にAI化が可能。データ解析や業務の効率化を行うことができます。気になる方はぜひ一度お問合せください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。