BUSINESS

人工知能(AI)導入で得られるメリット・デメリット|導入事例もあり

 

人工知能 メリット

人工知能は近年さまざまな分野で導入が進み、身近な存在になりつつあります。注目が集まっていますが、企業が導入するとどのようなメリットがあるのか、イメージできない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、企業が人工知能を導入するメリット、導入事例を紹介します。最後までご覧になれば、人工知能の有効活用につなげられるでしょう。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

人工知能(AI)とは何?基礎知識や必要性を解説


人工知能と聞くと、ロボットのようなイメージを浮かべる方もいるかもしれません。まずは、人工知能がどのようなものなのか、基本知識を把握しておきましょう。

人工知能とはどのような技術?

人工知能(Artificial Intelligence=AI)は、人が脳内で考えて実行することを、コンピュータープログラムとして人工的に再現することです。

例えば、人が話した言葉を認識したり、ゲームの対戦相手になったりすることが挙げられます。人工知能は、ビッグデータを基に学習を重ねることで、より人に近い判断ができるようにもなります。

特化型と汎用型がある

人工知能は、特化型人工知能と汎用型人工知能に分類され、それぞれ特徴が異なります。

特化型人工知能は、限られた分野や領域に特化したものです。例えば、自動運転支援システム、天気予報に活用されています。

汎用型人工知能は、あらゆる課題の処理・役割を担う、柔軟性に優れたものです。将来的には、人の知能を超えることが期待されているものの、実用化には至っていません。

人工知能はなぜ必要?

人が管理するデータ、機械から得られるデータの数は膨大にあり、日々増え続けています。膨大な量のデータ解析は人の手作業でもできますが、長い時間が必要で、人の能力には負えないこともあるでしょう。

人工知能を活用すると効率的にデータ解析ができるようになり、スピーディーな判断にもつながります。

人工知能にもできること・できないことがある

人工知能にも得意・不得意があります。画像認識・音声認識・自然言語処理は、人工知能が得意なことです。

しかし、人工知能はアイデアを出したり、人の感情を理解したりするのは得意ではありません。その場の空気を感じ取り、人の気持ちをくみ取る必要がある業務を人工知能に任せるのは、難しいのが現状です。

将来的にさらに技術が発展すれば、人の感情を認識する機能が発達し、人工知能に生かされる日が訪れるかもしれません。

人工知能のメリット7つを紹介


指示されたことだけを行うロボットとは異なり、人工知能は画像認識や音声認識、ビッグデータを用いて自身で分析し、予測などを行えます。ここでは、人工知能を導入するメリットを7つ紹介します。

人材不足解消につながる

高齢化社会が問題となっている日本では、人材の確保が難しく、労働力不足に陥っています。しかし人工知能を活用すれば、少ない人数で業務を進められます。省人化ができる分、人手不足の解消につながり、人件費削減効果も期待できます。

高精度の予測ができる

在庫は少なければ機会損失につながり、多ければ廃棄費用が生じるだけでなく、無駄な保管スペースが必要になるため適正在庫に保つことが大切です。

適正在庫を実現するには、需要予測が欠かせません。人工知能があれば、日々蓄積されるデータを基に需要を予測し、適正在庫量を見積もれます。

事故のリスクを下げられる

業務内容によっては、事故のリスクと隣り合わせになる場面もあるでしょう。人工知能を活用すれば、危険が伴う作業・人が立ち入れない場所での作業に役立てられます。

また、インフラ設備の老朽化や故障予測などに人工知能を活用することで、事故も防げます。

生産性アップにつながる

どのような単純作業でも、ヒューマンエラーが起こる可能性をゼロにはできません。単純作業が得意な人工知能に任せることで、ヒューマンエラーをなくせます。

また、人工知能は高い精度が求められる作業も得意としており、人よりも正確かつ早い作業が可能です。24時間休むことなく作業ができることから、生産性アップも期待できます。

円滑なコミュニケーションが可能になる

近年では、人工知能が搭載された翻訳機も誕生しています。人工知能が搭載される以前の翻訳機では、音声を読み込ませても不自然な言葉に翻訳されてしまうことがありました。

人工知能が搭載されることで、人が日常生活で使用する自然な話し方に翻訳されるように進化しています。

また、これまで専門用語は不明な言葉として別の意味で翻訳されることがありました。人工知能を搭載すると、新しい言葉や専門用語も正しい意味に翻訳が可能です。グローバル展開を目指す企業でも、専門用語を翻訳する手間が省けるでしょう。

顧客満足度向上につながる

ユーザーの購入履歴などのビッグデータを分析し、次に興味を示すであろう商品を薦めれば、顧客満足度向上につなげられます。

また、チャットボットも顧客満足度向上のためのものです。人が対応するコールセンターは対応できる時間が限られることもありますが、人工知能を活用したチャットボットを導入すれば、昼夜を問わずユーザーの質問に答えられます。

人の強みを生かした業務に専念できる

これまで人が行ってきた定型業務を、人工知能によって効率化できます。人工知能を使って効率化できた分、人は人にしかできないクリエイティブな仕事やケアに専念できるようになります。

例えば問い合わせ業務なら、頻度の多い質問は人工知能に回答を任せ、複雑な質問には人が対応するイメージです。

人工知能がもたらすデメリットもチェック


人工知能には多くのメリットがあり、早く取り入れてみようと思う方もいるかもしれません。しかし、人工知能の魅力をより実感するには、さまざまなリスクを把握した上での導入が大切です。ここでは、人工知能のデメリットを5つ紹介します。

責任の所在が分かりにくくなる

人工知能はあらゆるものに搭載できますが、事故を起こして誰かに危害を与えてしまった場合の責任がどこにあるのか、あいまいになる傾向があります。

一般的には商品の所有者もしくは製造企業が責任を負いますが、人工知能が原因と思われる際には責任がどちらにあるのか、今のところ明確な法律はありません。

業務の代替により雇用率が下がる

人工知能は人材不足を解消できる一面もありますが、人手が不要になり雇用率に影響が出ることがあるかもしれません。例えば、下記のような業務が該当します。

・ドライバー
・レジ業務
・銀行員
・受け付け
・事務
・行政書士や税理士

なお、厚生労働省が発表した『人工知能が雇用・労働に与える影響に関する研究の報告書』によると、「雇用量が増加する見込み」と答えた企業が10.4%だったのに対し、「減少する見込み」と答えた企業は34.6%でした。

悪用される可能性がある

人工知能は、管理次第では悪用される危険性もあることを覚えておきましょう。

インターネットを通じてデータを取り扱う人工知能は、常に第三者に悪用されるリスクがあります。人工知能を悪用し、SNSなどを通じて大量の個人情報を手に入れたり、企業の機密情報が漏えいしたりすることもあるかもしれません。

そのため、人工知能の導入と同時にセキュリティー対策を講じる必要があります。

難しいリスクマネジメントが求められる

人工知能があらゆる業務に導入されると同時に、問題が起きたときのリスクも高まります。実際にどの程度、通常業務に影響を及ぼすかは不明確です。

リスクマネジメントには専門知識が求められることから、人工知能に関する知識を持った人材が必要でしょう。社内にいない場合は、試験的に人工知能を導入したり、リスク管理のコンサルティングサービスを利用したりするとよいでしょう。

導入に時間や費用が必要になる

人工知能を導入する際には、従来の業務フローを見直したり、新たなシステムを導入したりするための時間とコストが必要です。

また、人工知能を導入したからといって、すぐに利益となる成果が出るわけでもありません。求める結果が得られるまでには、ランニングコストがかかることを覚えておきましょう。

身近な人工知能にはどのようなものがある?


人工知能は、普段の生活で利用しているものに使われていることがあります。ここで紹介する事例を見れば、人工知能がどのように生かされているのか、理解しやすくなるでしょう。

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、スピーカーに人工知能を搭載することで、音声認識を可能にしたものです。スマートスピーカーに話しかけると、人工知能が音声内容を分析します。家電製品と連携すれば、音声だけで家電製品の操作が可能です。

話者認識機能も備えたスマートスピーカーなら、話しかけた人を判断してそれぞれに合った回答ができます。

自動車用アシスタント

さまざまな自動車がある中で、人工知能が活用されている車種もあります。人工知能が搭載された自動車は、音声だけで音楽の再生やカーナビの操作が可能です。ドライバーは視線をそらすことがなくなり、事故防止にもつながります。

また、カメラで認識したドライバーの表情と操作を関連付け、ドライバーの感情・意図を推測するものもあります。

スマートフォンのアプリ

スマートフォンのアプリの中には、人工知能が搭載されているものもあります。音声認識機能を使って電話をかけたり、インターネット検索ができたりします。

人工知能は画像認識も可能です。画像認識機能を活用して、スマートフォンで撮影した人の顔を認識し、合成画像を作成できるアプリもあります。

企業の人工知能の導入事例


人工知能は身近なものだけでなく、企業での導入も進んでいます。ここでは、企業における人工知能の活用事例を3つ紹介します。

日本気象協会:電力需要予測

発電した電力は、ためておくのが難しく、電力の安定供給には需要量をあらかじめ予測しておく必要があります。そこで日本気象協会では、気象データや気象予報士の知識、人工知能を組み合わせて高精度な電力需要量を予測しています。

三井不動産リアルティ:不動産査定

三井不動産リアルティ株式会社が展開するブランド『三井のリハウス』では、リハウスAI査定を導入しています。リハウスAI査定は、いつでもインターネット上でマンションの推定成約価格が分かるサービスです。

周辺のマンションの購入を検討している人が何人いるかなどの情報も提供することで、売却のタイミングをより把握しやすいように工夫されています。

住友ゴム工業:官能評価に必要なノウハウの伝承

住友ゴム工業株式会社は、タイヤの開発工程の一部に、テストドライバーによる官能評価を取り入れています。テストドライバーは擬音を使った評価が多く、同じ現象であっても評価に個人差がありました。

また、官能評価を読み解き、定量的に表すには熟練者の知識が必要です。そこで、住友ゴム工業株式会社は人工知能を活用し、官能評価を読み解く知識を体系化させています。

熟練者の思考プロセスが見える化されることで、今後は若手設計者の開発効率向上にもつながる予想です。

人工知能のデメリットを解決できるノーコードAI『UMWELT』をご紹介


人工知能のさまざまなデメリットを回避するなら、TRYETINGが提供する『UMWELT』をおすすめします。UMWELTは、簡単なアルゴリズムを組み合わせるだけで需要予測や業務効率化を図れる人工知能ツールです。

UMWELTは低コストで導入可能

UMWELTの魅力のひとつが、導入コストを抑えられる点です。人工知能開発を外部へ依頼すると、高額なコストがかかってしまいます。UMWELTはサブスクリプション型を採用しており、使用人数が増えても費用は変わりません。

導入後のサポート体制も整っています。UMWELTの使い方や人工知能の基本知識を学べる講習会もあるため、初めて人工知能ツールを取り入れる企業様でも安心です。

ASNOVA様の導入事例を紹介

ASNOVA様は、くさび式足場をはじめとした建設現場に必要な機材のレンタル事業を行っています。UMWELT導入以前は、レンタル機材の管理業務の負担が大きく、適正在庫管理の課題を抱えていました。

UMWELTで需要予測することで、レンタル機材の稼働率をアップさせることに成功しています。

『【ASNOVA様】UMWELT活用事例|需要予測を自動化して、無駄な在庫を減らして管理コストを削減|TRYETING』

まとめ

人工知能は、人材不足の解消をはじめとした多くのメリットがあります。すでに、スマートスピーカーやスマートフォンのアプリなど身近なものに活用されており、その魅力を実感している方もいるかもしれません。

業務に人工知能を取り入れるならUMWELTがおすすめです。UMWELTなら、従来の人工知能よりも導入コストも抑えられます。低コストで人工知能を導入したい方は、お気軽にお問い合わせください。

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。