sidebar-banner-umwelt

TECHNOLOGY

ノーコードでデータ収集をスタート!メリットや始め方を解説

 

ノーコードでデータ収集をスタート!メリットや始め方を解説

昨今のビジネスシーンにおいて、データ収集によるビックデータ利活用のニーズが高まっています。一方、AIに精通した人材の育成や確保は難しく、思うようにデータ収集を行うことのできない企業も存在します。本記事では、こうした課題の解決策となるノーコードの概念や導入のメリットやノーコードを活用したデータ収集の具体的な方法を解説しています。

▼更にデータ分析について詳しく知るには?
データ分析とは?分析手法や実施するメリットとおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

ノーコードが注目されている


ノーコードは、誰でも簡単に、アプリケーション開発ができるものです。まずは、ノーコードの定義を改めて確認しつつ、ノーコードが注目される背景を見ていきます。

ノーコードとは

ノーコードとは、プログラミング不要で、Webサービスやアプリケーションなどのソフトウェア開発ができるサービスです。従来のアプリケーション開発では、プログラミング言語を用いたソースコードの記述が必要となります。しかし、ノーコードではこうしたプログラミングが不要であるため、プログラミングの知識やノウハウを持たない人材のアプリケーション開発を実現します。また、ノーコードでは用意されたパーツやテンプレートを組み合わせて開発するため、構想通りのアプリケーションを作りやすい点もメリットです。

ローコードとの違い

ノーコードと類似した用語に、ローコードがあります。ローコードとは、従来のプログラミングよりも少ないソースコードで、アプリケーション開発ができるサービスです。開発者に求められるスキルはノーコードよりも高いですが、拡張性と柔軟性のあるアプリケーション開発が可能です。

ノーコードが注目される背景

最近のビジネスシーンでは、業種に関わらず、多くの企業がDX推進に取り組んでいます。しかし、IT分野と関わりのない業種では、プログラミングスキルを有したIT人材が不足し、思うようにDX推進ができない課題があるのが現状です。ノーコードはプログラミング不要で、アプリケーション開発ができるため、IT分野ではない業種でも、業務効率化やデジタル技術を活用したビジネスイノベーションが可能になります。このように、ノーコードが注目される背景には、DX推進の必要性が高まっている現状と、IT人材不足の課題があります。

ノーコードのデータ収集とは

企業におけるデータ収集は、市場や顧客分析を通して、最適なマーケティングを探るために活用されます。具体的には、過去の購買データや顧客属性、気候や市場の変動データなどのさまざまなデータ間に存在する関連性や規則性を探り出して行われるものです。データ収集を人間の手で行うと、多大な手間を要するため、最近では、AIを活用したデータ収集の事例が増えてきています。ノーコードを活用することで、データ収集を行うソフトウェア開発を簡単に行えるため、データ収集にかかる手間を大幅に省けます。

データ収集には課題がある

データ収集には売上拡大や生産性向上などのメリットがありますが、同時にツールを使いこなす難しさやコスト面での課題が存在します。それでは、データ収集の課題には具体的にどのようなものがあるのかを解説していきます。

ツールを使いこなせない

データ収集は何らかのツールを活用して行われますが、ツールの操作方法や使用している用語が難しいと、うまく使いこなせないおそれがあります。特にプログラミングを要するツールの場合には、データ分析用のプログラミング言語を理解する必要があり、データ収集のハードルが高まります。

時間がかかる

データ収集を人の手で行う場合、適切なデータ抽出元の選定やデータの抽出などの作業に多くの時間がかかります。また、データ収集作業をAIで自動化する場合、プログラミングが必要なツールは、AI構築に時間を要します。

コストがかかる

データ収集の課題には、人材コストがかかることが挙げられます。プログラミングが必要で高度なデータ分析ソフトウェアを使用する場合に、プロジェクトを立ち上げて専門のスタッフを複数人用意する必要があるためです。

ノーコードのデータ収集で課題を解消


データ収集にはメリットがある一方で、コストや時間の面での課題点が存在します。しかし、ノーコードでデータ収集ソフトウェアを開発すると、こうした課題点を解決できるのです。ここでは、ノーコードのデータ収集で解決できる課題を見ていきます。

誰でも簡単に使える

ノーコードでは、レゴブロックのようにパーツを組み合わせるだけでソフトウェア開発ができるため、プログラミングに関する知識が不要です。そのため、IT分野に詳しい人材でなくても、誰でも簡単にデータ収集用のソフトウェアを構築できます。また、自社で構築したソフトウェアであれば操作方法もわかりやすく、事業内容や用途に応じたデータ収集が行えるため、効果的なマーケティングが実現します。

準備に時間がかからない

ノーコードには、標準的な機能が実装されたテンプレートが用意されているため、ゼロの状態からデータ収集の機能を構築するよりも、かかる時間を削減できます。従来では1か月単位で必要だったソフトウェア開発を、数時間から数日まで削減できれば、データ収集をスピーディーに始められます。またデータ収集の準備にかかる時間が減った分、データ収集やその後のマーケティング施策検討といった作業に、時間的リソースを充てられます。

コストを抑えられる

ノーコードでのデータ収集では、プロジェクトを立ち上げて専門のスタッフを集める必要がありません。そのため、人材コストを安く抑えられるというメリットがあるのです。

article-banner-umwelt-middle

ノーコードでデータ収集する方法


ノーコードによって、低コストかつ短期間でのデータ収集が可能になるなど、さまざまなメリットが企業にもたらされます。しかし、ノーコードでのデータ収集を成功させるためには、目的の明確化や適切なサービスの選定といったポイントに気を付ける必要があります。それでは、ノーコードでデータ収集する際のステップや気を付けるべきポイントを解説していきます。

目的を明確にする

ノーコードといっても、サービスによって提供される機能や強みはさまざまです。効果的なデータ収集を行うためには、データ収集の目的を明らかにしたうえでのノーコードの選定が必要です。そのため、まずはどのような目的でデータ収集を行うのか、データ収集によってどのような効果を得たいのかを明らかにしましょう。また、価格面や操作性などノーコードのサービスを選定するうえで、優先する項目も明確にしておくと、サービス選定がスムーズに行えます。

ノーコードのサービスを選定する

データ収集の目的やノーコードサービスに求める項目を明らかにしたら、導入するノーコードのサービスを選定します。また、データ収集の後に行うデータ分析も一括して行えるノーコードが理想的です。ノーコードのサービスを選定する際の優先順位はさまざまですが、ノーコードの強みである低コストや短期間での導入が可能なサービスがおすすめです。

ノーコードでデータ収集機能を作る

ノーコードを導入した後、実際にデータ収集を行うための機能を構築します。対象となるデータやサイト、サーバーを指定して、データ収集機能を作成してください。

データ収集する

作成したデータ収集機能を試験的に運用し、発見した修正点やバグはその都度対応していきます。想定通りのデータ収集を実行できるようになったら、本格的な運用を開始します。

ノーコードAIクラウド「UMWELT」でデータ分析を始めよう

TRYETINGの「UMWELT」は、プログラミング不要でAI構築できる「ノーコードAIクラウド」です。プログラミングに関する知識やノウハウがなくても、誰でも簡単に自社のニーズに合わせたソフトウェアを構築できます。UMWELTは業務効率化に役立つ多数のアルゴリズムを搭載しているため、用途やデータの種類に応じて適切なアルゴリズムを選択するだけで効率的なデータ収集が可能です。また、各所に保存済みのデータをAIが前処理して集約するため、自動的なデータ連携・収集ができます。

データ収集だけではなく、データ分析による需要予測や生産管理、在庫管理やシフト管理といった多彩な機能も搭載しています。これだけ多くの機能を有していながらも、導入期間は業界平均の4分の1、導入コストは10分の1と低コストかつ短期間でのAI導入が可能です。

まとめ

ビッグデータを活用したビジネスイノベーションの必要性が高まっている一方で、データ収集やプログラミングに精通した人材の確保は難しい問題です。しかし、ノーコードであれば、誰でも簡単に自社に応じたデータ収集ツールを構築できます。

UMWELTはノーコードの利点である低コストかつ短期間での導入を強みにしており、高度なAIによるデータ収集・前処理の自動化が可能なAIツールです。データの利活用やAIの導入を検討している方は、ぜひ一度弊社までお気軽にお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。