MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

CRM(顧客管理)

WordPressのCRM化とは?CRMプラグイン導入のメリット・注意点

現在多くの企業がCRMツールを導入し、営業活動の効率化を実現しています。実は、WEBサイト制作で有名なCMS(コンテンツマネジメントシステム)のWordPressを応用し、CRMツール化している企業が多くあります。この記事では、低コストでCRMを導入したい方に向けて、WordPressを用いたCRM運用について解説していきます。

▼更にCRMについて詳しく知るには?
【効率化】CRMの基本と導入のメリットを解説!選ぶ際のポイントも紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WordPressはCRM化できる


WordPressはプラグインを活用することでCRMツールとして利用できます。ここからは、そもそもWordPressやCRMとは何なのかという基本的な部分から、WordPressをCRMツールとして活用する具体的な方法についても見ていきます。

WordPressとは

WordPressとは自社のホームページやブログを構築するためのCMSの一つで、プラグインを使って機能を拡張できることが特徴です。CMSとは「Contents Management System」の略で、テンプレートに従って簡単にWebサイトを構築できるシステムです。WordPressは数あるCMSの中でも最も多い利用者数を誇り、世界各国のさまざまな企業が導入しています。

CRMとは

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称で、日本語に訳すと顧客関係管理という意味です。CRMツールそのものをCRMと呼ぶこともあります。顧客関係管理とは、自社のお客様と良好な関係を構築し続けることです。良好な関係を維持することで、新たな商品の購入時や買い替えをするときに、自社の商品を選んでくれる可能性が高まります。

WordPressをCRM化する方法

WordPressのCRM化はプラグインを活用することで実現可能です。WordPressにおけるプラグインとは、インストールすることで新たな機能を追加できるものです。CRM化するときにも、顧客管理を可能にするプラグインをインストールすることで利用できます。プラグインの利用により、簡単な顧客管理ができます。

WordPressをCRM化するメリット

WordPressをCRM化するメリットは、顧客管理が低コストになることです。WordPress自体のインストールは無料であるため、サーバー構築やWordPressに関する知識があれば、安価に導入できます。また、WordPress用のCRMプラグインは機能がシンプルなものが多く、小規模のビジネスであれば十分に活用できるでしょう。しかし、複雑な処理はできないため注意が必要です。

CRMツールの必要性が高まっている


CRMツールは、多くの企業で必要性が高まっています。ここからは、それぞれの理由について解説していきます。

労働人口が減少している

現在、業界を問わず労働人口が減少しており、多くの職場で人手不足が問題視されています。そんな企業こそCRMツールを導入し、業務効率化を図っていく必要があるでしょう。例えば、顧客情報の管理や分析を手作業で行っている企業では、データ量が増えるほど多くの作業時間を取られてしまいます。そこへCRMツールを導入することで顧客情報の一元管理やAIによる分析ができ、作業時間の短縮が見込めるでしょう。

ユーザーのニーズが多様化している

昨今のユーザーのニーズは多様化しています。それに対応するためにもCRMツールの導入が求められています。特にインターネットやSNSを通じて簡単に情報を入手できる現代、企業側からユーザーに対してアプローチすることの効果は高いでしょう。そこで、CRMツールで蓄積した顧客の購入履歴や閲覧履歴などの顧客データを分析します。それにより情報が可視化され、相手のニーズに合った商品を提供するなど、適切なアプローチの道筋が分かるようになります。

市場競争が激化している

国内市場が縮小する中で、CRMツールを利用した既存顧客へのアプローチは重要性を増しています。限られた市場のパイを企業同士が奪い合っているため、市場競争は激化し、新規顧客開拓がこれまで以上に困難となります。そのため、今後は既存顧客を優良顧客へと育成することが求められるでしょう。また、優良顧客が増えればLTVの最大化も期待できます。

WordPressをCRM化する際の問題点


WordPressをCRM化する際には、以下の2つの問題が考えられます。ここからはそれぞれを詳しく解説していきます。

セキュリティに課題がある

WordPressは世界中で最も利用されているCMSツールであることから、サイバー攻撃の対象にもなりやすいことが課題です。そのため、システム上の脆弱性も見つかりやすく、プラグインは定期的なアップデートをしない限り、安全に使い続けることは困難です。

プラグインの相性で不具合が生じる

WordPressのプラグインは追加したプラグイン同士が干渉し、画面が表示されないなどの不具合が発生する可能性があります。しかし、どのプラグイン同士が干渉し合っているのかは判断が難しく、一つずつ調べなければなりません。プラグインを利用するときには、こうしたプラグイン同士の相性のリスクも認識しておく必要があります。

大規模なCRMシステム構築には専用ツール導入がおすすめ!


WordPressのCRM化は小中規模での運用では力を発揮するものの、上述したようにセキュリティや開発面で不安要素があります。より本格的なCRMを行いたい場合は、専用のCRMツールの導入がおすすめです。

CRMツールでできること

顧客関係管理を行うには、顧客に関するさまざまなデータを蓄積して活用する必要があります。CRMツール上に顧客情報を一元管理することで、さまざまな情報を活用して新たな施策や顧客へのアプローチに活用できます。メールで対象顧客へ一斉にメルマガやキャンペーン通知を送ることも可能です。

SFAなどの業務支援ツールとの違い

営業支援ツールには、CRMツール以外にもSFA(Sales Force Automation)やMA(Marketing Automation)ツールと呼ばれるツールがあります。CRMツールとSFAの違いは活用する目的です。CRMツールは顧客情報の管理がメインですが、SFAは見込み顧客を自社顧客に変えることが目的です。一方でCRMツールとMAツールの違いは、対象としている顧客の状態にあります。CRMツールは、すでに自社で獲得している顧客を対象としています。それに対して、MAツールではこれから自社の顧客になりえる見込み顧客が対象です。他のツールと比較すると、CRMは顧客関係管理を最適化することでビジネスの精度を向上させるツールだと分かります。

CRMツール導入のメリット

CRMツールの導入には、以下3つのメリットがあります。ここからは、それぞれのメリットについて解説していきます。

  • 顧客データの一元管理できる
  • ほかのシステムとシームレスに連携できる
  • AI搭載型CRMならデータ分析にも強い

顧客データの一元管理できる

CRMツールは顧客情報の管理を目的としたツールであるため、あらゆる顧客に関する情報を一元管理できます。従来では、担当者ごとに顧客情報を管理し、社内の人間に共有するのは困難でした。しかし、CRMに顧客情報を集約できれば、利用者全員が同じ情報を閲覧できるため、担当者の不在時でも適切な対応を取れます。その結果、顧客へ正しいアプローチが可能となり、顧客満足度の向上につながります。

ほかのシステムとシームレスに連携できる

CRMツールによっては、基幹システムや既存システムとの連携ができる機能を搭載していることがあります。連携機能を活用することで、顧客データをシームレスに共有し、さまざまな業務へ活用していけるのです。既存システムがあれば、登録されているデータをCRMツールに連携することでデータの共有が可能となります。これにより、既存システム側でデータを保持する必要がなくなり、データ管理におけるリソースの削減や効率の向上が期待できます。

AI搭載型CRMならデータ分析にも強い

AI搭載型のCRMツールであれば、顧客データの分析を効果的に実施できます。CRMツールの目的は、収集した顧客データを分析し、顧客へのアプローチを最適化していくことです。AIによるデータ分析を実施することで、顧客データが多いほど精度の高い分析が可能となるため、顧客一人ひとりに合わせた営業ができるでしょう。

CRMツールを導入するならTRYETINGの「UMWELT」におまかせ

CRMツールを導入するなら、WordPressのプラグインを活用するよりも専用のCRMツールの導入がおすすめです。しかし、数多くあるCRMツールの中からどれを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが、TRYETING社が提供するノーコードAIクラウド「UMWELT」です。UMWELTは、CRMツールとしての機能はもちろん、CRMに役立つAIアルゴリズムが多数搭載されています。例えば、貴社内に眠る取引履歴や購買記録をAIデータ分析し、その後の需要予測や在庫生産管理にもつなげることが可能です。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

WordPressのプラグインを活用すれば、顧客情報を管理できるシンプルなCRMを実現できます。しかし、セキュリティ面の不安や機能面の不足などは排除しきれないため、本格的に活用するのであればCRMツールを導入するべきでしょう。UMWELTは、CRMに役立つAIアルゴリズムをプログラミングをすることなく誰でもかんたんに低価格で利用可能です。これからCRMツール導入を考えている方は、UMWELTを是非ご検討ください。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。