BUSINESS

DXのシステム開発に必要な費用と期間は?外注先の選び方もチェック

 

dx システム開発

近年、急速に社会のデジタル化が進み、企業のDXの必要性が高まっています。自社のDXを進めるためにはDXに対応した新しいシステム開発が欠かせません。

開発するシステムによっては、多くの費用と期間がかかります。予算やスケジュールを組むために、システム開発にかかる費用や期間を知りたいという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、DXに向けたシステム開発に必要となる費用の相場と期間の目安について紹介します。外注する際の重要事項についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

DXのシステム開発に必要な費用の相場


企業のDXに必要なのが、旧システムから新システムへの入れ替えです。新しいシステムを開発するためには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ここでは、システム開発にかかる費用の相場を、社内業務基幹システム、ウェブシステム、スマートフォンアプリの3つに分けて紹介します。

社内業務基幹システム

社内業務基幹システムは、主に企業内で日々の社内業務を行うために使われます。会計や人事、生産、販売などを管理するシステムで、会社を経営するのにストップできない業務を扱うことが特徴です。

業務基幹システムの開発にかかる費用は、開発を進めるモデルの種類によって異なります。開発モデルは「パッケージ開発」と「スクラッチ開発」の2種類です。

パッケージ開発 300万円〜5,000万円
スクラッチ開発 3,000万円以上

パッケージ開発は、他社が販売するソフトウェアをベースにカスタマイズします。既存のソフトウェアを使うので、スクラッチ開発よりも費用は抑えられるでしょう。しかし、どのくらいのカスタマイズを必要とするかによって費用が変動します。

スクラッチ開発は、システムをゼロの状態から開発する手法です。最低でも3,000万円、会社の規模によっては億単位の費用が必要になります。

ウェブシステム

ウェブシステムは、インターネットのブラウザを経由してサービスを提供するシステムです。例としては、ECサイトや掲示板、SNS、口コミサイトなどが挙げられます。

ECサイト 60万円〜400万円
掲示板 50万円〜300万円
SNS 100万円〜500万円
口コミサイト 40万円〜400万円

近年、消費者がさまざまなウェブサイトを閲覧する機会が増えてきたため、求められる品質が上がっています。そのため、デザイン性や操作性など必要とされるレベルも上がっており、費用が高くなる傾向です。

スマートフォンアプリ

スマートフォンアプリとは、iOSやAndroidで使うアプリケーションのことです。開発手法の種類には、スクラッチ開発とクラウド開発があります。

スクラッチ開発とはオリジナルアプリをゼロから作ること、クラウド開発とは既にある機能を組み合わせてアプリを作ることです。ゼロの状態から創り出すスクラッチ開発は、クラウド開発に比べて費用がかかるため、費用相場の幅は広くなります。

学習アプリ 50万円〜300万円
ストリーミングアプリ 500万円〜4,000万円
ARアプリ 1,000万円〜3,000万円

DXのシステム開発に要する期間の目安


DXのシステム開発は、システムの規模や手法によって開発にかかる期間が変わります。DXをスムーズに進めるためにも、開発に必要な期間を組み込んで、無理のないスケジュールで計画を立てましょう。ここでは、DXのシステム開発に必要となる期間を紹介します。

システムの規模で変わる

システム開発は、開発するシステムの規模によって必要になる期間が異なります。一般的に、小規模なものであれば1〜2か月、中規模なら3〜4か月、大規模なシステムであれば半年以上の期間が必要です。

またシステムの種類も開発期間に影響します。例えば、社内で使う日報管理システムであれば3か月、学習塾などで利用されるような総合管理システムでは1年など、システムが複雑になれば期間も長くなるでしょう。

手法によって変わる

システム開発の手法には「ウォーターフォールモデル」と「アジャイル開発モデル」があります。手法によって開発に要する期間が変わるため、どちらの手法を選ぶかはシステムの導入までにどのくらいの余裕があるかで判断しましょう。

ウォーターフォールモデルは、上から順番に工程を進めていく開発手法です。多くの人員が関わる大規模なシステム開発に合う手法で、納期が動かせなかったり予算がかけられなかったりするプロジェクトに使われます。

アジャイル開発モデルは、システムを機能によって小分けして開発するモデルです。開発途中で仕様が変わったり、機能が追加されたりという変更が多いプロジェクトにも対応できます。ウォーターフォール開発モデルよりも、短期間で仕上げられることが特徴です。

DXにおけるシステム開発の現状


企業のDXには新システムの導入が欠かせません。企業のDXを支えるシステム開発には、どのようなことが求められているのでしょうか。ここではDXにおける システム開発の現状と、企業でDXが進められる理由を解説します。

急がれるDX

企業のDXが進められる背景には「2025年の崖」問題があります。2025年の崖とは、日本の企業でDXが推進されないまま社内の既存システムが残った場合、世界における競争力が急速に低下してしまうことを表した言葉です。

この問題を前に、新規ビジネスモデルの立ち上げに乗り出す企業が増えています。多くの企業がDXに取り組む中、今後は競争が激化していくでしょう。企業の競争力を維持するため、DXをできるだけ早く進める必要があります。

スピード感のある開発が必要

市場における競争力を維持することがテーマとなるDXは、ビジネスにおけるスピード感が重要になります。そのためには、システム開発のリードタイムをできるだけ短くしなければなりません。

従来の開発手法を見直したり開発フェーズを効率化したりすることが、スピーディーなシステム開発を実現するポイントです。これにより、他社との競争に負けないスピード感のあるシステム開発が可能になります。

開発手法の変化

システム開発の手法として、ウォーターフォール開発モデルやアジャイル開発モデルがありますが、企業のビジネスモデルに合わせて手法を変えていく必要があります。

例として挙げられるのは、アジャイル開発モデルの一種である「スクラム開発」や、ソースコードをできるだけ書かずにアプリケーションを開発する「ローコード開発」です。これらの手法は、従来の手法よりも迅速にシステム開発ができることで注目されています。

DXのシステム開発を外注する際の重要事項


システム開発には専門的な知識が必要です。自社に開発スキルがない、エンジニアの確保が難しいという場合に役立つのが、システム開発の外注です。

ここからは、システム開発を外注する際に確認しておきたい重要事項を解説します。

開発スケジュールを綿密に組んでもらう

自社のDX計画に間に合うよう、開発スケジュールは綿密に組んでもらうようにしましょう。スケジュールが遅れることで、生産性改善の計画にも遅れが出てしまうかもしれません。

スケジューリングをする前に、タスクを細かく分けて実行すべき作業を明確にします。それぞれのタスクごとにスケジュールを決め、納期を設定しましょう。また、システム開発がスケジュール通りに進められているかの進捗確認も大切です。

希望するシステムを明確にする

どのようなシステムを希望しているのか、目的を明確にして伝えることも重要です。実際にシステムを使う現場の担当者に聞き取りを行い、効率化したい作業などをまとめます。

改善したいポイントを明確に伝えることで、外注先も要点を絞ってスムーズに作業できるようになるでしょう。

システム開発企業の中には、ユーザーの要望を聞き取って柔軟に対応できることをセールスポイントとしている会社もあります。自社にとって使いやすく、目的に合ったシステム開発を実現できる企業に依頼しましょう。

意図を酌んでくれる会社を選ぶ

中規模以上のシステム開発では、関わる人数も多くなります。そこで発生するのが認識のずれです。

それぞれの認識が異なるままシステム開発が進むと、希望とは違うシステムになってしまいます。こうした事態を避けるためには、ヒアリングをしっかりしてくれるか、綿密にコミュニケーションを取ってくれる企業なのかの見極めが必要です。

営業担当者だけでなく、ディレクターなどの人柄も重視しましょう。

メンテナンスやサポートを予算に入れる

システム導入後の運用には、メンテナンスやサポートが必要です。そのため、保守運用費用も予算に入れておくようにしましょう。

見積もりの時点で、システムのメンテナンスや運用にどのくらいのコストがかかるのか、算出し確認しておくと安心です。中には定期的なメンテナンスやシステムのアップデートが必要な場合もあるので、併せて確認しておくとよいでしょう。

自社のDXを進めるならTRYETINGの『UMWELT』がおすすめ


自社のDXを進めたいとお考えの企業様には、TRYETINGのAIプラットフォーム『UMWELT』がおすすめです。

UMWELTなら、ノーコードAIのサポートにより業務効率が良くなり、データ収集と分析がスムーズに進みます。自社の予算やサポート内容に合わせた料金プランが選べます。

AIのサポートにより業務効率化が進む

UMWELTは、データ活用に必要なデータ収集、AI・モデリング・解析、実装・システム結合の3つの機能を柱として、アルゴリズムを組み合わせるだけでノーコードAIの利用が可能です。

システムを新たに開発する必要がないため、ITに精通した人材がいなくても導入・運用できます。UMWELTは、エクセルなどの操作ができる人であれば簡単に始められます。AIのサポートにより、業務効率化もスムーズになるでしょう。

自社に合わせた料金プランを選べる

UMWELTでは、企業様の希望に応じて固定プランや追加メニューを選べます。例えば、完全固定プランは複数の社員がシステムを使う企業様におすすめです。

完全固定プランには、オンラインサポートや講習会も付いて月額45万円でご利用いただけます(年間契約の場合)。

また、サポートパックやセキュリティパックが付いたお任せサポートメニューは、自社データの保守やサポート体制が整っているので安心です。お任せサポートメニューは、月額35万円でご利用いただけます。

自社の使い方に合わせて定額プランを選べることも、UMWELTの魅力です。

まとめ

企業のDXを進めるためには、新しいシステムの導入が必要です。システム開発に必要となる費用は、社内業務基幹システムやウェブシステムなど種類によって相場が変わります。また、必要になる期間も開発手法やシステムの規模によって変動するでしょう。

企業にデジタルシステムを取り入れるなら、TRYETINGのUMWELTがおすすめです。ノーコード予測AIが、企業の業務効率化をサポートします。これからDXの推進をお考えならば、ぜひご検討ください。

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。