MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AIサービスが活発な分野とは?AIの必要性と開発ツールを紹介

AI技術の発達により、さまざまなサービスやシステムでAIが活用されています。当記事では2022年現在、AIサービスが活発な3つの分野と、AIの必要性について解説します。AIサービスの導入を検討している担当者の方は、ぜひお役立てください。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

article-banner-umwelt

AI(人工知能)について


まずはAIの基礎知識について見ていきましょう。

AIとは

AI(Artificial Intelligence)とは、従来、人間にしか行えなかった高度な知的作業や判断を、コンピュータを中心とする人工的なシステムにより行えるようにしたものです。

機械学習とは

機械学習(Machine Leaning)とは、膨大なデータをもとにコンピュータがルールやパターンを学習し、識別や予測を行う技術です。人間が学習するように「機械自身が学習する」のような意味が込められています。機械学習には、教師あり学習・教師なし学習・半教師あり学習・強化学習・深層強化学習の5つの領域が存在します。

ディープラーニングとは

ディープラーニング(深層学習)は機械学習の技術のうちの1つで、人間の脳神経回路をモデルとしたニューラルネットワークを応用しています。高精度に分析できる点が特徴です。

AI導入が企業にもたらすこと


AIを自社が展開するビジネスに取り入れることで、業務効率化や人件費の削減に役立ちます。ここからはAI導入が企業にもたらすメリットについて詳しく紹介します。

人手不足の解消

我が国では少子高齢化が深刻な問題となっており、生産年齢人口も1995年以降年々減少の一途を辿っています。AIの導入によって労働生産性を向上させることで、人手不足を解消させることができます。

合理的な経営判断

従来の予測は直感や経験に基づく判断が多く、属人的な判断になってしまう問題点がありました。一方、AIを活用して分析を行えば、どの項目のどのデータが因果関係を持っているのかを理解できるようになり、事業においても合理的な経営判断を導きやすくなります。

需要予測や未来予測

AIは過去の事例やビッグデータを解析することで、将来の需要や未来を予測することができます。例えば、過去の売上データに基づいてAIが今後の需要予測を行い、的確な商品の仕入れ数や種類を計測することで在庫ロスの軽減につながります。

顧客満足度の向上

AIによるデータ分析・予測を業務に取り入れることで、サービスの質を大きく向上させ、顧客満足度を高めることも可能です。近年、私たちが目にする機会の多い、ECサイトでのレコメンド表示も、AIを活用した技術の一種です。

AIサービスが活発な分野


現在、AIはさまざまな分野で広く活用されています。ここでは、AIサービスが活発な3
つの分野と、それぞれの活用方法について説明します。

画像認識

画像認識は、画像のなかに何が写っているのか、コンピューターや機械などが識別する技術です。物体認識や顔認識、文字認識が可能で、すでに実用化されているものとしては顔認証システムがよく知られています。

自然言語処理

自然言語処理とは、人間の言語を機械で処理して内容を抽出することです。この過程から得られたデータが、AIアシスタントや機械翻訳に活用されています。

音声認識技術

音声認識技術は、人間の話す音の波形を理解して、文字に変換したり、機器を操作したりする技術です。Amazonが展開しているAmazon Echo Showや、スマートスピーカーによる家電制御などは、AIによる音声認識を活用しています。

分野別AIサービスの活用例


AIを活用することで、どのような業務が効率化できるのでしょうか。以下では、分野別のAIサービス活用事例について解説します。

カスタマーサポート

顧客対応業務は、属人性の高さゆえの対応品質のバラつきがあります。AIを導入すると、対応品質を高めつつ、均質化を図ることができます。また、顧客から問い合わせに対してもAIがサポートしてくれることで、業務負荷の軽減と顧客満足の向上を同時に果たすことができるでしょう。カスタマーサポートでの主なAI活用方法には、チャットボットやボイスボット、ナレッジマネジメント、問い合わせの自動振り分けなどがあります。

人材教育

AIを人材教育に活用することで、人事担当者の属人的スキルに頼らずにシステム化でき、生産性の向上が期待できます。また、特に少子高齢化が進行し、今後も慢性的な人材不足が予想される現代社会においては、人材を効率的に育成するためにも、AIを活用したタレントマネジメントが非常に有効な手段といえます。

テキスト関連業務

テキストマイニングとは、文章・会話等の大量のテキストデータから有益な情報を抽出することを指します。AIテキストマイニングを活用すれば、SNS等のWEB上のデータから、人間による分析では抽出することができなかった消費者ニーズやキーワードを発見できます。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングの分野においては、多種多様なチャネルから収集したビッグデータをAIが整理・分析して、パターンやルールを弾き出すといった活用ができます。 さらには AIを活用した解析ツールやシステムを取り入れることで、Webサイトでの集客率や流入経路、売上などのデータをスピーディかつ効率的に分析できるようになります。

製造業

製造業の現場では、作業員のキャリアによって商品の品質に差が出やすいことが強く問題視されてきました。しかし、それもAIがベテラン社員の技術を学習し、経験の浅い従業員をサポートする体制を構築することで一定の品質が担保されます。また、危険を伴う作業についてはAIに代替えさせることで、工場内の安全性の確保や事故防止にも効果的です。

業務AI化にはAIツールがおすすめ!

業務をAIに代替し、社内のDX化を推進するには、AIツールの活用がおすすめです。ここでは、AIツールとはどのようなものなのか、また導入のメリットについて紹介します。

AIツールとは

AIツールとは、プログラミング言語の知識を必要とせず、マウス操作のみで手軽にAIを構築できるツールです。

AIツールのメリットとは?

AI開発と聞くと、高度なプログラミング言語の知識や、データ分析のノウハウが必要と思われがちです。また、導入はハードルが高いと感じてしまう方も少なくないことでしょう。しかし、AIツールではAI構築に必要なノウハウや環境を要することなく、簡単に自社の運用に沿ったAIを作成できます。このような経緯から、プロジェクトを効率化するツールとして人気が高まっています。

導入で気をつけたいポイント

業務効率化を目的にAIツールを導入する際には、自社にあったツールを選択することが重要です。また、AIツールの導入には少なからずコストと時間が発生します。そのため、導入前には、自社がAIを導入する目的を明確化したうえで、ランニングコストを鑑みながら利用を検討することが欠かせません。

自社サービスの向上にAIを活用するなら「UMWELT」がおすすめ

自社サービスの向上にAIを活用するなら、TRYETINGが展開するノーコードAIクラウド「UMWELT」をぜひお試しください。UMWELTは、プログラミングのソースコードを書くことなく、マウスのドラッグ&ドロップ操作だけで高度なAIアルゴリズムを構築できるサービスです。自社サービス向上に役立つ豊富なアルゴリズムを搭載しているため、既存の社内システムに手を加えることなくAI化を実現できます。導入時の障壁になりがちな環境構築も不要で、サーバーなどの設備投資も必要ありません。

まとめ

現在のビジネスシーンでは、AIを活用した新たな試みがたくさん生まれています。今後は、既存の業界のビジネスとAI技術を掛け合わせ、世界中で新たなサービスが生まれることになるでしょう。また、誰でもAIを扱える「AI社会」の時代においては、AI開発ツールを用いて生産性を向上し、労働力不足改善につなげる取り組みが重要視されています。UMWELTは既存システムのままAI化ができるため、最小限のコストでAI導入を実現できることがポイントです。AI開発ツールの候補のひとつとして、TRYETINGのUMWELTを検討してみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。