MENU CLOSE

CONTACT TRY TRYETING

COLUMN コラム

CRM(顧客管理)

CRMツールによる在庫管理とは?顧客と在庫の管理を一元化する利点

在庫を適切に管理することは非常に重要な業務です。在庫管理はITツールの導入によって効率化できますが、いざ自社に導入しようとしても、そもそもどんなツールが適しているのか、どんなメリットがあるのかがわからない方も多いと思います。この記事では、CRMツールを使った在庫管理の基礎知識や具体的な機能、また導入で得られるメリットを解説します。

▼更にCRMについて詳しく知るには?
【効率化】CRMの基本と導入のメリットを解説!選ぶ際のポイントも紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

CRMツールで在庫管理を行うことは可能?


CRMツールは主に顧客情報を管理する技術ですが、在庫管理も行うことができるツールもあります。ここではCRMツールの概要と機能を紹介します。

CRMとは

CRMは「Customer Relationship Management」の略語で、翻訳すると「顧客関係管理」となります。これは自社のスタッフと顧客との関係性を一元的に把握・管理し、より円滑なコミュニケーションを促進する手法を指します。そして、CRMツールとはこれを効率的に実現するためのITシステムのことです。

CRMツールの機能

CRMツールの機能で代表的なものには、顧客の情報管理や購入履歴の記録、SNSやメルマガなどを通じたコミュニケーションなどがあります。さらに、一部のCRMツールには顧客情報を入力することで、受発注管理まで行えるものもあります。このような機能が搭載されているCRMツールの導入により、顧客の情報管理から発注等の在庫管理業務を一本化できます。

CRMツールで在庫管理を行うメリット

CRMシステムは顧客の情報をさまざまな切り口から収集することで、顧客関係管理を目的としたITシステムです。では、それを在庫管理に活用することでどのようなメリットが得られるのでしょうか?以下では、CRMシステムで在庫管理を行うメリットを解説します。

必要最低限の在庫を確保できる

在庫管理システムには、入出荷や販売・仕入れなど、在庫に関するさまざまなデータが蓄積されていくため、過去の実績や傾向から顧客の重要や注文の予測を立てられます。これにより、過度に商品を発注する必要がなくなり、必要最低限の在庫を確保できます。

ニーズに合わせた仕入れで売れ残りを減らせる

過去の実績から導かれる適切なニーズの予測は、適正な発注・仕入れを簡単にするため、売れ残りを減らせます。売れ残ってしまった在庫は、その管理にかかる費用や場所の確保など、さまざまな観点から企業を圧迫しますし、処分にもコストがかかります。CRMツールを使って適正な在庫管理を行えば、これらを回避できます。

社内全体で在庫状況を確認できる

従来のように紙ベースやExcelなどで在庫を管理している場合は、商品の情報を常にリアルタイムで把握することは不可能でした。CRMでは、在庫の数や状態など、さまざまなデータをリアルタイムで社内全体に共有できるため、在庫のカウントなどにおけるヒューマンエラーを削減し、無駄を省けます。

適切な仕入れにより在庫の劣化を防げる

過去のデータを活用した適切な仕入れは、在庫の劣化を防ぐことができます。繁忙期や人手不足などの時期は特に在庫管理にかけられる十分な時間を確保できないため「ないよりはマシ」という発想で必要以上の発注をしてしまいます。結果的に在庫の劣化を招き、販売までに商品の品質が低下するケースも多いです。適正な仕入れは商品の品質を一定に保ち、自社の品質管理の底上げに繋がります。

在庫データを再分析し新たなデータを構築できる

CRMツールを介して大量の顧客データを収集・分析することで、新しい仕入れのパターンや在庫データを元にした売れ筋の分析が可能になります。それに従い、新しいオペレーションの構築や保管場所の見直しなど、さまざまな業務効率化を図れます。

CRMツールで在庫管理する際の注意点


CRMのメリットを理解することも大切ですが、同時にどんなデメリットがあるかを知ることも、導入を検討する上では欠かせないポイントになります。以下では、CRMツールで在庫管理する際にの注意点も紹介します。

全社的にCRMツールを共有する

CRMツールはExcelやWordと異なり、多くの社会人が基本的な操作を習得しているわけではありません。そのため、導入後はマニュアル等で操作方法やシステムについて学ぶ必要があります。CRM導入にかかる労力や時間はあらかじめ確保しましょう。

導入や保守にコストがかかる

これもCRMツールに限ったことではありませんが、ITシステムの導入や保守には一定のコストがかかります。例えば、自社内にサーバーを用意し、そこにシステムをインストールする「オンプレミス型」のCRMを選択した場合は、別途サーバーの構築が必要ですし、そうではない「クラウド型」を選択した場合も、毎月の利用料金がかかります。導入する製品によって費用は異なるため、自社の目的や予算に合わせたものを選択しましょう。

在庫管理するためのCRMツールの選び方

CRMツールを活用した在庫管理には、多くのメリットがありますが、同時にいくつかの注意点もあります。では、それらを踏まえた上でどのように適切な製品を洗濯すればいいのでしょうか。以下では、CRMツールの選び方を解説します。

価格と機能のバランス

CRMツールの価格はベンダーや料金プラン、使用する人数など、さまざまな条件によって変わりますが、大切なのは価格と機能のバランスです。ただ低価格というだけで必要な機能が搭載されていないツールを選んでしまうと業務効率は一向に上がりません。しかし多機能すぎでも、必要以上に料金が高額になりがちです。

自社の特性に合っているか

自社にマッチしたCRMツールを選択するためには、機能要件を定義するといいでしょう。現在、自社が抱えている問題や課題を洗い出し、どのような機能を搭載したツールならそれを改善できるのかを明確にしておくと、スムーズに選択できます。また、これをしておくことで、適正な価格帯のツールの選択にも役立ちます。

アフターサービスやサポートの充実さ

もし、これまでにCRMツールを導入したことがないのであれば、アフターサポートが充実している製品の選択をおすすめします。先述のように、ツールの導入にはある程度の社内教育が必要になるため、システムを深く理解したスタッフのサポートが欠かせません。その場合、アフターサポートが手厚い製品を選択することで、しっかりと社内にシステムを定着させることができます。

在庫管理しやすいおすすめのCRMツール

在庫管理を効率化するCRMツールは市場に多数存在しますが、実際にはどのようなツールが選ばれているのでしょうか。最後に、在庫管理に役立つおすすめのCRMツールをいくつか紹介します。

Customa!

Customa!(カスタマ)は経営コンサルティング事業に加えてシステムソリューション事業を行うCross & Crownが販売しているクラウド型CRMツールです。スマートフォンやタブレットからでも操作可能で、ユーザー数無制限で利用可能、かつ100名以上の環境ではユーザー1人当たり月額100円以下で利用できる点が特徴です。

kintone

kintone(キントーン) は、サイボウズ社が提供しているCRMツールです。開発の知識がなくても簡単にシステムを作成できる簡単さと、APIやプラグインを含めた100種類以上の連携サービスから生まれる柔軟性を強みとしています。

Zoho CRM

Zoho CRMには顧客情報を管理するCRMの基本機能に加えて、SFAと呼ばれるセールスやマーケティングの効率化を促進する機能も搭載されています。また顧客情報を分析したレポートを簡単に出力でき、外部システムとの連携もスムーズな点が特徴です。

Salesforce

Salesforceはsalesforce.com, inc.(セールスフォース ・ドットコム社)が開発したCRMツールで、世界中で15万社以上の導入実績を持っています。国内でも5,000社以上に導入されていて、国籍に関係なく利用できます。大きな特徴としてはカスタマイズ性の高さと情報共有の速さが挙げられますが、在庫管理機能は搭載されていないため、注意が必要です。

UMWELT

UMWELTはTRYETINGが開発したノーコードAIクラウドです。通常のCRM・在庫管理ツールとしての機能はもちろんのこと、入力したデータからAIによる需要予測や生産計画最適化などデータ分析結果と連動させた業務システムを構築することが可能です。クラウド型のため開発コストやIT人材採用コストをかけることなく現場に即時導入ができます。

ノーコードAIなら

詳細はこちら

まずは簡単に

無料相談

まとめ

在庫管理にCRMツールを導入すると、売れ残りの減少や最低在庫の確保などの効率アップに繋がります。TRYETINGのUMWELTを利用し、在庫管理の効率化・最適化を目指してみてはいかがでしょうか。

UMWELTのサービスページをチェックする(下記画像をクリック)

ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)
AI tool service

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。