MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

DX

DX市場の今後の動向は?DXが企業に必要とされている理由

経済産業省がDXを推進していることもあり、多くの企業がDXに取り組んでいます。この記事を読んでいる方の中にも、DX化によって競合優位性やデータ活用基盤を確立したいと思っている方がいるのではないでしょうか。そこで今回は、自社のDXを推進していきたい方に向けて、DX市場の現状と今後の対策を解説します。

▼更にDXについて詳しく知るには?
DXとはどのようなもの?導入が求められる理由やメリット・デメリットを解説

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

DX(Digital Transformation)の定義

そもそもDXとは、どのような定義なのでしょうか。ここでは、DXに関する情報を解説します。

DXとは

DXとは「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略で、最新のデジタルツールやさまざまなデータを活用し、企業の業務効率化や働き方の改革につなげて競争上の優位性を確立するものです。インターネットの活用が進んでいる日本では、他のサービスに負けないためにも、最新技術やデータを駆使して優位性を確保していかねばならないのです。

DX関連の用語

DX関連の用語には、「デジタイゼーション」や「デジタライゼーション」と呼ばれる言葉もあります。

デジタイゼーションとは、アナログで行っている業務をデジタル化することです。業務フローは変えることなく、アナログデータをデジタルデータに変換する点が特徴的です。

一方でデジタライゼーションとは、業務フロー全体のデジタル化をさします。デジタイゼーションは特定の業務だけをデジタル化していましたが、デジタライゼーションでは全体的な業務フローそのものに変化を加えています。

IT化とDXの関係性

DX化とIT化の違いは、デジタルツールやデータを手段として使うのか、目的としているのかどうかです。DX化は、デジタルツールやシステムがあくまでも手段であり、最終的なゴールをビジネスモデルの変革としています。一方でIT化は、デジタルツールやシステムの導入によって業務効率化の達成を目的としています。したがって、IT化を達成した先にDX化があるということです。

DXは企業に必要とされている

DXが企業で必要とされているのは、以下4つの理由からです。

  • 日本と世界のDX市場は拡大している
  • 業務効率化を実現できる
  • 事業環境の変化に対応できる
  • 「2025年の崖」の問題解決に向けて

日本と世界のDX市場は拡大している

現在、日本と世界のDX市場は拡大し続けています。2020年に富士キメラ総研が発表した「デジタルトランスフォーメーション(DX)国内市場の調査結果」によると、2019年度のDXの国内市場(投資金額)は7,912億円で、2030年度は2019年度比3.8倍の3兆425億円に拡大すると予想されています。以上のことから、日本国内では今後も拡大していくでしょう。

世界のDX市場においても、2020年にIDC Japanが発表した「世界のデジタルトランスフォーメーション(DX)への支出額に関する予測」によると、2020年度の世界的にみたDX市場規模は1兆3,000億ドルに達するとされており、前年と比べて10.4%の成長を遂げています。今後も、国内外を問わずDXの重要性が上がっていくでしょう。

業務効率化を実現できる

DXの推進は、企業の業務効率化を実現できます。DXによって最新のデジタルツールやシステムの導入、さらに業務フロー全体の構築を行うため、今よりも効率的に業務を進められるようになります。業務の効率化が進むことで、作業時間が短縮されて他の業務に使える時間が増加して新たなビジネス構想にも携われるのです。さらに、人件費も削減されるため、企業の業績にも良い影響を与えます。

事業環境の変化に対応できる

今の時代は新しい情報がすぐに発信されるため、事業環境も目まぐるしいスピードで変化しています。こうした事業環境の変化に対応するためには、DXの導入が必要不可欠です。特に、顧客のニーズを的確に把握した商品やサービスの発信が重要です。そのためには、AIによるデータ分析を導入することにより、顧客の属性に応じたアプローチが可能となります。人間だけでは環境の変化に対応しきれないため、IT技術を駆使していかなければなりません。

「2025年の崖」の問題解決に向けて

2025年の崖とは、企業に古くから存在しているレガシーシステムが残り続けてしまうと、2025年以降に最大で12兆円の経済損失が発生してしまうことです。DX推進では、レガシーシステムの撤廃が目的の一つです。そのときには、自社で運用するオンプレミスのシステムではなく、クラウドを活用した構成にする必要があります。

今後のDX市場の動向


今後のDX市場は、どのような動きになるのでしょうか。ここでは、今後のDX市場の動向をみていきましょう。

2030年における国内のDX市場予測

先述した通り、2030年には国内のDX市場は2兆3,687億円にも及び、その中でも製造業界や金融業界の成長が大きいでしょう。製造業では、「スマートファクトリー」と「サービタイゼーション」を中心に発展が見込まれます。スマートファクトリーとは、クラウドサービスの活用によって工場外からのアクセスを可能にし、デジタル環境を搭載した工場にすることです。対してサービタイゼーションとは、商品を製造して販売するのではなく、商品を活用するためのサービスまでを含めて提供することです。例えば、購入後のアフターサービスを充実させるなどがサービタイゼーションに値します。

金融業界では、融資のデジタル化や資産運用のロボアドバイザーなど、AIを活用した技術が注目されています。今後は、企業の手を借りずとも個人での資産運用が促進されるでしょう。

クラウドファーストが実現する

クラウドファーストとは、企業内でのシステム構成をクラウドにしていき、社外からのアクセスも可能とする考え方です。今後は、クラウドシステムを活用したシステム開発が盛んに行われるため、DXやAIへの投資は続くでしょう。もし、DXなどの先進技術への投資をしない企業は、新規参入してくるデジタル企業にシェアを奪われる可能性が高くなります。

DXの将来は明るい

今までの解説から分かる通り、DXの将来は明るいとも言えます。今後は、今よりもIT技術との関わりが深くなっていき、接する機会も増えます。さらに、企業に求められるエンジニアのレベルも変化していくと予想されます。単純にプログラミングの知識やITの知識があるだけではなく、ITを使ってビジネスモデルを形成できる人材の需要が高くなるでしょう。ただし、DXは幅広い業務が想定されるため、何を求められるかは企業によって異なります。

DX推進を成功させるポイント


DX推進を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  • レガシーシステムの刷新
  • IT人材不足の解消
  • 経営戦略の明確なビジョンの構築

レガシーシステムの刷新

DX化においては、レガシーシステムの存在が大きな壁になります。そのため、DX推進をスムーズに行うためには、レガシーシステムを新しいシステムへ刷新する必要があります。しかし、複雑に作り込まれたレガシーシステムをいきなり置き換えようとすると、業務へ大きく影響を与えてしまいます。そこでいきなり新しいツールやシステムを導入するのではなく、レガシーシステムの見直しをおこないながら、一部の機能を少しずつ新しいものに移行させていくことをおすすめします。

IT人材不足の解消

DXを成功させるためには、DXに知見のあるIT人材が必要不可欠です。しかし、そのような人材は慢性的に不足しているため、採用から教育に至るまで環境面での改善をしなければなりません。もし人材の確保が難しければ、外部から雇うことも有効です。

経営戦略の明確なビジョンの構築

DXを円滑に進めるためには、企業が目指すべき姿に向けてビジョンを明確に定める必要があります。具体的には「こういうサービスを打ち出したい」「サービス実現に必要なものは何か」などを考えると良いでしょう。こうしたビジョンは企業全体の指針になるため、全体に共有して理解を得て進めなければなりません。

また、ビジョンは経営層からの理解を得る必要があります。経営層は社内に対する決定権を持っているため、DXに対する意思決定を正しく行うためにも理解を得ることが大切です。したがって、DX組織だけではなく、経営層や社内の人間を巻き込んだ活動が求められます。

企業への導入が活発なDX技術

DX導入で活用される技術には、主に以下の3つが挙げられます。

  • クラウド
  • IoT
  • AI

クラウド

クラウドとは、インターネットを介して利用できる技術です。クラウドサービスにはファイルを格納できるストレージ系のサービスや、アプリ感覚で利用できるSaaS形態のサービスなどさまざまあります。クラウドを利用することで、自社でサーバーを構築する必要がなくなり、導入後すぐに利用できるメリットがあります。さらに、サーバー代などの初期費用が抑えられるため、長期的にみてもコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

IoT

IoTとは「Internet of Things」の略で、物体がネットワークと接続をし、利便性を向上させる概念です。例えば、離れた場所からでも車のエンジンをつけたり、鍵を自動的に閉めたり、アプリ上からエアコンをつけたりなどがあります。DXでは、業務効率化に向けて製造業での監視業務などで利用が期待されます。

AI

AIとは「Artificial Intelligence」の略で、日本語では人工知能と呼ばれています。AIは、今まで経験したことや蓄積されたデータを元に、一定の法則性やパターンを見つけ出すことが得意です。そして、法則性から次に来る行動も予測できるため、活用によってさまざまな施策に役立つのです。さらに、AIで特定のデータを導き出すことにより、企業の意思決定をスムーズに行えます。

今後のために自社サービスをDX化するならUMWELTにお任せください!

今後のために自社サービスをDX化したい方は、TRYETING社が提供しているノーコードAIクラウド「UMWELT」の活用がおすすめです。

UMWELTは特別な環境を用意することなく既存システムをAI化でき、DXにかかるコストを大幅に削減できます。DX化を推進する上ではレガシーシステムの撤廃が大きな壁となるため、UMWELTを活用することでDX化を効率よく進めていけるのです。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

DX市場は日本国内だけではなく、世界的にも拡大が予想されています。今後のDX化に備えるためにも、多くの企業でDX推進を積極化させていきたいところです。しかし、何から始めればいいのかわからない方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、導入時のコストをできるだけ抑えながら最大限の効果が得られる「UMWELT」です。UMWELTは、導入時から運用後のサポートまで充実しており、ツールを導入したことがない方でも安心してご利用できます。また操作性も高く、ブロックを組み合わせるという直感的な操作のみでAI分析が実行できるのです。これからDX推進をしていきたいと考えている方は、今回紹介した「UMWELT」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参照文献

デジタルトランスフォーメーション(DX)国内市場の調査結果|株式会社富士キメラ総研(2020)
https://www.fcr.co.jp/pr/20112.htm

世界のデジタルトランスフォーメーション(DX)への支出額に関する予測|IDC Japan(2020)
https://www.idc.com/jp/research/report-list?document=JPJ45700320

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。