MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

在庫管理における需要予測とは?取り組むメリットや計算式などを解説

在庫管理といえば、商品を販売する上で欠かせない要素の一つです。しかし、市場を予測し、需要と供給に応じた在庫管理をするのは難しいでしょう。そこで、適切な在庫管理をするために取り組みたいのが需要予測です。今回は在庫管理における需要予測について、取り組むメリットやおすすめのシステムをご紹介します。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理の需要予測とは


在庫管理は、適切な量やバランスが非常に重要です。適切な量やバランスを把握するためにも、需要予測は覚えておきたいところです。ここでは、需要予測の目的や重要性について解説します。

1.需要予測の目的

需要予測の目的は、企業内で販売する商品の在庫を適切に管理し、在庫を抱えることで発生する無駄な損失を減らすことです。そもそも需要予測とは、企業で販売する商品が現時点の市場において、どの程度需要があるのかを予測することです。その時の情勢や状況により、商品の需要は大きく変わっていきます。最近では、新型コロナウイルスの影響で家庭内ゲーム機の需要が高まり、任天堂が販売する「Nintendo Switch」は製造が追いつかないほど売れました。このような需要の波に対応するためにも、需要予測をして適切に在庫管理をすることは企業の利益につながります。

2.需要予測の重要性

需要予測の重要性は、需要予測によって企業の利益を最大化し、その利益でさらにマーケティングを拡大していくことにあります。現在では、同じ業界で似たようなサービスや商品が数多く登場しています。こうした他者との競合に勝ち抜くためには、新たな取り組みを継続して実施することが重要です。しかしそれには資金力が必要となるでしょう。需要予測によって適切な在庫管理をすることで無駄な支出を減らし、企業の利益拡大につながります。

需要予測以外の在庫管理の手法

在庫管理をする方法は、需要予測以外にも存在します。ここでは、需要予測以外の2つの方法をご紹介しましょう。

1.標準偏差による在庫管理

1つ目の手法は、標準偏差による在庫管理です。そもそも偏差というのは平均との差を表しています。つまり標準偏差は、偏差の標準的な値を表しています。具体的には、通常在庫に加えて最低限保持しておきたい安全在庫の値を、標準偏差の倍数で定義する方法です。標準偏差による方法では、標準偏差の値が大きい商品ほど安全在庫を多く抱え、値が小さい商品ほど安全在庫を少なくもつという判断をします。

2.基準在庫による在庫管理

2つ目の手法は、基準在庫による在庫管理です。基準在庫とは、商品の出荷が見込まれる最大値と商品を作るための生産能力を考慮した在庫設定を表します。基準在庫の設定は、企業の発注タイミングによって異なります。たとえば、月のはじめに材料を注文している場合、月末在庫が1.5ヶ月分を目安に発注をするのです。一方で、発注のタイミングが決まっていない場合は、在庫が2週間分を切ったら発注するという方法をとります。

在庫管理において需要予測を行うメリット

ここまで在庫管理の方法を紹介してきました。その中でも、需要予測をして在庫管理をするメリットは非常に大きいです。そこで以下では、在庫管理において需要予測をおこなうメリットを解説していきます。

1.市場予測ができる

1つ目のメリットは、市場予測ができることです。市場予測をすることで、今後開発する商品の方向性を決められます。なぜなら、市場予測はその市場のマーケティング状況を分析し、今後流行る商品の方向性や必要性をデータで示せるからです。たとえば、テレワークの拡大を予測したとしましょう。そうすると、テレワークによって在宅ワークが増えるため、パソコンデスクや椅子の需要が高まります。そのため、今後はパソコンデスクや椅子の開発を優先的に取り組んでいこうとなるのです。

2.販売機会の損失を防止する

2つ目のメリットは、販売機会の損失を防止できることです。需要予測は、現在のマーケット市場における最適な在庫量を計測できるため、余計な在庫を抱えず無駄な支出を抑えられます。たとえば、需要予測をせずに在庫管理をしている場合、どうしても発注者の裁量や経営層の経験がベースとなってしまいます。経験だけでは予測できない部分が大きいため、売り上げた数よりも多く在庫を抱えてしまったり、逆に少なく抱えて販売できる機会を逃すことにもつながってしまうのです。

3.来客者数の予測ができる

3つ目のメリットは、需要予測によって来客者数の予測ができることです。需要予測は、イベント業や旅客業にも活用されており、参加者の人数や施設の利用人数の予測もできます。需要予測ができると、その日どれくらいの人員で対応するのかが決められるため、無駄な作業工数や人件費を減らせるのです。

在庫管理における需要予測の計算式

需要予測は、4つの計算方法に基づいておこなわれています。需要予測がどのように実現されているのかを知ることで、より活用が進むことでしょう。ここでは、在庫管理における需要予測の計算式をご紹介します。

1.移動平均法

1つ目の計算方法は、移動平均法です。移動平均法では、すでに仕入れて在庫になっている商品の原価と、今時点で受け入れた商品原価の平均原価を算出します。たとえば、以下のケースで考えてみましょう。

1/1時点 ある商品100個を10,000円で仕入れた
2/1時点 ある商品50個を6.000円で仕入れた

このケースを移動平均法に当てはめると、
(2月仕入れ額6,000円+在庫10,000円)/(仕入れ個数60個+在庫個数100個)= 100円となります。

2.指数平滑法

2つ目の計算方法は、指数平滑法です。指数平滑法は、前期の実績と前期の予測を基に今月の予測を求めます。

計算方法は、以下の式です。
(今期の予測)=a×(前期の実績)+(1-a)×(前期の予測)

aは平滑化係数と呼ばれており、前期の実績が前期の予測からどの程度離れていたのかを調整する係数です。

3.加重移動平均法

3つ目の計算方法は、加重移動平均法です。これは移動平均法で算出された値に、期間ごとの情報をプラスした計算方法です。具体的には、その時の需要予測を加味した計算式になっており、期間ごとに重要度が違う平均値を算出できます。

加重移動平均法の計算式は、下記の通りです。
加重移動平均=(その月の加重係数×その月の販売数量)+…

加重係数とは、全体を1としたときの全体におけるその月の割合を表しています。加重係数は、計算する期間に応じて値が変わっていきます。

4.時系列分析法

4つ目の計算方法は、時系列分析方法です。時系列分析方法とは、時間によって変化が出たデータを基に分析する手法です。たとえば、毎日更新される株の値動き、アメダスの降水量の変化など、さまざまなデータが時系列とともに変化しています。時系列分析法は、そのときの需要や供給も要素として含まれるため、分析時には考慮しなければなりません。

在庫管理の需要予測を適切に行う3つの方法


需要予測を適切におこなう方法には大きく3つがあります。ここでは、それぞれの方法について解説していきましょう。

1.AI

1つ目の方法は、AIによる需要予測です。AIは人工知能とも呼ばれており、大量のデータを基に学習し、AI自身が自動的に判定をしてくれます。需要予測においても、過去何十年分もの経営データをAIに学習させて、AI自身が最適な在庫管理を判断してくれるのです。AIは在庫管理の需要予測だけではなく、業務の効率化やロボットなどにも幅広く活用されています。

2.在庫管理システム

2つ目の方法は、在庫管理システムによる方法です。在庫管理システムとは、ある企業の在庫を一元管理できるようなツールのことで、リアルタイムな在庫データの変動を把握できます。さらに、在庫管理だけではなく需要予測の機能を兼ね備えた在庫管理システムも販売されています。これを用いれば、適切な在庫を常に管理できるでしょう。

3.エクセル

3つ目の方法は、エクセルを活用した需要予測の方法です。エクセルは、あらゆる企業で導入されているツールになるため、気軽にはじめやすいのが特徴です。エクセルで需要予測をする場合は、分析が可能な関数を過去のデータに使用することで実施可能となります。

需要予測にAIを用いた在庫管理システムを活用するメリット

需要予測には3つの方法があるとお伝えしましたが、その中でもAIを用いた在庫管理システムの活用がおすすめです。ここでは、AIを用いた在庫管理システムで需要予測をするメリットについて5つご紹介します。

1.在庫管理が簡単に行える

1つ目のメリットは、在庫管理システムの使い方を身につければ誰でも簡単に在庫管理がおこなえることです。しかし、在庫管理システムによって操作方法が異なるため、身につけるためには多少の学習コストがかかってしまうでしょう。従業員数が多い企業の場合は、社員それぞれが操作方法を身につけるため時間がかかります。そこで、担当者を集めて勉強会をおこなうなどして学習コストを減らすのがおすすめです。

2.生産性が向上する

2つ目のメリットは、在庫管理システムの導入によって適切な在庫管理ができるため、生産性が向上することです。在庫管理システムを導入せずに在庫管理をする場合、独自の方法で管理をしなければなりません。また、在庫管理にかかる作業工数は膨大になるため、在庫管理だけを業務とする人も出てしまうでしょう。そこで、在庫管理システムによって作業工数を大幅に減らすことで他の業務に使える時間が増し、生産性向上につながります。

3.在庫状況がリアルタイムで分かる

3つ目のメリットは、在庫管理システムによって出荷状況が見えるため、在庫の状況がリアルタイムでわかることです。これにより社内全体のものの流れが一元管理できるため、作るべき製品の優先順位をすぐに判断できます。また、さまざまな倉庫に商品や材料を保存している場合には、どの倉庫にどれだけ在庫を抱えているという情報がわかるため、保存方法の見直しにも活用できるのです。

4.人的ミスを防止できる

4つ目のメリットは、在庫管理をシステムによって管理されているため、人的ミスを防止できることです。在庫管理システムは、ハンディターミナルを活用したバーコードデータで伝票の受け入れをおこなうため、受払いの状況を正確に記録できます。もし在庫管理システムを導入していない場合、手作業で記録していかなければならないため、どこかで人的ミスが起こってしまいます。人的なミスを防ぐことで、全体的な作業工数の削減にもつながるでしょう。

5.顧客満足度が向上する

5つ目のメリットは、適切な需要予測によって商品を供給できるため、顧客満足度の向上につながることです。ここでいう顧客は、商品を納品する販売店を表しています。販売店ではそのとき需要の高い商品を常に揃えておきたいものです。なぜなら、需要が高い商品を常に店頭で揃えておくことで「この販売店はなんでも商品が揃っているな」と消費者の信頼を得られるからです。消費者の信頼を得ることで、販売機会の損失を防ぐことにもつながるため、需要の高い商品を常に販売店へ供給できる企業は重宝されるでしょう。

在庫管理システムを導入したいのであればTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

数ある在庫管理システムの中でもおすすめしたいのが、TRYETINGの「UMWELT」というシステムです。UMWELTは、社内DX化に向けた機能がオールインワンで入っている製品です。その中には、今回ご紹介した「需要予測」や「在庫管理」のほかにも、「データ分析」や「製造プロセス最適化」の機能も含まれています。UMWELTの需要予測では、自動機械学習を活用しています。具体的には、過去何年分にもわたる販売履歴のデータと株価などの外部要因データを組み合わせて需要予測をおこなっているのです。そのほかにも、「個品番管理」と呼ばれる方法でも需要管理をおこないます。この方法では、実際の販売実績や商品のデータを取り扱い、細かい単位での需要予測を実現しています。

まとめ

需要予測は、適切な在庫管理をおこなうために必須の知識です。また、需要予測に取り組む場合には最適なシステムの導入を検討するのがよいでしょう。もし、どのシステムを導入するべきかわからないという方は「UMWELT」がおすすめです。在庫管理や需要予測をはじめとした社内システムを一元管理できます。少しでも興味を持った方は、下記ページからお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。