MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

AI(人工知能)

AIとVRを基礎から解説!AI×VRがもたらす新しい可能性とは?

AIとVRは、昨今のビジネストレンドのうちの1つです。これらの仕組みを抑えてビジネスに活用することは、企業活動における優位性の確保や競合との差別化にも繋がります。本記事では、最先端のテクノロジーとして知られるAI・VRの基礎知識や、AI×VRがもたらす新しい可能性について解説します。

▼更にAIについて詳しく知るには?
AI(人工知能)とは?導入するメリットと活用例やおすすめのツールを紹介

article-banner-umwelt

AI(人工知能)の基礎知識

AIの定義は曖昧で、人それぞれイメージするものは違うかもしれません。まずは、AIの概要やその特徴について解説していきます。

AIとは

AIとは、「Artificial Intelligence」の略語で、人間の知的営みをコンピュータに行わせるための技術を意味します。一般的には「人工知能」と訳されます。人間の知能に明確な定義がないように、実はAIにも明確な定義はありません。

機械学習とは

機械学習とは、AIの一分野であり、人間がもつ学習能力と同じく経験から学習し、将来予測や意思決定を実現できる技術です。

ディープラーニングによる功績

ディープラーニング(深層学習)は機械学習の技術のうちの1つです。人間の脳神経回路をモデルとしたニューラルネットワークを応用しています。高精度に分析できる点が特徴です。

VR(仮想現実)の基礎知識

技術の発達により、メディアなどで耳にする機会が増えたVR。頭に大きなゴーグルを付けてVRを体験している姿を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ここでは、VRの基礎知識について説明します。

VRとは

VRとは「Virtual Reality」の略称で、日本語では「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。ここには「表面的には現実ではないものの、本質的には現実」の意味が含まれ、VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ことを示します。

VRとARの違い

VRとよく似た言葉に「AR(Augmented Reality)」があります。ARとは「拡張現実」のことで、端末を用いて現実世界に情報や仮想空間を追加する技術です。しばしばVRと混同されますが、ゼロから仮想空間を作り出すのではなく、現実に情報を加えるなどして「拡張」することがARの本質です。

VRの将来性

VRの市場規模は、急速に拡大しています。IDCの2020年の調査によると、VRのグローバル市場は、2020年から24年までの期間で年率54%に成長し、その市場規模は120億ドル(約1兆2,440億円)から728億ドル(約7兆5,465億円)に拡大することが予測されています。また、別の調査では、VR関連デバイスの市場が2030年までにおおよそ16兆円に達すると予測していて、実際にVR関連機器の売上高は、右肩上がりの状態が続いています。

AI×VRの可能性


AIとVRを融合することにより、私たちの生活やビジネスはどのように変化していくのでしょうか。ここからは、AI×VR融合の可能性について紹介します。

AIでVRの利便性が向上する

AIとVRを組み合わせることにより、人間に新たな感覚を創ることが可能となります。例えば、VRによって人間の視覚を変換しながら、AIによってその他の感覚を刺激すれば、刺激により感覚を錯覚させることができます。感覚を錯覚させ、変換させると、通常存在し得ない事象をリアルに体験できるため、これまで以上に創造力を増大させることができます。

AIとVRが人材教育期間を短縮させる

VRが活用されている分野は、なにも娯楽分野だけではありません。企業が社員の研修・教育にVRを導入する「VR研修」といった活用法もあり、VRが活躍する機会は広がり続けています。

VR研修では、研修を受ける側に視点を動かすなど、能動的な参加を求めることができ、よりリアリティのある研修が行えます。また、VR研修中の行動をAIで解析することで、これまで以上に効果的な研修・育成が実現します。

AIとARの融合が経済に与える影響とは

今はまさに、AR・AI・IoT・ビッグデータなどの技術をベースにした「第4次産業革命」の時代です。実際にAIやVRを活用した技術はすでに多くのシーンで活用されており、ますます身近な存在となってきました。

AIとVRの技術が今後さらに進化・融合していくのであれば、その存在は日本の経済の成長に直結していくのではないのでしょうか。そして、あらゆるビジネスにおいて欠かせないツールとなっていくと予想されます。

VRが活用されている分野

それでは、VRは実際にどのような業界やビジネスシーンで活用されているのでしょうか。ここでは、VRが活用されている3つの事例について解説します。

手術シュミレーション

スイスのバーゼル大学が開発したVRシステムでは、3Dモデルを用いて手術のシミュレーションを行うことができます。これにより、手術難度の高い病気にも対応できるようになりました。

VR内見システム

不動産業界では、VRによる物件の内見サービスに力を入れています。現地に行かずとも、店内で顧客が希望したすべての物件の内見を済ませられるため、業務効率の向上に役立っています。

VR英会話

VR英会話とは、仮想空間で体験・学習できる英会話のことです。VRによってまるで海外にいるかのような擬似体験ができることに加え、実践練習に役立つ英語力を鍛えられることから、新たな英語学習手法として人気を得ています。

AIがビジネスにもたらす変化


AI技術は多様なビジネスモデルの改善に活用されています。AIがビジネスにもたらす変化について、見ていきましょう。

時間とコストの削減

AIを搭載したチャットボットの活用など、AIによりコールセンター業務をサポートすることで、顧客対応にかかる手間とコストを削減できます。

事業データの最適化

AIは事業データの最適化にも役立ちます。例えば、手書き書類をデータ化した分析を行うことで、価値のある情報を掘り起こして情報管理体制の最適化を図れます。

需要予測・未来予測

AIは、人間では処理しきれないような大量のデータを分析し、その分析結果から予測をすることができます。これにより、膨大なデータをもとにした正確な需要予測・未来予測が実現します。

AIをビジネスに活用するメリット

それでは、AIを使うことはビジネスにどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょうか。

生産性の安定化

AIは、人間よりも正確かつスピーディーにタスクをこなすことができます。ヒューマンエラーや従業員のスキルの差、欠員といった要因で業務品質に差が出ることもないため、生産性が安定します。

業務効率化

これまで人間が手作業で行っていた業務をAIが代替することで、業務効率化の向上が見込めます。また、これにより人員配置の最適化も実現するため、労働力不足解消や人件費削減にも寄与します。

ニーズ分析の精度向上

AIは膨大な量のサンプルデータを読み取ることでパターンを検出し、対象の特徴量を把握します。人間よりも効率的に大量のサンプルデータを学習できるだけではなく、人間では気づけないようなパターンや特徴を見つけ出すことも可能です。

ノーコードAIツール「UMWELT」で企業の課題を解決しよう!

AIの活用事例が増えている昨今においては、AIをいち早く自社が展開する事業へ取り入れることが急務となっています。社内の人材がAI活用のノウハウを有していない場合におすすめしたいサービスが、TRYETINGの提供するノーコードAIクラウド「UMWELT」です。

UMWELTには業務効率化やデータ分析に役立つAIアルゴリズムが多数搭載されており、需要予測や在庫管理、シフト自動化など、貴社のDX推進に役立つ機能が揃っています。導入時は専任のコンサルタントがサポートするため、安心してDXを進められる点もUMWELTの強みです。

まとめ

AI・VRの進歩は企業経営、さらには社会そのものに大きな変化をもたらす可能性があると考えられています。ぜひ本記事を参考に、AI・VRに関する知見を深め、貴社のビジネス領域においても活用のアイデアを捻って、他にはない価値とサービスを生み出してください。

参照文献

Worldwide Spending on Augmented and Virtual Reality Forecast to Deliver Strong Growth Through 2024, According to a New IDC Spending Guide|IDC(2020)
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS47012020

Virtual Reality in Medicine: New Opportunities for Diagnostics and Surgical Planning|バーゼル大学
https://www.unibas.ch/en/News-Events/News/Uni-Research/Virtual-Reality-in-Medicine.html

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。