MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

ITリテラシーの重要性とは?リテラシーが低いリスクや高める方法を解説

SNSをはじめ、誰もがITを利用する近年、サイバー攻撃やSNSのトラブルから守るために、ITリテラシーの必要性が高まっています。また、炎上などのトラブルが起こると企業イメージがダウンする可能性もあるため、自社のITリテラシーを向上させることは重要と言えるでしょう。そこで本記事では、ITリテラシーの概要、構成要素、重要性、リテラシーが低い場合のリスク、ITリテラシーを高める方法について解説します。

ITリテラシーの意味とは?

ITリテラシーとは、通信、ネットワーク、セキュリティなど、これらのITに関する要素を理解する力、さらに情報技術を操作して活用する能力をあらわします。リテラシー(Literacy)とは、理解力、読解記述力を意味する英単語であり、ITに紐づく要素を理解する能力を意味しています。

ITリテラシーを構成する3つの要素

ITリテラシーとは、情報基礎リテラシー、コンピュータリテラシー、ネットワークリテラシーの3つで構成されています。ここからは、ITリテラシーを構成する3つの要素について、それぞれ解説していきます。

情報基礎リテラシー

情報基礎リテラシーとは、情報を正しく使うための能力を指し、それらは主に、「情報を探し出す能力」「情報を精査する能力」「情報を使う能力」の3つと言われています。コンピューターの発展によって、膨大な情報が入るようになった時代だからこそ、情報を取捨選択する重要性が高まっています。

コンピュータリテラシー

コンピュータリテラシーとは、コンピューターを操作する技術、またその知識をあらわしています。なお、「最低限のコンピュータリテラシー」は業務内容によって異なります。たとえば、Word、Excel、PowerPointといったOfficeツールであれば多くの現場で標準として設定されていますが、専門的な現場となると特定のプログラミング言語を読み書きする能力を最低水準に設定している可能性があります。

ネットワークリテラシー

ネットワークリテラシーとは、ネットワークやセキュリティに関する技術的な知識を理解する能力を意味します。近年では、インターネットの正しい使い方やモラルという意味で使われる場合もあります。企業に関与している限り、プライバシー保護やセキュリティ対策は個人レベルで求められる取り組みと言えるでしょう。

ITリテラシーの低さによるリスク

それでは、社員のITリテラシーが低いと一体どのような問題が起こるのでしょうか?ここからは、ITリテラシーが低いことのリスクをいくつか紹介していきます。

デジタルディバイドの格差が広がる

ITリテラシーが身に着いていないと、得られる情報に格差が生じ、ITを使える人と使えない人の間で情報格差が広がる可能性があります。例えば、正しく情報を得られていれば受けられたはずの公共サービスや支援を受けられないということもあるでしょう。

業務効率が低下する

ITリテラシーが低いことにより、メール、チャット、ビデオ会議といったツールによるコミュニケーションの特性を理解できておらず、コミュニケーションロスが発生してしまうこともあります。

情報漏洩リスクが高まる

現在では、数多くのチャットツールが普及しています。しかし、それらに求められるセキュリティレベルは一定ではありません。そのため、ビジネス上のやりとりをチャットツールで行ってしまうなど、ITリテラシーの低さは情報漏えいの発生に繋がる可能性があります。

炎上リスクが高まる

近年ではSNSアカウントを所有している人は少なくありません。しかし、SNSは投稿を世界的に公開していることから、誰しもが少なからず炎上に巻き込まれるリスクを抱えています。過去には他人のプライベートな情報から個人特定、または犯罪をほのめかす内容の投稿から炎上へと発展した例があります。個人アカウントとはいえ、勤め先などの情報がバレてしまうと、企業のイメージダウンは免れません。

ITリテラシーを高めるメリット

ITリテラシーを高めると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで次からは、ITリテラシーを高めるメリットについて解説していきます。

効率よく情報収集できる

ITリテラシーを高めることで、効率よく情報を収集して必要な情報を素早く活用できるようになります。それが結果的に業務の効率化や生産性の向上につながり、企業に利益をもたらすでしょう。

セキュリティのアクシデントを防止できる

ITリテラシーが高まると、社員による情報漏えい、または企業ネットワークへの侵入による情報詐取などのリスクが下がるため、社員のITリテラシー向上は組織全体のセキュリティ強化に貢献します。

人材価値が向上する

現在の日本ではエンジニアなどのIT人材が不足しているため、ITリテラシーを持っていることにより、市場価値が高くなります。ITリテラシーがあることで、転職活動に有利になる、または給与やキャリア面での待遇が向上するなど、さまざまな分野で重宝されることでしょう。

ITリテラシーを高める方法を紹介

社員のITリテラシーを高めるためには、会社全体でITリテラシーを身に着ける仕組み、環境を整える必要があります。そこで、次に社員がITリテラシーを向上させる方法を解説していきます。

ITリテラシー教育の機会を設ける

社員のITリテラシーを高めるには、企業全体ですべての従業員を対象にした教育、研修、役職や部署ごとの教育、コンプライアンス教育、ITリテラシー講座や社員研修など、さまざまなIT関連の教育を実施する必要があります。またインターネット上の技術は日々進化し、サイバー攻撃などの悪質行為も手法を変えて行われるため、年に数回程度対策として定期研修を行うことも大切です。

IT関連の資格取得を推奨する

受験費用や学習費用を企業側が負担する、または資格手当て、奨励金を出すなど、資格取得を企業でサポートすることにより、社員のITリテラシー向上に繋がります。主に、IT関係で取得推奨される代表的な資格には、ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験、パソコン検定などが挙げられます。

実際に運用する

ITリテラシーは知識をつけるだけではなく、実際に使って経験を積むことも重要です。もちろん、一般的なITリテラシーを身に付けることは大切ですが、現在の業務をデジタル化し、環境に慣れることがデジタルへの受容力や、リテラシーの本質的な向上に繋がるのです。

知っておくと役立つビジネス向けIT用語

ビジネス向けのIT用語は、今後さまざまなビジネスシーンで利用されることでしょう。そこでここからは、知っておくと役立つビジネス向けIT用語について紹介します。

AI(人工知能)

AIとは「Artificial Intelligence(アーティフィシャル・インテリジェンス)」の略で、人工知能を意味しています。AIは自ら学習、思考し、時効、判断を下すことができるため、ビジネスシーンでは需要予測などに多く用いられています。他には、ディープラーニングを通じて言語化、音声認識、単純作業を人に代わって作業を行うことも可能です。

クラウド

クラウドは、「クラウド・コンピューティング」と呼ばれることがあり、ユーザーがインフラやソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要なだけ利用できるサービスです。クラウドの出現によって、ハードウェア購入、ソフトウェアをインストールしなくても利用できるサービスが多く生まれました。

ビッグデータ

ビッグデータとは、質量ともに多く、処理速度も驚くほど速いデータをあらわします。ビッグデータには、「3V」という言葉がよく使われており、これはhigh-volume(データ量の多さ)、high-velocity(データ処理速度の速さ)、high-variety(データ種類の多さ)の3つを示しています。

DX化

DXとは、英語表記では「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」であり、和訳すると「デジタル変革」となります。ITの浸透によって、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるという定義となります。DX化とは、ビジネスにおいてデジタル技術を利用し、変化に対応し、より利便性に対応することを意味します。IT化が進むこれからのビジネスシーンでは重要と言えるでしょう。

専門知識不要!UMWELTでAIシステムを導入しよう!

企業やビジネスシーンにおいてAI化やDXが進むことにより、デジタル技術を活用した便利で快適なシステムがますます構築され、業務効率化に役立っていくことでしょう。また、IT化が進むことにより、セキュリティ問題などに対応できるITリテラシーの高いスタッフが求められることになりそうです。しかし、その一方でITリテラシーのあるスタッフや、プログラミングのできるエンジニアの人材は現状で不足しています。そこで、ITリテラシーに疎い、またはプログラミング未経験でも安心して利用できるのが「UMWELT」です。

UMWELTは、プログラミング技術不要で分析や自動化ができる「ノーコードDXツール」を取り入れているため、知識がなくても簡単に利用できます。UMWELTには常時100種類ものアルゴリズムが搭載されており、それらを自由に組み合わせることで「どんなデータでも」「簡単に」「高度な」アルゴリズムを構築することが可能です。さらに、企業ごとに異なるデータフォーマットをUMWELTが「標準化」することであなたの会社だけの活用方法を「安価かつ高速に」作り出すことができます。また、導入後はコンサルタントによる充実のサポート体制があるため、ITリテラシーの低い方、またはセキュリティやネット上でのトラブル面で不安を感じている方も安心です。

まとめ

ITリテラシーとは、ITに関連する事柄への理解力や対応力などを指す言葉を意味し、実例としてネットワーク、セキュリティ、通信などが挙げられます。企業やビジネスシーンでAI化が進むことにより、ITリテラシーはますます重要な時代になると言えそうです。しかし、ITリテラシー、またはAIを開発できるエンジニアの人材は不足しています。UMWELTであれば、AIを誰でも簡単に導入・利用できるようにシステムが構築されているため、プログラミング未経験でも安心して利用できます。

また、UMWELTではクラウドを活用しており、導入コストは業界最低水準のコンパクトな費用設計となっているため、経費の面も心配ありません。知識がなくてもAIによる開発や、機械学習をおこないたい方、或いはITリテラシーに自信のない方も、誰でも簡単にAIを構築できて、導入後のサポート体制も万全であるUMWELTの活用を、ぜひ検討してみてください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。