MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

在庫管理

在庫管理におけるKPIとは?設定するメリットや取り入れたいツールを紹介

在庫管理をする際にヒューマンエラーや業務効率の悪さなどでのお悩みでしょうか?それらは、KPIの設定と在庫管理システムの導入で解決できるかもしれません。この記事では、在庫管理でKPIを設定することでどのような効果が生まれるのか、在庫管理システム導入のメリットを紹介します。

▼更に在庫管理について詳しく知るには?
【保存版】在庫管理とは?取り組むメリットや具体的な方法を分かりやすく解説

article-banner-umwelt

在庫管理におけるKPIとは


在庫管理にKPIを設定する前に、KPIとはそもそも何かについて知る必要があります。またKPIを設定する前に考えなければいけないKGIについての理解も必要です。この項目では、KPIとKGIについての説明をします。

1.KPIについて

KPIは(Key Performance Indicator)の略称です。日本語では「重要業績評価指標」といわれ、企業経営における成功の鍵となる指標を指します。具体的にいえば、企業が掲げる目標達成のための「中間目標」を明確にするもので、達成すれば組織としての大きなゴールに到達できます。KPIは通常、一定の期間が定められて計測されます。期間ごとにパフォーマンスが評価され、成績が悪い場合は対策が取られ、改善策の策定と実施を求められます。

2.KPIの重要性

KPIの重要性はどの部分にあるでしょうか。KPIは原則として、定量的な数値によって設定されます。誰にでも分かりやすい定量的な数値を設定することから、客観的な指標としてKPIは重要な役割を持ちます。

3.KPIとKGIの違い

KPIを理解する上で欠かせないのがKGIです。KGIとは「Key Goal Indicator」の略称で、「重要目標達成指標」と訳されます。KPIが細分化された中間目標を設定するのに対してKGIは組織が目指すゴールを設定します。順番としてはKGIを設定した後にKPIを設定します。つまり、効果的なKPIの設定を行うには、KGIがなぜその数値に設定されたのかを「KPIを設定する人」全員で共有し、理解を深めておく必要があるということです。

在庫管理においてKPI設定する4つのメリット


KPIとKGIについての概要は理解できましたが、設定することによってどんなメリットがあるのでしょうか。今回はKPI設定で得られる4つのメリットについて解説していきます。

1.目標が明確になる

在庫管理にKPIを設定するメリットの1つ目は目標が明確になることです。KPIは誰もが共通で理解できる数値によって設定されるため、会社全体から部署、社員一人ひとりに至るまで、目標を達成するために何をいつまでどれくらい行えばいいのかが「可視化」されます。目標に対しての成果は数値として現れ、成果が出ていない場合は原因を突き止め改善することで対処できます。

2.組織力が向上する

2つ目のメリットは組織力を向上させることです。数値によって目標を管理するため、誰が見ても同質に解釈され、ミスコミュニケーションが軽減されます。結果として、共通の認識に基づき、曖昧さが排除されたコミュニケーションになるため、コミュニケーションの密度と組織力がアップします。

3.経営に良い影響を与える

KPIを設定することは個人や組織だけではなく、経営全体にも良い影響を与えます。KPIをモニタリングし続けることによって、現在の経営状況を把握できます。思った成果が出ていなくても、KPIは数値化されているためすぐに原因を突き止めて、改善することが可能です。また成果が出ていれば、さらに成果をあげるにはどうしたら良いか考える金銭的・時間的余裕が生まれます。

4.生産性が向上する

最後のメリットは生産性の向上を望めることです。KPIを設定するプロセスでは、成果を出すために優先順位をつけて計画化されます。これによりやるべき事と順番が明確になるため、「やらなくても良い事」も明確になります。やるべき事とやらなくても良いことがわかれば、メリハリの効いた活動ができるようになり、結果として生産性が高まります。

在庫管理のKPI設定する際に注意したいこと


KPIはただ設定するだけでは良い効果を得ることができません。在庫管理をミスなく効率的に行うためには正しいKPIを設定する必要があります。正しいKPIの設定の仕方には大きく分けて4つあります。

1.目標値を設定する

KPIが設定されていても目標が設定されてなければ意味がありません。目標の立て方は「経営計画より展開され作成される目標」と「現場改善の積み上げで作成される目標」の2つのアプローチが存在します。基本的には前者のアプローチを取った方が設定される数字としては良いといえます。経営計画自体が競合他社に勝つための施策/目標数値を記述しており、在庫管理の目的も当然ながらこの経営計画達成に関連するためです。

2.先行指標の検討を行う

次に、設定されたKPI目標を達成するためにはKPIと関連する「先行指標」を抽出する必要があります。先行指標とはKPIと因果関係にある指標のことです。

3.在庫削減スコアカードを作成する

KPIの設定を終えたら、スコアカードの作成をして進捗管理を行いましょう。その際は最終目標だけではなく途中目標(四半期など)も設定しましょう。

4.KGIを達成するためのKPIを設定する

ここまでで立てたKPIがKGIと結びついていなければ、KPIを達成していたとしても在庫管理はうまくできていません。KPIにおける目標数値をクリアしていく先に、KGIの達成があるように、KPIを設計しましょう。具体的な策としては、KPIツリーを作ることをおすすめします。KPIツリーを作成することで、KGIを構成する要素を分解して施策を実行可能になるまでレベルを落としたKPIの洗い出しをすることができます。

在庫管理のKPIを設定する上で取り入れたいツール


在庫管理でよく使われるツールはエクセルと在庫管理表の自作と在庫管理システムの3つがあります。1つ1つ特徴をみていきましょう。

1.エクセル(Excel)

1つ目に考えられるツールはエクセルです。エクセルには回帰直線を使って予測するFORECAST関数や重回帰分析を使って予測するTREND関数などの関数が標準機能として備わっています。またエクセルは企業のパソコンのほとんどにインストールされているため使用に際してコストがかかりません。

2.在庫管理表

2つ目のツールは在庫管理表の自作です。在庫管理表を自作してプリントアウトし、倉庫等で一つ一つ在庫を目視で確認して表に書き込んでいく必要があります。ITに詳しくない従業員でもすぐに対応できることがメリットですが、すべて目視での確認となるためヒューマンエラーの発生は避けられません。また記入した紙を紛失するといったリスクがあります。

3.在庫管理システム

3つ目のツールは在庫管理システムです。在庫データをリアルタイムで捉えつつ、需要予測を同時にできる在庫管理システムは製品によっては導入にコストがかかりますが、根本的な問題解決に役立ち、長い目で見ておすすめです。システムを用いて需要予測をはじめとした在庫管理に関わる業務を効率化し、より正確な情報を帳簿に反映できます。

KPIを設定する上で在庫管理システムを導入するメリット


在庫管理をしていく中で、おすすめのツールは在庫管理システムです。KPIの設定と在庫管理システムの二つを活用することで大きく業務を効率化することができます。具体的にどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

1.人的ミスを防止できる

在庫管理システムを導入せずに手動で管理しようとすると人的ミスが多発されます。例えば、エクセルでの管理であればデータの二重投入などの人為的ミスが起きます。手書きで在庫状況を記録しようとすると、長い品名や商品コードの書き写しミスが生じる可能性も考えられます。

2.在庫状況がリアルタイムで分かる

在庫管理システムは出荷状況も把握できるため、リアルタイムな在庫状況が可視化されます。そのためどの製品をどれだけ発注すればよいか、どの倉庫にどれだけスペースがあるのかを把握できます。売れ筋商品に関しては保管場所の見直しを行うなど、在庫方法の見直しも迅速に対応が可能です。

3.幅広い従業員が在庫管理を行える

在庫管理システムの導入・運用の際には専門的な知識や専門的なスキルは必要ありません。簡単な操作で紙やエクセルなどのアナログな管理よりも作業スピードの向上と作業のミスの削減を期待できます。

4.人件費を削減できる

在庫管理での作業は「運搬」と「数える」という作業が中心です。運搬と数える作業は重要な仕事ではありますが、付加価値が生まれない仕事でもあります。在庫管理システムを導入すると付加価値を生まない作業が最小限に抑えられ、余分な人件費をかけずに済みます。

5.顧客満足度が向上する

在庫管理ツールを導入することによって現在の在庫状況を簡単に把握することができるため、商品を購入したいと思っている顧客にスムーズに商品を発送することができます。このように需要に対して安定して供給できる会社は顧客満足度が高いです。

6.手間や時間を削減できる

また在庫管理ツールは手間と時間の削減につながります。人が手動で在庫を管理すれば必ずミスが起こりそのたびに、手間と時間が余計にかかってしまいます。運搬や数える作業などは、機械に任せましょう。

在庫管理システムを導入したいのであればTRYETINGの「UMWELT」がおすすめ

在庫管理システムのメリットを理解していただけたと思います。どの在庫管理システムを導入すればよいのお悩みの方にTRYETINGのUMWELTをおすすめします。UMWELTには自動機械学習や自動組合せ最適化など、さまざまな機能を備えるシステム構築基盤があり、機能を組み合わせることで、システム間の連携を重視し、業務の流れを効率化することができます。在庫管理でいえば直感的に、パズルのように、機能をドラック&ドロップし、組み合わせることで、会社オリジナルの在庫管理システムを作ることができます。
   

まとめ

この記事では在庫管理にKPIを設定するメリットと在庫管理システムを導入すべき理由、またおすすめの在庫管理システムについて紹介しました。在庫管理にKPIの設定とシステムを導入することで、業務効率化と売上増加を望めます。どのような在庫管理システムを導入すべきかお悩みの方は、TRYETINGのUMWELTをぜひご検討してみてください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。