sidebar-banner-umwelt

BUSINESS

在庫最適化のポイントと手法!過剰在庫のリスクも解説

 

在庫最適化のポイントと手法!過剰在庫のリスクも解説

在庫最適化は、自社の利益につながる重要な取り組みです。しかし、在庫最適化が思うように進まないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、在庫最適化が適切にできない場合のリスクや重要なポイント、計算方法について解説します。ツール導入のメリットも紹介しますので、自社の在庫最適化を実現しましょう。

在庫最適化ができないことで起こる6つのリスク


在庫最適化とは、顧客ニーズを予測して、需要を満たす適正量の在庫を用意する手法です。在庫が適正でないと、余剰在庫を抱えて無駄なコストが発生したり、販売機会損失による利益低下を招いたりします。ここでは、在庫最適化ができないことで起こるリスクを6つ紹介します。

在庫商品価値の陳腐化

どのような商品でも、生産から時間が経つほど劣化が進みます。耐久性も落ち、品質も低下するため、商品価値は時間とともに下がるのが一般的です。

また、在庫として長く保有する間に新しい商品が出て、時代遅れとなるリスクも考えられるでしょう。価値が下がり陳腐化した商品は、売れ残るケースが多く、廃棄処分になることもあります。

保管場所の圧迫

倉庫には、在庫を保管するためのスペースが必要です。過剰に在庫を抱えると、棚に入らずに通路の端に一時的に保管するといったことが起こり、管理が困難になります。倉庫内が乱雑になると、けがやミスの発生リスクが高くなり危険です。また、商品を探して取り出すまでに時間もかかります。

倉庫スペースを別に用意するケースもありますが、家賃や管理費用、人件費などが追加で必要です。

在庫維持コストの増加

在庫を維持・管理する際は、貸し倉庫なら賃借料、自社倉庫は固定資産税や光熱費、保険料などの費用がかかります。適正量より多くなるほど、金額も大きくなるでしょう。追加で倉庫を利用する場合も同様です。

また、過剰在庫を最終的に廃棄した場合、輸送・処分費用がかかります。生産に費やした原材料やエネルギーも無駄な消費となり、余分な在庫が増えることで、維持・管理以外のコストも増加するでしょう。

無駄な作業の増加

適切な範囲内で在庫を管理しないと、無駄な作業が発生します。

物流過程では、商品を倉庫まで運搬し、必要なときに出庫して顧客に届けます。在庫が不足すれば、工場と倉庫を行き来する頻度が増えて、そのたびに入出庫作業が必要です。過剰在庫を抱えて廃棄するときも出庫と運搬が発生します。

収益性の低下

需要以上の商品を製造して過剰在庫となった場合、劣化と陳腐化によって売れ残ります。商品は廃棄するか価格を下げて販売するしかありません。

製造・輸送・保管などに廃棄も加わり、コストは上昇します。一方、売り上げは減少するため、企業の利益は低下するでしょう。投入した資金の元本が回収できないなど、事業に悪影響を及ぼす恐れがあります。

資金を圧迫

在庫は、企業が保有する資産のひとつです。在庫を過剰に抱えることで、企業が自由に使える資金は減ります。現金はさまざまな用途に使えますが、在庫として資本を固定化すると、流動性は低下するでしょう。

企業にとって重要なのは、資本の固定化を避けてキャッシュフローを増やすことです。過剰在庫を削減し、在庫を適正レベルに保つとよいでしょう。

在庫最適化で重要な3つのポイント


在庫最適化で重要なポイントは、「安全在庫」「発注点管理」「発注量管理」の3つです。それぞれの言葉の定義と活用例を理解すれば、最適化の取り組みについて理解できるでしょう。ここでは、3つのポイントの詳細を解説します。

安全在庫を理解する

安全在庫とは、欠品防止を目的に決めた最低限の在庫数です。商品の需要は、さまざまな要因や時期で変動します。需要が少ない時期は欠品のリスクが低いものの、多い時期は在庫が十分か不安になることもあるでしょう。

安全在庫と混同しやすい言葉に、適正在庫があります。適正在庫とは、利益を出すことが目的の在庫数です。在庫の過不足が発生しないように、下限と上限を決めます。

発注点管理を理解する

発注点とは、原材料や部品を発注するタイミングのことです。発注点管理は、一定期間や一定量の基準に従って商品を発注する方法で、指定した時期や商品の在庫が既定の数量を下回ったタイミングで発注します。商品が安全在庫より少なくならないことが大切です。

発注量管理を理解する

発注量管理は、販売の機会損失を避けるために欠かせません。適切な発注量を管理する際は、以下の式で経済的発注量を求めます。この式で算出できるのは、在庫に関連するコストの総額を最小にする発注量です。

経済的発注量=√(2×1回当たりの発注費用×年間必要量÷年間在庫保管費用)

発注費用は、商品や原材料を発注する際に毎回必要となる費用を指します。在庫保管費用とは、在庫を維持するための費用で、倉庫の家賃・電力代・人件費などです。

在庫最適化に欠かせない適正在庫と発注点の手法


適正在庫と発注点管理の方法を知ることは、在庫を最適化する際に有効です。また、在庫が適正か判断するには、在庫回転率や在庫回転期間、発注点管理の方法への理解が大切です。ここでは、それぞれの定義と特徴を解説します。

適正在庫の計算方法

適正在庫は、安全在庫にサイクル在庫を加えた量です。サイクル在庫とは、発注サイクルの間に消費する在庫量の半分を指します。

適正在庫=安全在庫+サイクル在庫

適正在庫数を維持できるか判断する目的で、「在庫回転率」と「在庫回転期間」2つの指標を利用します。在庫回転率は、1年間で在庫が入れ替わった回数を示します。在庫回転期間は、倉庫内の資産が完全に入れ替わるまでに要した年数です。

在庫回転率=年間売上高÷平均在庫高

在庫回転期間=棚卸資産合計÷年間売上高

在庫回転率が大きく、在庫回転期間が短いほど適正な在庫量を保っているといえます。

発注点管理の方法

発注量を決めるには「発注点」と「発注方式」が大切です。定量発注点方式は設定した在庫量を下回ったタイミングで、定期発注点方式は定期的に在庫量を確認し、需要予測に基づいて発注します。それぞれの方式の特徴は以下の通りです。

定量発注点方式 定期発注点方式
・商品単価が安い ・商品単価が高い
・需要変動が小さい ・需要変動が大きい
・リードタイムが短い ・リードタイムが長い

定量発注点方式は、需要の変動が少ないもので利用します。取り扱う商品のうち、売り上げの1割〜3割程度を占める重要度の低い商品の発注に向いていて、毎回同じ発注量であることや少ない手間で済むことがメリットです。

定期発注点方式は、売り上げの大部分を占め、欠品すると利益に大きく影響する商品の発注に向いています。発注する際に手間がかかることがデメリットです。

article-banner-umwelt-middle

在庫最適化を実現するための3つのコツ


在庫最適化に取り組む際は、いくつか意識したいポイントがあります。在庫の管理は手間と時間がかかるため、効率良く効果を得られるように進めることが大切です。ここでは、在庫最適化を実現するためのこつを3つ紹介します。

その日の入出庫の数量を確認する

在庫を最適化するには、倉庫内の在庫を正確に把握しなければなりません。そのために必要なのが、理論的な在庫数と実際の在庫数に違いがないかを棚卸しで確認することです。

棚卸し作業を高い頻度で行えば隔たりは少なくなりますが、倉庫内の膨大な在庫を確認するには時間とコストがかかります。当日入出庫した分を確認する「日次棚卸し」を行えば、時間とコストをかけずに棚卸しが可能です。

需要予測を導入する

発注量を最適化するには、需要の予測が欠かせません。需要は変動するため、常に同じ数量を発注していては、在庫の適正化は実現しないでしょう。過去の実績から最適な発注量を予測して、発注量を決定する必要があります。

需要の変動要因は、商品の種類によって異なります。需要は過去の実績から予測することが多く、ノウハウを必要とする業務です。そのため、担当者による判断ミスが発生しないよう注意しなければなりません。システムを導入して需要を予測すれば、属人化の解消につながります。

リードタイムの長期化を防ぐ

発注点管理におけるリードタイムとは、発注あるいは製造開始から納品までにかかる期間です。リードタイムが長くなるほど過剰在庫が増えるため、在庫の保管コストは増加し、廃棄となるリスクも高くなります。

在庫最適化を図るには、リードタイムの短縮がポイントのひとつです。在庫回転率が上がり、在庫が無駄になるリスクが低下します。さらに、劣化や陳腐化を防ぎ、商品価値の低下・廃棄を避けられるでしょう。

在庫最適化を実現するためにツールを導入するメリット


在庫最適化には、ツールの導入が効果的です。在庫管理に特化したツールは豊富にありますが、共通するメリットは「在庫の把握」「コスト削減」「人為的ミス防止」の3つです。ここでは、ツールを導入する3つのメリットを詳しく解説します。

いつでも在庫の数量が確認できる

在庫最適化を図るには、在庫数の正確な把握が大切です。理論数と実態が離れていると、余計な管理コストや最適な発注数を見積もれないといった無駄が生じます。また、棚卸し作業にも手間や時間がかかります。

ツールを導入することで、リアルタイムで正確な在庫確認が可能です。これまで正確な在庫数が分からず、欠品防止のために多くの在庫を確保していた場合、過剰な在庫を削減できます。

また、1つの倉庫だけでなく複数の倉庫の在庫状況を一元的に確認できるため、全体の効率化に役立つでしょう。

在庫管理コストを減らせる

ツールの導入により、在庫管理コストの削減につながります。これまで棚卸し業務などを全て手作業で実施していた企業は、在庫管理にかかる人員や作業が減り、コストを削減できるでしょう。

また、倉庫内を整理整頓すれば、作業の効率化やデッドスペースの有効活用、家賃や光熱費の削減が実現します。

作業ミスを防止できる

人間の作業にミスは付き物です。紙やExcelで在庫台帳をつけている場合、入力漏れや入力ミス、計算ミスが生じやすくなります。ツールを導入することで、これらのヒューマンエラーの回避が可能です。棚卸し業務にハンディーターミナルのような機器を活用すると、ミスが軽減するでしょう。

また、経験や勘に基づく需要予測は、常に正確であるとはいえません。ツールを活用すれば、正確な予測が可能です。

ノーコード予測AI「UMWELT」で在庫最適化しよう!

在庫最適化にはツールの活用が有用です。しかし、自社に適したツールを選び、導入するのは難しいと感じる企業様もいるのではないでしょうか。

TRYETINGの『UMWELT』は、高度な在庫最適化アルゴリズムを搭載しています。専門的な知識は必要ありません。簡単なマウス操作だけで利用できます。

例えば、過去の実績データを活用して、高精度な需要予測が可能です。限られた担当者の経験に頼る業務から、知見を持たない従業員でも担当できる業務に変わります。

まとめ

在庫最適化は、企業が利益を最大化するために不可欠な取り組みです。在庫の正確な把握や適正量の発注には、在庫管理ツールが効果を発揮します。また、業務の効率化と作業ミスの削減にも有効です。

UMWELTは、在庫管理に最適なAIツールです。豊富な機能を備えているにもかかわらず、操作は簡単で、短い期間で導入できます。在庫管理にツールの導入をお考えの企業様は、ぜひご相談ください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。

sidebar-banner-umwelt

 

sidebar-banner-umwelt-case