MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

マーケティングにAIを導入するメリットは?活用分野やおすすめツールを紹介

近年、企業のマーケティング活動にAIが活用される場面が増えています。ビッグデータという言葉が世に出てから、生成されるデータ量は爆発的に増えています。マーケターは、より一層スピード感とリアルタイムでの対応力が求められていますが、人間の手では不可能な領域に近づいています。そこで、AIでマーケティング活動をサポートしようとする動きが注目されているのです。本記事ではマーケティングAIのメリットを解説し、役立てられる分野や実際の活用事例を紹介します。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

article-banner-umwelt

マーケティングにAIを導入するメリット


膨大なビッグデータは多くのメリットをもたらす一方、その分析に人の手をかけていては、多くの時間を奪ってしまいます。新たなアイデアや企画の立案に時間を割きたくても、思うようにいかない方もいることでしょう。そこでAIにマーケティング作業を任せれば、「膨大なデータの活用」、「顧客単位でのデータ適用」、「人材不足の解消」といったメリットを享受できます。

1.膨大なデータの活用

機械学習の存在がビッグデータを扱えるようにしたと言っても過言ではありません。AIを活用すると、膨大なデータから結果を導き、さらには将来の予測やマッチングの提案まで行えます。それだけでなく、市場の予測や顧客のデータ分析にもAIは活用できます。これからの時代は、データ分析の時間をAIに任せ、人間にしかできない創造性を生かした仕事に集中できるのです。

2.顧客単位でのデータ適用

企業マーケティングにおいては、顧客一人ひとりに対してコミュニケーションができていない課題があります。「顧客単位でデータが統合されていない」「担当部署毎に施策を実施してしまっている」といった、システムと社内体制2つの側面での課題が考えられます。AIを導入すれば顧客単位でデータを分析でき、より顧客に即したコミュニケーションが可能になることでしょう。

3.人材不足の解消

マーケティング部門の人材不足は大きな課題です。データを整備できていても、データを扱ってマーケティングにつなげる人材が不足しています。その原因は、マーケティングの知識不足もありますが、人手が足りていないため施策の立案や実行に時間が割けない、ということが挙げられます。時間がかかる分析をAIに任せ、人にしかできない業務へ効率的に人員を回せます。

AIが活用されているマーケティング分野


マーケティングAIは意外にも種類が多く、さまざまな分野で活躍しています。AIが得意とする予測を生かしたマーケティングAIもあれば、デザインや広告コピーそのものを生成するマーケティングAIもあります。AIの分析力と予測力を起点に、マーケティング分野では幅広く応用可能です。応用範囲が膨大なため、ここでは8つの分野に厳選してマーケティングAIの活用分野を紹介します。

1.SEO(検索エンジン対策)

Webマーケティングをする上で必ず意識したいのがSEO(検索エンジン対策)。近年ではAIを利用したSEOツールも目にします。AI技術を利用したSEOツールは内部対策、外部対策どちらにも有効です。内部対策では、24時間WEBページの監視・解析、自動的なコンテンツ更新の継続などをAIで担えます。外部対策では、外部からのWEB集客を自動化、競合サイトの動向を監視・解析などをAIで代替できます。SEO対策にAIを導入すれば、24時間365日の全自動化によって人件費を抑えられ、ペナルティーを与えられるリスクの低減といったメリットもあります。

2.広告コピー

これからは、AIがコピーライティングをする時代になると言われています。何を、どうやって伝えるか選択を入力すると、過去の分析データをもとに、消費者の無意識に対して最も効果的に働きかけるコピーが提案されます。さらにユーザーの趣向ごとに、キャッチコピーをパーソナライズして表示する機能まで開発されています。

3.ターゲティング

ターゲティングの判断もAIによって自動化・最適化が可能です。ユーザーの行動パターンや、利用状況などのビッグデータをAIが分析し、誰に、どんなメッセージを提示すると最も有効で効率的かを割り出し、ターゲティングの勝ちパターンを導き出します。例えばサイト内のバナーのセグメント設定の提案や、広告クリエイティブの改善提案をAIが担います。

4.Webデザイン

広告コピーだけでなく、AIはWebデザインの世界にも進出しつつあります。テンプレートを選択し、Webサイトの使用目的などいくつかの質問項目に答えることで、自動的にWebサイトを作成するAIが、その一例です。これまでは、Webサイトを作る=デザインの知識とプログラミングの知識が必要というイメージでしたが、今後は誰でも簡単にWebサイトを作成できます。

5.MA(マーケティングオートメーション)

MA(マーケティングオートメーション)とは、顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化するツール。見込み顧客のデータを一元管理し、業務の効率性を高めています。そんなMAの領域にAIの力が加わると、「見込み顧客のデータの分析」、「分析結果をもとにした集客施策提案」が可能になります。顧客の興味関心を数値に変換し、一人ひとりに対してピンポイントにアプローチできるようになるのです。

6.インフルエンサーマーケティング

自社にとって適切なインフルエンサーをマッチングさせることにAIが活用できます。近年ではインフルエンサーがあふれているので、自社のビジョンにマッチした人を探すことは困難です。そこで、AIが画像認識を使って商品とインフルエンサーの発信コンテンツを分析し、そのインフルエンサーが自社にとって適切かを判断します。人材を探す労力が減らせるだけでなく、最終的にはパフォーマンスの高いタイアップを狙えます。

7.売上予想

小売店での値下げキャンペーンは担当者の過去の経験で決められることが多く、結果的に赤字を生み出すこともあります。そのため、確実に売り上げを出すには過去のデータに基づいた根拠が必要です。そこでAIの売上予測が活躍します。過去のデータに基づいて予測を行うため、経験と比較して精度の高い売上予想ができます。AIによって売上予測がわかれば、発注業務の時間短縮になる他、過不足を生み出さず、損失を防げます。

8.価格設定

AIがあれば交通やホテルといった業種以外にもダイナミックプライシングが適用できます。ダイナミックプライシングとは、商品やサービスの価格を固定せず、さまざまな条件に合わせて価格を上下させる手法です。AIによる大量のデータ分析によって、リアルタイムで適正な価格を導き出します。Amazonでは綿密な価格調整の結果、前年度比で27%の売上増加をもたらしたといわれています。

マーケティング分野でのAIの活用事例


マーケティングにおいてAIは、パーソナライズを得意としています。では、AIはマーケティング活動で具体的にどんな活躍をしているのでしょうか。実際の活用事例を紹介します。

1.デジタル店員による接客

ECサイトのAI導入で実店舗と同じような接客を実現できます。AIがユーザーにいくつか質疑応答を繰り返し、ユーザーの目的や好みにあった商品をレコメンドする機能が搭載されています。

2.レイアウトの改善

オフラインの店舗でもAIは活用できます。店舗にカメラを設置し、AIが来客者の属性や行動パターンを分析。それによって得たデータから、店内レイアウトや接客の改善につなげています。

3.パーソナライズDM

ユーザーの好みに合わせて商品をレコメンドするAIは、DMにも適応可能です。過去の購入履歴をもとに、顧客ごとに最適な商品を選定。AIをDMの送信システムに導入したところ、通常のDMよりも来店率が10%~15%も上昇したという成果もあげています。

4.チャットボット

チャットボットとは、AIが顧客と会話するプログラムのことです。24時間365日、顧客からの問い合わせに対応できるため、営業時間外ではAIがWebやLINEで代わりに顧客対応を行います。よくある質問の対応をチャットボットで代替できるため、オペレータの負担を軽減できます。

5.入札の自動化

ニトリでは、店舗への誘導施策の一環としてGoogleのディスプレイ広告を活用しています。さらにGoogleアカウントの位置情報によりユーザーの来客予想にも役立てています。この来客データを計測して、AIがWeb広告の入札単価をリアルタイムで調整し、目標とした来店コンバージョン単価の達成に役立てています。

6.休眠顧客の活性化

過去に取引があったものの、再度成約になるまでの時間が空いてしまっている休眠顧客の掘り起こしに、AIは活用できます。これまで顧客情報分析はエキスパートが担当していました。この業務をAIで置き換えたことで、コスト削減とともに、より高次元、かつ速いスピードでのPDCAサイクルが実現可能になりました。

AIをマーケティングに活用するならTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

TRYETINGのUMWELTはプログラミング不要で社内システムにAIを導入可能。また、ドラッグ&ドロップだけで操作できるので、誰でも直感的に使用することができます。さらにAPI連携をすることで、既存の社内システムのままAI化させられる強みもあります。つまり、全社的なDX化を最小限の教育コストと設備投資で推進できるでしょう。

まとめ

AI技術の持つポテンシャルは高く、近年ではデータの分析や将来予測といった機能の他、顧客に合わせたメッセージを作成するAIまで登場しています。AIと聞くと優れたエンジニアが必要と思われがちですが、このようにAI開発ツールを用いれば誰でも簡単に業務へAI導入ができます。そんなAIツールの一つの選択肢として、UMWELTを検討してみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。