sidebar-banner-umwelt

TECHNOLOGY

データ活用の基礎知識をわかりやすく解説!

 

データ活用の基礎知識をわかりやすく解説!

慢性的な人手不足が続く現代社会では、データ活用が注目されています。その目的は、AIの導入による企業に蓄積された莫大なデータの整理と活用です。データ分析で得た結果を活用し、業務効率化や生産性向上にアプローチしたい企業担当者様も多いのではないでしょうか。本記事では、データ活用に関わる基礎知識を説明していきます。

▼更にデータ分析について詳しく知るには?
データ分析とは?分析手法や実施するメリットとおすすめのツールを紹介

▼社内のデータをAI化するには?
ノーコードAIツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

なぜデータ活用が大切なのか?


ビジネスの世界におけるデジタル化は、加速の一途をたどっています。そこで重要となるのがデータです。ここでは、データ活用の重要性を説明します。

社内で貴重なデータが眠っている

データには、その時々の事実が鮮明に記されています。企業に眠る膨大なデータを分析することで、企業が抱えている問題を探り出し、解決に結びつく答えを見つけ出すことができるのです。たとえば、収支データを分析し、数値やグラフで可視化すると、企業や組織の現状把握に役立ちます。企業や組織の今後の発展を考えるのであれば、今あるデータを放置せずに有効的に活用することが重要です。

ビッグデータとは

ビッグデータとは、その名の通り「大きなデータ」というわけではありません。「4つのV」が含まれているものを、ビッグデータと呼びます。ここでいう4つのVとは、「Volume=容量」、「Variety=種類」、「Vdmlocity=頻度、スピード」、「Value=価値」です。

ビッグといわれるだけあり、基準は数テラバイト〜数ペタバイトの容量で、音声や画像、動画など、あらゆる形式のデータが含まれています。さらに、リアルタイムで高速に増え続けている進行形のデータ(SNSや交通ICカードのデータなど)を格納し、3つの特徴を分析することで経済的価値を生み出すデータがビッグデータと呼ばれているのです。

データをビジネスに有効活用しよう

データの活用により、ビジネスでさまざまな可能性を広げることができます。マーケティング業務では顧客が求めるニーズをリサーチし、リアルタイムで集計・分析されたデータを活用することで、売上と顧客満足度の向上につながります。

データ活用のメリット


データ活用が企業にもたらすメリットは、大きな可能性を秘めています。そのなかでも、特に大きな3つのメリットを見ていきましょう。

事業売上をアップできる

分かりやすい例が、マーケティングでの活用です。リアルタイムで集計・分析された最新の情報により、マーケットや顧客の趣向、関心を高精度でリサーチできます。今、何が求められているのかが判断できれば、それにふさわしい商品やサービスの提供が可能となり、事業の売上アップにつながります。

将来の事業拡大を狙える

データを活用すれば、企業の将来を正確に予測することが可能です。施策の効果を検証し、現時点での経営方針が正か否かの判断ができます。その結果、企業の将来を担う戦略シナリオの立案ができ、PDCAサイクルを効率よく回せるようになるでしょう。

確度の高い戦略立案ができる

複数のデータを掛け合わせることで、今まで気づかなかった課題を見つけることができます。それをもとに新たな戦略となる新商品や新サービスなどのアイデアを生み出し、大きなビジネスチャンスのきっかけ作りができるようになるのです。

データ活用のコツ


実際に、データはどのように活用すれば良いのでしょうか。データの活用方法は多岐にわたるため、断念してしまう人も多いものです。そのようなことがないように、ここからはデータ活用のコツを見ていきましょう。

活用可能なデータを認識する

ビッグデータやIoTなど、データのニーズは右肩上がりです。そのような中でも、活用できるデータを知ることは、大変重要といえます。どのようなデータがどの場所で、どのように活用できるのかを認識できれば、分析の正確性が向上し、業務効率化や生産性の向上に期待ができます。

必要な人材やツールの確保を惜しまない

データを活用し、正確な分析をするには、専門知識を持った人材確保が必要です。しかし、現状では、データ分析をできる人材の不足が大きな課題としてあげられています。データ分析に関するリソースを確保しなければ、データの活用は難しくなります。代わりに、比較的簡単に扱えるBIツールの導入など、必要なツールへの投資を検討すべきといえるでしょう。

データ活用できる領域や業種を知る

業種や領域により、活用できるデータは異なります。リソースを投入しても、そのデータを活かせる場所でなければ結果は見えません。データが幅広い業種・領域で活用されているのは、「経営企画・組織改革」「マーケティング」「製品・サービスの企画・開発」といった分野です。データ活用が可能な業種や領域を知ることで、業務効率化に向けての目標を立てやすくなります。

article-banner-umwelt-middle

データ活用を効率化するためのツール

データの集計には代表的なツールとしてExcelがあげられますが、最近では機能的にも変わらないBIツールも普及しています。また、注目すべきAIツールについても紹介しましょう。

エクセル

Excelは、スポット的なデータ分析に役立つ手頃なツールです。単一データからのグラフ作成や、個人プロジェクトのデータ管理などに適しています。しかし、デメリットとしては、一度に大量のデータを扱うと極端に動作が遅くなる、複数人同時編集が不可、データ履歴が保存できないといった点が挙げられます。大量データを扱う方法としては、Excel以外にも次に紹介するBIツールが向いています。

BIツール

BIツールとは、企業内のさまざまな種類のデータを集計・分析・解析し、レポートの出力をしてからグラフや図表で可視化するツールです。機能はExcelとほぼ同じですが、処理できるデータの量が異なります。莫大なビッグデータの扱いには最適なツールですが、維持費がかかる点がデメリットといえます。

AIツール

AIとは人工知能のことで、人間のように考え、作業するコンピューターを指します。このAIロジックを組み込んだのが、AIツールです。AIツールとBIツール、どちらもコンピューターシステムですが、異なる点があります。AIツールは終始人間が介することなくデータを活用し、その結果から意思決定までをツール自身が行います。一方で、BIツールは、最終判断と決定を人間が下します。高度な演算処理能力から、正確な未来予測までを行うAIツールは、現在、注目を集めている最新のツールです。

UMWELTなら眠っているデータを有効に活用できる!

AIツールの導入は、ぜひTRYETINGのUMWELTにお任せください。UMWELTはデータ活用により、業務効率化や需要予測などが行えるAIツールです。高速導入で、コストも大幅に削減可能です。専門人材によるプログラミングも不要で、豊富なアルゴリズムを自由に組み合わせてデータを投入するだけでデータ分析や最適化が完了します。誰でも簡単にAI活用ができる点は、UMWELTならではの特長です。

まとめ

企業にまだ眠っているデータを、適切な方法で有効活用するべき時代が訪れています。その活用法として、今注目を集めているのがAIツールです。AIツールを用いて、ビッグデータの分析・解析の結果を活用することで、大幅な業務効率化の実現と人手不足の問題解決を期待できます。UMWELTをご検討の際は、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。

UMWELTのサービスページをチェックする

AI予測ツールUMWELT紹介ページ(活用事例あり)

article-banner-umwelt

WRITING BY

TRYETING

公式

TRYETING公式です。
お知らせやIR情報などを発信します。